40代既婚男性と本気の恋!既婚男性が本気になる時のきっかけや家庭持ちの彼を落とすテクニック

男の40代、それはとても魅力的な年代です。

働き盛りで仕事も楽しく、それと同時にお金に余裕も出てくる。

子供もそれなりに大きくなってきて自由な時間も増える彼らは、婚外恋愛を楽しんでいることも多いものです。

しかし、頑張って今の地位を築いた40代男性は、それを脅かす本気の恋をすることはあまりありません。

40代既婚男性と本気の恋をするためには、あるテクニックが必要となります。

この記事では、40代既婚男性の浮気が本気になるきっかけ、家庭持ちの彼を落とすテクニックについてご紹介していきます。

また、40代男性に遊びの不倫相手にされてしまう女性の特徴も見ていきますので注意してみてくださいね。

40代既婚彼との恋に悩むあなた、彼を本気にさせるためには今のままの恋愛スタイルを貫いていたのではいけません。

彼を本気にさせるように行動し、彼との幸せな未来を手に入れていきましょう。

家庭持ちの彼とでも本気の恋愛をすることはできるのです。

目次

40代の既婚男性が不倫相手に本気になる時のきっかけ

「何もかもうまくいかない…」優しくしてくれるのは彼女だけだと気づいた時


40代の既婚男性は、婚外恋愛をしている確率がとても高いです。

それは、結婚年数も長くなってきて妻との間に新鮮さが失われたこと、若い時よりも時間とお金に余裕ができたことの2つが大きな原因でしょう。

しかし、人生経験のある彼らは不倫で身を滅ぼそうとは考えません。

婚外恋愛をする時でも賢くスマートにしようと考え、あまりのめり込まないように注意深く行動するのです。

そんな40代の既婚男性ですが、きっかけさえあれば婚外恋愛に本気になってしまいます。

彼と本気の恋をしたいのなら、そのきっかけを作り出すことを意識していかなければなりません。

まず、彼が本気になるのは、彼自身が弱っている時です。

どんなに年齢を重ねていても、生きていれば何もかもがうまくいかない日があるでしょう。

婚外恋愛をする男性の多くは、実生活に不満を抱えています。

仕事や家庭のストレスを婚外恋愛することで発散しているのです。

しかし、彼に加わるストレスが大きくなった時、彼は気が付きます。

「彼女無しでは生きていけない」

妻からの小言、仕事では成果を求められる。

厳しい社会の中で、自分に優しくしてくれ包み込んでくれるのは彼女だけです。

何もかもがうまくいかない人生の中で、彼の救いとなるのは彼女の存在。

厳しい状況に追い込まれた時に彼は、そのことに気づくのです。

そして彼は、自分に優しくしてくれ癒しをくれる彼女に本気になっていくでしょう。

彼の本気が欲しい時には、あなただけはどんな時も彼に優しく接することが肝心です。

「こんな俺のためにここまで…」尽くしてくれる彼女を見た時


婚外恋愛を楽しむ既婚男性の中には、多かれ少なかれ彼女への罪悪感があります。

彼女のことを都合のいい遊び相手だと思っていても、そんな扱いをしてしまっていることを悪いと感じているのです。

彼女の方も40代の既婚男性との恋愛を軽く感じてくれていれば、彼は罪の意識を持たずに婚外恋愛を楽しむことができます。

しかし、彼女の方が本気で彼のことを愛し始めたら、彼はどう思うでしょうか。

彼は彼女を遊びの相手として扱うのを心苦しく思います。

彼女に本気になられては困るからと、彼女をますます遊び相手として扱うようになるかもしれません。

それでも、彼女が健気に彼を愛し続ける態度を見せたとしたら、彼は心を動かされてしまいます。

「結婚している俺のためにこんなに尽くしてくれるなんて…」と感激を覚え、その気持ちに応えたくなってしまうのです。

人は誰かに何かをしてもらった時、その人に対して同じことを返したくなる気持ちになるようにできています。

遊び相手でしかなかった彼女が本気で自分のことを愛し続ける時、彼もまた彼女のことを本気で愛したくなってしまうのです。

女性側が遊びなのに、既婚彼の方が本気になってくれることなどありません。

彼から本気で愛されたければ、まずは自分が彼を本気で愛することが大切です。

人の気持ちを動かすことができるのは、真剣な気持ちなのだということを忘れないようにしましょう。

あなたはゲーム感覚で彼を本気にさせたいわけではありませんよね。

『彼のことが好き』だから、彼を本気にさせたいという大前提を忘れてはいけません。

彼を本気で思うことで、彼と本気の恋を始めていきましょう。

「もし彼女と別れたら?」彼女を失うことを想像した時


既婚男性の多くは、不倫相手が自分から離れて行くことはないと考えています。

何をしても彼女はそばにいてくれるだろうと思い込んでいるのです。

だから、普段彼女のことを大事にする素振りを見せたりすることはありません。

彼にとって大事なのは妻で、彼女が二番目であることを隠そうともしないでしょう。

こんな彼が本気になるのは、彼女を失うかもしれないと思った時です。

例えば、いつも連絡をくれていた彼女からの連絡が途絶えてしまった時や、デートの約束を断られてしまった時。

こんな思わぬことが起きた時に、彼はふと考え始めます。

「彼女は永遠に俺から離れていかない気がしていたけれど、ひょっとしたら彼女は今別れを考えているのでは?」

一度このような考えが彼の頭の中に浮かべば、彼はあなたとの別れを意識し始めます。

これまでいるのが当たり前だと思っていたけれど、彼女がいなくなったら自分の人生はどうなってしまうだろう。

彼女のいない彼の人生は、仕事と家の往復で何の楽しみもないつまらない人生になってしまうでしょう。

不倫相手を失った40代男性の生活は、味気ないものとなってしまいます。

彼女がいなくなった人生のつまらなさを想像した彼は、やっと彼女を大切に思うようになるのです。

これまでは何もしなくても傍にいてくれる存在だった彼女が、彼の中で何かをしてあげてでも傍にいて欲しい存在へと格上げするでしょう。

彼女との別れを想像した彼は、浮気が本気になっていきます。

特にこういった心理が働くのは、夫婦関係がうまくいっていない人です。

逆に、夫婦関係が良好で仕事でも認められ、趣味も充実している。

そんな人は彼女と別れてもノーダメージなため、浮気が本気になる可能性は少ないでしょう。

「逢いたいなぁ」寂しい気分の時に彼女を思い出す時


既婚男性は普段、浮気相手に対する気持ちを深く考えたりはしません。

男性は幼稚で単純なため、彼女への気持ちがどうとかいうことを考える前に、遊びたい気持ちになったから浮気をしているのです。

そのため、彼自身には不倫が本気かどうかの意識はありません。

彼に分かっているのは自分が既婚者でありながら、不倫をしているという事実のみ。

そこにどんな気持ちがあるのかは、全く意識していないのです。

これは自分の気持ちを重視する女性にとっては理解不能なことですが、即物的な男性にとっては珍しいことではありません。

そんな男性が自分の本当の気持ちに気が付くのは、一人で過ごしている時です。

一人で過ごす寂しい時間に、気が付いたら彼女のことを考えてしまっていた。

こんな時に、彼は自分が彼女に本気になっていることに気が付きます。

寂しい気分の時に思い出すのは、本当に好きな人のことです。

彼女のことが頭の中に浮かんでくるということは、彼は彼女を本気で愛していたということ。

これまでそんなことを考えたこともない彼は、これがいつからのものなのか分かりません。

しかし、自分は本気で彼女のことを思っていたのだと、その時初めて気が付かされることになります。

「逢いたいなぁ」

彼女に会えない寂しい夜、一人で過ごす彼の脳内にあなたが現れたとしたら、彼は自分の気持ちと初めて真剣に向き合うこととなるでしょう。

寂しい時の思考には、彼の本当の気持ちが表れているのです。

40代既婚男性ならではの本気の不倫をする理由

「もう俺はいなくても大丈夫」子育てが落ち着いてきたから


40代の既婚男性は、婚外恋愛をしている率が高いです。

他の年代と比べると本気の不倫となることも多く、それは40代という年代が大きく関係していると考えられます。

人にもよりますが、40代は子育てが落ち着いてくる年代です。

子供が小さい内というのは、男性は本気で恋をする余裕がありません。

小さな子供は手がかかりますし、全力で子育てを頑張る妻を見捨てることはできません。

だから、若い既婚男性は遊びで恋することがあっても、家族が待つ家庭に最終的には帰っていってしまうのです。

若い年代の既婚男性は家族に求められており、自分がいなくては家庭が回らないという自覚を持っています。

ところが、40代ともなると子育てはすっかり落ち着いてきました。

妻も子育てに追われる生活ではなくなり、子供は反抗期を迎えたり自立したりと成長をしているでしょう。

こうなると、既婚彼は家庭に居場所がなくなってきます。

以前は、自分がいなくては家庭が回らなかったのに、もうそんなことはありません。

40代男性は、以前にはなかった余裕を持つことができるようになったのです。

既婚男性が本気で恋をしようと思う時、そこには余裕が必要です。

彼は再び誰かから必要とされたい気持ちで、本気の不倫を始めます。

40代既婚男性は、子供が小さかった頃のようにまた誰かに必要とされたい気持ちで本気の恋愛を求めているのです。

「俺このまま死ぬの…?」どんな老後を過ごしたいか真剣に考えだすから


40代というのは、難しい年齢です。

若くはないという自覚が出てきて、そろそろ老後のことを見据えだします。

これまでは今が楽しければ良いと思っていましたが、40代はそういうわけにはいきません。

今をどう過ごすかということは、これから先の人生を良くすることにも繋がるのです。

これから先を良くしたいと考える40代の彼は、これまでの人生を見つめ直します。

このままふわふわと現状維持のままで過ごしていたのでは、良い老後を迎えることはできません。

愛の冷めきった妻と老後を過ごす人生でいいのか。

40代の既婚彼は、それは避けたいと考えます。

それならば、良い老後を過ごせるパートナーを本気の恋愛で見つけるしかありません。

40代の彼が本気の不倫を考えるのは、いよいよ差し迫ってきた老後のことを真剣に考え始めた結果です。

老後のための行動を開始するなら一日でも早く行動を開始した方がいいでしょう。

40代は若くないですが、これからの人生を考えれば今が一番若いのです。

良い老後のためにも、一刻も早く良いパートナーを見つけなければならない。

そう考えて彼は、本気の恋愛をしたいと考えます。

今が楽しければいいのなら、遊びの恋愛を繰り返していれば十分です。

しかし、40代男性は目の前のことだけでなく、老後のことも真剣に考え始める時期に入っています。

だから、40代の既婚男性は本気の恋をすることが多いのです。

「これが最後のチャンスかも」モテなくなってきている自分に気づいたから


40代の既婚男性は、実はとてもモテます。

経験を積み重ね、結婚もしている彼には、若者や未婚者には出せない落ち着きと色気があります。

これは女性から見るととても魅力的です。

若い男性は草食系とも言われ恋愛に積極的ではなく、女性は待っていても恋愛ができるわけではなくなりました。

若い男性と比べると40代男性は肉食系で、女性の扱いにも慣れていてリードしてくれます。

だから、40代は既婚者であってもとてもモテるのです。

しかし、このモテ期は永遠に続くわけではありません。

40代は男性にとって最後のモテ期と言える時期です。

男性自身もだんだんとモテなくなってきたことに、気が付き始めるでしょう。

モテなくなってきてしまうと、それだけ恋愛ができる可能性は減ってしまいます。

40代既婚男性に残されたモテ期はそれほど長くはありません。

そのことを理解した彼は「これが最後のチャンスかもしれない」と本気の不倫をしようと思うのです。

本気の恋をするなら、モテなくなってから努力をしてやっと誰かに振り向いてもらうよりも、モテ期の内に好みの女性を選びたいと思うのは当然の気持ちでしょう。

まだまだモテる40代の既婚男性ですが、これから先はどんどんモテなくなってきてしまいます。

「モテる内に最後の本気の恋をしたい!」

40代男性の中に残る本能のようなものが、彼らを本気の不倫へと向かわせます。

40代以降の男性は、モテなくなる前に本気の恋をしたいと考えるのです。

40代既婚男性が浮気相手の女性に本気になった時に見せる素顔とは?

「今日こんなことがあってさ」どんなことでも話してくれる


本気の恋をしている40代の既婚男性は、彼女に他人には見せない素顔を見せるようになります。

普通、40代の男性は人にあまり自分のことを話したがりません。

40代になっていると、どちらかというと人の話を聞いてあげる立場であり、自分の話はよほど親しい間柄でなければしないでしょう。

しかも、男性は遊びの不倫相手には自分の情報を与えたがりません。

それは自分の身を守るためでもあります。

自分の話をするということは、自分の情報を与えてしまうということ。

ただでさえ恋愛関係のもつれは揉めることが多いのに、ややこしい不倫関係であればトラブルの元はなるべく失くしておきたいと考えるのが普通です。

だから、本気になっていない既婚彼は、彼女に対しあまり自分の話をすることはありません。

遊びの彼女に求めているのは、逢った時だけの楽しい関係。

ですが、彼が婚外恋愛に本気になったとしたら、彼は楽しいだけの関係では満足できなくなります。

彼は日々の出来事を彼女に報告したくなりますし、自分のことをもっと聞いてもらいたくなるのです。

彼女への信頼も増し、話をすることもためらわなくなります。

40代になっていようと、好きになった女性には話を聞いてもらいたくなるものなのです。

そして、一度彼女を信頼し話をするようになった彼は、これまで話を聞いてもらう機会が少なかった分、話を聞いてもらう喜びを感じるようになります。

何でも受け止めてくれる彼女に、ますます本気になっていくというわけなのです。

40代既婚彼が自分のことも話してくれるようになった時、彼女であるあなたは彼の話を素直に聞き受け止めてあげましょう。

「離婚しようと思ってる」口だけでなく現状を詳しく報告してくれる


「妻と離婚する」は不倫男の常套句ですが、本気になった彼の口からも聞かれる言葉です。

彼の言う「離婚する」が本気の表れかどうかには、あるチェックポイントがあります。

まず、彼が遊びの場合には、彼の言う離婚は口だけです。

既婚男性が不倫相手を見つけるのは簡単なことではありません。

だから、彼はやっと見つけた不倫相手と何とか長く付き合っていきたいと考えます。

そんな彼にできるのは、彼女の喜ぶ甘い言葉を吐いてみせることだけ。

既婚彼は「離婚する」と言えば彼女が喜び自分から離れていかないと思っているのです。

こういった思惑で遊びの既婚彼は「離婚する」と彼女に対して言っています。

それは言葉だけで、行動を伴うことはありません。

一方、浮気に本気になった彼は、本当に離婚しようと決意し「離婚する」と彼女に言います。

言葉だけを見れば、遊びの男性と一緒ですが、本気の彼には行動が伴います。

「離婚する」という言葉だけでなく、実際に離婚に向けた行動を開始してくれるのです。

離婚は簡単なことではありませんから、すんなりとは進まないでしょう。

彼女の目線で見れば何も進んでいないように感じられるかもしれません。

しかし、そんな時でも本気の既婚彼は、状況を事細かに教えてくれます。

彼女を不安にさせないように、またしっかりと離婚に向けて行動している自分をアピールしたくて彼はきちんと説明してくれるのです。

離婚を口にする彼の本気度を測りたければ、彼の行動を見るようにしましょう。

不倫中の彼の「離婚する」は女性にとって嬉しい言葉ですが、言葉だけで浮かれず彼の行動まできちんと見るようにしてくださいね。

本気の相手は抱かなくてもいい!セックスよりも話をしている時間が長い


男性を婚外恋愛へ向かわせるものは、性欲です。

それは40代男性とて例外ではありません。

一般的に男性は年を取るほど性欲が減退すると言われていますが、40代男性はまだまだ現役です。

むしろ40代となっても衰えない性欲があるから、婚外恋愛をしているとも言えるでしょう。

本気の恋をしている彼も、最初は妻以外の女性とのセックスが浮気の主な目的だったのかもしれません。

しかし、次第に婚外恋愛に本気になってきた彼は、彼女とのセックスをそれほど重要視しなくなってきます。

体を求められなくなると女性は「魅力がないのかな…」「もう私のこと嫌いになったの?」と落ち込んでしまいますが、婚外恋愛においてはそれは喜ぶべきことです。

なぜなら、そのことが示しているのは、彼があなたの体以外も必要としているということだからです。

既婚者である彼がセックスという大きな目的なしでも、あなたと会いたいと思ってくれる。

これが本気の証でないなら何なのでしょうか。

40代の既婚彼がセックスなしでもあなたと会ってくれる、もしくはセックスよりも話している時間の方が長い。

こんな場合には彼はあなたのことを本気で愛し始めています。

セックスは愛ある証だと女性は思いますが、男性は愛がなくてもセックスできます。

むしろ、セックス以外をどれだけ求められるかで彼の本気を知ることができるのです。

彼と過ごす時間の内容に着目すれば、彼が本気かどうかを知ることができますよ。

「もうちょっと一緒にいたい」少しでも長い時間一緒にいようとする


婚外恋愛中の彼は、いつも時間を気にしています。

それは、バレないことを最優先するため、やることをやったらすぐに帰りたいと考えているからです。

家で待つ妻がいる彼は、妻に怪しまれないようになるべく早く帰りたい気持ちがあるのです。

だから、彼女とのデートの最中でも、彼は時計を気にすることが多いでしょう。

「余計な時間は過ごしたくない!」と言わんばかりに、ホテルに直行しセックスが終わればそそくさと帰っていってしまう彼の後ろ姿に、女性は寂しい思いをさせられていました。

しかし、彼女との恋に本気になった彼の見せる顔は違っています。

家で待つ妻がいるという状況に変わりはないのに、彼は彼女ともっと長い時間を一緒に過ごしたくなってしまうのです。

「もうちょっと一緒にいたいな」「帰りたくない…」

こんないかにも女性が言いそうなセリフを40代の既婚彼が言うようになります。

これは、本気になった彼女にだから見せる素顔です。

好きになった人ともっと長く時間を過ごしたいというのは、40代であろうと既婚者であろうと変わらない気持ちなのです。

あなたの既婚彼は、あなたと長い時間を過ごしたがっていますか。

40代既婚男性との恋の落とし穴!不倫中の彼に遊び相手にされる女性の特徴

好きだから何でも言うことをきくはNG!遊びの女一直線


40代の既婚彼との恋愛には、落とし穴があります。

その落とし穴とは、彼の遊び相手にされてしまうというもの。

40代は本気の不倫をすることも多い年代ですが、それと同時に遊びの不倫を楽しむ人が多いのも事実です。

その恋の落とし穴にはまってしまうと、既婚彼の遊び相手になってしまい、最後には捨てられる悲しい結末が待っているのです。

そんなことにならないためにも、40代既婚男性に遊び相手にされてしまう女性の特徴について知っておきましょう。

まず、1つ目の特徴として挙げられるのは、彼の言いなりになってしまう女性です。

女性は好きになった男性の言うことを聞きたくなってしまいます。

それは、言いなりになることが彼に対する愛情表現になると思っているからです。

しかし、それでは彼を本気にさせることはできません。

男性は元来、追いかけたい性質を持っています。

そのため、言いなりの女性でいては都合のいい女にしかなることができないのです。

彼を好きなら彼の言いなりになるだけではなく、自分の意見を出すことも大切です。

お互いに意見を言い合える関係であるというのが正常なカップルのあり方というもの。

不倫の恋は既婚男性に合わせなければ、なかなか関係が進められないという面もありますが、彼と本気の恋がしたいのなら彼の言うことを聞くばかりではいけません。

自分の意見を持ち、時には彼の誘いを断れる女性でいるように心がけてください。

「遊び相手ならいいけど本気はちょっと…」将来を考えられない女はダメ


40代の既婚男性は、本気で愛した女性とは老後のことまで考えます。

だから、彼から真剣に愛されるためには、将来を考えられる女性でいるということが大切です。

金遣いが荒く、家事が出来ず、マナーも悪い。

こんな女性と誰が老後を過ごしたいと思うでしょうか。

将来を考えられない女性は、彼に今現在だけを楽しく過ごすための道具扱いされてしまうでしょう。

彼が将来を一緒に過ごしたいと思えるような女性にならなければ、彼の不倫が本気になることはありません。

40代はこれから先の人生をどうするかということを強く考え始める時期です。

彼にとってこれから先の人生を充実させるパートナーであることを示し、彼を本気にさせていきましょう。

「今から会える?」呼び出されてホイホイ出かけて行く


既婚男性は忙しいため、婚外恋愛中もデートの時間を作るのに一苦労です。

仕事の予定、家族の予定、いろいろなことがある中で婚外恋愛に割ける時間はそれほど多くはありません。

だから、彼らは急に予定が空いた時、不倫相手の彼女を都合よく呼び出そうとします。

「今から会える?」

好きな彼からこんなことを言われたら、女性はホイホイ会いに行きたくなってしまいますが、それではいつまで経っても彼から都合の良い遊び相手扱いされてしまうでしょう。

男性はいくら忙しくても、本気で好きな相手には思いやりの気持ちを持つものです。

思いやりの気持ちがあれば、突然の会いたいではなく事前に確認をするものです。

突然会いたいというのは、相手の予定をまるで無視した思いやりのない行動。

それを受け入れて喜んでいるようでは、彼からはますます遊びの不倫相手とされてしまうでしょう。

突然会いたいと言われるのは情熱的に愛されているからではありません。

彼があまりにも突然会いたいとばかり言うのなら、自分の都合も考えてと釘を刺した方がいいでしょう。

「彼を逃したら私なんて誰からも愛されない」自分に自信のない女


既婚彼から遊び相手にされてしまうのは、自分に自信のない女性です。

自信のない女性は、既婚彼との別れを怖がります。

「彼と別れてしまったら、もう自分を愛してくれる人なんていないんじゃないか…」

こんな風に自分を卑下してしまっているのです。

「私なんて…」と考えている女性を、心から愛することができる人などいるでしょうか。

人から愛されるためには、まず自分自身が自分を愛してあげることが大切です。

自分に自信のないままでは、既婚男性につけ込まれ遊び相手にされてしまうでしょう。

女性は自信を持つことで輝きを増し、本気で愛されるに足る人物となるのです。

自分に自信がないと思うのはもうやめにしておきましょう。

あなたの大好きな既婚彼が、あなたのことを婚外恋愛の相手として選んだのです。

それは、あなたが魅力的な女性だったからでしょう。

自分に自信が持てない女性でも、彼の見る目を信じるという方法なら簡単に自信を手に入れられます。

あなたは40代で人生経験も豊富な彼の恋愛相手として選ばれた女性なのです。

彼との関係にも自信を持って、前向きな気持ちで恋愛を楽しみましょう。

40代既婚男性に効果的!家庭持ちの彼を本気にさせて落とすテクニック

「こいつとなら楽しい人生を過ごせる」この先の人生を充実させられることをアピール


家庭を持つ男性を本気にさせるということは、生半可な気持ちでは無理なことです。

既婚者にとって大切で守るべきなのは家庭です。

その当たり前のことを覆していかなければ、彼を本気にさせて落とすことはできません。

彼を本気にさせるためには、今よりも未来を意識させていきましょう。

既婚者が家族を大切にするのは、家族との未来を想像しているからです。

結婚を決めた時から、それは彼の中で当たり前のことでした。

その考えを変えるためには、彼の想像する家族との未来よりも、あなたといる方が幸せであることを感じさせなければなりません。

「家族といるよりも、この子といる方が充実した人生を過ごせそうだ」

このように思わせなければ、彼との未来はありえません。

40代既婚男性の夫婦生活は長い期間であることが多く、二人の間には新鮮さは失われています。

あなたが勝負すべきなのは、この新鮮さです。

妻との間にはない新鮮さを既婚彼に与えて、彼を楽しい気持ちにさせていきましょう。

そうすれば、彼はあなたとの楽しい未来が想像できます。

女は愛嬌!とにかくかわいらしい女でいることを心掛ける


40代の既婚男性に効果的なのは、愛らしい女性でいることです。

40代既婚男性の妻は、かつて持っていた愛嬌を失っています。

長い結婚生活を経て、夫婦間には恋人らしさは失われており共に闘う仲間のような関係となっているでしょう。

妻は彼に対して遠慮なく文句を言いますし、強くたくましい女性となっています。

つまり、彼は強い女性と日々接しており、女性の愛らしさを感じることのない暮らしをしているのです。

『女は愛嬌』と言われるように、女性の愛らしさは男性を惹きつけるものです。

彼に対しては愛嬌のある可愛らしい態度で接することを心掛けましょう。

そうすることで、彼は毎日見ている妻との対比で、あなたのことが可愛くて仕方なくなります。

「こんなにかわいい女性とずっと一緒に過ごしたい!」と思うようになるのです。

生活能力や家事スキルなど現実的なことが気になるのはその後。

まず、彼を本気にさせるためには、愛嬌のある女性であることが大切なのです。

不倫愛は思うようにいかず、彼に対して不満を抱くこともあるでしょう。

溜まった不満をぶつけたくなることも、少なくはないでしょう。

しかし、それを彼に伝える時には注意が必要です。

強い口調や態度で彼に伝えてしまうのは、愛らしさとはかけ離れた行動となります。

「こうされて、私は悲しかった…」

と怒りの感情ではなく、悲しみの感情で伝えるようにすれば、彼に可愛らしく不満を伝えられますよ。

彼に本気になってもらいたいからといって、文句をずっと溜め込んでいては二人に関係がうまくいくはずもありません。

我慢をせず、可愛らしさをいつも意識して既婚彼を落としていきましょう。

家庭持ちは自由が欲しい!彼を縛り付けない


婚外恋愛をする40代の既婚男性は、自由を求めています。

そもそも家庭を持つということは、自由を失うということを意味しています。

家族のために仕事を頑張るしかなく、家では帰りを待つ妻がいるため羽目を外すこともできません。

40代の彼は、長い間そういう暮らしを続けてきて自由のない暮らしにうんざりした気持ちを持っています。

彼があなたとの婚外恋愛を始めたのは、そんな暮らしを打ち破りたかったからでしょう。

彼にとってあなたとの時間は、自由の象徴そのものです。

不自由な暮らしの中で羽を伸ばす時間であり、それは彼にとって貴重なモノなのです。

一方、婚外恋愛をする女性としては、彼が既婚者であっても自分が彼女という立場であるとの自覚があります。

しかし、彼女であるからといって、彼を束縛してしまうのはNG行為です。

束縛してしまった途端、彼は家庭と同じような息苦しさをあなたとの間に感じることになるでしょう。

そうすると、彼はあなたからも逃げ出したくなってしまうのです。

既婚者である彼が心地いいと感じるのは、自由でいられる関係です。

「彼を落としたい!」と考える女性は、彼に対してあれこれ働きかけたくなってしまいますが、それが彼を束縛することになっていないか注意しておきましょう。

自由を楽しめる二人でいれば、彼を本気にさせることができるのです。

40代既婚男性を落として本気の恋を楽しもう


40代の既婚男性に惹かれてしまう女性はたくさんいます。

40代は男性として魅力的な年代です。

仕事もできて、女性慣れした彼と本気の恋をしたいと願う女性は多いでしょう。

40代既婚彼と本気の恋をするためには、遊びの女で終わらないことが重要です。

遊ばれてしまう女性の特徴は、彼の言いなりになってしまい、自分に自信がなく、将来を考えられないような女性です。

家庭持ちの彼を落とすためには、彼が本気の恋をするに値する女性でいなければなりません。

彼の言いなりになるだけではなく自分の意見も言い合える関係を築き、自信を持って将来を考えられる女性になるよう心掛けていきましょう。

40代男性は老後のことも考え始める時期。

彼が想像する未来で彼の隣にいるのはあなたです。

その未来を現実のものとし、彼と幸せになれるように努力を忘れないようにしましょう。

40代既婚男性を本気にさせ、彼と本気の恋を楽しみ幸せになることはできるのです。

おすすめの記事