既婚男性が女性を下の名前で呼ぶ時の心理と既婚者の彼に告白して付き合うまで発展させる方法

気になる既婚男性から下の名前で呼ばれた。

これって女性としては、すごく気になる出来事です。

「もしかして私のこと好きなの?」と彼の気持ちが知りたくて悩んでしまうでしょう。

女性にとって下の名前で呼ばれるということは、何か特別な意味を感じてしまうことです。

彼はいったいどんな気持ちで、あなたのことを下の名前で呼んでいるのでしょうか。

それを知れば、彼との関係をうまくいかせられるでしょう。

この記事では、既婚男性が女性を下の名前で呼ぶときの心理や、彼に告白して付き合うまで発展させる方法をご紹介していきます。

気になる彼との恋を上手に発展させていってくださいね。

さらに、恋が成就してから彼を名前で呼ぶタイミングや、さらにラブラブになる名前の呼び方についても考えていきます。

既婚男性とお互いに名前で呼び合い、さらに仲を深めていきましょう。

目次

彼はなんて思っているの?既婚男性が独身女性を下の名で呼ぶ時の心理

かわいい妹!親しみを込めて名前呼び


これまで上の名前で呼ばれていた既婚男性に下の名前で呼ばれたとき、女性はドキッとしてしまいますよね。

彼はどんな心理で下の名前で呼んできたのだろうと、気が気ではなくなってしまうでしょう。

彼があなたを下の名前で呼ぶ時には、さまざまな心理が予想されます。

その一つには、全く恋愛感情が絡まないものもあります。

彼はあなたと接する内に、あなたのことを妹のような存在だと感じるようになってきました。

妹のようなとは、可愛いと思っているけれど、家族のようで恋愛対象にはならない存在のことを指します。

あなたのことを妹のようだと感じるようになった彼は、あなたのことを苗字で呼ぶのが不自然だと感じるようになってきました。

苗字で呼ぶというのは、距離を感じるし他人行儀だからです。

このまま苗字で呼び続けると、妹のように可愛がっていることが伝わりません。

そこで、彼は妹のように可愛がっている証拠として、あなたのことを下の名前で呼ぼうと決めたのです。

この場合、彼は確かにあなたのことを親しい存在だと思ってくれてはいますが、恋愛対象となるのは厳しいでしょう。

彼があなたのことを下の名前で呼ぶのは、身内のように親しく感じていることを示したにすぎず、それは恋愛感情にはつながらないものです。

下の名前で呼ばれたからと言って、彼からの好意があると思うのはまだ早いでしょう。

もちろん下の名前で呼ばれるのは親しみの証拠であり、嫌われてはいませんから悲しむことではありません。

ですが、その親しみが恋愛感情へとつながるものなのかについては、もう少し様子を見た方がいいでしょう。

男性は妹のように感じている女性のことを、下の名前で呼ぶことがあるのです。

もっと距離を近づけたい!仲良くなりたい気持ち


既婚男性が女性のことを下の名前で呼ぶときの心理は、ずばりその女性と親しくなりたいというものです。

それには、少しの下心も含まれているでしょう。

というのも、既婚者となった男性は大っぴらに女性を口説くわけにはいきません。

いいなと思う女性がいたとしても、あからさまに好意を示してしまっては周囲の評判を落としてしまうことになります。

現代社会では、既婚者の恋は厳しい目で見られ叩かれてしまいます。

だから、既婚男性は婚外恋愛したい気持ちがあっても、周囲の目線も気になってしまうのです。

そんな既婚者は気になる女性ができた時にも、密かなアプローチから始めていきます。

それが女性のことを下の名前で呼んでみるという行為なのです。

親しくなりたい気持ちを込めて、女性を下の名前で呼んでみる。

それを女性に受け入れてもらえれば、彼は脈ありだと感じ次のステップへと進もうと思えるでしょう。

下の名前で呼んでみるということは、大の大人の恋愛としてはささやかすぎる行為ですが、それは彼が既婚者だから仕方ないことです。

慎重に行動しなければならない既婚男性だからこそ、彼のアピールはささいな行動に隠されています。

彼があなたのことを名前で呼ぶのは、親しくなりたい気持ちがあるからです。

それと同時に、あなたが名前で呼ぶのを受け入れてくれるかどうかを確認してもいます。

もし、気になる彼から下の名前で呼ばれた時、びっくりしてしまうかもしれませんが嫌な顔をせずに受け入れてあげることで、彼との恋の可能性は増していくでしょう。

別に深い意味はない!呼びやすいから呼んだだけ


既婚男性が女性のことを下の名前で呼ぶ時、そこには何の深い意味もないことがあります。

女性は男性の行動に意味を求め、その裏にある心理をいろいろ推察したがりますが、当の本人は実は何も考えていないということが多いもの。

女性が思う以上に男性という生き物は、単純で何も考えていないことが多いのです。

そんな彼らが下の名前で呼んできたからといって、あれこれ考えるのは無駄。

既婚者の彼の思い付きに振り回されてしまうのは、もうやめにしましょう。

彼があなたのことを下の名前で呼んできたのは、別に深い意味が隠されているわけではありません。

苗字よりも下の名前の方が呼びやすい。

名簿や名札で見て、下の名前を今日知った。

ちょっと呼んでみただけ。

彼が名前で呼ぶのは、こんな何でもない理由であることも多いのです。

女性にとって下の名前で呼ばれるというのは特別感のあることですが、彼は特別な気持ちがなくても下の名前で呼ぶことはあるのです。

もちろん、苦手な相手や嫌いな人のことを下の名前で呼びはしませんから、彼はあなたのことを嫌ってはいないでしょう。

特別な理由なく名前で呼んでも良い相手だと、彼から思われていることは確かです。

下の名前で呼ばれたことをきっかけに、彼と親しくなりそこから恋愛関係となることは十分可能です。

彼があなたのことを下の名前で呼ぶとき、その裏に隠された意味についてあれこれ考察することは無駄。

単に呼びたいから呼んだのだと受け止め、そこから先の戦略を考えていきましょう。

男性は女性が思うほど深くものを考えてはいません。

彼からの名前呼びに振り回されてしまわないように注意していきましょう。

これって脈あり!?既婚男性から下の名前で呼ばれた時に相手の好意があると分かる行動

思わず照れちゃう!名前を呼んだ後に恥ずかしそうにしている


男性は好きな気持ちがなくても女性のことを下の名前で呼ぶことがありますが、好意がある時にも下の名前で呼ぶことがあります。

では、彼に好意があるかどうかはどう見分ければいいのでしょうか。

それは、下の名前で呼ぶ時の彼の行動を見れば良いのです。

彼が好意を込めてあなたのことを名前で呼ぶ時、彼は名前で呼ぶことに照れます。

何とも思っていない人を名前で呼ぶのは何とも思わないのに、好きという意識があると途端にそれは恥ずかしい行為に感じられてしまうのです。

特に、これまで苗字で読んでいたのに、呼び方を下の名前に変える時、彼の胸は早鐘のようにドキドキしています。

「いきなり名前で呼んで変に思われないかな?」

「俺みたいなおじさんが名前で呼んだら嫌がられてしまうかも…」

好意のある人に対して呼びかける時、彼は緊張します。

そして、彼は好きな女性を下の名前で呼んだ時、照れた様子を見せるでしょう。

それは、ずっと呼んでみたかった彼女の名前を呼べた喜びと、どう思われるか分からない気持ちとが入り交ざった表情です。

人生経験の豊富な男性のことですから、何の表情の変化もなく好きな女性を下の名前で呼べる人もいるでしょう。

彼に照れた様子がなかったからといって、彼に好意がないと断定するのは早いですが、照れているのならその裏にはあなたへの好意が隠されていると思っていいでしょう。

彼に下の名前で呼ばれたことにドキッとして、彼の様子まで観察する余裕はないかもしれません。

しかし、彼があなたを名前で呼ぶ時の表情には、あなたへの気持ちが隠されています。

しかも、一番それが表れるのは、初めてあなたの名前を呼んでくる時です。

いつ彼が下の名前で呼んでくるかを予測してくることは難しいですが、その日がやって来た場合には彼の表情や様子を見逃がさないようにしましょう。

そこに、彼の気持ちは表れているはずです。

もし、もう呼ばれてしまった後で、この記事を読んでいるというのなら、彼の表情はどんなものだったか思い出してみてください。

名前を呼ばれたという事実に驚き、彼の顔を見れていないと思うかもしれませんが、きっとあなたの脳は彼の表情を記憶してくれているはずです。

名前を呼ぶ回数が多い!何度も呼ぶのは好意の表れ


下の名前で呼ぶ既婚男性が好意を持っているかどうかを知るためには、彼の名前を呼ぶ回数に着目してみましょう。

名前を呼ぶ回数が多ければ多いほど、彼はあなたに好意を抱いていると言えるでしょう。

好きな人のことを多く呼んでしまうのには、次のような心理が働いています。

まず一つ目は、名前を呼ぶ相手のことを意識させたいという心理です。

下の名前で呼ぶということは、相手を意識させるのに有効な手段だということは良く知られています。

「ちょっとそこの君!」と言われるよりも、名前で呼ばれた方が意識してしまうのは明白ですよね。

彼もあなたに自分のことを意識して欲しくて、あなたを下の名前で呼んでいるよ言えるでしょう。

二つ目の心理としては、あなたとの距離を縮めたいということが挙げられます。

名前を呼ばれるということは、親しさを感じるということ。

話しかける際にも「〇〇ちゃん」と名前を呼んでから話しかければ、よりあなたに話しかけているのだという印象が強くなります。

名前呼びすることで、「私にとってあなたはその他大勢ではなく、たった一人の重要人物だ」と印象付けることができるのです。

彼は名前をたくさん呼んで、あなたとの距離を縮めたいと考えています。

そして、三つ目の心理としては周囲へのアピールが考えられます。

日本人同士は親しくない人を名前で呼ぶことはありません。

名前で呼ぶというのは、それだけで二人が親しい間柄であるのを示すことになるのです。

だから、彼は周囲に彼女との仲の良さをアピールしたくて、彼女のことを下の名前で呼んでいます。

既婚者の彼は恋心を大っぴらに周囲にアピールすることはできませんが、好きな女性と仲の良さくらいはアピールしたいと考えています。

だから、彼はあなたを下の名前で呼び、周囲に親しさをアピールしたいと考えているのです。

これはあなたを自分の女だとアピールしたいということも考えられますが、自分たちはやましい関係ではないとのアピールだとも考えられるでしょう。

彼の彼女への気持ちは隠さなければならないようなものではなく、人前で名前で呼べるような健全なものだと、彼はアピールしているのです。

このような三つの心理から、彼はあなたのことを名前でたくさん呼んでいます。

たくさん名前を呼ぶことで、彼はあなたともっともっと距離を近づけていきたいのです。

彼があなたを下の名前でたくさん呼んでくる時、そこには彼の好意が込められています。

苗字呼びと名前呼びを使い分け!二人きりの時にだけ下の名前で呼んでくる


彼があなたのことを下の名前で呼んでくるのは、どんなシチュエーションでしょうか。

もし、苗字呼びと名前呼びを使い分けてくるのなら、そこにも彼の気持ちは隠されています。

既婚者である彼は、妻以外に好きな女性ができてしまったことに罪悪感を抱きます。

そして、その女性と関係を深めたい気持ちがありながら、そのことを秘密にしておきたいと強く考えるのです。

それはまだ関係が始まっていなくても、彼女と接することは妻への裏切りであり誰にもバレてはいけないと考えるから。

だから、彼はあなたと仲を深めたくて下の名前で呼んできますが、それはあなたと二人きりの時だけです。

他の人が見ている場所ではこれまで通り苗字で呼んでくるのなら、それは彼があなたとの関係を秘密のものとしたいと考えている証拠です。

彼はあなたに好意を持った上で下の名前呼びをしているので、そのことを周囲には隠しておきたいと考えています。

だから、苗字で呼ぶのと下の名前で呼ぶのを使い分けているのです。

あなたの好きな彼が、二人きりの時にだけ名前で呼んでくるのなら、彼はあなたに好意を持っています。

好意を持っているからこそ、周囲の目が気になって人の目がある所では下の名前で呼ぶのを控えているのでしょう。

彼がシチュエーションによって、あなたの呼び方を変えるのは彼があなたとの関係をやましいと感じてしまっているからなのです。

既婚男性から下の名前で呼ばれたことがきっかけで二人の仲が急接近したエピソード

名前で呼ばれるとドキッ!急に彼のことを意識するようになった


既婚男性から下の名前で呼ばれたことがきっかけで、男女の仲が急接近することがあります。

それは、名前を呼ぶことが引き起こす心理効果が関係しています。

まず最初に知っておきたいのは、人は誰しも自分の名前に愛着を持っているということです。

自分の名前は、人生の中で最も耳にするし目にする言葉。

心理学的にも自分の名前は一番心地の良い音だとされており、同じ名前の人に好印象を抱いたりするのもそのためです。

下の名前を呼ぶということは、相手の心の扉を開かせることにつながります。

これは返報性の法則と呼ばれる作用が関係しています。

人はされたことに対してお返しをしなければならないという気持ちを持つものです。

だから、下の名前で呼ぶという親しい行動をしてくれた人に対しては、自分も心を開いて接しなければならないと思ってしまうのです。

だから、下の名前で呼んでくれた相手との仲は急接近していくのですね。

また、名前を呼ばれることで、相手に好印象を抱くということは証明されています。

下の名前で呼んできた彼との仲が急接近したのは、下の名前で呼ばれることでドキッとさせられ、自分も心を開いて彼と接するようになったからです。

下の名前で呼ばれるというのは、気になる人との仲を一気に近づけてくれるでしょう。

あなたも彼に心を開けるようになった自分を感じてはいませんか?

「私も名前で呼んでみていいですか?」二人だけの呼び名で急接近


既婚男性から下の名前で呼ばれると、彼に親しみを感じるようになるでしょう。

そして、彼のことも下の名前で呼んでみたいという気持ちが湧いてくるのではないでしょうか。

ここでは、勇気を出して既婚男性のことも下の名前で呼んでみて、一気に彼との仲が深まったエピソードをご紹介していきます。

気になっていた既婚者の男性から、下の名前で呼ばれるようになったのは突然でした。

驚いたものの嬉しくて、私も彼のことを名前で呼んでみたいと思いました。

『思い立ったが吉日』がモットーの私は、気が付いたらその願望を口に出していたのです。

「私も下の名前で呼んでいいですか?」

彼はその申し出を快くOKしてくれ、せっかくだからと二人だけの呼び名を考えることに。

そして、新しい呼び方を考えた私たちは、その特別な呼び方で呼び合うようになりました。

二人だけの特別な呼び方は、一気に私たちの仲を急接近させました。

私はその日から、彼のことが気になって仕方がなくなったのです。

その気持ちは既婚彼も同じだったようで、呼び方を改めてからすぐに私たちは男女の関係になりました。

あの日、勇気を出して名前で呼びたいと彼に伝えて良かったと思います。

名前で呼ぶということは、やはり親しさを感じることだし特別感のあることです。

あのまま苗字で呼び続けていたら、彼とは恋愛関係になっていなかったでしょう。

下の名前で呼んでくれた彼には感謝の気持ちしかありません。

下の名前で呼ばれると親しく感じる!素直に甘えられるようになった


私と彼の仲が進展したのは、彼が私のことを下の名前で呼ぶようになったからです。

それ以前も、私の中には彼を好きな気持ちがありましたが、既婚者の彼の気持ちが見えずに一歩を踏み出すことができませんでした。

ですが、彼が私のことを下の名前で呼んでくれた日、私は確信したのです。

「彼も私のことを好きでいてくれてる」とはっきりと思うことができました。

そして、彼の好意を確信した私は、やっと彼に対して素直に行動することができるようになりました。

彼に対して好きな気持ちを隠すことなく、積極的なアプローチをするようになったのです。

これは、彼が私のことをどう思っているか分からない段階ではできなかったことでしょう。

彼が私への好意を持っていると知れたから、私は彼に対して素直になることができたのです。

そして、既婚彼も素直になった私を受け止めてくれました。

こうして私たちは恋愛関係になることができたのです。

既婚者との恋が初めてだった私は、彼の気持ちが分からず最初は思い悩んでいました。

「やはり諦めるべきなのか…」とくよくよしていたのです。

下の名前で呼ばれるということは、彼が私に親しみを抱いてくれているということ。

それが分かったから、私は素直になることができました。

名前で呼ばれるということは、既婚者との恋という難しい恋愛を進展させてくれることだと思いました。

下の名前で呼んでくれる既婚男性に告白して付き合うまで発展させる方法

視線でアピール!目を合わせて好意を匂わせる


下の名前で呼んでくれる彼と付き合うまでは、あと少しの頑張りが必要です。

彼はあなたに対して好意を抱いていることは間違いありませんから、後は大きな失敗しないように彼との関係を発展させていきましょう。

彼があなたに好意を持ってくれているのは、下の名前で呼んでくれていることからも明らかです。

だったら、次はあなたの方から好意をアピールすることが大切です。

ですが、周囲から見ても分かるようなアピール方法では、彼の迷惑になってしまうことが考えられます。

彼へのアピールは周囲には見つからない、だけれども効果的なものでなければなりません。

そして、その二つの条件に当てはまるのが、視線によるアピールです。

『目は口程に物を言う』と言われるように、目は感情を良く表します。

彼のことを見つめるだけで、彼に対する「好きです」アピールになるのです。

彼があなたの熱い視線に気が付いたら、彼もあなたの気持ちを知ることになるでしょう。

お互いに好きだと分かれば付き合うまではあと少し。

もうお互いに好きだと分かり切った状態で彼に告白すれば、失敗はなくなるでしょう。

彼は下の名前を呼び、あなたは視線でアピールする。

この状態になれば、彼はあなたからの告白によって二人の関係が進展するのを待っているでしょう。

相談女になろう!彼に悩み相談をして距離を近づける


既婚彼が下の名前で呼んでくるほどの関係になっているのなら、二人が付き合うにはほんの少しのきっかけが必要です。

男女の関係を進展させてくれる行為としておすすめなのが、相談女になるということ。

相談女というのは、男性に相談することでその人と恋仲になろうとする女性のことを指すことがです。

相談女は同性からは嫌われることもありますが、それは相談女が確実に狙った獲物をゲットしていくからです。

つまり、相談女の高い効果は実証されていると言えるでしょう。

既婚彼にもどんどん相談を持ちかけましょう。

既婚男性に対して相談をするというのは不自然なことではありません。

相談をすることで自然と二人きりになれる時間を作れ、二人の仲を深めていけるのです。

相談する内容は、まずは仕事の内容、そして段々プライベートなことも相談するようにしていきましょう。

彼はあなたに頼りにされたことが嬉しく、また自分が男として扱われていることを意識するようになるでしょう。

たくさんの悩み事相談をする内に、彼はあなたの中で何でも打ち明けられる存在となっていくでしょう。

彼の方からもプライベートな話をしてくれるようになるかもしれません。

こうして徐々に仲を深めていけば、後は告白をするだけです。

「頼りになるあなたのことを好きになってしまいました」

十分に仲が深まった状態での告白であれば、すんなりと彼と付き合いに発展することができるでしょう。

既婚男性は頼られるのが大好き。

彼の頼られたい欲をくすぐり、彼との仲を発展させていきましょう。

下の名前で呼んでくれるということは嫌われてはいない!思い切って告白


彼があなたのことを下の名前で呼んでくれるということは、彼はあなたを憎からず思っています。

下の名前で呼ぶというのは、その相手に対して好意があると勘違いさせかねない行動です。

既婚男性は普通であれば、妻以外の女性に対して好意があると勘違いされることは避けたいはず。

そんなことをしてしまえば、面倒なトラブルが起きることは避けられません。

好意もないのに勘違いさせてしまうということを、守るべき家庭を持つ彼はしないのです。

ということは、彼は下の名前で呼ぶあなたに対して、はっきりとした好意を抱いているということになります。

少なくとも嫌われていないことは、間違いないでしょう。

ということは、彼と付き合うまでに発展させたければ告白をするしかありません。

彼からの好意は下の名前を呼ばれるということで示されているのですから、次に行動を起こすのはあなたです。

勇気を出し思い切って彼に告白してみましょう。

既婚男性である彼は、女性に対し思い切った行動に出ることができません。

それは失敗した時のことを考えるからです。

だから、既婚者との恋をスタートさせたいのであれば、女性の方から動くのが効率的なのです。

告白したくても失敗を恐れてできない彼の代わりに、あなたが告白し彼との関係を発展させていきましょう。

もっと不倫のきっかけを知りたい方へオススメの記事です

もっとラブラブになりたい!既婚男性のことを下の名前で呼ぶタイミングと不倫相手との仲を更に深める呼び方

急に呼び方を変えると彼はドキドキ!いきなり下の名前で呼んでみよう


「既婚彼ともっとラブラブになりたい」と考えるなら、彼のことも名前で呼んでみましょう。

お互いに名前で呼ぶことで、二人のラブラブ度はさらに増していきます。

そして、彼との仲を更に深めるためには、呼ぶタイミングも重要です。

これまで苗字で呼んでいたのに、名前で呼ぶというのはドキドキすることです。

女性としては、ついつい予告してから名前で呼びたくなってしまいますが、それでは名前呼びのドキドキ感が半減してしまいます。

せっかく彼のことを名前で呼ぶのだから、最大限に既婚彼のことをドキドキさせていきましょう。

そのためには、既婚彼のことを予告なく、いきなり下の名前で呼んでみましょう。

突然、下の名前で呼ばれたことで彼はドキドキしてしまいます。

想像していなかったことが起きると、人はドキドキしてしまうものなのです。

しかも、それは彼女から下の名前で呼ばれるという嬉しい出来事。

彼はあなたへの愛しさを増し、ますますあなたのことが好きになるでしょう。

彼のことを名前で呼びたいと考えているなら、ぜひいきなり呼んでみてください。

そうすれば、予告してから呼ぶよりも彼はドキドキさせられますよ。

急に彼を名前で呼んで、更にラブラブになっていきましょう。

「呼びたいけど呼べない~」恥ずかしそうな様子に彼はきゅん


付き合っている既婚男性のことを下の名前で呼べないのは、恥ずかしい気持ちがあるからではないでしょうか。

これまで苗字で呼んでいたのに、呼び方を変えるというのは照れを伴うことです。

だったらそのことを包み隠さず、彼に伝えてみましょう。

「名前で呼びたいけど呼べないの」

そう言って恥ずかしそうにする彼女の姿に、彼はきゅんとさせられてしまいます。

女性の恥ずかしそうな姿は、男性を愛おしい気持ちにさせるものです。

恥ずかしさを我慢して、平気なフリで彼の名前を呼んでも彼のきゅんは得られません。

恥ずかしい気持ちは隠すことなく彼に伝えていきましょう。

照れながら自分の名前を呼ぶ彼女の可愛い姿に、彼はドキドキが止まらなくなるでしょう。

男性は彼女が自分のことを実は名前で呼びたがっていたという事実も嬉しいですし、恥ずかしがる様子も可愛いと感じます。

『あなたのことを名前で呼びたいと思っているけれど、恥ずかしい気持ちがある』と伝えることで、彼をより幸せな気持ちにすることができるのです。

あなたにとってもありのままの心情を伝えるだけだから、簡単なことですよね?

ぜひ、恥ずかしい様子も包み隠さず彼に見せて、もっともっとラブラブな二人になっていってください。

下の名前を呼ぶだけでなく特別なあだ名を考えるとさらにラブラブに


あなたのことを下の名前で呼んでくれる彼のことを名前で呼んで、更にラブラブになりたい。

そう考えているなら、名前呼びよりも一つステップアップした呼び方を考えてみましょう。

普通に下の名前で呼ぶのも親しみを感じることですが、名前というのはたくさん呼ばれてきたものです。

そういった意味では特別感がないでしょう。

カップルである特別感を演出するのなら、既婚彼とあなただけの特別なあだ名を考えてみましょう。

それはこれまでに誰にも呼ばれたことのないような呼び名がいいでしょう。

誰からも呼ばれたことのない呼び方で呼び合うというのは、とても特別感を得られることです。

呼び方を考える時間も楽しいし、二人で考えた名前で呼ぶことで毎回特別感を味わうことができます。

二人は公にできない秘密の関係ですが、特別な呼び名を決めることで更に特別感が増していきます。

特別感はカップルのラブラブ度を増すのに重要な事柄です。

既婚彼を下の名前で呼ぼうと考えるなら、特別なあだ名で呼ぶことも考えてみてください。

二人だけの特別な呼び方で呼ぶとき、二人はこれまで以上にラブラブになっていけるでしょう。

これまで誰にも呼ばれたことがないような呼び方で、彼を呼んでみましょう。

特別感が彼を興奮させる!セックスの時だけ下の名前で呼んでみる


「既婚彼ともっとラブラブに!」と考えるのなら、セックスの時間を上手に利用しましょう。

セックスの時だけ、既婚彼のことを下の名前で呼んでみるのです。

これなら、下の名前で呼ぶことに恥ずかしさを覚える人でも、彼の名前を呼ぶことができるでしょう。

セックスの最中というのは、恥ずかしさを全て取っ払った理性とはかけ離れた状態です。

そんな時になら、恥ずかしがり屋の女性でも既婚彼のことを下の名前で呼べるでしょう。

そして、セックスの時にだけ、下の名前で呼んでくれる女性というのは、男性にとっても非常に興奮させられる良いものです。

普段は苗字で呼んでいる彼女が、セックスの時だけは名前で呼んでくる。

それは、彼にとって自分が彼女を気持ち良くさせられている証拠です。

彼女がセックスで彼に快感を与えられ羞恥心などなくなったから、彼女は彼を名前で呼ぶことができるのです。

既婚彼は下の名前で呼ばれたことにゾクゾクし、興奮を高めていくでしょう。

普段は理性的な彼女が、自分とのセックスによって乱れて名前を愛おしそうに呼んでくる。

男性にとって、これほど嬉しいことはありません。

そして、婚外恋愛カップルにとって、セックスの充実はとても大切です。

名前で呼ばれることで二人のセックスは充実し、既婚彼はもっとあなたとのセックスを求めるようになるでしょう。

セックスが充実した二人は、更にラブラブになっていけます。

既婚彼を名前で呼びたい時には、まずセックスの時に呼んでみる呼び方から試してみてください。

彼の興奮度がいつもより上がるはずです。

既婚男性が女性を下の名前で呼んでくるのはなぜ?彼の心理を理解し関係を発展させよう


気になる既婚男性に下の名前で呼ばれる時、女性はドキッとさせられてしまいます。

そして、その裏の意味を知りたくて思い悩んでしまうでしょう。

しかし、男性はそれほど特別な意味なく女性を下の名前で呼ぶこともあります。

既婚彼から下の名前で呼ばれたくらいで、浮かれて振り回されるのはやめておきましょう。

下の名前で呼ぶ彼に好意があると分かるのは、何度も名前で呼んでくる時や名前を呼ぶときに照れがあるかどうかです。

何度も名前を呼ぶということは、自分を印象付けたいということであり、好意を伝えたいということです。

下の名前という人が一番心地よく感じる音を呼ぶことで、自分のことも好きになって欲しいと彼は考えているのです。

そして、下の名前で呼んでくる既婚彼との関係を発展させたければ、こちらからも好意をアピールしましょう。

彼のことを見つめたり、彼に相談を持ちかけたりすれば、効率的に彼に好意を伝えることができます。

彼と付き合うことができたらなら、呼び方にも工夫して更にラブラブになっていきましょう。

これまで既婚彼のことを下の名前で呼べていなかったのなら、いきなり彼のことを名前で呼んでみましょう。

あなたの思わぬ行動に彼はドキッとして、ますます彼はあなたへの好意を増していきます。

下の名前で呼び合うということは、日本人にとって親しい仲でだけ行われること。

あなたのことを下の名前で呼んでくる彼は、あなたのことを良いと感じています。

そのことに気が付き、彼との仲を上手に進展させていきましょう。

おすすめの記事