旦那の子供じゃないとばれた時に知っておくべき究極の謝り方と信頼を取り戻す方法

不倫相手の子供を妊娠してしまい、その子供を旦那の子供として産み育てている。

不倫をする女性の中には、こんな大きなことしてしまう人もいます。

旦那の子供じゃないことが一生ばれなければ何の問題もありませんが、世の中に絶対なんてものはありません。

どんなに気を付けていても、秘密がばれてしまうということは起こるのです。

旦那の子供じゃないなんてことが知れたら、旦那は怒り信頼を失ってしまうのは当然でしょう。

しかし、旦那の子供じゃないことがばれてしまっても、離婚を回避し旦那の信頼を取り戻していくことはできるのです。

この記事では、旦那の子供じゃないとばれた時のきっかけ、夫の心に響く謝り方、離婚を回避した後にどうやって信頼を取り戻していくかについてご紹介していきます。

愛する我が子だと思っていた子供が、嫁の浮気によってできた子供だった!

夫婦の間に訪れた最大のピンチを乗り超えて、円満な家庭を築いていきましょう。

どんな大きな問題が夫婦の間にやって来ても、うまく対処すれば絆はより深まっていくのです。

目次

旦那の子供じゃない子を妊娠した時の既婚女性の選択肢

「許されることじゃない…」誰にも言わずに諦める


配偶者との間に子供ができることは、とても喜ばしいことです。

しかし、妊娠した子の父親が配偶者ではなく浮気相手だったとしたら…。

それは、許されることではなく、女性はどうしたらいいのか悩んでしまうでしょう。

旦那の子供じゃない子を妊娠した時の女性の選択には、さまざまなものがあります。

多くの女性が選ぶのは、お腹の子供を産むことを諦めるという道です。

浮気相手の子供を産んで育てるというのは、考えるだけでも苦労の連続です。

まず夫との間にセックスがなければ、妊娠したこと自体がおかしなことになるでしょう。

その点をクリアできたとしても、心配は尽きません。

「子供が夫に全然似ていなかったら…?」

「夫婦から生まれてくるはずのない血液型だったら…?」

「もし、産んだ後で旦那の子じゃないとばれてしまったらどうなるの?」

こんな風に浮気相手の子供を産むということは、リスクが高いことなのです。

だとすれば、妊娠を誰にも言わずになかったことにするのが一番の安全策なのだという結論に達する女性は多いのです。

中絶と言えば、まだ若すぎる未婚の女性のするものだというイメージがありますが、実はそんなことはありません。

30代、40代になっても中絶をする女性は多く、その中には不倫でできた子供もいるのです。

「夫以外の男性の子供を妊娠するなど許されないことだ」

そう考える女性は、子供を諦めることになるでしょう。

「この愛を貫く!」旦那と別れて彼と結婚


夫以外の男性の子供を妊娠してしまった場合、女性は母となった強さを見せることがあります。

妊娠によって自分の本当の気持ちに気づかされ、その気持ちのままに動こうとするのです。

浮気相手の子供を妊娠した女性の本当の気持ちとは、もう夫への愛情はなく彼のことを愛しているという気持ちです。

愛した人との間に授かった愛する子供を、二人で育てたいというのはある意味自然なことでしょう。

子供を妊娠したことで自分の本当の気持ち通りに行動したいという気持ちになり、旦那との安定した暮らしを捨て去る決意を固められるのです。

これは、子供ができなければ決意できなかったこと。

子供を授かり母となった強さが、女性に行動を起こさせるのです。

妊娠というのは、人生の中でも大きな出来事になります。

そのことをきっかけに、これまでの人生を見つめ直し、これからの人生をより良く生きたいと女性は考えるのです。

愛する人との間に子供を授かるというのは、ある意味運命的。

彼との子供を妊娠したことは、女性にとっては神様からのメッセージにも思えるでしょう。

『あなたの運命の相手は旦那ではなく、浮気相手の男性です』

その運命に従って、彼と子供と3人でこの先の人生を過ごしていきたいと考える女性がいるのも納得ですね。

旦那と別れて彼との道を選ぶのは大変なことですが、母となった女性の強さはその道を乗り越えようと決意することができるのです。

子供が出来るという大きな出来事を経て、女性は愛を貫くことを決意できます。

「秘密を守り抜く」旦那の子供として育てる


「せっかく授かった子供を諦めるなんてできない…」

たとえ、浮気相手との子供だったとしても、こう考える女性はたくさんいます。

そして、彼女は子供を産むとしたらどうすべきなのかを考えます。

彼との子供だから、彼と子供を育てることも頭に浮かぶでしょう。

しかし、それは現実的ではありません。

彼と子育てを考えられるくらいなら、とっくに夫と離婚し彼と結婚しているはずです。

それが叶わないのは、彼に経済力がないとか彼も既婚者だとかの理由があるのでしょう。

妊娠したからといって、その理由がクリアになるかといえばそうではありません。

夢見がちなようでいて現実的な面もきちんと持っている女性にとって、彼と子供を育てていくなんてことは夢物語。

子供を産みたいと考えるなら、お腹の子供の父親は旦那であることにするのが一番いい方法だと女性は考えます。

経済的にも安定しているし、夫婦の間に子供を授かることは何の問題のないことです。

旦那の子供だということにしてしまえば、お腹の子供を皆に祝福してもらうことができるのです。

それならば、わざわざ浮気相手の子だと言う必要はありません。

言わずに夫の子にしてしまうことが、子供のことを一番に考えた女性の出す結論だと言えるでしょう。

自分さえ秘密を守り抜くことができれば、お腹の子を旦那の子として育てることができるのです。

その秘密を守り抜くと決意し、女性は子の出産をしようと決断します。

「こんなはずじゃなかった…」妊娠を告げたら彼が逃げた


妊娠は女性にとって切り札です。

なかなか決断できない男性の背中を押すことができるのが、妊娠というものなのです。

妊娠というのはお腹の中に一人の人間ができたということ。

それを諦めさせるというのは難しいことなので、女性が妊娠すると責任を取ろうと思う男性が多いのです。

当然、不倫相手との子ができた女性も、これで彼と結婚ができると思います。

そして、密かにその準備を開始します。

女性が考えるのは愛する彼とかわいい子供との新生活。

夫へ離婚を切り出し、後は前へ進むだけ!と気持ちを新たにしている彼女に思いもよらぬことが起こります。

彼に妊娠したことを告げた途端、彼と連絡が取れなくなってしまうのです。

彼は不倫を楽しむだけ楽しんで、責任を取るつもりなどこれっぽちもありませんでした。

そんな彼が、彼女の妊娠を突然聞かされても困ってしまうでしょう。

しかも、彼女は夫と別れて自分との結婚を望んでいます。

これでは、結婚などする気のない彼は逃げ出すしかなくなってしまうのです。

彼と幸せな結婚ができると思っていた女性にとって、これは想定外のできごとです。

もう既に離婚を切り出した夫もいなくなり、彼とも連絡が取れない…。

女性は大きなお腹を抱えて途方に暮れてしまうのです。

こんなことにならないためにも、妊娠した時には彼の意志を確認してから動くことが大切となります。

一人で勝手に動いて痛い目にあうことがないよう、注意していきましょう。

もっと不倫による妊娠・出産について知りたい方へオススメの記事です

既婚女性が旦那の子供じゃない子を育てる時の心構え

バレたら地獄!絶対に旦那には浮気相手の子供だとバレてはいけない


既婚女性が夫以外の男性の子を育てる時には、心構えが必要となります。

生半可な気持ちで子育てを成功させることはできないのです。

まず、旦那の子でないということは、絶対にバレてはいけません。

嘘をつくということは心苦しいことです。

夫に夫以外の男との子供を育てさせる女性にも罪悪感があり、全てを告白することでその罪悪感から解放されたいという気持ちになることがあるでしょう。

しかし、子の出生の秘密を夫に告げてしまうのは、絶対にやめておいてください。

どんなに優しい人だろうと、そんなことを聞かされて平気ではいられません。

「もしかしたら、事実を告白したことに免じて許してもらえるかもしれない」

とう期待を持っているのだとしたら、それは甘すぎるものです。

子供が浮気相手との子だと告白されるというのは、夫にとって非常にショックなことです。

妻が婚外恋愛をしていたこと、我が子だと思ってかわいがってきた子が婚外恋愛でできた子供だったこと、2つの大きなショックを夫は受けることになります。

事実を告げておいて、これまで通りの暮らしができると思ったら大間違い。

夫は幸せだと思っていた家庭がまやかしだったことを知り、子供はこれまでと同じようにかわいがってもらえなくなります。

子が婚外恋愛の末にできたという事実を告白することは、誰のことも幸せにはしません。

婚外恋愛でできた子を産むと決めたのなら、その秘密は守り通すと心に誓っておくようにしましょう。

何があっても堂々と!挙動不審にはなりません


婚外恋愛でできた子供を育てるというのは、とてもハラハラすることです。

女性は常に緊張感を持って子育てすることになります。

「この子が夫の子ではないと気づかれないようにしなくては!」

と常に周りを気にしながら子育てすることになるのです。

しかし、あまりに緊張状態を続けていると、かえって怪しまれることにつながります。

「〇〇ちゃんって、どっちに似てるの?」

「〇〇ちゃんって、パパにもママにも似てないね~」

こんな何気ない話に挙動不審になってしまってはいないでしょうか。

このような会話は、子を持つ母親同士で良くなされる会話です。

「そうなんだよね~」と適当に流しておけば誰の気にも留まらないできごとですが、妙に焦ったり挙動不審になったりすることで印象に残ってしまい、周囲から怪しまれてしまいます。

婚外恋愛でできた夫以外の男性との子供を産み育てると決めたのなら、何があっても堂々としておくということは心構えとして持っていましょう。

堂々としていれば、子供の父親を怪しまれることはありません。

「この子に触らないで!」本当の父親ではない夫に嫌悪感を抱かない


母となった女性には、子供を守りたいという本能があります。

子供を大切に思うからこそ、子供を傷つけるであろうものからは遠ざけたいと考えるのです。

そして、夫が子供の本当の父親ではない場合、夫のことも敵とみなしてしまうことがあります。

血がつながっておらず、本当の父親ではない夫は、子供に近づいてほしくないと考えてしまうのです。

生物学上の父ではない夫のことを、女性は心の底から信用するのが難しいのです。

これは子への愛情が深いほど、自然と湧き上がってしまう感情で意識して止めることは難しいことでしょう。

産まれた子に会いに来てくれた夫が子供を抱こうとするのを「やめて!」と止めてしまう。

これでは、夫は子に対する愛情を深められませんし、妻に疑いを持ってしまうでしょう。

出産前に今一度、この子は婚外恋愛でできた子だけれど夫の子供として育てていくのだという意識をしっかりと持つようにしましょう。

そして、湧き上がってしまう夫への嫌悪感を少しでも減らして、子と夫の触れ合いを邪魔したりしないようにするのが大切です。

夫に子供を可愛がってもらえなければ、子を産んでも幸せな家族を築くことは難しくなります。

たとえ本当の父親ではなくとも、夫の協力なくしては子育てはできないのです。

夫は子育ての大切なパートナーだということを、忘れないようにしてくださいね。

「誰に似たんだろうね?」されるであろうツッコミは想定しておく

婚外恋愛でできた子を育てていく時には、さまざまなことが予想されます。

子供は自分にも夫にも似ておらず、浮気相手である本当の父親にそっくりかもしれません。

少なくとも、父親ではない夫に似ているということはないでしょう。

産まれた子が両親のどちら似かということは、夫婦を知る者にとって最大の関心事です。

出産のお見舞いに来てくれた親戚や友人は、子供の顔を見て言うでしょう。

「パパに似てないね~」「どっちにも似てなくない?」

こういったやり取りは、あらかじめ想定しておくといいでしょう。

出産後の疲れた体と意識で、思わぬ質問に対応するのは難しいことです。

あらかじめ子に対してされるであろうツッコミと返しは想定しておくことで、不審ではないやり取りがスムーズにできます。

夫の子でないことを知るのは、あなた一人だけです。

あなたが自然なやり取りができれば、子供の父親が誰かなんてことは誰も気にしません。

夫の子供じゃない子には、どんなことを言われるのでしょうか?

想定されるツッコミとそれに対する返しを、出産前に考えておきましょう。

旦那の子供じゃないとばれた時のきっかけ

「妻が浮気してるってことはもしかして?」不倫バレで子供も疑われる


夫の子供じゃないとばれてしまうには、きっかけがあります。

何のきっかけもなしにばれてしまうということはなく、ちょっとしたことがきっかけで夫が子供のことまで怪しむようになるのです。

子の出生を一番疑ってしまうのは、妻の婚外恋愛が発覚した時です。

妻が浮気しているということもショックですが、気になるのはその婚外恋愛がいつから始まったものなのかということ。

始まった時期によっては、子の父は自分ではない可能性が出てきます。

妻の婚外恋愛という1つの出来事が明るみに出たことで、夫から見て妻は一気に信用できない存在になってしまいます。

婚外恋愛が最近のものだと言われても、夫は素直に信じることができずに疑うでしょう。

疑いの目で見始めれば、夫は子のこともだんだんと怪しく見えてきます。

「もしかして、俺の子じゃないのでは?」

「外見も性格も似ていないと思っていたんだよな…。」

こんな風に思い始め、妻にも強く問い詰めるでしょう。

本当に夫の子ではないのだから疑われてしまっては、もう夫が真実にたどり着くのを止める術はありません。

あなたの婚外恋愛がばれて信用を失えば、子供のことまでばれてしまうと思っておきましょう。

夫以外の男性の子供を産むのなら、婚外恋愛は絶対にばれてはいけないことなのです。

「全然似てないけど本当に俺の子?」軽い気持ちでDNA検査


女性と違い男性は出産するわけではありませんから、妻の子供が本当に自分の子なのかというのを知ることはできません。

だから、男性の中には自分の子かどうかを確かめてみたいという気持ちを持つ人もいます。

ですが、生まれてきた子供が自分にそっくりならそんな気持ちはなくなってしまいます。

男性は妻の産んだ子が自分に似ていれば、確かめなくても血の繋がりを実感することができるのです。

しかし、生まれてきた子供が、あまり自分に似ていなかったとしたら夫の中の疑惑は消えません。

妊娠するわけではない夫は、子供が自分の子だとはっきりと確信することができないのです。

そんな夫は軽い気持ちで、本当に自分の子供なのかどうかを確かめようとします。

一昔前なら、子供が確実に自分と血の繋がりがあるかどうかを調べるのは、簡単なことではありませんでした。

ですが、今現在はDNA検査は数万円で気軽にできるものになりました。

子供が自分に似ていなくて本当に自分の子なのか疑問に思った夫は、それほど疑っているわけでなくても軽い気持ちで検査してみようと思い立ちます。

そして、返ってきた結果を見て真実を知ることになるのです。

こんなことを防ぐためには、夫が少しでも自分の子供ではないと疑わないようにすることが大切です。

気軽な気持ちでDNA検査をすることができる現代では、夫をそこに至らせないことが重要。

一度、検査をされ科学的に親子ではないと証明されてしまえば、どんな言い訳も通用しません。

本当の親子ではない二人は似ていなくて当然ですが、そのことを不審に思うことがないように注意していきましょう。

「お子さんはあなたの子ではありません」事実を知る人からの密告


あなたの子供が旦那の子供ではないと知っている人は、この世に何人いますか?

もし、自分一人だけではないとしたら、そこから秘密が漏れてしまう可能性があります。

本当の父親である彼だけには伝えてあるのだとしても、彼から誰かに伝わってしまうことがあるでしょう。

そして、その秘密を手に入れた人は、歪んだ正義感から夫に事実を伝えなくてはならないと思うことが考えられます。

その人が夫と直接の知り合いではなくても、フルネームで検索すれば夫と連絡の取れるSNSがヒットしてしまうでしょう。

そして「その子はあなたの子供ではない」とダイレクトメッセージで送りつけることができるのです。

配偶者以外の男性との子供を妊娠し、その子を夫婦の子として育てる。

これはどう考えても許されることではありません。

もし誰かがこの事実を知ってしまえば、そのことを黙っておけないと考える人は少なくないでしょう。

あなたが信頼できる人だと思って打ち明けたとしても、その人がどう考えるかまでは分かりません。

あまりに大きなことを打ち明けられて、そのことを黙っているのに耐えきれなくなってしまう可能性もあるのです。

このように自分以外の誰かに事実を告げてしまうというのは、ばれる可能性を高めてしまう行為です。

夫以外の男性の子を身ごもったことは、誰にも話さないようにしておかなければなりません。

「今日パパに会ってきた~」子供は秘密を守れない


婚外恋愛でできた子供を夫の子として育てると決めても、本当の父親とも関りを持たせたいと考える女性は多いでしょう。

子供が物心もつかず喋れない内ならそれも悪くないでしょう。

しかし、いつまでも彼と子供を会わせていては、子供経由で旦那に事実がばれてしまうことになります。

子供は秘密を守れません。

「今日何したかお父さんには内緒だよ~」と言い聞かせていても、ついつい言ってしまうのが子供なのです。

彼と会った日、子供はパパに今日何をしたか話してしまいます。

「きょう、ほんとのパパにあったの!」

旦那はこれをただの子供のおかしな発言だとは考えません。

「それってどういうこと?」と子供から話を聞き出し、事実にたどりつくことになるでしょう。

子供に彼のことを父親だと教えていなくても、同じことです。

頻繁に嫁と子供が会っている男性がいるというのは、夫にとって怪しむべきことであり夫の中の疑いの気持ちを強くしてしまうでしょう。

本当の父親である彼と子供を会わせたい気持ちは理解できますが、会わせるのならまだ子が喋らない内にしておきましょう。

子供が喋るようになると、そこから旦那に秘密はばれてしまいます。

「子供の言うことだから何とでもごまかせる」と高を括るのはやめておきましょう。

子供は母が考えている以上にしっかりしており、事実を正確に旦那に伝えてしまいます。

旦那の子供じゃないとばれた時に夫の心に響く謝り方

「一度だけだったの」長期的な浮気ではなかったとアピール


どんなに注意深く暮らしていても、旦那の子ではないとばれてしまうことはあります。

しかし、ばれてしまったからといって、そこで全てがおしまいなわけではありません。

夫の心に響く謝り方をすれば、許してもらうことは可能です。

では、まず夫の気持ちになって考えてみましょう。

夫にとって一番嫌なのは、嫁の浮気相手との妊娠・出産が計画的なもので、自分は騙されていたという状況でしょう。

まずは、そうじゃないと夫に伝えるのが重要です。

浮気は一度切りだったのだと言い、その一度で妊娠してしまったため自分でも思い悩んだ末の行為だと言いましょう。

言いたくても言えないまま、時だけが経過してしまったと夫に告げるのです。

このように言うことで、夫は嫁が決して自分を騙そうとしていたのではないと思うことができます。

一度だけ過ちを犯してしまい、その結果妊娠してしまい、そのことは長い間妻を苦しませていた。

子供の父親が違う人だというのは、夫にとってだけの大問題ではなく妻にとっても大問題だったのだ。

こう思うことができれば、子供の問題は夫婦の問題になります。

妻が打ち明けられなかったのは、夫である自分にも非があります。

こうなれば夫は一方的に妻だけを責めることもできずに、二人で話し合い解決していくしかなくなるでしょう。

夫の心に響くのは、妻もずっと苦しんでいたのだという姿勢を見せることです。

「あなたの子だと思っていた」自分でも意外だと驚いて見せる


旦那の子供じゃないとばれてしまった時、妻はその事実を知らなかったという風にすれば、夫のダメージは少なくなります。

浮気相手との子供と知っていながら、夫に育てさせていたというストーリーが、夫を一番傷つけてしまうのです。

妻も旦那の子供じゃないと知らなければ、妻には自分を騙してやろうという意識はなかったことになります。

「自分は浮気相手との子供を育てるための道具として、妻に選ばれただけだったのだ…」

これほど悲しいことはありません。

だから、そうではなく妻自身も夫との間にできた子供だと思っていたのだとアピールしましょう。

知っていて托卵したのではなく、知らずにそうなっていただけということにするのです。

妻が夫の子供だと思って育てていたのであれば、夫が責められるのは妻が浮気をしていたという点だけです。

「あなたの子供だと思っていた」そう言って、驚き嘆き悲しむ妻を必要以上に夫は責めることはできません。

ただし、開き直ったり、悪びれないのは逆効果。

夫の子ではないということは、浮気をしていたということに変わりはありませんから、その点だけはしっかりと反省する様子を見せてください。

妻も夫婦間にできた子供だと思い込んでいたことは、夫の心に響くでしょう。

「子供を育てるなら相手はあなたしか考えられなかった」旦那への信頼感


旦那の心に響くのは、真実をしっかりと告白する姿勢です。

旦那の子供じゃないとばれてしまったのだから、すべてをしっかりと旦那に告げていきましょう。

その姿勢が旦那の心に響きます。

あなたが浮気相手の子供だと知りながら、旦那と育てる道を選んだのはどうしてでしょうか。

それは、旦那と子供を育てる方が、浮気相手と育てるよりも良いと判断したからのはずです。

その判断は、旦那への信頼があればこそ。

「子供を一緒に育てていくなら、相手はあなたしか考えられなかった」

このように旦那を信頼していたことを、前面に押し出し伝えていきましょう。

そうすれば、旦那は今現在の子供がいる幸せな暮らしが手に入ったのは、妻が自分を信頼してくれたからと思うことができます。

夫への信頼が厚く、あなたとだから子供を育てていけると確信していたし、実際その信頼通り幸せな家庭を築くことができていたと伝えましょう。

真実を正直に告白し話す姿が、夫の心を打つはずです。

「ごめんなさい」言い訳せずにストレートに謝罪


旦那の子供じゃないことがばれてしまった。

これはどんな理由があったとしても、妻側が100%悪いことです。

悪いことをしてしまったら謝らなければならないなんて、幼稚園児でも知っていること。

旦那の心に響く謝り方をするためには、言い訳は不要。

まず、ストレートに謝ることで、夫の心を響かせることができるのです。

言い訳をされると夫側からは、妻が非を認めていないように感じられてしまいます。

それでは、夫は妻の悪事を到底許すことはできません。

「ごめんなさい」素直に謝ることが先決で、どうしてそうしてしまったのかは後です。

旦那の子供じゃないことがばれてしまった時には動揺してしまうでしょうが、まずはストレートな謝罪の言葉から言うように心がけていきましょう。

旦那の子供じゃないとばれて離婚を回避した後に信頼を取り戻す方法

残りの人生は旦那と子供のために!とにかく尽くす


旦那の子供じゃないとばれてしまったけれど、上手に謝ることができ離婚を回避できたなら、後は信頼を取り戻していかなければなりません。

浮気相手との子供を産んだ事実がばれてしまったあなたの信頼は、地に落ちています。

旦那が離婚を回避したのは、子育てのことを考えたためであって、あなたを許したからではないのです。

離婚をしないことを決めた旦那ですが、許した後でも子供と血の繋がりがないことに苦しみます。

やっぱり離婚をしないという判断は間違いだったのではないかと思い悩んでしまうのです。

その旦那の悩みをなくし信頼を取り戻していくには、妻の尽くす姿勢が大切です。

旦那の子供じゃない子を妊娠・出産するという勝手な行動をしてしまった妻にできるのは、残りの人生は旦那と子供のために生きるということ。

信頼を失った妻に旦那は辛く当たることもあるかもしれません。

いくら理不尽でも自分のしてきたことを思えば、耐えられるでしょう。

健気に尽くしてくれる妻の姿を何度も何度も見る内に、夫は徐々に妻への信頼を回復していきます。

妻は自分のしたことの大きさを思えば、離婚されても仕方のない立場です。

それをせずに、自分との結婚生活を続ける決断をしてくれた夫への感謝の気持ちを持ち、夫に尽くすようにして生きていくようにしましょう。

時間はかかるかもしれませんが、だんだんと夫からの信頼を回復することができるでしょう。

「信頼を取り戻すためなら何をしてもいいよ」GPS追跡アプリを入れる


一度でも浮気をした女性に対し、男性が心配になってしまうのは「また、浮気をされるのではないか」ということです。

浮気をし子供まで産むということをされたのですから、夫としては妻に疑いの気持ちを持って当然でしょう。

では、夫の信頼を取り戻すには、浮気の心配を消していくことが肝心です。

自分が浮気をしていないし、今後もするつもりがないということを証明するために、夫の望む方法はすべて受け入れていきましょう。

一番分かりやすいのはGPS追跡アプリを入れて、夫にどこにいるのか分かるようにしておくことでしょう。

夫が心配になった時に、妻がどこにいるのかを知れる。

これで、夫の中からは妻が浮気する心配を消すことができます。

GPS追跡アプリを入れるというのは息苦しいことですが、このくらいのことを受け入れなければ夫からの信頼を取り戻すことはできません。

「あなたの信頼を取り戻すためなら、何でもするよ」

夫の要求は全て飲む姿勢を見せ、夫からの信頼を回復させていきましょう。

あなたがもう浮気をするつもりがないのだということが分かれば、夫はまたあなたを信用していくことができるようになります。

これは子供のための選択だった!子育てを頑張る姿を見せる


離婚をしなかった夫が一番望んでいるのは、いったい何でしょうか。

それは子供の幸せです。

二人の間にできた子だと思っていた子は、夫の本当の子供ではなかったわけですが、何年かは自分の子供だと思って愛情をかけてきた子供です。

血の繋がりがないからといって、いきなり愛情まで消えてしまうわけではありません。

むしろ、離婚をしないことを決めたわけですから、夫はこれまで通り愛情をかけて子供を育てるつもりなのでしょう。

だったら、夫の信頼を回復させていくためには、妻も子育てを頑張るのが一番の迪です。

旦那の子供じゃないと知っても離婚をしないでいてくれたことに応えるためにも、子供の世話をこれまで以上に頑張っていきましょう。

「子供をより良く育てていくためには、この人と離婚しないで正解だった」

夫にそう思わせることができれば、あなたの信頼を回復させることができます。

夫婦間の本当の子供でなくとも、子はかすがいなのです。

子供を大切に思うことが、夫を大切に思うことにも繋がります。

これまで以上に子供のことを思い、子供のために行動し、夫を信用させていきましょう。

旦那の子供じゃないとばれた?!素直に謝り信頼を取り戻そう


浮気相手の子供を妊娠してしまった女性の取る道は二つです。

一つは子供を諦める道、もう一つは子供を産む道です。

子供を産んで夫との子供として育てる場合には、絶対にその事実はばれてはいけません。

旦那の子供じゃないとばれてしまえば、大変なことになるのは目に見えています。

まずは、自分が堂々と子育てをして、誰からも不審がられることのないように注意しましょう。

子供が夫には似ていなかったとしても、それはよくあることです。

気にし過ぎないように自然体でいることが一番疑いを抱かれません。

しかし、どんなに気を付けていても、秘密はばれてしまうことがあります。

旦那の子供じゃないとばれてしまった時には、まずは素直に謝りましょう。

言い訳せずに謝る姿は、旦那の心に響きます。

そして、浮気は一度切りだったことや、子供の父親が違うことは自分も知らなかったと付け加えていくようにしましょう。

あなたの謝り方が夫の心を打ち、離婚を回避することができたなら、その後はどうやって信頼を取り戻していくかが重要となります。

自分のしでかしたことの大きさを理解し、今後の人生は夫と子供のために生きると誓いましょう。

そして、二度と浮気をしないということを夫に対し示すためにも、GPS追跡アプリなどを入れ夫にどこにいるのか分かるようにするのもいいでしょう。

もう浮気をしないで、子供のために生きる妻を見れば、夫は妻のことを再び信頼できるようになります。

旦那の子供じゃないとばれてしまうことは大ピンチですが、それを利用して夫婦の絆を深めていきましょう。

おすすめの記事