「子供が大事で離婚できない」という男性の本音と彼の気持ちを不倫相手との結婚へ向ける方法

既婚男性との恋は、ハードルの高いものです。

彼に子供がいれば、そのハードルは更に高いものとなるでしょう。

しかし、子供がいる既婚男性だと知っていても止められない恋心というものがあります。

好きになってしまったら、彼が子持ちかどうかなんて気にならなくなってしまうのです。

「子供が大事だから、離婚は考えていない」

彼がそんなことを言う場合、女性は彼の考えを変えたいと思い悩むでしょう。

子供が大事で離婚できないという既婚男性をその気にさせるには、普通に恋をしているだけではダメなんです。

この記事では、子供が原因で離婚できない彼の本音、彼が不倫相手に望むこと、彼に結婚を視野に入れてもらう方法についてご紹介していきます。

子供が大事だという彼の本音を知って、あなたの方を振り向かせていきましょう。

「子供には敵わないよね…」

あなたのその恋、まだ諦めないでください。

彼に世界一大事な子供がいても、彼との未来を夢見ることはできるのです。

目次

「子供が大事で離婚できない」という既婚男性の本音

本当に子供が大事!子供と一緒に暮らせないなら生きてる意味がない


婚外恋愛中の彼が「子供が大事だから妻と離婚することはできない」と言う場合、それはそのままの意味であることがあります。

彼は今現在、妻とは関係が悪いのかもしれません。

婚外恋愛をするくらいだから、まったく不満がないというわけではないでしょう。

しかし、妻は彼の子供を産んでくれた人です。

彼にとって子供は、自分の血を分けた世界一大切な存在。

それは妻との関係がどうなっていようと変わることはありません。

子供を持ち父となった彼は、自分の子供のことを何よりも大切に思っているのです。

そして、たとえ妻との仲が悪くても、妻はかわいい子供を産んでくれた人。

彼は妻への愛はなくなっても、感謝の気持ちは持ち続けています。

彼は妻以外の女性を好きになってしまいましたが、妻と離婚をすることは考えられません。

妻と離婚をすることは、イコール子供と暮らせなくなるということでもあります。

そんなことは彼にとって耐えられないことです。

彼は妻以外の女性と恋をして、改めて自分にとって一番大事なのは何なのかを考えてみました。

「彼女のことは好きだけど、子供と離れて暮らせるかな?」

それを考えてみた結果、やっぱり彼は子供を手放すことは考えられませんでした。

そして、その思いは彼女にも伝えておかなければならないと考えます。

だから、彼は彼女に「子供が大事で離婚できない」と言うのです。

それは彼のそれほど子供を大事に思っているという宣言です。

決してあなたのことを軽く思っているというわけではありません。

彼女は連れ子を愛せる?もし離婚・再婚した時の彼女の育児能力が心配


婚外恋愛をする子持ちの彼は、一度は考えます。

「もし離婚をしたとして、彼女と子供と暮らす未来はあり得るか?」

彼女としては最高の女性でも、母親として最高かと言ったらそれは違います。

子供を愛する彼は、離婚をしても親権を手放すつもりがありません。

それはすなわち彼女に母親になってもらうということ。

彼は、彼女が自分の子供を育てるかふさわしい人かどうかをジャッジしているのです。

しかし、血の繋がらない子供を育てるということは、並大抵のことではありません。

彼女の方に問題がなくても、子供が新しい母親を受け入れられるかという問題もあります。

また、連れ子を虐待してしまうというニュースを聞くことも少なくありません。

色々なことを考えてみた結果、彼はやっぱり離婚して彼女と再婚するのは厳しいなと感じます。

そして、それを彼女に伝えるために「子供が大事で離婚できない」と言うのです。

彼にとって大切なのは、大事な子供をきちんと健やかに育てきること。

そのために彼は離婚を決意することはできません。

子供を持った日から、彼の生きる理由は子供です。

いくら大切な彼女という存在になれたとしても、子供よりも大切なポジションにはなれないのです。

子供が大事という彼のセリフに、その気持ちが良く表れていますね。

「離婚したら子供が不幸になるのでは…?」両親揃っていた方が子供のため


妻以外の女性を好きになってしまった男性は、離婚が頭の中によぎります。

人を好きになるということは、その人との未来を想像してみるということです。

しかし、彼女との未来を想像する時でも、彼の頭の中には子供のことが常にあります。

子供を育てるのに最高な環境とはどんなものでしょう。

きっと普通の価値観を持った人であれば、両親が揃っている方がいいと考えます。

彼もその価値観の枠にとらわれてしまっているのでしょう。

子供を幸せにすることを最優先に考えるあまり、彼は離婚をすることはできないと思うのです。

妻との仲がいくら険悪でも、子供の母親はこの世にただ一人。

その母親と、父親である自分のペアで子育てをするのが自然なことだし、子供にとっても良い環境になるだろうと彼は考えます。

自分にとって悪妻でも子供にとって賢母であれば、それでいいのです。

子供が母親のことを好きなら、彼のその思いはさらに高くなります。

子供は両親が離婚すると知れば悲しい思いをするでしょう。

彼は子供の悲しむ顔を見たくはありません。

子供にとって大好きな父と母が揃った家庭で、何よりも大切な子供のことを育てたいと考えているのです。

そして、その結論が出ているのなら、婚外恋愛中の彼女を期待させるわけにはいきません。

だから「子供が大事で離婚できない」という言葉で、彼女に自分の意志を伝えておこうと考えているのです。

「子供を言い訳にすれば離婚と言い出さないだろう」浮気は遊びと考えている


婚外恋愛を単なる遊びと考えている場合も、彼は子供を理由にします。

子供が大事なのは当然であり、常識です。

婚外恋愛相手である彼女も、妻が大事だと言えば怒ってしまうでしょうが、子供が大事だと言えば何も言えなくなってしまいます。

彼はそのことを良く分かっているのです。

だから、彼女に対して子供を言い訳にします。

「ちょっと子供が熱出したから、今日の約束はなしで!」「子供が大事だから離婚はできないよ」「子供の面倒見なきゃダメだから、その日はダメ」

こんな風に子供は婚外恋愛をする彼にとって、便利な道具です。

彼女は子供を理由にされてしまえば、文句を言うこともできません。

彼女の機嫌を損ねることなく予定をキャンセルすることができ、離婚を迫られることなく付き合いを続けていくためには子供の存在は欠かすことができません。

「嫁が帰ってこいって言うから帰るね」と「子供が熱出したから帰るね」これは実は同じことです。

子供が熱を出したから帰ってこいと言っているのは嫁のはず。

それなのに伝え方が違うだけで、彼女の受け取り方はずいぶん変わってくるのです。

浮気相手に不満を抱かせず上手に付き合っていくには、子供を理由にするのが一番。

彼女に本気になられて面倒なことになりたくない彼は、「子供が大事で離婚できない」と言います。

こう言われてしまえば、彼女は「離婚して」とは言えなくなるでしょう。

上手に遊ぶために子供を言い訳に使うズルい男性もいるのだということも、知っておいてくださいね。

「子供が大事で離婚できない」という既婚男性が不倫相手の女性に望むこと

「離婚して」と言わないで!君よりも子供が大事


「子供がいるから離婚できない」と言う男性の本音は、「離婚できないって言ってるんだから、離婚してって言わないでね」というものです。

彼がわざわざ離婚する意思がないということを伝えてくるというのには、こういう理由があったのです。

婚外恋愛をする男性にとって一番困るのは、彼女に離婚を迫られてしまうこと。

家族を捨てるつもりはなくても、婚外恋愛を楽しみたい彼はいろいろな甘い台詞を言ってきます。

「こんなに誰かを好きになったの初めて」「本当にかわいいね」「妻よりも愛してる」

この言葉を真に受けて彼を真剣に愛してしまっては、痛い目を見るのはあなたです。

彼は甘い言葉を吐いた後に必ず「でも、子供が大事だから離婚はできない」と言っているでしょう。

これは、甘い言葉は今を楽しむだけの台詞であって本気にしないでくれという彼の本音が見えます。

彼を好きなあなたは甘い言葉だけを信じたくなってしまいますが、それはとても危険。

結局「離婚しない」と言っているのだから、彼は家族を捨てあなたを選ぶつもりなどないということに気が付かなくてはなりません。

こんな彼に離婚を迫るようなことがあっては、彼はあなたの前から去ってしまうでしょう。

彼の希望は面倒なことにならずに、妻以外の女性との恋愛を少し楽しむこと。

「子供が大事で離婚できない」と言う彼に対しては、妻との離婚を望んではいけません。

それを言われたくないがために、彼はわざわざ離婚できないことをあなたに伝えているのです。

婚外恋愛中の彼の離婚は、恋する女性の最大の目標ですが、それを叶える道にはたくさんの困難が待っているでしょう。

子供の行事は最優先!会えない日が続いても文句はNG


女性は好きになった人の一番になりたがります。

それは婚外恋愛であってもそうです。

しかし、既婚男性に彼女のその願望を叶えてあげることはできません。

一番になるどころか、彼にとってあなたは家族や仕事があった上での三番手以降の存在でしょう。

「子供が大事で妻と別れられない」と言う男性は、この順番を分かって欲しいと希望しています。

子供を愛する彼の最優先したいものは、子供です。

彼女が泣こうが叫ぼうがこの事実は覆りません。

だから、彼はそんな自分をそのまま彼女に受け入れてもらいたいと感じています。

子供のことを優先した結果、彼女に全然会えなくなってしまうことがあってもそれは仕方のないことだと彼は考えています。

なぜなら、彼の一番大事なのはあなたではなく子供です。

彼は例え恋をしても、一番大事な子供の行事を優先していきたいと思っています。

子供を持つ彼と付き合うのなら、彼の一番になれないということは理解しておかなければなりません。

もし、あなたが彼に一番大切にされたいと願うなら、恋愛相手を間違っていると言えるでしょう。

子持ちの既婚彼の最優先は子供で、そのためにあなたと会えない日々が続いたとしても文句を言うのはやめましょう。

彼は子供を最優先にするのを理解してくれる女性との付き合いを望んでいるのです。

俺の大事なものを君の大事なものにして欲しい!子供のことまで愛して


彼は婚外恋愛中の彼女に子供を敵視して欲しくはありません。

彼の一番大事なものが子供だと知ると、子供相手にでもライバル心をむき出しにしてしまう女性がいます。

「彼の一番になるのは私よ!」

子供に対してライバル心を抱いてしまう女性がいるのです。

恋する女性は愛した彼のすべてを知りたがります。

ですが、彼の父としての顔を彼女は見ることができません。

彼女は子供に嫉妬心とライバル心を抱き、時には憎んでしまうことも。

彼はそんなことは望んでいません。

彼にとっては、子供も彼女もどちらも大事な存在です。

だから、その二人が憎しみ合うことなどあってはならないのです。

婚外恋愛をする既婚男性の望みは、彼女にも子供のことを好きになって欲しいというもの。

『子供の写真を待ち受けにしたいけど、彼女に見られたらどう思われるだろう』

彼はこんなことを思いたくはないのです。

待ち受けにした子供の写真を彼女にも「かわいい」と言ってもらえる。

これが子供を持つ彼と彼女のベストな関係でしょう。

彼はヤキモチを妬かれてしまうのなら、彼女の前で子供の話をすることもできません。

できることなら、子供の話を一緒に楽しめればいいと考えている彼は、このことを寂しく感じてしまいます。

彼女にとって彼の子供は憎むべき存在ではありません。

彼の大事なものは、あなたにとっても大事なもののはず。

そういった心持ちで、子供のことまで愛してあげれば、彼はあなたとの恋愛が楽しくてたまらなくなるでしょう。

「彼が私以外に愛した女との間に作った子供」と思えば子供の存在は憎くなってしまうでしょうが、「彼の大事なものだから私も愛せるはず」と思えば彼の子供も大事に思えるものなのです。

子供のいる彼のことを好きになったのなら、その子供のことまで愛してあげるようにしましょう。

あなたのライバルは子供ではないはずです。

「子供が大事で離婚できない」という既婚男性に一番大切な存在として認められる為のステップ

ステップ1子供がいる彼に最大限の理解を示す


子供のことを大切に思う既婚男性を好きになったのなら、その彼の一番大切な存在として認められる為には、段階を踏んだ行動が大切です。

まず、最初のステップとして、彼に子供がいることを最大限理解してあげるように努めましょう。

子持ちで子供のことを大切に思っている彼は、あなたより子供のことを優先してしまうことがあるでしょう。

それを面白くないと思う気持ちは、彼女として当然です。

しかし、その不満を彼にぶつけても、彼は困ってしまうだけでどうすることもできません。

子供がいる彼が、子供のことを大切に思うのは当然です。

想像してみてください。

もし、あなたと彼の間にこの先子供ができることがあったとして、子供のことをほったらかして恋に現を抜かすような父親だったとしたら彼のことを嫌いになってしまうでしょう。

彼は自分の子供をきちんと愛せる、人として普通の感覚を持った人です。

彼を愛し続けるということは、この先に二人の未来があるかもしれないということ。

普通のカップルは男性が父親になった時のことは分かりません。

子供のことを愛さないかもしれないし、子供をほったらかして遊んでばかりかもしれません。

しかし、現在子供を大事にしている彼であれば、子育ての戦力となってくれることは証明済みです。

そんな彼を誇りに思い安心して将来を考えられる相手だと考えれば、彼が子供を大事に思うのを理解してあげられるでしょう。

まずは、彼が子供のことを大事に思う気持ちを尊重し、理解してあげるよう努めてください。

ステップ2子供の話を聞いたり写真を見せてもらったりしてポジティブな反応をする


彼の一番大切な存在となるための続いてのステップは、子供に対する関心を示していくことです。

子供を大事に思う彼は、好きな彼女にも子供の話をしたいと思っています。

彼が子供の話をしてくれないとしたら「もしかしたら、子供の話なんて聞きたくないかな?」と心配しているだけでしょう。

ステップ1で子供のことに理解を示していれば、彼は子供の話をしてくれるようになっているはずです。

彼が子供の話をしてきた場合には、ポジティブな反応をしてあげるように心がけてください。

彼にとって子供は自分の分身です。

子供を褒められるということは、自分自身が褒められているような感覚になるでしょう。

さらに、あなたの方からも子供についての質問をしていきましょう。

写真を見せてとお願いするのもいいでしょう。

そして、また子供のことを褒めてあげるのです。

こういったことを繰り返すことで、彼はあなたに子供もろとも愛してもらっていることを実感します。

好きなものが同じというのは、人を安心させます。

大好きな子供の話を大好きな彼女の前ででき、それを彼女も楽しんでくれている。

彼にとってこんなに最高なことはないのです。

彼の愛する子供の話をどんどん聞いてあげましょう。

ステップ3もし子供を引き取ることになっても大丈夫!彼の子供なら愛せる覚悟を見せる


あなたが彼の一番大切な存在となるための最終ステップは、覚悟を見せることです。

これまでのステップをこなしてきたあなたは、彼に信頼されています。

あと一歩を踏み出すためには、彼が離婚をした時の話をしていきましょう。

子供を持つ男性が一番離婚の際のネックと感じるのは、子供のことです。

離婚したら子供はどちらに引き取られるのか?もし自分が親権を取れたとしても彼女は子供を一緒に育ててくれるだろうか?

さまざまな不安から彼は離婚をためらってしまいます。

そこで、あなたが彼の子供を一緒に育てる覚悟があることを言ってあげましょう。

その言葉だけで彼は安心し、あなたの愛を感じることができるでしょう。

子供の親権は彼の意志だけで決められることではありませんから、実際にどうなるかは分かりません。

母親の方に親権が認められることも多く、離婚をすると彼は子供と一緒に暮らせなくなってしまうかもしれません。

しかし、それでもこれほど子供を愛し理解してくれる彼女となら、離婚してもやっていけそうだという気がしてくるものなのです。

「あなたの子供一緒に育てたい!」

この言葉に彼は救われ、あなたを大事な存在だと思うことができるでしょう。

もっと彼の一番になる方法を知りたい方へオススメの記事です

「子供が大事で離婚できない」と言っていた既婚者の彼の気持ちを不倫相手との結婚へ向ける方法

離婚したら子育てってできないの?子供と一緒に関わる方法を考える


「子供が大事で離婚できない」と言う彼を、彼女との結婚に向かわせるためには、子供の問題を取り除いてあげなくてはなりません。

まずは彼の言っている離婚できない理由、子供が大事に注目してみましょう。

離婚したら子供を大事にできないのでしょうか?それは違うはずです。

離婚をしても子供と関わる方法はたくさんあるのです。

たとえ妻と別れても、彼が子供の父親であるということには変わりはありません。

一度父親となったら、どんなことが起きても父親であることはやめられないのです。

もし、離れて暮らすことになっても、父親であるあなたには子供と面会をする権利があります。

定期的に会うこともできるし、たまにしか会えないからこその濃密な関り方もできるはずです。

「離婚したら子供を大事にするのってできないのかな?」

彼が「子供が大事で離婚できない」と何度も言うのなら、彼女の方からこんな風に問いかけてみましょう。

これまではただ子供と一緒にいたい気持ちでいっぱいだった彼は、考えを改めることができます。

子供を大事にすることは、離婚をしてもできることだと気づくことができるのです。

子供を同じように好きでいてくれる彼女とであれば、離婚後も子供と関わっていくのは簡単なはずです。

彼と妻と別れた後でも、たくさん子供と関わっていくための方法を一緒に考えていきましょう。

子供はいつか巣立つ!本当にそれでいいの?


子供を大事に思う彼ですが、それを理由に離婚しないのは今現在しか見えていないと言えるでしょう。

子供は確かに大切な存在ですが、いつか子供は親の元を巣立ちます。

そうなった後に残っているのは、妻と二人の生活です。

子供が親の元で暮らすのは、せいぜい20年程度です。

その後の残された人生を妻と暮らすので、彼はいいと思っているのでしょうか。

彼は今現在子供を大事に思いすぎるあまり、未来を想像することを忘れてしまっています。

あなたが彼との未来を手にするためには、そのことを彼に伝えなければなりません。

子供には子供の人生があります。

かつて彼自身も親元を巣立って、恋をして新しい家庭を築いたように、今は愛らしい子供もいずれ彼の元を離れていってしまうのです。

そうなった時に、馬の合わない妻と暮らす老後は楽しいものでしょうか。

子を持つ親だって自分の人生をより良く生きることを考えたっていいはずです。

新しい人生を始めるのなら、少しでも早い方がいいでしょう。

「彼と楽しい老後を過ごしたい」

子供が大事で離婚できない彼に意識させなければならないのは、子育てが終わったその先です。

いつか巣立つ子供のために今離婚しないのは、未来の彼を不幸にする行為です。

そのことを彼に伝え、彼との幸せな未来を過ごしていきましょう。

「子供を引き取っても良い!」彼と一緒に過ごすための覚悟を見せる


「子供が大事で離婚できない」という彼と不倫相手が結婚するための方法は、彼と子供のどちらも愛してあげるということです。

子供が大事で離婚できないというのは、子供と一緒の暮らしを手放したくないということでしょう。

だったら、離婚しても子供を引き取って、これまで通り一緒に暮らせるようにすればいいのです。

「あなたと子供と私の三人で暮らそう」

彼女にそう言われれば、彼は子供を手放さずに彼女のことも手に入れられると思えます。

そして、これは言うだけではいけません。

子育てというのは簡単なものではありません。

実際に子育てを経験してきた彼から見て、あなたは子育てを任せられる相手でしょうか。

しかも、彼の子供とあなたは血のつながりのない他人です。

彼は絶対に言葉だけで安心はできず、あなたの生活態度や人間性を見ています。

自分の大事な子供を任せられる相手とでなければ、再婚は考えられません。

彼の子供を育てる覚悟を持つと共に、それができる人間性を見せていきましょう。

そうすれば、彼は一歩踏み出すことができるでしょう。

子供が理由で離婚をためらっていた彼の、子供と離れてしまう不安を取り除けば、妻と別れる障害はなくなるのです。

「こんなに好きと思ってくれる人はもういない」彼女の大切さを分からせる


子供が大事な彼を婚外恋愛中の彼女との結婚に向かわせるためには、彼女自身を大切だと思わせなければなりません。

それには、どんな作戦を立てるよりも彼のことを愛することが大切です。

「彼と結婚する」が目標になってしまうと、自分の気持ちを見失ってしまうことがあります。

まずは、原点に戻りましょう。

あなたが子供がいるという既婚者だという障害を乗り越えてまで彼と結婚したいのはどうしてでしょうか。

それは彼のことが大好きだからのはずです。

既婚彼との恋愛は思い通りにいかないことばかりでしょうが、そのことを忘れてはいけません。

そして、その気持ちを彼に隠さず伝えていきましょう。

彼は彼女に愛されていることが分かれば、あなたのことを大切だと思います。

「彼女のことを逃してしまったら、自分のことをこんなに愛してくれる人はいないだろう」

彼にこう思わせることができるほど、彼のことを愛することができれば彼はあなたとの結婚を選ぶでしょう。

確かに子供も大切ですが、子供は人生のパートナーとはなり得ません。

人生を共に歩む自分を愛する女性を見つけた時、彼は子供が大事で離婚できないという考えを改めてくれるでしょう。

頑なに離婚できないと言っていた彼の気持ちを動かすことができるのは、あなたの大きな愛なのです。

子供が大事で離婚を渋っていた既婚男性と結婚する為の逆プロポーズのやり方

「二人で幸せになろう」自分の幸せを考えてもいいんだよと言ってあげる


子供が大事で妻と別れられない彼と結婚したいと望むのなら、待っているだけではいけません。

男性がプロポーズするのが一般的かもしれませんが、プロポーズはどちらからしたっていいものです。

逆プロポーズして、彼をあなたとの結婚へと向かわせましょう。

彼に逆プロポーズをする時には、彼を幸せにするという決意が大切です。

今の彼が考えているのは、自分の子供の幸せです。

彼自身の幸せは二の次になってしまっている彼に、自分の幸せを考えてもいいんだよということを言ってあげましょう。

「二人で幸せになろうよ」

子供の幸せばかりではなく、彼だって幸せになったっていいんだ。

愛する女性からそう言ってもらえることは、彼の気持ちを軽くしてくれるでしょう。

そして、二人で幸せになることは、決して子供を不幸にすることではありません。

離婚することによって子供を見捨てるのではなく、子供とどんどん関わってもらってもOKということまで伝えれば完璧でしょう。

彼も幸せになれるし、子供もギスギスした両親のもとで育つより健全に育つ可能性もあります。

彼を幸せのするという決意を込めた逆プロポーズをして、彼の離婚を渋る気持ちを動かしていきましょう。

「私にあなたの子供を育てさせてください」彼と子供の両方を愛する


子供が理由で妻との別れを渋る彼に対して効果的なプロポーズは、彼だけではなく子供ごと愛するという趣旨のものです。

「私にあなたの子供を育てさせてください!」

このくらい子供だけに焦点を当てた方が、彼の心には響くでしょう。

彼が妻との別れを渋るのは、子供と一緒に暮らせなくなるからでしょう。

だったら、その心配を取り除いてあげればいいのです。

彼女が子供と一緒に暮らすのを嫌がらないというのは、彼にとって相当嬉しいポイントです。

妻と別れても子供と暮らす道もあるのだと気づいた彼は、妻との別れに前向きになれるでしょう。

あなたの中には、彼の大事な子供ごと愛する覚悟がありますか?

子供を連れての再婚は、あなたが予想するような甘いものとは違うかもしれません。

子供のことが優先になり、新婚気分には浸れないでしょう。

それでもいいと思えるくらい彼のことが好きなら、そのことを彼に伝えなくてはなりません。

彼は妻と別れるということが、子供とも別れるということだと思い違いをしています。

そうではないのだと分かれば、彼は離婚を渋る理由がなくなります。

もちろん、親権が取れるかどうかは妻や子の意向もありますから、すんなりと決まるかは分かりません。

それでも、子供を育てる覚悟を持った彼女がいてくれれば、彼は離婚を前向きに考えることができるのです。

「私といた方が幸せになれるよ」強引なくらいのプロポーズをしよう


子供が大事な彼には、少し強引なくらいのプロポーズをしましょう。

女性側に「絶対に彼と結婚したい!」という強い意志がなければ、二人の結婚が叶うことはありません。

彼の中には子供を思う気持ちがあり、離婚には後ろ向きです。

そんな彼を前向きにするためには、強引さが必要となってくるのです。

「子供のいる彼との再婚が本当に良いものかどうか…?」という迷いが女性の中にあってはいけません。

もちろん、「普通に独身男性を選べばこんな苦労をせずに済むのに…」などと思うこともあるでしょう。

ですが、人を好きになるということは理屈ではありません。

彼を好きで結婚したい気持ちが消えないのなら、まずはあなたの中の悩みを消していきましょう。

そして、「絶対に彼と幸せになるんだ!」という決意ができたら、彼に逆プロポーズをしていきましょう。

「私と一緒にいた方が幸せになれるよ!」「子供のことは何とかなるって」「このままでいいと思ってるの?」

強引に彼を引っ張っていきましょう。

妻との別れをためらう気持ちがある彼は離婚に積極的になることはできません。

誰かに引っ張ってもらうことで、ようやく彼の離婚は成立するでしょう。

彼を引っ張る時には、あなたの中にためらいがあってはいけません。

離婚という大きなことをする時に、先導してくれる人に不安そうな様子があっては彼はその人についていこうとは思えなくなります。

彼に強引なプロポーズをした後は、自信を持って彼を導いていきましょう。

自信のある人についていくというのは、なぜだか安心できることです。

彼を安心して離婚へと導けるように、不安な様子を見せず彼を離婚へと向かわせましょう。

自信のある彼女と新しい人生に向かう時、彼はきっと幸せになれるはずという予感に包まれるはずです。

子供が大事で離婚できない彼と結婚するには?子供ごと彼を愛そう


子供を持つ既婚者との恋愛は、大変なものです。

彼との未来を女性は望んではいけないのでしょうか?

その答えはノーです。

子持ちの既婚者とであっても、彼と妻を別れさせ結婚することはできます。

彼は「子供が大事で離婚できない」と言ってくるでしょう。

しかし、それは乗り越えることのできる問題なのです。

まず、子供を大事に思う彼を見ていると、子供に対する嫉妬心が生まれてくるかもしれません。

しかし、子供に敵対心を持ってしまっては、彼との恋はうまくいかないでしょう。

彼にとっては彼女も子供も大事な存在です。

その二人がいがみ合ってしまうなど彼には耐えられません。

まずは、彼に子供がいることを理解し、子供のことを好きになるよう努力してみましょう。

彼女が自分の子供のことも愛してくれると、彼は嬉しくなりあなたへの好意を増していきます。

そして、彼を妻との離婚に前向きにさせるには、もう一押しが必要です。

彼が懸念しているのは、子供を失ってしまうことでしょう。

ですが、離婚をするというのは子供を失うことではありません。

離婚をしても子供を大事にすることはできますし、子供の父親であることに変わりはありません。

それに、子供のことを考えるあまり、今離婚を選ばないというのは未来の彼を不幸にします。

子供はいつか夫婦のもとから巣立っていきます。

その後で残されているのは、夫婦二人の暮らし。

彼は愛していない妻と過ごす老後でいいのでしょうか。

子供を大事にしながら、未来の彼を幸せにするためにも、彼に妻と別れを選ばせあなたとの結婚に前向きにさせていきましょう。

また、彼が子供を引き取った場合でも、受け入れる覚悟を持っておきましょう。

子供も彼も愛することができれば、彼との未来を手に入れることができるでしょう。

おすすめの記事