人を呪う方法を解説!既婚男性の妻を呪いたい気持ちになるきっかけや離婚をさせる方法

『人を呪う』

そんなことをしてはいけないと誰もが知っていますし、進んでやりたい人はいないでしょう。

しかし、既婚男性と付き合う女性の中には、彼の妻を呪いたい気持ちになる人もいます。

「彼の奥さんに呪いをかけて、彼と離婚させることができたなら…」

彼の妻に呪いをかけてまで、彼と一緒になりたいという強い気持ちがあるのなら、呪いを実行してでも彼を手に入れていきましょう。

この記事では、既婚彼の妻を呪いたい気持ちになるきっかけや離婚をさせる方法についてご紹介していきます。

また、呪いをかける時に用意する物や環境についてもお教えします。

人を呪う時には、自分にその呪いが返ってくる覚悟も必要です。

人を不幸にしてでも、自分が幸せになりたいのなら、彼の妻を呪いましょう。

妻を呪う覚悟はできていますか?

もう呪うしか方法が残されていないとまで思うのなら、この記事を参考に彼の妻を離婚へと向かわせていきましょう。

目次

不倫相手が既婚男性の妻を呪いたい気持ちになるきっかけ

「あの女さえいなければ…」妻がなかなか彼と離婚してくれない


人を呪うというのは、よっぽどのことです。

不倫をする女性が、彼の妻を呪いたくなるきっかけとはどんなものなのでしょうか。

それは、彼の離婚がなかなか進まない時です。

既婚彼は口では「離婚話を進めている」と言いますが、彼の離婚はいつまで経っても実行されません。

離婚は夫婦のどちらか一方だけの意志では進めることはできずに、一方が拒否すれば無理矢理離婚をすることはできません。

彼の不倫がバレているかバレていないかは分かりませんが、不倫をしている彼は有責配偶者となります。

有責配偶者の方からは離婚をすることができずに、妻が離婚を嫌だと思えば彼は結婚生活をやめることはできないのです。

彼夫婦が別れない限り、あなたは単なる不倫相手でしかありません。

これは彼を愛しているあなたにとっては、苦痛に感じられることでしょう。

一刻も早く彼の正式なパートナーとなりたいのに彼妻が離婚してくれないせいで、あなたはいつまでも日陰の女です。

既婚者だけれど愛してしまった彼と、お日様の下で手をつないで歩きたい。

こんなささやかな希望ですら、不倫相手では叶えることができません。

なかなか彼の離婚話が進まず、その原因が彼妻にある時、彼女の中には彼の妻に対する恨みの念が湧いてきます。

「あの女さえいなければ、私は幸せになれるのに!」

そして、彼女は妻を呪いたい気持ちを強くしていくのです。

離婚に時間がかかることは分かっていても、女性にも待てる限度というものがあります。

その限度を超えた時、彼女は呪いという禁断の方法を用いようと思うのです。

「私より奥さんの方が大事なの?」自分よりも妻を優先された時


婚外恋愛をする女性がショックなことが、彼に後回しにされることです。

彼に家族があるのはもちろん承知の上で付き合ってはいましたが、それでも関係を続けてこられたのは彼が愛しているのは自分だという自信があったからです。

それなのに、彼があなたとの予定より、妻の予定を優先したとしたらあなたの気持ちはひどく傷つけられてしまうでしょう。

「私のこと愛していないの?」

「奥さんの方が大事なの?」

「愛してるの言葉は嘘だったんだ!」

そして、傷ついた気持ちは、誰かを恨む気持ちへと変化していきます。

こんな気持ちにさせた彼のことを憎めればいいのですが、彼への愛がそれを許しません。

彼女の憎しみの気持ちは、彼妻へと向けられます。

彼が妻を優先するという出来事も、妻さえいなければ起きることはありませんでした。

彼女は「妻さえいなければ彼から一番愛されるのは私だ」という思いを強く持つようになります。

愛する彼からないがしろにされたと感じ傷つく時、その傷ついた気持ちは憎しみの気持ちに変わっていきます。

それは、彼女が不倫という辛い恋を乗り越えていくためには必要なことなのです。

女性が婚外恋愛という辛い恋でも頑張れるのは、彼から愛されているのは自分なのだと思えるから。

しかし、それが彼の行動によって裏切られてしまったら、その気持ちは彼の妻を呪いたい気持ちになってしまうのです。

知らない方が幸せだった…彼と笑い合う妻の姿を見てしまった


人は実体のないものを呪いたいとは思いません。

人を呪いたいほどの強い憎しみというのは、抱くにもエネルギーが必要です。

良く分からないものに対して、呪いたいとは人は思えないものなのです。

彼が結婚していることは知っていても、彼の奥さんを見たことがないのであれば、女性は呪いたいとまでは思いません。

知らぬが仏という言葉がありますが、彼の妻を見なければ彼が結婚していることを意識することはありません。

彼の妻を実際に目にし、認識してしまうから、彼が結婚していることがより強く感じられ辛くなってしまうのです。

そして、その時は突然訪れます。

彼の奥さんが忘れ物を届けに会社までやってくる。

休日に家族とショッピングしている彼を見かける。

彼と妻が一緒にいるのを目撃してしまう日は、いつ訪れるかわかりません。

そして、一度目にしてしまったら、彼の妻の存在はあなたの頭の中から離れなくなってしまうでしょう。

これまでは知らなかったから彼の妻のことを考えずに済んでいたけれど、知ってしまえば知る前にはもう戻れません。

見かけた妻の姿が彼と笑い合っているものだったとしたら、その笑顔はあなたの脳内にこびりついてしまうでしょう。

これまで実体のなかった彼の妻という存在が、あなたの中で実体を持ってしまうのです。

人は実体のあるもののことを恨むことができます。

これまでは妻がいても構わないと思っていたはずなのに、彼の妻のことが急に許せなくなってしまいます。

恨む気持ちはどんどん膨らんでいき、呪いたい気持ちにまでなっていくでしょう。

「奥さんがいなければ、彼は完全に私のものになる」

その思いから、女性は彼の妻への恨みを募らせていくのです。

「どうして会えないし連絡も返ってこないの?」一人で過ごすのは全部妻のせい


彼の妻への呪いたい気持ちは、一人で悶々とした気持ちを抱えている時に生まれます。

楽しくハッピーな気分の時に、人を呪おうとは思いません。

一人で寂しく過ごしている時に、恨みつらみは生まれてくるのです。

婚外恋愛をする女性は、思うように彼と会うこともできません。

会いたいのに会えない寂しい夜に、せめて声が聴きたいと思っても気軽に電話もかけられません。

それならメールを送ってみようと思うものの、彼からの返信はいつまで経っても来ない…。

婚外恋愛をする女性には、このように寂しい気持ちと戦わなければならない夜が訪れます。

そして、彼女は悶々と一人で考えるでしょう。

「私がこんなに辛い思いをしなければならないのはなぜ?」

ここで、彼のせいだと思えば、二人の恋は終わってしまうでしょう。

彼のことが好きな彼女は、彼の事を恨むことはできません。

その代わりに、彼の妻に対する恨みの気持ちが生まれて来ます。

彼と思うようにデートが出来ないのは妻のせい。

彼が家にいる時間は電話に出てくれないのも妻のせい。

メールを返せないのも妻の目を気にしているから。

すべて彼の妻がいるせいで、彼女はこんなにも辛く寂しい思いをしなければならないのです。

こんな辛い思いをすることなく彼と愛し合いたいと考える彼女は、妻を呪いたい気持ちになります。

彼と過ごせない辛い夜が、彼の妻を呪いたい気持ちを生み出していくのです。

付き合っている既婚男性の奥さんに呪いをかける前に考えるべき事

人を呪わば穴二つ!呪いは自分にも返ってくる可能性がある


「付き合っている既婚男性の奥さんを呪いたい」

このくらい追い詰められてしまった女性は、呪うことのリスクなどを考えられなくなっているでしょう。

もう呪いでしか解決できないと思っており、どんな結果になってもいいと気持ちが先行しています。

しかし、人を呪いたい気持ちになった時には、考えておかなければならないことがあります。

それは、呪いの恐ろしさです。

『人を呪わば穴二つ』という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

これは人を呪うのなら、呪う相手と自分の分の墓穴を掘っておきなさいという意味の言葉です。

人を呪うことの恐ろしさを表した言葉で、人を呪う時にはその呪いが跳ね返って自分に返ってくることを表しています。

彼の妻を呪いたい気持ちになっているあなたには、呪った結果、彼の妻だけに悪いことが起きると考えているかもしれません。

しかし、呪いはとても危険で、あなたにも悪いことが起きる可能性があります。

勢いで彼の妻を呪ってしまうその前に、呪いの持つ危険性だけは知っておかなければなりません。

彼との恋は我が身を滅ぼしたとしても、手に入れたいものでしょうか。

まずは、冷静になり彼への気持ちを見つめ直してみましょう。

勢いではなく深く考えてみても彼の妻を呪いたいのならば、その気持ちは誰にも止められません。

その行為が自分をも不幸にするかもしれないことを知って、彼の妻を呪ってください。

呪いをかけるべきは本当に奥さん?彼に悪いところはないのか考える


彼の妻を呪う前に考えるべきなのは、本当に呪う対象は彼の妻なのかということです。

呪いは恐ろしいもので、呪った対象に悪いことが起きたからといって取り消したりはできません。

呪う前によく考えることは、必要なことなのです。

そして、呪うという手段で解決できることならば、その道を探った方がいいでしょう。

あなたが彼の妻を呪いたいのは、どうしてでしょうか。

彼妻が離婚さえしてくれれば、彼があなたのものになるからでしょうか?

だとしたら、それは呪いによってしか実行できないものなのでしょうか。

まず確かめるべきは、彼が本当に離婚に向けて行動を開始してくれているかです。

彼は口先だけで「離婚話を進めている」と言っているのではありませんか?

もし、そうだとしたら「妻が別れてくれない」という言葉も、あなたからの追求を逃れるための嘘である可能性があります。

彼にとっては、彼女の恨みが自分の方を向かずに妻の方を向いている方が都合がいいのです。

彼自身が全く婚外恋愛に本気ではなく、のらりくらりとあなたとの恋を続けていきたいと考える場合、彼は嘘をついてあなたを騙している場合があります。

彼は遊びなのに、あなただけが真剣になり、人を呪って不幸せになるなどあってはならないことです。

本当にあなたが呪うべきは、彼の妻なのでしょうか。

人を呪う前には、まずその動機が間違っていないかの確認が必要となるのです。

どんな呪いをかける?呪いにもいろいろな種類がある


一口に呪いといっても、呪いにはさまざまな種類があります。

古今東西、呪いは存在し続け、その数を増やし続けています。

彼の妻を呪う前には、適した呪いを見極めておきましょう。

呪いにはたくさんの種類がありますが、呪いは大きく二つに分類することができます。

まず、一つ目には心理的なものです。

相手への強いネガティブな気持ちによって、相手に悪意を悟らせ精神状態を悪化させるといったものです。

これは相手に嫌がらせをしたり、不幸の手紙を送りつけたりして、相手に起きる小さな不幸を呪いのせいだと思わせるもの。

人は呪われていると思うと、周囲の出来事をすべて呪いと結びつけ、勝手に自滅してしまうのです。

もう一つ目の呪いは、霊的なものです。

こちらが本物の呪いと言われるもので、相手に気が付かれずに行い不幸にしていきます。

本物の呪いを行うためには必要なアイテムを揃え、特別な条件下のもとで念を込めて行います。

呪いのルールや手順を間違ってしまうと、呪いの力は呪った本人に跳ね返ってしまうという危険なものです。

彼の妻を呪いたいと考える場合、どちらの呪いが正解だというものはありません。

彼の妻にあっていると思われる呪いを使って、彼の妻を彼から引き離していってくださいね。

呪いを実行する前には、呪いに関する徹底的な下調べが必要です。

本当に後悔しない?彼との幸せは誰かの不幸せに上に成り立つもの


人を呪うのは、勢いだけで実行しないでください。

自分のしたことで誰かが不幸になるというのは、あなたにとってもかなりのダメージとなります。

しかも、そのダメージはなかなか消えてなくなりません。

消えるどころか、年を経るごとに膨らんでいくものとなります。

彼の妻を呪った結果、あなたの狙い通り彼夫婦は離婚し、あなたと彼は幸せになったとします。

ですが、あなたの中には彼の妻を不幸にしてしまったという負い目が一生残ってしまうのです。

既婚彼と幸せになるためには、誰かを不幸にしなければいけません。

自分の幸せが他人の不幸の上に成り立つものであっても、あなたは後悔せずにいられるでしょうか。

もし後悔の念を抱いてしまうようなら、呪うという手段はやめておいた方が賢明でしょう。

人を呪ったという罪は、あなたから一生消えません。

その傷を背負って一生を生きる覚悟があるのなら、彼の妻を呪ってもいいでしょう。

それに耐えられないと思うのなら、呪うという手段で彼を手に入れる以外の方法を考えるようにしましょう。

人を呪うのは、成功したとしてもあなたに傷を負わせるのです。

究極の人を呪う方法!不倫相手の妻に呪いをかける時に用意する物や環境

「彼の妻を呪ってでも幸せになりたい」人を呪う決意


人を呪う時には準備が必要です。

呪いの準備を怠り、呪いの手順が守られないと、呪いがかからないだけではなく呪いが跳ね返ってしまう可能性すらあるのです。

まず呪う前に必要なのは、強い決意です。

人を呪うというのは、ものすごいパワーを持つ行為ですから、生半可な気持ちで行うことはできません。

「彼の妻を呪ってでも、彼と幸せになりたい!」

このように人を呪う決意と、呪った結果どうなりたいのかということを明確にしておきましょう。

呪いに必要なアレコレを揃える前に、まずは気持ちを持っておくことが人を呪う前には何よりも大切なことなのです。

あなたには強い決意がありますか?

そして、その決意は何があっても揺らがないほどの強いものなのでしょうか。

彼との幸せは人を呪ってでも手にしたいものだと確信をもって、彼の妻を呪うようにしていきましょう。

彼の妻を呪うことで絶対に幸せになるという決意を持っておくことが、あなたの呪いを成功へと近づけてくれるのです。

何をする時にも、どんな気持ちを持っておくのかということは大切です。

強い決意を持っておくことが、呪いの準備の第一段階だと言えるでしょう。

呪いと言えばコレ!五寸釘と藁人形で丑の刻参り


呪いと聞いて、多くの人が思い浮かべるであろう丑の刻参り。

これは、丑の刻(午前1時から午前3時ごろ)に神社の御神木に、呪いたい相手に見立てた藁人形を釘で打つという、昔から日本にある呪いです。

必ずしも、呪う時には丑の刻参りをしなければならないわけではありませんが、どの呪いも基本はこのスタイルとなります。

呪う相手に見立てたものを用意し、それに対して呪う気持ちを込めることで呪いは完了するのです。

見立てるものとして代表的なのは、藁人形や人型に切り抜いた紙・彼の妻の写真などです。

より自分の気持ちが込めやすそうなものにするといいでしょう。

ですが、手に入りやすいものという観点で選んでも大丈夫です。

呪いの準備が大変なものになってしまっては、呪うことができなくなってしまいます。

呪いだからと堅苦しく考えずに、呪いたい相手に見立てるものとそれに対してダメージを与えるものを揃えればいいのです。

丑の刻参りをしたいと考える時には、藁人形はネットで買うこともできますよ。

準備はササっと済ませて、呪いを早く実行し、結果を早く得るようにしましょう。

呪っているところは誰にも見られてはダメ!静かで人気のない環境


どんな呪いの方法をとるにしろ、共通して守らなければならないことがあります。

それは、人を呪っている姿は誰にも見られてはならないということです。

もし、呪っているところを人に見られてしまえば、その呪いはあなたに全て跳ね返ってきてしまいます。

彼と妻を別れさせようとする呪いなのに、その呪いがあなた自身に返ってきてしまうということは、彼とあなたが別れることになるということを意味しています。

さらに、跳ね返ってきた呪いは増幅されているので、もっとひどいことが起きるかもしれません。

彼と幸せになるために実行した呪いで、不幸せになってしまうなんてあってはならないことです。

呪いを行いたいと考える場合には、まず静かで人気のない誰にも見られない環境を用意しておくことが大切となります。

そういった場所を見つけてから、呪いは実行するようにしましょう。

早く彼を離婚させたいからといって、焦って呪いを実行し、人に見られてしまったのでは意味がありません。

不倫相手の妻に「夫と別れたい」という呪いをかけて別れを切り出してもらう方法

妻の潜在意識に働きかけ自然と離婚へ向かわせる呪い


彼妻に「夫と別れたい」と思わせる呪いには、潜在意識に働きかけるというものがあります。

その呪いとは、次のようなものです。

まず、用意するものは自分の髪の毛・彼妻が写った写真・釘・封筒です。

呪いを実行するタイミングは満月の夜12時となります。

夜の12時を迎えるまでは、気負わず平静に過ごすようにしましょう。

12時になったら、彼の妻の写真の上に自分の髪の毛を置きます。

髪の毛はその場で抜いたものを数本置くようにしましょう。

髪を置いたら、写真の真ん中に釘をさし、置いておいた髪の毛を釘に巻き付けていきます。

最後は写真・釘・髪の毛を全て小さく折りたたみ封筒の中にしまいます。

そして、その封筒は誰にも見られない場所に閉まっておきましょう。

持ち歩くようなものの中でなく、部屋の中で動かさない場所に閉まっておくのがいいでしょう。

この呪いを実行することで、妻の心は彼から自然と離れていきます。

強い呪いではないため即効性はありませんが、妻の気持ちは確実に彼から離れていき離婚へと向かっていくでしょう。

この呪いは妻の潜在意識に働きかけ、妻が自ら離婚を選ぶように仕向けるものです。

満月の夜の12時、彼の妻の写真の入手、封筒を絶対見つかってはいけない、などの難しい点はありますが、それさえ乗り越えれば自然な形で彼はあなただけのものとなるでしょう。

彼の妻の写真が手に入るようなら、ぜひ試してほしい呪いです。

強い念が妻を動かす!生き霊を飛ばして離婚させる


彼を離婚へと向かわせるためには、あなた自身の生き霊を飛ばしてみましょう。

生き霊というのは強い念によって生まれるものです。

彼の妻に毎日「離婚しろ」と強い気持ちで念じていきましょう。

彼と妻を絶対に離婚させるという強い気持ちを高めておくことが大切です。

あなたの念は生き霊となって、彼の妻のところに届きます。

そして、離婚をしろという念は確実に彼の妻を追い込んでいきます。

もし、彼の妻の調子が悪くなったりすれば、呪いが効いている証です。

思いには形はありませんが、強すぎる思いは生き霊という形を持って、対象者のところまで飛んでいきます。

生き霊を飛ばすのに必要なのは、強い思いだけです。

「彼と妻を離婚させ、私が彼と結婚する!」

あなたにはその強い思いがあったから、彼の妻を呪おうという気持ちになったはずです。

その強い思いで生き霊を飛ばし、彼と妻を離婚させましょう。

効果が高い呪いは覚悟が必要!自分の血を使った呪い


もっと効果が高い呪いを実行したいと考える場合には、自分の血を使ったものにしましょう。

血を使う呪いは効果が高く、彼夫婦を離婚させることに繋がるでしょう。

この呪いを行う時に用意するものは、固い和紙とあなたの指です。

和紙に傷を付けた指で彼と妻の名前を血文字で書いていきます。

そして、2~3日ほど保管し呪力を高めておきます。

保管期間が終わったら、和紙を鍋で煮詰めて捨てましょう。

呪う人自身の血液で文字を書くことで、呪いの力が増していき高い効果が期待できます。

ただし、効果が高い分注意も必要です。

絶対に手順は守り、誰にも見られないように注意してください。

既婚男性の妻があなたの呪いを跳ね返してきたときの対処法

呪いは信じる力によって生まれる!呪いを解除して無効化


呪いは跳ね返されることもあります。

跳ね返された呪いは増幅し、呪いをかけた本人を不幸にします。

彼の妻が呪いを跳ね返した時には、その呪いをまともに受けてしまってはいけません。

呪いが跳ね返されてしまった時の対処法を知っておきましょう。

呪いは人を憎く思う念の塊です。

そして、それは呪いを信じる力によって効果を発揮します。

呪いなどありえないと思っている人には、呪いは効き目がないのです。

だから、あなたは彼の妻から呪いを跳ね返されてしまったら、呪いをまったく信じないようにすればいいのです。

あなたは呪いを信じ、呪いをかけた張本人ですが、そのあなたが呪いなどありえないことだと思うことで、呪いは解除することができます。

呪いをかけた時以上の強い気持ちで、呪いは私には効かない、呪いが跳ね返るなどありえないことだと思い込みましょう。

呪いは念によって生み出されるものです。

そして、また同じ念によって解除することもできるものなのです。

呪い返しは倍返し!清めた丸い鏡を持ち歩く


呪いは跳ね返される時には、倍となって返ってきます。

彼の妻から呪い返しをされたなら、その呪いを再び跳ね返す準備が必要です。

呪いを跳ね返すことができるアイテムには、鏡があります。

形はきれいな丸のもので、持ち歩けるサイズの手鏡にしておきましょう。

鏡をそのまま持ち歩くだけでも、呪いを跳ね返す効果は期待できますが、さらに効果を高める方法があります。

あなたが彼の妻を呪った強い気持ちが跳ね返ってくるのだから、効果は高めておいた方が安心できますね。

鏡の呪い返しの効果を高めるには、鏡を持って神社へと出向きます。

そして、神社の入り口に必ずある手水で鏡を洗い清めるのです。

鏡を清めた後は、鏡が汚れないように、清潔な布でくるみ持ちあるきます。

布製の袋に入れて持ち歩くのもいいでしょう。

大切なのは清めた鏡が汚れないようにすることです。

手水で洗うことによって清められ、呪いを返す力がアップした鏡を清潔な状態で持ち歩くことであなたは守られます。

しかも、鏡には呪いを跳ね返すだけでなく、あらゆる恨みの念からあなたを守ってくれる効果が期待できます。

彼の妻もまた、夫の不倫相手であるあなたを恨んでいる可能性があります。

常に鏡を持ち歩き自分の身を守るように心がけてくださいね。

鏡を清めに神社に行く際には注意事項があります。

それは神社へと出向く時間帯です。

午前中の明るい時間帯に行くようにしてください。

午後や日が沈んでからの時間は、神社に魔が集まる時間とされています。

こんな時間帯に鏡を清めようとしても、逆に鏡に魔を引き寄せてしまう結果となってしまうのです。

そして、神社で鏡を清めた後には、必ずお参りをするのも忘れないでくださいね。

手水はお参りをする前、神社の入り口にありますが、鏡を清めただけでお参りもせずに帰ってしまうのは神様に失礼な行為となります。

お賽銭を入れお参りのマナーを守って、神様に呪いから身を守ってもらえるようにお参りをしておきましょう。

呪いは返されることもあるもの!妻を呪うと決めた時から護符を用意しておこう


呪い返しに対抗するためには、護符を用意しておくのがいいでしょう。

護符というのはその名の通り、持っているだけで自分を守ってくれるもので、神社で購入することができるものです。

呪いを跳ね返してくれる護符として有名なのが、京都の貴船神社で売られている護符です。

貴船神社は丑の刻参り発祥の神社だとされており、古くから呪いに関係したものを販売しています。

この神社は縁切りの効果もあり、返ってきた呪いを断ち切ってくれることが期待できます。

貴船神社は遠くて行けないという場合でも大丈夫。

どの神社で買うかということにはこだわらなくてもいいのです。

注意したいのはどのような効果を持つ護符を買うかということ。

厄除けや災難除けのお守りを買えば、呪いの跳ね返しを避けることができるでしょう。

普段から持ち歩ける小さなものだと、なおいいでしょう。

魔除けや厄除けの神社として知られている神社で買えば、より効果が期待できますね。

他にも、家に貼ることで効果が期待できる方除札もおすすめです。

玄関や鬼門など家に貼ることで、妻から跳ね返ってきた呪いが家に侵入するのを防いでくれます。

人を呪う時には、その呪いを跳ね返されることもあると理解しておかなければなりません。

もし呪いが跳ね返ってきた時にノーガードでいたのでは、呪いで不幸になるのはあなたとなってしまいます。

人を呪う前にはあらかじめ呪いが返ってくることも想定して、呪い返しに対抗する護符を準備しておきましょう。

そうすれば、安心して彼の妻を呪うことができます。

呪い返しの呪文で対抗!いくつか呪文を覚えておこう


跳ね返ってきた呪いをさらに跳ね返すには、呪文を唱えるという方法もあります。

日本古来から伝わる呪文には、効果が期待できるものがたくさんあります。

呪いを跳ね返すという意志を込めて呪文を唱えれば、必ずや呪いを再び返すことができるでしょう。

どの呪文もドラマなどで一度は耳にしたことがあるかもしれません。

近頃体調が悪い、最近小さな不幸が立て続けに起きるなど、呪いが跳ね返っている兆候が見られた時には呪文で対抗してみてください。

まず摩利支天(まりしてん)の呪文から見ていきましょう。

摩利支天というのは護身と蓄財の神様で、あなたを呪いから守ってくれます。

呪文は、「おん・まりしえい・そわか」です。

この言葉を合唱し繰り返して言うことで、自分への呪いを返すことができます。

続いてご紹介するのは慈救咒(じくしゅ)の呪文です。

慈救咒(じくしゅ)とは、不動明王の真言を表しています。

魔除けや厄除けの効果がある呪文で呪い返しをすることもできます。

呪文は「ノウマク・サンマンダ・バサラダン・センダン・マカロシャダヤ・ソハタヤ・ウンタラタ・カンマン」です。

先ほどのものと比べると少し長いですが、一度覚えてしまえば簡単に唱えることができます。

平静な気持ちで唱えるようにすれば、邪悪な呪いを跳ね返してくれるでしょう。

最後にご紹介するのは、高野山真言宗に伝えられている死霊を成仏させたり供養したりする時の呪文です。

呪いといった悪いものを跳ね返す呪文としても効果があると考えられています。

その呪文は「生霊を切りて放てよ梓弓、引き取り給え経の文字」(いきりょうをきりてはなてよあずさゆみ、ひきとりたまえきょうのもじ」です。

この呪文を唱えることで、彼の妻の生き霊を跳ね返すことができます。

ご紹介した三つの内、どれでもいいので一つは覚えておくと安心ですね。

どの呪文も唱える時には心を落ち着かせるようにして、呪いを跳ね返してみせるという強い意志を持って行ってください。

既婚彼の妻を呪いたくなったら?彼妻を呪いの力で離婚させよう


人を呪うことはいけないことですが、呪ってでも手に入れたいものがあるとしたらどうしたらいいのでしょうか。

婚外恋愛をする女性の中には、呪いの力で彼と妻を離婚させ幸せになりたいと願う人もいるでしょう。

彼の妻を呪いたい気持ちになったら、まずはそれは本当に呪うことでしか解決できない問題なのかを考えるようにしましょう。

そして、呪いを実行したとしても、人を呪ったという負い目はあなたに一生ついてまわるものです。

その負い目を後悔せずにいられるか、じっくりと考える必要があります。

じっくりと考えた結果、それでも彼の妻を呪うというのなら、もうあなたを止めるものはいません。

彼の妻を呪いで離婚させるためには、あなたの強い念が必要です。

毎日毎日、妻を思い「離婚しろ!」と強く念じることで生き霊を飛ばすことができます。

また、妻の写真や人型に切り抜いた紙に対して呪術を施してもいいでしょう。

どんな呪いをかけるにしろ、呪いをかけているところを人に見られてはいけません。

人に見られてしまえば、その呪いはあなた自身へと返ってきてしまいます。

また、妻自身によっても呪いは跳ね返されてしまうことがあります。

呪い返しへの対処もしておけば、安心することができるでしょう。

呪い返しへの対処法としては、呪いを信じず呪いを無力化することや、丸い鏡を持ち歩くことなどがあります。

神社で護符を買ったり、呪い返しの呪文を知っておくのもいいでしょう。

人を呪わば穴二つですが、しっかりと対処しておけば穴は一つでいいのです。

ですが、人を呪うというのは危険な行為です。

彼と妻を離婚させるつもりが、あなたを不幸にしてしまうこともある諸刃の剣だということは忘れてはいけません。

しかし、妻を呪ってでも手に入れたいと思う、あなたの彼への愛情は本物でしょう。

呪いを正しく利用して、彼との幸せな未来を手に入れていきましょう。

おすすめの記事