彼に離婚を決意させるために不倫相手の女性が取るべき行動と既婚男性に妻と別れたいと思わせる秘策

既婚者の彼と付き合い、彼に本気になってしまった女性は離婚を望みます。

「彼が奥さんの元に帰っていくのが寂しい」

好きな彼の隣にずっといたいと思うのは、恋する女性として当然の気持ちです。

その望みを叶えるためには、彼と妻を離婚させなくてはなりません。

不倫をした既婚男性が離婚までする確率は一割にも満たないものですが、不倫相手の女性が上手に行動することで成し遂げることができるものです。

この記事では、既婚彼が妻との離婚を決意するきっかけや、離婚したくなる不倫相手からの言葉などをご紹介していきます。

「彼の隣にふさわしいのは、奥さんじゃなく私だ!」

そう思うのなら、既婚彼を上手に操って、彼に離婚を決意させていきましょう。

あなたが彼にどんな言葉をかけるかで、彼が離婚してくれるかどうかは変わってくるのです。

好きな既婚彼を手に入れて、幸せになっていきましょう。

目次

既婚男性がパートナーとの離婚を決意するきっかけ

「あの子と結婚したい!」運命の人と出会ってしまった


結婚する時から、離婚をしようと思っている人は誰もいません。

それは、不倫をしている彼だって同じことです。

彼は現在の妻と一生添い遂げるつもりで結婚をしました。

彼と恋愛関係にあるからと言って、彼にそうまで思わせた女性を捨てさせるというのは並大抵のことではありません。

彼はどんなことをきっかけに、妻との離婚を決意するのでしょうか。

まず、妻との離婚のきっかけとして挙げられるのが、運命的な出会いをしたことです。

運命は人生でいつ訪れるか分かりません。

結婚した後で、運命の相手としか思えないほど相性のいい人と出会ってしまうということも起こります。

既婚男性の目の前に、そんな運命の人が現れたとしたら、彼の心は揺らぎます。

「妻との結婚は間違いだったのではないか」

「俺はこの人と結婚すべきなのでは…?」

運命的に相性の良い女性との出会いを果たした彼は、妻と離婚してでもその女性と結婚をしたいと思うのです。

彼に運命だと思ってもらうのは簡単なことではありませんが、そのくらいの衝撃度があれば既婚男性は妻との離婚を決意してくれるでしょう。

好きな彼に運命を感じてもらえるように、相性の良さをアピールしていきましょう。

結婚をしていても惹かれ合ってしまう二人は、きっと運命の恋の相手であるはずです。

「もう無理…」決定的に許しがたいことが妻との間に起きた


既婚男性は自分の心変わりというよりも、妻側の問題によって離婚を決意することがあります。

自分が妻以外の女性を好きになっても離婚はできないけれど、妻に何か問題があれば「もう結婚生活を続けていけない…」と思うのです。

男性の多くは、結婚に安定を求めています。

結婚することで家事をして支えてくれる人ができることに、結婚の意義を感じている男性はとても多いのです。

しかし、自分の妻が安定を作るには程遠い人だったとしたら、彼は離婚を決意するでしょう。

『疲れて帰ってきても、妻は全く家事をしておらず、洗濯をするのはいつも彼』

『どれだけ頑張って稼いできても、妻の金遣いが荒くお金が貯まることはない』

『妻からの言葉や体の暴力が絶えず苦しい』

こんなことがあれば、彼は離婚をしたくなります。

ですが、どんな悪妻であっても、すぐに離婚をすることはできません。

もし、離婚をしたら親は悲しむし、結婚を祝福してくれた皆に申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまいます。

そんなことを考えると、悪妻でも諦めて付き合っていくしかないと思っていた彼ですが、外に恋人ができることでその考えは変わってきます。

恋人と幸せな時間を過ごした後で、悪妻の待つ家に帰ると、その辛さが以前より身に染みるようになるのです。

「彼女となら、こんな生活を送らずに済むのに…」

そう思った彼は、不倫相手とのデートから帰宅後、いつも通り散らかった部屋を見て離婚を決意します。

妻側に何の問題がなくても婚外恋愛をする男性もいますが、そうではなく彼の妻に何か問題がある場合には彼が離婚をしてくれる可能性はとても高くなるでしょう。

彼の奥さんの生活態度に問題はないか探ってみましょう。

「逆にチャンス!」不倫が妻にバレた


既婚彼が離婚を決意できるのは、とんでもなく追い込まれた時です。

家庭外に好きな人ができて「離婚をしたいなあ」と思っていても、何かが起こらなくては決断することはできないのです。

結婚したということは、既婚者であるという社会的信用を得たということ。

離婚するというのは、結婚しているというだけで得られる信頼をみすみす失ってしまうことになります。

彼はほのかな離婚したいという気持ちだけでは、妻との別れを決意することはできません。

しかし、何かトラブルが起きた時には、観念して離婚への決意を強めることができます。

トラブルとは、婚外恋愛が妻にバレてしまうというような時です。

婚外恋愛の事実が妻にバレてしまうのは、結婚生活を続けていきたい人にとっては最大のピンチですが、そうでない人にとっては逆にチャンスとなります。

離婚をしたいなと心の奥底では思いながら、結婚生活を継続していたような人にとっては、これは絶好の機会。

「バレてしまったのなら、もう離婚をするしかない!」と妻との別離に腹をくくれるようになるでしょう。

婚外恋愛はバレないようにひっそりと行う恋愛ですが、どれだけ気を付けていてもバレてしまうということは起こります。

不倫がバレてしまうという大ピンチが訪れた時に、ようやく既婚者の彼の腹づもりは決まります。

バレてしまったことをヤバイと思う気持ちもありますが、それと同時に「これで別れられる」と安堵する気持ちも、既婚彼の中には生まれるのです。

彼を離婚へと向かわせるためには、彼の妻に浮気がバレるようにしてみるのも1つの手です。

彼の車に忘れ物や、香水の残り香を付けてみるなどベタな手段を試してみるのもよいでしょう。

妻に浮気がバレた時に、家族を選ぶのか、彼女を選ぶのかで、彼の本当の気持ちが分かります。

「自分もしてるけれど…」妻の浮気が発覚した


基本的に男性は自分勝手な生き物です。

自分が妻以外の女性と恋に落ちていようとも、妻には浮気をしていてほしくないと考えています。

そんな彼らは、妻の浮気が発覚した時に離婚を決意します。

自分だって、配偶者意外と恋愛を楽しんでいたのに、妻にそれをされると耐えられないのです。

自分が相手をしていないとしても、妻であり母である女性は浮気などしないと考えていたのでしょう。

男性の多くは、女性に理想を抱きすぎています。

女性が浮気をすることなんてないと信じ切っているのです。

しかし、自分が浮気をしたくなるような家庭しか築けていないのだから、妻側だって浮気をして当然です。

「妻も浮気をしていた…」

その事実に男性が気が付いた時、彼は妻が浮気なんてしないと思い込んでいた分、ショックを受けます。

そして、浮気をした妻が汚いものだと感じられ、妻と結婚生活を維持していくことは無理だと考えるのです。

「自分も浮気をしているのだからお互い様」などと男性は、考えることができません。

妻の浮気が発覚したというのは、彼にとって離婚を決意する大きなきっかけとなります。

「お父さん、離婚してもいいよ?」子供に背中を押される


子を持つ夫婦が離婚しない大きな理由は、子供の存在です。

妻とはいつ別れてもいいくらいの気持ちしかないが、子供を育てる事を考えるならば夫婦でいた方がいいという考えです。

気持ちは冷めきっているが子供のために一緒にいるという夫婦は、なかなか別れることができません。

しかし、このような夫婦が別れるきっかけを作り出すのも、また彼らの子供なのです。

子供は何も気づいていないようでも、両親のことをよく見ています。

どれほど上手に取り繕っているつもりでも、両親の仲が悪いことなんて子供はお見通しなのです。

そして、ある程度の年齢に達していれば、両親が別れを選ばないのは自分のためであることに気が付くでしょう。

その事実は、子供にとってとても嫌なことです。

「自分のせいで、お父さんもお母さんも好きなようにできない…」

両親が離婚し一緒に暮らせなくなることも子供にとっては悲しいことですが、それ以上に二人に我慢させているというのは子供にとって辛いことなのです。

自分のために離婚しないでいることに気が付いた子供は、言います。

「お父さん、離婚してもいいんだよ」

こう言葉をかけられたことで、父である彼は子供にどんなに負担をかけていたかを知り、妻との別れを決意できるでしょう。

子供のためにと思って別れないことで、子供を追い詰めてしまうということは、往々にしてあることなのです。

大事な子供に離婚を勧められるとき、彼は素直に離婚をしようと思えるでしょう。

「あいつ幸せそうだなぁ…」離婚の成功例を身近で見つける


既婚男性が離婚を踏みとどまってしまうのは、離婚にマイナスイメージがつきまとうからです。

世間では『離婚=不幸せ』で離婚をするというのは、大きな失敗のように扱われてしまいます。

離婚経験のことをバツで表現するように、妻と別れることは何か自分自身に傷が付くような気がしてしまうのです。

そうなると、彼は離婚に積極的になることができません。

離婚をして不幸になってしまうのが嫌だからです。

ですが、彼の周囲に離婚して幸せになっている人がいたとしたらどうでしょうか。

一般的なイメージよりも、身近な人の体験談というのは強烈です。

もし、彼の周囲に離婚をして幸せになっている人がいれば、彼は離婚に対するマイナスイメージを改めることができます。

離婚をして再婚をして幸せになっているのを誰かに見せつけられれば、彼は「俺だってこうなりたい」と思うでしょう。

彼の中で離婚に対するマイナスなイメージはすっかりなくなり、離婚を前向きなものとして捉えられるようになるのです。

「あいつ幸せそうだなあ…」

こんな妬みにも似た気持ちは男性を奮起させます。

自分もいつまでもつまらない結婚生活を続けて、これ以上幸せを逃し続けてはいけないと思うのです。

彼の周りに離婚経験者がいたらチャンス!

その人の体験談を聞いて、彼の妻と別れることへのイメージを変えていきましょう。

既婚の男性が離婚したい兆候をキャッチ!彼が感じている離婚をしたい理由とそのサイン

不倫相手の女性のことを愛していても既婚男性が妻を選ぶ理由

「離婚したらどう思われる?」離婚の世間体の悪さ


男性は彼女のことを愛していても、奥さんのことを選ぶということが多いです。

二人好きな人がいるなら、より愛している方を選ぶのが自然ですが、既婚者という立場のある彼はそう簡単に奥さんを捨てることはできません。

妻とは婚姻届けを出し、法的にも認められた関係です。

妻と結婚をするまでには、さまざまなステップがありました。

両家の親に挨拶に行き結婚を認めてもらい、盛大な結婚式をして友達や職場の人にも祝ってもらったことでしょう。

それを考えると、彼は簡単に離婚をすることはできません。

離婚をするというのは、世間体が悪いことです。

自分たちの結婚を祝ってくれた人を悲しませる行為であり、世間的な信用を失う行為でもあるのです。

日本ではまだまだ離婚は悪いこととして捉えられやすく、妻と別れた男性は「愛した女性のことも幸せにできなかったやつ」とのレッテルを貼られてしまうことになります。

妻以外に愛する女性ができたとしても、この離婚の世間体の悪さを考えれば、彼が離婚を決断できないのも納得です。

離婚によって世間からの評判が悪くなることを怖れた彼は、不倫相手と別れ妻を選びます。

男性にとって世間からどう見られるかというのは、重要なことなのです。

「嫌いになったわけじゃない…」妻に残る情があるから


彼にとっての奥さんとは、かつて愛し結婚して一生一緒にいたいと思えたほどの女性です。

どんなに現在夫婦の関係が冷え切っているのだとしても、彼夫婦には歴史があります。

出会って交際を開始し、プロポーズをし、結婚生活を続けてきた彼らには、たくさんの時間によって生まれた情があるのです。

これまで積み重ねてきた時間の長さや思い出の多さでは、不倫相手は妻に勝つことはできません。

まず、大前提として妻以外の女性のことを愛してしまったからといって、彼は妻のことが嫌いになったわけではありません。

彼は妻への情は残したまま、彼女のことを好きになってしまっていると言えるでしょう。

結婚しながら恋愛もしていく中で、彼女のことがどんどん好きになっていっても妻への情は消えません。

これまで過ごしてきた時間は、彼の中に強く残っているのです。

不倫関係が長引いた彼の頭の中には、当然妻との離婚がよぎることもあります。

しかし、それでも妻を選んでしまうのは、情の深さのためなのです。

浮気相手の彼女に対しては燃え上がるような恋愛感情はあっても、二人で何かを乗り越えてきたりという歴史はありません。

そのため、離婚をしたいという気持ちは一瞬の気の迷いなのではないかと彼は考えます。

そして、結局妻を選び、浮気相手とは別れてしまうのです。

情というのは厄介なもので、消し去るということは不可能なものです。

彼の妻に対する情に打ち勝つほど愛されなくては、不倫相手に勝機はないでしょう。

「子供にはパパとママが必要!」子供のことを第一に考えた結果


既婚彼に子供がいる場合、離婚のハードルはかなり高いものとなります。

親となった彼と彼の奥さんは、二人の関係性よりも子供のことを第一に考えて行動をします。

子供を健全に育てていくことを考えれば、両親が揃っている方がいいというのは皆が持つ価値観です。

子育てにはまずお金がかかります。

一馬力で育てるよりも、二馬力の方が子供にいい教育をしてあげられるでしょう。

子供の望むことは何でもしてあげたいと感じるのは、親として当然の気持ちです。

妻との関係が冷え切っていても、子供にとって親であるのは二人だけ。

愛する子供のためなら、嫌いな配偶者とでも協力していこうと思うものなのです。

だから、子を持つ既婚男性は妻以外の女性を愛したとしても、妻と別れて彼女と結婚しようとは思いません。

彼が最優先すべきなのは子育てをきちんとすることであって、自分の愛を貫くことではありません。

そのため彼は、自分の感情には蓋をし、不倫相手のことを愛していても妻のことを選びます。

子を持ち親としての自覚のある男性は、恋愛感情のみで突っ走ることはなく、子供のことを第一に考えます。

子を持つ男性の不倫相手を選ばせるのは、至難の業だと言えるでしょう。

ちなみに子供の人数が多いほど、彼は責任感を強く持っていますから離婚へのハードルは上がります。

あなたの好きな既婚彼には子供がいるか、チェックを忘れないようにしてください。

「彼女に俺はふさわしくない…」不倫相手の幸せを考えるから


既婚男性が妻を選ぶのは、何も妻のことが好きだからではありません。

彼女のことを愛する気持ちが強いがゆえに、妻のことを選ぶということもあるのです。

不倫相手に本気になった彼は、彼女に幸せになってほしいと強く願います。

彼女の幸せを本当に考えるのなら、不倫なんてさせるわけにはいきません。

日本では不倫をしていた人への風当たりは強く、不倫をしていたことがあると分かると彼女の人生は終わってしまいます。

ただの遊び相手ならいつまでも繋ぎとめておいても問題はありませんが、本気で好きになった人に対して、彼はそういった扱いをすることはできません。

彼女を好きになりすぎた男性は、妻を選ぶことで彼女に不倫をやめさせ幸せになってもらおうとするのです。

誰しも本当に好きになった相手には、幸せになってほしいと考えるものです。

そして、彼女が幸せになるためなら、必ずしも自分は傍にいなくてもいいと考えます。

「結婚している自分は、彼女にはふさわしくない…」

彼が彼女との付き合いを続けるということは、彼女に不倫という悪事を続けさせるということ。

彼は彼女を本気で好きになったことで、その罪深さをより感じるようになります。

そして、彼女の幸せを第一に考え、彼女には普通に独身男性と恋をして結婚をして欲しいと思うようになるのです。

好きな彼女に普通に幸せになって欲しいのなら、既婚者との恋は今すぐやめさせるべきです。

不倫関係では、愛されているからこそ彼が別れを切り出すということも多々あります。

男性は、この関係を続けることが女性を幸せにはしないと分かっているのです。

不倫で離婚してくれない奥さんの気持ちを心変わりさせて円満離婚に持っていく方法

既婚男性が離婚を決断したくなる不倫相手から言われて嬉しい言葉

「一緒の家に帰りたいなぁ…」帰り際にボソッとつぶやく


彼が離婚を決断するのは、彼女から言われる何気ない言葉だったりします。

嬉しい言葉を彼女から投げかけられることで、彼は離婚したい気持ちを増していくのです。

それは、二人でデートをした別れ際に発せられます。

「一緒の家に帰りたいなぁ…」

彼女はデートを終えると好きな彼が家族の待つ家に帰ってしまうことに、毎回とても辛い思いをしています。

その思いが、思わず口からこぼれてしまったことに、彼は胸を痛めるでしょう。

それと同時に、彼女の思いを嬉しいとも感じます。

そして、別々の家に帰らなければならない今の状況を、何とかしなければならないと思うのです。

彼をこのような気持ちにさせるためには、責めるような口調にならないことが重要なポイントです。

あくまでも独り言のようにつぶやくようにしましょう。

男性は責められると逃げたくなってしまいます。

「どうして家に帰っちゃうの?」「もっとずっと一緒にいてよ!」

こんな風に語気を荒げてしまっては、男性の心を離婚へと向かわせることはできません。

男性はついこぼれてしまった女性の弱音にきゅんとして、何とかしなければならないと行動を始めるのです。

「私と結婚したら絶対幸せだよ」前向きな態度が嬉しい


既婚男性が彼女から言われて嬉しく感じるのが、結婚を前向きに捉える言葉です。

不倫をする女性は、思考が後ろ向きになりがち。

「どうせ、私なんて…」というような後ろ向きな発言ばかりでは、彼はあなたと結婚しようとは思えません。

それは暗い思考の女性と過ごしても、幸せにはなれないと思うからです。

今現在の妻と別れて、不倫相手を選ぶのならば、既婚男性に失敗は許されません。

確実に幸せになると確信していなければ、妻との別れを決断することはできないのです。

つまり、彼が幸せになれると予感できるような女性でいることが、とても大切なこととなってきます。

「私と結婚したら、絶対に幸せになれると思うよ」

実際には、不倫からの略奪婚は苦難の連続であることが予測されます。

ですが、そのことを気にしていては、いつまでも前に進むことはできません。

心の中では彼との未来を心配する気持ちがあっても、それを彼の前で口に出すのはやめておきましょう。

まずは女性が「彼と結婚したら絶対に幸せだ!」と確信を持つこと。

その気持ちが彼に伝われば、彼も妻と別れることを決意できるようになるでしょう。

彼との関係に後ろ向きにならず、前向きな態度を心掛けていきましょう。

「今度生まれてくる時はもっと早く出会おうね」健気なセリフが嬉しい


婚外恋愛をする彼が一番苦手とするのが、彼女から曖昧な態度を叱られることです。

結婚しているのに恋愛をするということは、女性側に不満を抱かせやすい付き合いとなります。

独身同士の付き合いとは違い、会いたいときに会うことはできないし、連絡すら自由にすることはできません。

こんな付き合いでは女性は寂しい思いをしますし、その寂しい思いは怒りとなって彼にぶつけられがちです。

しかし、怒りの感情をぶつけられても、彼にはどうすることもできません。

彼が既婚者であるということは変えられない事実であり、既婚者である以上は不自由な恋愛をすることしかできないのです。

「もっと会いたいよ!」「メールはすぐ返して!」

こんなことを言われても、彼は対応できませんし困ってしまうだけです。

既婚者と付き合い彼の心を動かしていくためには、怒りの感情は逆効果にしかなりません。

彼も彼女に不満を抱かせてしまっていることは、重々承知です。

だから、その感情は伝えずともいいのです。

それよりも、苦労をかけているはずの彼女の健気な姿を見ると、男性はグッときます。

「今度生まれてくる時は、もっと早く出会おうね」

今の現状に不満を抱くのではなく、健気に男性のことを思ってくれる。

こんな様子を見せられては、男性は彼女のことをすぐに幸せにしてあげたくなります。

既婚彼に離婚を決断させるためには、健気な態度が重要なのです。

北風と太陽の童話のように、旅人のコートは強引に脱がそうとしてはいけません。

彼を離婚させたい場合も「離婚して!」と強く迫るのではなく、健気な態度で彼自身に行動する気を起こさせるようにしていきましょう。

離婚してでも一緒になりたい女には特徴がある!既婚男性を虜にする女性になる極意

あと一押し!離婚を決意した既婚男性の「離婚するぞ」という意思を固める働きかけ

「もう待てない…」いつまでも不倫相手のままではいられないことを伝える


既婚者の男性の離婚したいという決意は、非常に揺らぎやすいものとなっています。

「やっと彼が離婚を決意してくれた!」と喜んでいたのに、彼の妻と別れる決意が覆ってしまうということも多いのです。

彼の離婚する意思を固めるためには、女性側の働きかけが重要となります。

彼の決意を固めるためには、彼を追い込んでいきましょう。

何も言わないままでいては、彼はずっとあなたが隣にいてくれるものだと思っています。

このまま不倫関係を続けていても、あなたは離れていかないと思い込んでいるのです。

そういった彼の考えが正しくないのだと示すためにも、いつまでも煮え切らない彼に対しては「もう待てない」と伝えるようにしましょう。

いつまでも不倫相手のままではいられないという、彼女の気持ちを知ることでようやく彼は決意を固めることができます。

このまま妻と別れずに不倫相手とも付き合い続けるという、ズルい交際はできないことを悟るのです。

「もし自分が妻と別れなければ、彼女は自分から去っていってしまう…」

このことに気が付いた時、ようやく既婚彼は重い腰を上げ離婚をしようと強く思うでしょう。

不倫は結婚しながら恋愛もできるという、彼にとっては都合のいい状態です。

だからこそ、彼はなかなか離婚に向けて行動を開始してくれません。

それはできることなら、今の状態を続けていたいという卑怯な考えが彼の中にあるためです。

その考えを壊すためには、何もしないままでいたら彼女を失うことになるという現実を突き付けるのが大切です。

このまま不倫相手でしかいられないなら、彼の元を離れることを彼に分からせていきましょう。

追い込まれて初めて男性は、離婚の決意を固いものとすることができるのです。

笑顔が最強の武器!不満を見せず彼の癒しとなる


彼に妻との別れを決意させるためには、言葉での直接的な働きかけよりも彼を癒すことが重要となります。

彼が妻と別れようと思うのは、あなたとの未来を真剣に考えてくれるからこそです。

ということは、彼にあなたと結婚したいと思わせることが重要となってきます。

既婚男性は、どんな女性とならまた結婚したいと思えるのでしょうか。

それは、いつも笑顔でいてくれる女性です。

不倫は不満に思うことも多い恋愛ですが、不満顔の女性と一生一緒にいたいと思える男性はいるでしょうか。

その答えはノーです。

彼に離婚の決意を固めてもらうためにも、不満はぶつけず笑顔で彼を癒すことを意識して接するようにしていきましょう。

彼は癒される場を自分の居場所にしたいと考えます。

彼女との時間が癒される時間になれば、彼は家に帰ってからの妻との時間を苦痛に感じるようになります。

癒しの場を知った彼は、家での妻との時間を耐えがたいものとして捉えるようになるのです。

そして、癒しをくれる彼女とずっと一緒にいようと、妻と別れる決意を固めるようになっていきます。

彼を離婚させたいのなら、不満をぶつけず彼を癒してあげられる彼女でいられるように心がけていきましょう。

そうすれば、彼は自ずと奥さんと別れることを決意できるようになります。

「このままでいいの…?」将来の話を彼とする


既婚彼の離婚したい気持ちを固めるためには、彼に将来について真剣に考えさせることが重要です。

妻との別れる決意が揺らいでしまい、離婚をせずにいたらどんな未来が待っているのかを想像させるようにしましょう。

彼が離婚を思いとどまるのには世間体などの理由があることでしょう。

しかし、そのせいで別れることを渋っていては、冷え切った妻との生活を永遠に続けることとなります。

本当に愛する人とは暮らせず、世間体のために妻と一生一緒にいることが幸せなのでしょうか。

仕事を頑張ってもねぎらってももらえず、稼いだ給料を自由に使うこともできない。

結婚生活をこのまま続けていくということは、今のつまらない日常がずっとずっと続いていくということです。

今目の前のことしか見えていない彼は、妻との生活も我慢できなくはないと考えてしまいます。

ですが、いま離婚を決断しないことでそれが未来永劫続くのだと分かれば、もう結婚生活を続けてはいけないと思えるはずです。

彼が離婚を決断しないのは、問題を先送りしているだけに過ぎません。

確かに離婚をするとなると、大変なことは山積みです。

離婚の話し合いをするのも勇気がいりますし、実際に離婚をした時の周囲の反応も気になるでしょう。

しかし、人はそれほど周りの人を気にしてはいません。

他人が離婚しようが、そんなことが話題に上るのはほんの一時のことです。

行動さえしてしまえば、後は幸せな未来が待っているのです。

離婚が決断できない彼に問うてみてください。

「あなたは、その人生を一生続けるの?」

妻と別れることで、あなたとの幸せな未来が待っていることに気が付けば、彼は離婚の決意を固いものとできるでしょう。

今、離婚をしないでいるということは、これからも永遠に妻との退屈な生活を続けていかなければならないということなのです。

「私の方があなたにふさわしい!」結婚したい気持ちを素直に伝える


彼の離婚の決意を固いものとするためには、女性側に結婚の意思があることを表明しておかなければなりません。

男性は察するのが苦手な生き物ですから、結婚したいと言葉にしなければ彼には伝わっていない可能性が高いのです。

彼女の結婚の意思があやふやだとなると、彼の妻との離婚の決意はとても揺らぎやすいものとなります。

自分の離婚を待ってくれている人がいるからこそ、彼は離婚という大変なことを成し遂げることができるのです。

「私の方があなたにふさわしいし、あなたのことを幸せにできるよ」

こんな風に、彼が離婚してくれたら結婚したいと思っていることを、彼に伝えてみましょう。

そうすれば、彼の決意は固くなります。

不仲な妻よりも、自分と幸せになりたいと言ってくれている女性を選びたくなるの当然の心理ですね。

あなたとしては愛情も伝えているし、彼も自分との結婚を望んでくれているものと思っているかもしれません。

しかし、彼はその思いに気が付いていない可能性があります。

男性の鈍感さは女性が思う以上で、言葉に出してはっきりと伝えなければ、彼には伝わっていないものと思った方がいいでしょう。

改めて考えてみると、結婚したいとはっきりと言ったことがないという人は要注意。

彼がいまいち離婚に乗り気になれないのは、離婚した後に彼女が結婚してくれるという確信が持てないからなのかもしれません。

ただ離婚をするだけでなく、離婚後に一緒になってくれる人がいるということは、彼に離婚を決断させやすくします。

あなたの気持ちを彼にきちんと伝えてみましょう。

既婚彼を妻と別れさせるためには女性の行動が大事


既婚者の男性と付き合った女性が夢見るのが、彼が妻と別れ自分を選んでくれること。

ですが、その望みは簡単に叶えられるものではありません。

多くの既婚男性は、不倫相手の彼女ではなく妻を選んでしまうことが多いのです。

そんな彼に離婚を決意させるためには、彼に妻と別れたらどんな未来が待っているのかを想像させることが大切です。

離婚して幸せになれることが確実に分かっていなければ、彼は離婚を決意することはできません。

離婚をすることはとても大変なことなのに、離婚した結果不幸せになるなんてことは、彼にとってあってはならないことなのです。

妻と離婚することで、今の不満だらけの日常から抜け出すことができ、本当に好きな人と暮らすことができるようになると彼に理解させるよう努めましょう。

彼の中で離婚後の幸せな生活がイメージできるようになれば、彼は奥さんと別れることを決断できるようになります。

彼が奥さんと別れてくれないからといって、焦って怒りの感情をぶつけるのはNG。

そんなことをしては、彼の気持ちは離れていってしまいます。

彼の気持ちを惹きつけて離さないためには、彼を癒して彼が帰りたくなる場所を目指していきましょう。

そうすれば、彼はあなたを選び奥さんと別れたいと思ってくれるでしょう。

おすすめの記事