離婚してでも一緒になりたい女には特徴がある!既婚男性を虜にする女性になる極意

既婚男性の多くは、残念ながら離婚をしてはくれません。

「妻とは別れるつもり」と言う男性は多いのですが、その言葉は本気ではないことがほとんど。

結婚生活の安定と不倫相手への愛情を天秤にかけた結果、結婚生活の安定を取ってしまう人が多いのです。

しかし、数は少ないですが、離婚をして不倫相手を選ぶ既婚男性も中にはいます。

既婚男性を離婚と動かしたのは、その人の元々の性格ではありません。

不倫相手の女性が「離婚してでも一緒になりたい!」と思える女性だったからなのです。

既婚男性の彼を虜にし、自分のものにするためには、まず自分が変わる必要があります。

この記事では、既婚男性からの愛を独り占めできるほど魅力的にな女性になる方法、既婚男性が離婚をためらう理由、そう思わせないための準備方法をご紹介していきます。

彼が離婚をしたがらない理由を知り、その理由に対処し、かつあなたが離婚してでも一緒になりたい女になることができれば、既婚男性は離婚してくれあなただけのものになるでしょう。

既婚者の彼との幸せな未来のために、彼を虜にする努力をしていきましょう。

目次

既婚男性が離婚にリスクを感じてしまう理由

世間体!不倫を許さないという社会の風潮が怖い


不倫をする既婚男性は多くても、離婚をしない人がほとんど。

それは彼らが離婚にリスクを感じているからなのです。

まず既婚男性が気にするのは、世間体です。

日本ではまだまだ「男は結婚して家庭を持って一人前だ!」という風潮が残っています。

男性は結婚したことで、社会的に認められ仕事もやりやすくなってきたことでしょう。

不倫をし離婚をすることになると、その社会的立場を失うことになるのです。

これは、既婚男性にとって大きなリスクとなります。

さらに、不倫は許されることではありません。

結婚をしていながら、他の女性と恋愛するということは、どんな理由があっても許されることではないのです。

これは他人がどう思うかという心情面だけではなく、法律上でも違法となります。

刑事罰があるわけではありませんが、肉体関係のある不倫は民法上の違法行為にあたり、彼の妻は離婚や慰謝料を請求できることになるのです。

このように、不倫は明らかに悪いことです。

妻にバレれば慰謝料請求されてしまうし、会社にバレれば懲戒解雇となる場合だってあります。

もし、妻に不倫がバレることなく離婚できたとしても、慰謝料請求の時効は3年あります。

しかも、これは不倫を知ってから3年間。

このことから、既婚男性は離婚してからでも不倫の事実がバレないようにビクビク暮らす日々が待っていると言えるでしょう。

既婚男性という安定した立場をせっかく手に入れておきながら、それをみすみす手放すことになる。

そのことを考えると、既婚男性にとって離婚はとてもハードルの高いものとなります。

妻はよくても子供はどうなる?離婚が子供に及ぼす影響


既婚男性に離婚を思い留まらせる大きな要因の一つが子供です。

子供のいる夫婦の場合、離婚は簡単なことではありません。

夫婦関係がいくら壊れていようとも、血のつながった我が子との縁は切れるものではありません。

「子供のためを思えば、両親揃った家庭の方がいいのか?」

「親権を主張したいが、俺一人で仕事と子育てを両立できるのか?」

「妻に親権を渡すとしたら、養育費はどうなる?」

「離婚したことによって、子供の心に傷を作ってしまわないかな…」

子供がいるとなると、離婚を踏みとどまる原因はいくらでもあります。

離婚が珍しくない現代とはいえ、子供がいるのに自分のわがままだけで離婚をするのは相当の決断力を必要とすることです。

子供のいる既婚男性はあなたの愛しい彼氏であると同時に、子供のよきパパでもあるのです。

そんな彼がたとえ見せかけであっても、両親揃った仲のいい家庭を簡単に手放すわけはありません。

何とかして家族という形を守ろうとする。

それが既婚男性というものなのです。

あなたの好きな既婚男性に子供がいる場合、いない場合に比べて離婚のハードルは上がってしまうことを知っておきましょう。

そして、もし彼が親権を持ち連れ子ということになったら?についても考えておいた方がいいでしょう。

子供のいる既婚男性に離婚を選ばせるということは、彼の子供にまで影響があることなのです。

慰謝料?手続き?どうなる?分からないことが多すぎる


既婚男性が離婚にリスクを感じるのは、離婚のことをよく知らないからです。

考えてみて下さい。

まだやったことのない未知のものにチャレンジする時、なんだか怖くてやめたい気持ちになることはありませんか。

それと同じことが、既婚男性の心の中でも起きているのです。

しかも、離婚をすることで自分の環境は大きく変わってしまうことは分かっています。

良く分からない上に、自分の人生を大きく変えることになる決断を下せないのは当然だとも言えます。

結婚も同じように良く分からないものでしたが、簡単に人に聞くことができました。

結婚はめでたいことだし、質問しづらいことでもないので、費用や手続きなど疑問があれば既婚者たちに聞くことができたのです。

さらに、結婚情報誌があったりと結婚に関する情報は、この世にたくさんあります。

しかし、離婚のことはタブー視されることが多く、離婚経験者が周りにいたとしても聞きづらい雰囲気であることでしょう。

離婚情報誌なるものもありませんし、離婚の情報は自ら積極的に集めるしか方法がないのです。

しかし、既婚男性にとって離婚情報を集めるのも簡単ではありません。

もし検索中の画面や検索履歴を見られてしまったら…?と考えるとゆっくり調べる時間もないのです。

離婚に対しての無知さが、既婚男性から離婚を遠ざけてしまいます。

離婚したら不倫相手に再婚を期待させる…今はまだ再婚の意志がない


既婚男性が離婚にリスクを感じるのは、あなたへの影響を考えてのことでもあります。

既婚男性が不倫中に離婚するということは、不倫相手に期待をさせることになります。

しかし、離婚後すぐにあなたとの再婚を考えているかと言われると、そうではないことも多いのです。

既婚男性が「とりあえず離婚したい」のは離婚して自由になりたいからであり、その後のことは離婚してみてから考えたい。

別に不倫相手と再婚したくないわけではないが、すぐに再婚ということは考えていない。

となると、既婚男性の中に離婚したい気持ちはあっても、現状維持がいいのではないかという気持ちも出てきます。

今現在、不倫という関係であっても好きな相手と過ごすことができており、満足している。

もし、離婚をしたら彼女は結婚してくれると期待させてしまうだろう…。

それならいっそ、離婚せずにこのままの関係を続けていた方がいいのではないか。

こう考えた既婚男性は、不倫相手の女性に無駄な期待をさせるというリスクを避けるため、離婚をしません。

確かに、不倫中の既婚男性が離婚をしたら、「次は私と結婚してくれるの?」と期待してしまいますよね。

ですが、既婚男性は結婚生活に疲れており、すぐには再婚を考えられない心情であることも多いのです。

そのため、あなたに期待をさせまいと考え、離婚を避けることがあります。

既婚者の彼に「離婚してでも一緒にいたい」と思わせる前に準備しておくこと

知識は何よりの武器!離婚に関する情報収集


既婚者の彼に「離婚してでも一緒にいたい」と思わせる前には、あなた自身にも準備が必要です。

準備が整わないまま、彼がその気になってしまっても上手くいかないことが考えられます。

既婚男性を自分だけのものにしたいのなら、準備をしっかりしておかなければならないのです。

彼が離婚してくれる日をただただ待っているだけではなく、しっかりと準備を進めておきましょう。

まず、何をするにも助けとなってくれるのは知識です。

籍を入れてないカップルが別れるのとは違い、彼が奥さんと離婚をするのは簡単なことではありません。

「好きな人ができたから、さようなら」と簡単にはいかないのです。

離婚時に決めておかなければならないことは、たくさんあります。

財産分与・年金分割・離婚慰謝料などで、子供がいればさらに親権監護権・養育費・面会交流なども決めなければなりません。

「とにかく別れられれば何でもいい」とあまり良く考えずに、離婚届に判を押してしまうのはおすすめできません。

それは離婚がゴールではなく、あなたにとってはスタートだからです。

既婚彼との未来を望むなら、できるだけ有利な条件で離婚した方がいいに決まっています。

彼に早く離婚をしてほしいあまり、条件面を気にする女性は少ないのですが、未来のためにもそこを気にすることができる女性となっておきましょう。

離婚の知識を持っていれば、既婚彼の離婚に向けた参謀となり、あなたとの未来を幸せにするための離婚にしていくことができます。

離婚を望むなら、離婚の知識を得て、彼の助けとなりましょう。

ただし、離婚に関して彼から求められてもいないのに、口を出し過ぎるのはNGです。

彼が助けて欲しい時には助けてあげられるよう、離婚についての勉強を始めましょう。

本当に彼を愛してる?彼との再婚に向けて覚悟を決める


不倫は燃え上がりやすい恋愛です。

誰かの夫である彼から「好きだ」と言われることに、快感を覚えているのではありませんか?

または、不倫という悪いことをしている背徳感が、あなたを興奮させてはいないでしょうか?

どうにかして、彼と奥さんを離婚させたいと意固地な気持ちになっていませんか?

「私は彼のことが大好きだ」と思っていても、こんな風に彼自身ではなく既婚者であることに惹かれているということは大いに考えられます。

そんな気持ちでは、彼が奥さんと別れてあなたを選んでくれたとしても、その後の関係がうまくいくわけありません。

それどころか、彼が離婚をした途端、気持ちが冷めてしまうことだってあります。

彼が既婚者であるという点に惹かれている場合や、離婚が目標になってしまっている場合、既婚男性の離婚と同時に二人の関係は変わってしまうでしょう。

彼と奥さん、二人の関係を引き裂いておきながら、あなたに離婚後彼と過ごす覚悟がない。

これは許されることではありません。

少なくとも、あなたのために離婚をした彼からは恨まれることになるでしょう。

既婚男性に離婚をしてもらうという大きな決断の前には、自分自身も覚悟を決めることが何よりも重要です。

覚悟がなければ、既婚男性をあなたのものにすることはできないのです。

あなたが好きになったのは、彼が既婚者だからですか?それとも彼自身の人となりですか?

彼が離婚へと動き出すその前に、自問自答をして自分の気持ちを確かめておきましょう。

「彼のことを本気で愛してる」と胸を張って言えるなら、離婚への覚悟は十分だと言えるでしょう。

ミイラ取りがミイラに…彼の奥さんみたいにならない?


既婚男性が奥さんよりもあなたを選び、離婚して再婚してくれた。

これには、一つ大きな落とし穴があります。

それは、今度はあなたが奥さんの立場になるということです。

言ってしまえば、既婚彼は何か不満があった時には、不倫をするタイプの男性だということになります。

彼と結婚した時には、不倫をされる立場になる可能性を捨てきれないのです。

そんなことにならない準備としては、彼の奥さんのようにならないという意識を持っておくことが大切です。

不倫相手だった時とは違って、結婚相手となれば生活を共にするわけですから、相手の粗もたくさん見えてしまうでしょう。

彼は奥さんのどんなところが嫌だと言ってたのか思い出してみましょう。

そして、もし彼と結婚した場合、自分はその嫌なことをしないでいられるのかシミュレーションしてください。

シミュレーションの結果、自信がないのであれば、彼との結婚は諦めた方がいいでしょう。

結婚しても今度はあなたが不倫される妻の立場になるのが、目に見えています。

「そんなことはない!私なら彼との結婚生活を幸せに過ごせる」と思えるように、心の準備をしておけばバッチリ!

結婚したはいいけれど今度は不倫をされる側に…なんてことにならないように注意してくださいね。

周囲への意識調査!親はバツイチ男性を認めてくれる?


既婚男性が離婚をしてくれたら、二人の間に何も障害はなくなったと思うのは大きな勘違いです。

離婚した彼とその先のステップに進むためには、避けて通れないのがあなたの親です。

「不倫をしていて、彼が離婚したので一緒になりたい」と馬鹿正直に事実を伝える必要はありません。

しかし、彼がバツイチだということは隠してはおけないでしょう。

あなたの両親はバツイチ男性との結婚を認めてくれるでしょうか。

彼との将来を望むのであれば、その準備として親の意識調査は必要です。

「既婚彼が離婚をしてくれたから、後は結婚するだけ!」と思ったとしても、結婚というのは当人だけでは進められません。

親の猛反対にあったがために、結婚を諦めなけらばならなくなったという話もあるのです。

彼との将来を本気で考えているなら、親や周囲の人が彼との結婚をどう思いそうか、あらかじめ調べておきましょう。

ただし調べておいてOKだと言ってくれていても、実際にバツイチ男性を連れてくると反対するという事例もあるので注意。

そんな時には、彼と二人で親を説得してみてくださいね。

既婚男性が思わず「離婚してもいい」と思える女の特徴とは?

「この人となら!」家庭的で幸せな結婚ができそうな女


既婚男性が思わず離婚をしてもいいと思える女性には、共通した特徴が見られます。

まず、一つ目の特徴は家庭的であるということです。

既婚男性に離婚をしたいと思わせるためには、現在の結婚生活を捨てる覚悟を持たせるということでもあります。

今現在の結婚生活を捨てる覚悟ができるのは、妻を捨てればより良い暮らしができると思えるから。

そして、男性は家庭的な女性に対して、その期待をすることができます。

離婚をするというのは、その先に不倫相手との結婚を夢見てのことです。

だからこそ、家庭的で幸せな結婚生活が想像できそうな女性となら、「離婚してもいい」と思えます。

必ずしも女性が家事をしなくてはならないわけではないという風潮のある現代ですが、やはり家庭的であることは男性から見た時には魅力となります。

結婚後、家事を分担するにしても、家事能力は高い方が困りません。

彼のためにも自分のためにも家庭的な女性となり、彼の離婚への気持ちを高めていきましょう。

一度結婚生活を経験している既婚男性は、「この人となら幸せになれる」と思える家庭的な女性のことが大好きです。

彼のハートをつかむためにも、家庭的である女性になることを目指してみてください。

「もう虐げられるのは嫌!」優しくて癒しをくれる女


既婚男性が不倫の道に走ってしまったのは、家庭に安らぎがなかったからというのも原因の一つです。

家庭が安らぎの場であることで、既婚男性は厳しい社会を生き抜いていけるのです。

不倫をしている既婚男性は、家庭が安らぎの場でないばかりか、家庭が戦場のようであることもあります。

忙しい仕事から帰ってやっとほっとできるかと思えば妻から小言を言われたり、冷たく扱われたりする厳しい現実が待っています。

その辛い日々から逃げたくて、癒しを求めて不倫を始めた彼らに離婚を決断させるためにも、やはり癒しが重要なポイントとなるでしょう。

「離婚してもいい」既婚男性がそう思うのは、不倫相手が優しくて癒しをくれる女性である時です。

彼が妻から虐げられる生活をしていればしているほど、不倫相手の女性の優しさは際立って見えるでしょう。

そして、既婚男性はその優しさに惹かれていき、もう妻から虐げられ続ける生活は嫌だと思うのです。

「俺に対して冷たい態度の妻と離婚すれば、優しい不倫相手から癒してもらえるだろう」この新生活への期待が、既婚男性の離婚したい気持ちを後押ししてくれます。

あなたにできるのは、これまで以上に彼に優しく接し、彼を癒してあげることです。

あなたが彼にとって最高の癒しを与えられる存在となることができれば、彼は「離婚してもいい」と思い始めるでしょう。

既婚男性は、厳しい社会で戦い抜き、家では虐げられて寂しい思いをしています。

そんな彼を癒してあげられる存在となるように、努力をしていきましょう。

「俺のモノにしたい!」魅力的で美しい女


既婚男性が離婚してもいいと思えるのは、不倫相手の女性を完全に自分のものにしたいと思うからです。

そのためには、外見も大事な要素となります。

内面がいいだけでは足りないし、もちろん外見がいいだけでもいけません。

両方を持っていることが大切なのです。

そして、外見の面で言えば、やはり美しいことが既婚男性の心をつかみます。

なぜなら、既婚男性はだらしない妻の姿を見慣れています。

結婚するまではおしゃれをして可愛くいようと努力していた妻が、結婚したことでだんだんと手を抜くようになり、昔の面影はどこへやら…。

家に帰ると待っているのは、ノーメイクで髪もぼさぼさ部屋着のだらしない妻。

そんな悲しい状況の既婚男性は、誰かが自分のためにおしゃれしてくれるということが嬉しくてたまりません。

あなたが彼のために自分磨きをするということは、女性側が想像する以上に彼の心をとらえて離さない行動なのです。

きれいでいれば彼も喜び、俺のモノにしたいと強く思うようになるでしょう。

さらに、既婚男性はきれいなあなたを、誰かに取られやしないかと焦る気持ちになります。

既婚男性は、結婚という形であなたを自分のものだと周囲に示すことはできません。

また女性も、結婚している男性と恋をしていることを公にしてはいけないため、フリーの状態だと周りからは見えてしまいます。

こうなると美しくきれいな女性を自分のモノにしたいと考える既婚男性は、妻と別れてあなたと恋愛関係にあることを公にしたいと考えるのです。

いつでもきれいで美しい自分でいるということは、既婚男性を喜ばせるだけでなく、早く妻と別れなくてはと焦らせることもできる行為。

既婚男性に妻との離婚を願うなら、彼が別れたくなってしまうくらい自分をきれいにアップデートしていけばいいのです。

「絶対に上手くいく!」運命的に価値観が一致する女


既婚男性は不倫の関係であっても、相性がいい女性とは将来を考えられます。

「妻と出会う前にこの子と出会えていたら…」

結婚してから運命の相手を見つけてしまうことも、人生では起こり得ること。

もし、あなたが運命の相手だったとしたら、既婚男性は「妻と別れたっていい」と考えることが容易でしょう。

ただし、運命は直感的に感じるものですから、なかなか意図して作り出そうとしても難しいものです。

出会った時に「ビビビ!」と電流が流れるような感じがあったなら、彼もそれを感じてくれているはず。

「出会った瞬間に、この人と結婚するんだろうなって不思議と思ったんです」

こんなたまに聞く体験談のようなことが、自分の身に起きるとしたら彼は行動せざるを得ません。

運実の相手としか思えない女性と出会えた時、彼は妻と別れてでも一緒になりたいと考えるものなのです。

彼があなたを運命の相手だと認識できるように、どんな価値観を持っているかなどの話は積極的にしていきましょう。

既婚男性は運命を感じられる相手となら「絶対に上手くいく!」と感じ、そのための行動を実行してくれます。

「このままでは不倫相手で終わってしまう」既婚男性への一押しが足りない時にするべきこと

「30歳になったら別れる」具体的な期限を決めて彼に伝える


彼が十分に愛してくれていることは分かるのに、彼が妻との離婚を踏み切ってくれない…。

そんな時には、彼が妻との別れを決断できるように、あなたが彼の背中を押してあげなければなりません。

このまま何もしないで待っているだけでは、ただの不倫相手で終わってしまうことになるのです。

まず、あなたはどのくらいまでなら、既婚男性が妻と別れるを待つことができますか?

そのことを自問自答し、彼を待つ期限を決めていきましょう。

そして、そのことを彼に伝えます。

「30歳までに奥さんと別れてくれないなら、あなたとは別れる」

期限は具体的に決めるのがポイントです。

彼が妻との別れを決断してくれるのか、あなたとの別れを選んでしまうのかは分かりませんが、期限を決めることはあなたのためになることです。

期限内に別れを決められないような既婚男性と付き合っていても、幸せになる未来は見えてきません。

あなたを幸せにするつもりのある既婚男性なら、不倫相手の女性から期限を突き付けられたら、これまでなあなあにしていた態度を改めてくれます。

これまで通り、結婚生活を続けながら、あなたのことも繋ぎとめておこうというずるいことはできなくなるのです。

この方法の注意点としては、一度決めた期限は決して変えないことです。

期限を変えてしまうと、あなたの覚悟が中途半端なものであるとバレてしまいます。

不倫相手の女性が分かれる覚悟でいるということを、彼には分からせなければならないのです。

彼を責める論調にならずに冷静に今の気持ちを伝える


既婚男性を妻と別れさせるのに、一番してはならないのは感情的に彼を怒ることです。

不倫という辛い恋愛を続ける中には、早く妻と別れてくれない彼に対して腹立たしい気持ちになることもあるでしょう。

しかし、そこでその感情を思いのままにぶつけてしまうと、これまでの努力が水の泡です。

なぜなら、既婚男性は怒られるのが大嫌いだし、妻との離婚を不倫相手から急かされるのが大嫌いです。

それはまるで、小さな子供が親から「宿題しなさい」と怒られて「今やろうと思ってたのに、やる気なくなった」とふてくされるがごとし。

男性は急かされて、何かをやるようなことを好まないのです。

しかも、妻との離婚というのは人生に関わる大きな決定事項となります。

そんな大事な決定事項は、自分のタイミングでと考えているのです。

そんな彼に妻と別れる後押しとなるのは、冷静にあなたの気持ちを伝えること。

決して彼を責めず、怒らず、泣いて取り乱したりもせず、冷静に「私は、あなたに離婚して欲しいと思っている」と簡潔に伝えましょう。

冷静に話すことで、あなたの考えがしっかりと彼に伝わります。

そして、その意見を聞いてどう動くかは彼次第。

自分の好きな人が、妻と別れることを望んでいるなら、どう行動すべきか彼には分かるでしょう。

何も伝えずにいては、彼はあなたが今のままの関係に満足していると思ってしまいます。

冷静にあなたの意見を彼に伝え、彼の背中をそっと押すように行動してみましょう。

これまで以上に彼を思う!こいつと一緒にいたいと思うように


既婚男性に「離婚してもいい」と思わせるためには、あなたからの揺らぐことのない愛情が必要です。

これまで以上に彼のことを思い、愛していきましょう。

その思いが伝われば、彼は妻と別れ「こいつと一緒にいたい」と強く思うのです。

既婚彼に最後の決断をさせるのは、やはりあなたからの愛でしかありません。

この世に生を受けたからには、誰しも愛し愛されながら、幸せな生活を過ごしたいと願うもの。

その願いを叶えることができるのは自分なのだということを、彼を愛することで彼に理解させていきましょう。

既婚者の彼から「君がいれば他に何もいらない」と言わせる方法

「何でも聞くよ」彼の一番の理解者になろう


既婚彼に「君以外は何もいらない」と思わせるためには、あなたが彼の欲求を全て満たしてあげられる存在になればいいのです。

そのためには、彼の一番の理解者となることを目指しましょう。

厳しい社会を生き抜く既婚男性にとって、一番の理解者となってくれる人が側にいてくれることほど心強いことはありません。

そして、既婚男性は自分を理解してくれる人が一人いれば、その他には何もいらないと思えるものなのです。

「彼女は俺のことを理解してくれている」と彼に感じさせるためには、彼の話を聞く姿勢が大事です。

彼の話はどんなことでも聞いてあげて、受け止め褒めてあげるようにしましょう。

自分の話を否定せずに受け止めてくれると、どんなことでももっともっと話したい気持ちになります。

そして、どんどん話を彼女に聞いてもらう内に、既婚男性はあなたが自分のことを一番理解してくれる存在だと実感するでしょう。

胃袋を掴んで床上手になる!食と性さえあれば他には何もいらない


結婚生活で重要なのは、食欲と性欲をがっちりとつかんでおくことです。

既婚男性に「君の他には何もいらない」と思わせるにも、この二つはとても大切なのです。

料理の腕とベッドでのテクニック、この二つはうまければうまいほど、既婚男性を虜にすることができます。

『美味しいごはん』と『気持ち良いセックス』の二つが揃っていれば、既婚男性に浮気心なんて湧きません。

奥さんと別れて、あなたを選んだとして、この先の長い人生を過ごす中には、彼が魅力的な女性と出会うこともあるでしょう。

しかし、そんな時でも胃袋と体をがっちりとつかんであれば、過ちを犯すことはないのです。

既婚男性の手綱をしっかりと握っておくためには、食と性は重要なことです。

この二つに自信がないとしたら、今からでも遅くはありません。

彼の好きな料理と、彼の好きなプレイの研究を欠かさないようにして、彼のことを虜にしちゃいましょう。

そうやって彼のために努力する姿もまた、彼の心をとらえて離さないものとなります。

愛する彼を虜にするため、料理と夜の腕を磨いていきましょう。

「愛も大事だけどやっぱりコレも!」お金を貯めてどんな事態にも備える


既婚男性と一緒になりたいと思うのなら、先立つものが必要です。

どんなきれいごとを言っても、お金がなければ生きてはいけません。

それに、既婚男性は離婚をすることで、お金がすっからかんになってしまうことも考えられます。

不倫がバレての離婚なら慰謝料を払わなければなりませんし、そうでなくても財産分与、養育費など出ていくお金はとても多いのです。

そんな時に、不倫相手であるあなたがお金の備えをしておいてくれたとしたら…。

既婚男性にとって、こんなに嬉しいことはありません。

彼との未来を見据えるなら、お金は貯めておいて損はないのです。

もし、お金が十分に足りていたとしても、それはそれでOK。

彼が離婚を進める中で、何が起きるかは誰にも予測できません。

話し合いがもつれれば、彼は奥さんに対し「全財産をあげるから離婚して」と言うことだってあるでしょう。

どんな事態にも備えられるようにしておく方法が、お金を貯めておくことなのです。

人は愛だけでは生きられませんが、お金だけでも生きていくことができません。

『愛する彼女がお金を貯めておいてくれる』これは、既婚男性にとって人生で必要な愛と金の両方を得ることができるのと同じことです。

お金を貯めて備えておけば、既婚男性はあなたの他には何もいらないと心から思うことになるでしょう。

既婚彼の理想の家庭を作れるのは私!彼の失敗談から学ぶ


既婚彼のなくてはならない存在となるためには、彼の現在の結婚生活から学ぶ必要があります。

既婚男性は、結婚生活に失敗した経験があります。

それは、とても貴重な経験です。

今後の彼との未来を考える上でも、失敗から学ぶことはとても多いでしょう。

彼は結婚生活のどんな点に不満を感じて、不倫をしていたのでしょうか?

奥さんのどんなところが嫌になって、妻以外の女性を抱いたのでしょうか?

それを知っておけば、また同じ失敗を繰り返すことはないのです。

彼と奥さんも、最初から険悪だったわけではありません。

離婚しようと思って結婚する人なんていませんから、あなたと彼との間にも今後何が起きるかは分からないのです。

まずは、彼の結婚生活の失敗に学び、彼が嫌だと思う行動は避けるように気を付けていきましょう。

不倫生活と違い、結婚するとなると、より多くの時間を彼と過ごすことになります。

生活を共にする中では、これまで思わなかったような不満が出てくることもあるでしょう。

そんな時でも二人で解決していけるように、彼の過去から学びとることは重要です。

「彼の理想の結婚生活を作れるのは私だ!」という自信を持てるようになり、彼のなくてはならない存在となっていきましょう。

既婚男性から離婚してでも一緒になりたいと思わせるためには


不倫をする既婚男性の多くは、不倫はただの遊びで離婚までしようとは考えていません。

しかし、本気で好きになれる相手と出会えた時には、離婚をして不倫相手と一緒になることを考えます。

既婚彼から離婚をしてでも一緒になりたいと思わせるためには、彼から「この人と結婚したら幸せになれそうだ」と思わせることが大切です。

彼は今の結婚生活を捨てるわけですから、それを上回る幸せを得られると思えなければ、離婚を決断することはできません。

離婚を決断できない彼の背中を押すためには、自分の待てる期限を伝えることなども有効です。

また、離婚の知識を不倫女性側が勉強しておくのも、彼の助けとなるでしょう。

既婚彼に安心と癒しと愛を与え、彼にとってなくてはならない存在となっていきましょう。

既婚男性を虜にすることができれば、彼は離婚してでもあなたと一緒になりたいと考え、行動してくれるでしょう。

おすすめの記事