離婚する夫婦の特徴とスムーズに既婚者男性を奥さんと別れさせるために取るべき行動

結婚している彼と恋仲になり、さらに未来を望むのであれば、彼を離婚に向かわせることが必要となります。

妻と別れない彼と付き合いを続けることは、いつまで経っても二番目の女でしかいられません。

彼が妻と別れてくれて初めて、あなたは彼の1番大切な存在となれるのです。

彼を妻から奪い、独り占めして幸福への道を歩むためには、彼を離婚へ導ける女性になりましょう。

この記事では、彼を妻と別れさせるために別れる夫婦に共通する特徴や、彼の離婚をスムーズにするためのサポート方法、また離婚話が流れてしまった残念な失敗談もご紹介していきます。

彼が離婚をしてくれれば、こそこそと恋愛をする日々とはおさらばできます。

彼の離婚を上手に後押しして、堂々と彼との関係を楽しめるようになりましょう。

完全に彼をあなたのものにするためには、彼の離婚は避けては通れない問題なのです。

目次

「コレは時間の問題かも?」上手くいっていない夫婦に共通する特徴とは

愚痴ることも褒めることも皆無!奥さんの話を全然しない


彼を離婚に向かわせたいのなら、上手くいっていない夫婦に共通する特徴をまずは知っておきましょう。

単純に考えれば、妻の愚痴を言う人を見ると、この夫婦うまくいっていないと思ってしまいがちです。

しかし、日本人男性は身内のことを謙遜する性質を持っています。

妻は彼にとって、紛れもない身内であり、一番近しい存在の人です。

そんな人に対する愚痴は愛情の裏返しであることもあり、そのままストレートに「奥さんのこと嫌いなんだ」と受け取ってしまうのは危険です。

愚痴が本音かどうかはさておき、愚痴を言うのはその相手に関心を示しているのは間違いありません。

愚痴を言う既婚者の男性は妻への関心を失っておらず、褒めるのが苦手という日本人としての気質で妻の愚痴を言っている可能性が高いのです。

また、妻のことを褒める男性の言葉は、そのまま素直に受け取っていいでしょう。

妻のことを好きな気持ちがあるから、外でも妻を褒めるし人にも公言するのです。

本当に妻への関心を失っていて、上手くいっていない夫婦の場合、夫は外で妻の話などしません。

愚痴ることも褒めることもせずに、妻の話など全くしません。

それは妻への関心がもう全くないからです。

『好きの反対は嫌いではなく、無関心だ』と言われますが、まさにその通りで上手くいっていない夫婦には、愚痴を言うだけの相手への興味も残っていません。

だから、愚痴も言わず妻の話を外ですることなどないのです。

「あれ?あの人って結婚してたはずだけど、奥さんの話してるの聞いたことないなあ」

こんな時には、究極の秘密主義者か夫婦間が上手くいっていないかのどちらかだと思っていいでしょう。

お互いに全く興味なし!家庭があるとは思えない行動パターン


気になる彼の夫婦関係は、彼の行動を見ていれば感じ取ることができます。

家庭に問題がなく夫婦関係が良好な人は、仕事が終われば真っ直ぐ家に帰りあまり遊び歩きません。

それは、家族を持てば当然の行動であり、結婚した男性が落ち着くと言われるのもこのためです。

こういった行動を取るのは、家族のことを何より優先する気持ちが、彼の中にあるからです。

しかし、家庭不和で上手くいっていない夫婦の場合、夫側に妻への興味はありません。

そのため、家庭があるとは思えないような行動パターンを取ります。

真っ直ぐと家に帰ることなどないし、独身時代から続けていた趣味を控えるようなこともありません。

「週末は、毎週サバゲ―で忙しいんだ」

「外食しかしてないよ」

これらは普通の既婚者の男性なら、ありえない発言です。

毎週末、自分一人だけの趣味に興じることは、家庭を持った男性にはあり得ません。

結婚したからといって自分の趣味をやめる必要はありませんが、毎週末自分の趣味に打ち込んでいては、その間彼の妻はどうしているのでしょうか。

また、1人で外でご飯を食べることが多い男性は、家で妻と食事をしないのでしょうか。

妻がいることを感じさせない行動ばかりする既婚者の男性は、妻と過ごす時間が圧倒的に少なくなっています。

そして、過ごす時間が少ない理由は、夫婦が上手くいっていないからでしょう。

彼が1人で過ごしすぎるから夫婦が上手くいかなくなったのか、夫婦が不仲だから1人で過ごすようになったのかは分かりません。

しかし、結婚していると感じさせない動きを見せる既婚男性の夫婦間が上手くいっていないことは明らかです。

「家に帰りたくない…」まっすぐ家に帰りたがらずいつも飲みに行っている


上手くいっていない夫婦の場合、家庭の居心地はとても悪いものとなります。

ぎくしゃくしている相手がいる空間の居心地がいいわけありませんね。

そのため、彼はなかなか家に帰りたがりません。

家に帰らない理由を探して、彼らは日々を暮らしているのです。

仕事が終わるといつも晩御飯を一緒に食べられる相手を探していたり、飲み会が終わってからも「もう一軒行こう!」と言い出したりするのは、こんな既婚男性です。

結婚生活がうまくいっていれば、無駄な寄り道はせずに一刻も早く家に帰りたいはず。

だって、結婚は本来、大好きな相手と一緒に暮らせるハッピーなこと。

用事が終われば家に帰り、大好きな相手と早く一緒に過ごしたいのが普通の思考です。

それなのに、家に帰りたがらずいつも飲みに行っているような既婚者の男性は、夫婦仲が上手くいっていないと思って間違いありません。

あなたの好きになった既婚者の男性は、用事が終わった後どうしていますか。

もし、特に用事がないのに、帰らずその後も付き合ってくれる相手を探しているようなら、家に帰りたくないのでしょう。

彼の夫婦は上手くいっていないと考えてよいでしょう。

彼の夫婦関係を探るには、彼が家に帰りたいのかどうかを見るようにしてみましょう。

結婚していることを隠したい!指輪をしていない


結婚したら左手の薬指に指輪を付けるのは、僕は結婚していますという世間へのアピールです。

指輪を付けることで結婚済みであることを明らかにして、女性が寄ってこないようにしているのです。

モテて困る独身男性の中には、女性避けとしてわざと左手の薬指に指輪をはめる人もいるほどその効果はてきめんとなっています。

既婚者なのに左手の薬指に指輪を付けていない人の中には、既婚者であるのを隠しておく狙いがあることが予想されます。

そして、既婚者なのを隠しておきたいのは、まだ女性に恋愛対象として見てもらいたいからに他なりません。

妻との関係が上手くいっているのであれば、他の女性からモテたいと思うはずうはありませんから、薬指に指輪をしていない男性の夫婦仲には問題があることが分かります。

ですが、薬指の指輪だけで夫婦仲を判断するのは、少し危険です。

指輪をしていない既婚者の男性の中には、モテたいという理由で指輪をしていない人ばかりではありません。

太ったから指輪が入らなくなったという人から、もともと指輪は好きではないという人、失くしてしまったという人まで様々です。

この判断方法は、あくまでも参考程度にし、他の要素と合わせて使うようにしましょう。

結婚した男性の左手の薬指に光る指輪。

その指輪がない時、彼は夫婦仲が上手くいっていないのかもしれません。

不倫をしている既婚男性が「妻と別れたいな」と感じる瞬間

「結婚している意味って何?」妻との結婚生活に意味を感じられない瞬間


不倫をしている男性は、必ずしも妻と別れたいと思っているわけではありません。

むしろ、妻とは別れずに婚外恋愛を楽しみたいと考える人がほとんどでしょう。

既婚者の彼が不倫の末に離婚を選ぶ確率は、一割に満たないとされているのです。

既婚彼に離婚を望むのなら、彼が妻と別れたくなる瞬間を見逃してはいけません。

彼が妻と別れたくなってしまうのは、妻と結婚している意味が分からなくなった時です。

結婚は好きになった人と、支え合い生活していくことです。

お互いに相手のために何かをしてあげることで、結婚生活は成り立っています。

しかし、妻が何もしてくれなくなると、既婚男性は結婚の意味が感じられなくなります。

そして、その瞬間はふとした瞬間に訪れるのです。

いつも通り仕事を終えて帰宅し、掃除されておらず散らかった家を見る時。

既婚者の男性は、結婚ということの意味が分からなくなります。

別に掃除をして欲しくて妻と結婚したわけではないけれど、急に虚しさが襲ってくるのです。

自分は妻のためにと仕事を頑張って来たのに、妻は自分のために何をしてくれたのだろう…。

このような心境にさせられた時に、彼は「妻と別れたいな」と考えるようになるでしょう。

メリットがあるから婚姻関係を結ぶわけではありませんが、意味の感じられない暮らしは虚しいもの。

彼がもはや結婚生活の意義を見つけられなくなっている様子があるなら、それは彼に別れを考えさせる好機の訪れです。

「好きな人ができたんだ…」妻以上に愛せる人を見つけた瞬間


婚外恋愛をしている彼の頭の中に離婚の二文字がよぎるのは、婚外恋愛を次のステップへと勧めたくなった時です。

浮気相手の彼女を本気で好きになったら、彼は彼女との将来について想像するようになります。

彼女との将来を真剣に考えだせば、妻とこれ以上結婚を続けるわけにはいかなくなるでしょう。

結婚を継続していくのは、好きな彼女をいつまでも不倫相手という不安定な立場に置いておくことになります。

不倫相手は何の約束もなく、世間に婚外恋愛がバレれば信用を失い叩かれてしまう立場にあります。

大切な人をこのような立場に置いておくのは、彼にとっても不本意なことなのです。

妻以上に愛せる人を見つけたのに、妻と結婚を続ける意味はもうありません。

婚外恋愛であっても、彼を本気にさせることができれば、彼はきちんと妻との別れへと行動を実行してくれるのが分かりますね。

彼に別れさせるための正攻法は、あなたを本気で好きになってもらうという至って単純なもの。

彼に好きになってもらえれば、女性側から何も言わずとも、彼は勝手に離婚をしてくれます。

彼が一度は生涯を共に歩むと誓った妻。

その妻よりも大事な存在になれれば、彼はあなたと生涯を歩みたいと感じます。

そして、妻に「他に好きな人ができたんだ…」と離婚を切り出してくれるでしょう。

自分がしているかどうかはさておき…妻の不倫を見つけた瞬間


不倫をしている男性は、自分が不倫をしておきながら妻は不倫をしていないだろうと思い込んでいます。

そして、妻が婚外恋愛をしていたのに気づくと、自分もしていたのにショックを受けます。

色々な形状の夫婦が現代にはありますが、多くの夫婦は夫の方が収入が多く夫婦の生活を支えています。

自分が不倫という勝手なことをしていても家族を支えているのは、俺なのだからいいだろうという甘えた気持ちを彼は持っていたのです。

ところが、妻に婚外恋愛をされることは、彼にとっては全くの想定外です。

自分が支えているし、自分がいなければ暮らしていけないと思っていた妻の裏切り。

そのことを知った時に、彼はこれまでできなかった別れの決断をあっという間にくだすのです。

さすがに妻が婚外恋愛をするように、不倫相手のあなたから働きかけることは不可能ですが、夫に不倫をされている妻はほったらかされていることが多いです。

そんな寂しい思いをしている妻は、不倫をしている確率も高いもの。

彼に「奥さんも不倫してるんじゃないの?」などと言って、妻の不倫を確認させるように仕向けてみましょう。

案外、妻の不倫があっさり見つかり、彼も妻との離婚を決断することになる可能性もありますよ。

自分の婚外恋愛だけでは離婚に踏み切れない男性も、妻が婚外恋愛しているのであれば妻と別れたい気持ちになっていきます。

彼の妻が不倫をしていたら、彼に離婚をしてもらう絶好の機会です。

「暴力・借金・だらしない」改善不可の問題が妻にある時


「こんな人だと知っていたら、結婚なんてしなかったのに…」

このようなことは往々にして起こり得ることです。

ただの彼氏彼女の時は、暮らしを共にしているわけではありませんから、本性はいくらでも隠すことができます。

結婚するまでは素敵な彼女だったのに、結婚した途端、豹変するような妻だった場合、彼の中には離婚の2文字が絶えずあります。

暴力を振るわれる、いくら稼いできても金遣いが荒く借金までする、だらしなく汚部屋でネグレクト。

こんな簡単には改善が不可能な問題点が妻にあれば、彼は想像以上の苦労をしているでしょう。

そして、彼が近外恋愛をしたのはこのような辛い暮らしから、ほんの少しだけでも逃れたいからです。

婚外恋愛という現実から逃れる手段を得た彼は、現実の辛さがますます身に染みるようになります。

浮気相手との楽しい時間を過ごした後に、問題を抱える妻の元へと帰り現実を目の当たりにする時。

彼は「妻と別れたい」との気持ちを固めます。

彼から聞く妻があまりにもひどい人物像な時には、できる限り彼の癒しとなれるよう努め、彼に別れを考えさせるようにしていきましょう。

改善不可能の問題が妻にあり、そこから逃れるために婚外恋愛を始めた男性は、婚外恋愛が楽しければ楽しいほど、現実が辛くなり離婚をしたい感情を増していきます。

こんな彼に対しあなたにできることは、彼との時間を楽しくすることです。

「自由になりたい…」結婚生活を息苦しく感じる瞬間


結婚するのは男性にとって、自由を失うことです。

結婚までは自由に過ごしていた男性も、結婚を機に落ち着くことを求められます。

自分で稼いだお金も自分の自由には使えませんし、時間も家族のために使うようになります。

結婚前は何度も自分の思う通りになっていたのに、結婚するとその自由はなくなってしまうのです。

これは、男性にとっては息苦しく感じられることです。

しかし、婚外恋愛をしていなければ、その息苦しさも『そんなもの』と受け入れることができます。

結婚したら落ち着くのは世の常であり、皆同じ思いをしていると思えるのです。

ですが、婚外恋愛を始めると既婚者の男性はさらに忙しくなります。

限られたお小遣いの中から不倫相手とのデート費用を捻出し、時間もやりくりしてやっと作り出す。

こんな日々に、男性は息苦しさをより感じるようになり、疲れてしまいます。

そして、この息苦しさの原因は結婚しているということにあると、彼は気づくのです。

「自由になって、彼女と好きなように恋愛したい…」

こういった思いから、彼は妻と別れたい感情になります。

結婚前であれば自由にしていたことができない。

それならば、妻と別れまた結婚前の状態に戻りたい。

彼はそう感じるようになるのです。

既婚者の彼の離婚手続きをスムーズにするために不倫相手の女性ができるサポート

何をするにも武器になるのは知恵!離婚について勉強しておく


離婚を決意しても、すんなりと離婚ができるわけではありません。

彼の離婚を成立させるためにはさまざまな壁があり、それを乗り越えるためには不倫相手の女性のサポートが必要です。

彼の離婚のサポート役となれるよう、まずは離婚の知識をつけ彼の参謀となるのを目指してみましょう。

何をするにも知恵があることは、有利です。

離婚をしようと思って結婚する人はいませんから、人は離婚に対して無知なことがほとんどです。

離婚経験者が周りにいたとしても、離婚は不名誉なことというイメージがあり、その体験談を声高らかに語る人もいません。

つまり、離婚の知識は自分で得ようとしなければ、手に入らないものなのです。

当然彼も、離婚をしたいと思ったはいいものの離婚に関する知識はまるでないことでしょう。

そんな時に、彼女が離婚に詳しければ、彼の何よりのサポートとなります。

離婚は法律上の手続きですから、思った以上にややこしく面倒なことです。

そして、子供のあるなし、婚外恋愛がバレているいない、など状況によっても必要な知識は変わってきます。

彼の状況に合わせた離婚の知恵をつけ、彼に授けることで彼の離婚がスムーズにいく手助けをしていきましょう。

知識は何よりの武器となるものです。

離婚はとてつもなく面倒!疲れた彼を癒してあげる


離婚というものは、想像する以上に面倒なものです。

「離婚したいです」「はい、分かりました」

これで済めば何の問題もありませんが、そう簡単にはいきません。

まずは、相手の了承を得る必要もありますし、財産分与や子供の親権など決めることがたくさんあります。

そのため離婚に向けて進み始めた彼は、とても疲れていることが考えられます。

あなたにできるサポートは、そんな疲れた彼を癒してあげるということです。

癒してあげることで、彼は面倒な離婚と立ち向かうパワーを得ることができます。

女性からするともっと彼を支えたいと思うかもしれませんが、彼を癒すというのは女性が考える以上に彼の力となる行為です。

いつも変わらぬ愛を注いでくれる彼女がいて、離婚に疲れた自分を癒してくれるというのは嬉しいものです。

彼女と普通に街を恋人同士として歩けるようになるためにも、離婚に向けて頑張って行こうと思えるでしょう。

離婚に向けて動き出した彼はますます忙しくなって会えなくなるかもしれません。

ですが、「会いたい」などとわがままを言わずに、彼を支えることに徹しましょう。

そして、会えたら彼のことをたくさん癒してあげましょう。

地獄の沙汰も金次第!金銭面でのサポートは何よりも助かる


彼の離婚手続きをサポートするには、具体的な援助をするのも良い手段です。

具体的な援助というのは、金銭面でのサポートのことを指します。

別れるのにはお金がかかります。

彼の婚外恋愛が妻にバレていれば慰謝料も発生しますし、子供がいれば養育費だってかかります。

別れたら金銭面が苦しくなり暮らしていけないのであれば、彼の別れたい思いは穴の開いた風船のようにはしぼんでいってしまうでしょう。

「お金がなくても愛さえあれば暮らしていける!」

と一時は考えたとしても、それはきれいごと。

お金がなければ、人は暮らしていくことはできません。

彼の離婚を助けるために、あなたはいくらの援助ができるのか考えて彼に申し出てみましょう。

彼は「妻との別れは俺の問題だから」と援助を断ろうとする可能性が高いです。

しかし、いざという時には金銭的援助をしてくれる彼女がいるというのは、彼の心を軽くします。

また、離婚時の金銭的援助は受け取ってもらえなくても、離婚後の新生活を二人で始めるための資金としてもお金は必要です。

何をするにもお金は必要だという当たり前のことを忘れずにおきましょう。

既婚彼にいつか離婚をしてほしいと考えているのなら、お金を貯めておいて損はありません。

彼と妻の別れをスムーズに進めるために、貯金を始めておきましょう。

その貯金が未来の二人を助けることになります。

あと一歩の所で離婚話が流れてしまう残念な離婚手続への導き方と失敗談

「早く早く!」離婚を急かしてしまう


彼が妻と別れる気になってくれた。

そして、私もそれを望んでいる。

離婚まではあと一歩の所まできたのに、離婚話が流れてしまうということも婚外恋愛ではよくある話です。

せっかく別れる気になった彼の気持ちをしぼめてしまわないように、どんな導き方をしたら失敗してしまうのかについて知っておきましょう。

「彼が離婚をする気になった」これは不倫相手の女性にとって待ちに待ったできごとです。

やっとこの時がきたと喜び、嬉しく感じるでしょう。

ですが、だからといって彼に別れを急かすような言動は控えなければなりません。

「早く別れてね!」「いつ離婚成立しそう?」

こんな風に彼女から言われると、彼はげんなりしてしまいます。

離婚をするというのは大変なことであり、手続きはとても煩雑です。

彼が別れる気になっただけでも大きな前進なのに、それ以上を望むのは欲張りというもの。

離婚には時間がかかるものと心を広く持ち、彼の別れをゆっくりと待ちましょう。

別れたいのは彼だって同じ気持ちなのに、彼女から急かされてしまっては彼は離婚をしたい気持ちがしぼんでしまいます。

頑張っているのに、彼女が認めてくれず責められているように感じてしまうのです。

彼の離婚は決して急かさず、待ちの姿勢を心掛けるようにすればこのような失敗はなくせるでしょう。

「こいつと結婚してもまた同じことになる…」彼妻のようにガミガミ言ってしまう


彼が離婚をしたいと思うのは、不倫相手との未来を考え始めたからです。

日本では重婚はできませんから、妻の他に好きな人ができてその人と結婚したいとなれば、配偶者とは別れるしかありません。

彼が妻と別れ不倫相手と結婚したいのは、その方が幸せになれるとの確信があるからです。

しかし、その確信が揺らぎ彼女との未来が幸せではないと感じてしまえば、彼は妻と別れる気がなくなってしまうでしょう。

離婚手続きを始めた彼に対し、ガミガミと言ってしまうのは避けた方が賢明です。

あなたは妻と別れて自分と結婚してくれるという彼のことを、もう夫同然に感じているからこそガミガミ言いたくなってしまうのでしょう。

ですが、ガミガミ言われると彼は、こう思ってしまいます。

「こいつと結婚しても、また同じことの繰り返しになるだけだ…」

また現在の妻との暮らしと同じようになるだけの未来しか見えないのに、大変な離婚を進めていく気になる男性などいません。

大変な思いをしても同じ未来が待っているだけなら、このまま別れずに暮らしていく方がいいと思ってしまうのです。

離婚手続きに向けて行動する彼が頼りなく見えても、上から目線でガミガミと叱りつけるような言動はやめておきましょう。

それは彼の別れたい気持ちを削いでしまう行為です。

離婚をしたい彼の気持ちを継続していくためには、怒るよりも支える方が大切となります。

「やっぱり子供のために離婚はできない!」不倫相手より子供への愛情が勝ってしまう


離婚を決意したように見えた彼が意見を翻すのは、子供のためということが多いです。

妻とはいつ離婚しても構わないと感じている人でも、子供のことを思うと簡単に離婚はできないと思っています。

一度、離婚を決意したとしても、「子供のために…」と妻からお願いされたり、子供から一緒に暮らしたいと泣かれたりということがあると、既婚彼の気持ちは揺らぎます。

そして「やっぱり子供のために離婚はできない!」と意見を翻すのです。

やはり、血を分けた子供への愛情は何にも勝ります。

子供が健やかに成長するためには、両親が揃っている方がいいという考えは根強く、子供のためを思うと離婚をしたいという自分のわがままを押し通すことはできないとの結論に達してしまうのです。

「不仲な両親のもとで育つ子供が幸せになるはずがない。」

「子供はいつか巣立っていくもの。」

彼を説得できそうな言葉はいくつかありますが、子供への情を断ち切ることは難しいものです。

こうなることを防ぐためには、彼の気持ちが揺らいでしまう前にスムーズな離婚手続きをさせるのが最善の策です。

離婚手続きに手間取り、迷う時間があるとこのようなことになりやすくなります。

彼の離婚がスムーズに進むように、手助けしていきましょう。

奥さんへの情で離婚を思いとどまっている彼の気持ちを別れる方向へ加速させる方法

「離婚したらこんなに素敵な未来が待っている!」離婚にポジティブなイメージを与える


一度は好きになった妻に対する情が全くない既婚男性はいません。

どんな状況にあろうと妻に対する情は残っており、その情があるために離婚を思いとどまる男性も多いのです。

そんな彼の気持ちを別れにシフトさせるには、不倫相手の女性の言葉が重要です。

妻への情を断ち切れるように、彼に働きかけていきましょう。

情にとらわれているということは、離婚に対しネガティブなイメージを抱えているということです。

「離婚をしたら妻を悲しませる」「親も悲しむだろう」と離婚によって起きるネガティブなことばかりに、思考が支配されているのです。

まずは、これを変えていかなければなりません。

離婚をせずにいると、彼は現状のままこの先もずっと過ごすことになります。

しかし、離婚をすれば好きな相手と新しい生活を始めることができます。

妻や親がどう思うかよりも、自分が幸せになるような選択をするというのは、人生において最も重要なはずです。

「離婚すれば、私とのこんなに幸せな生活が待っているよ」

といった具合に、彼に離婚することによって起きるハッピーな出来事に目を向けさせましょう。

そうすれば、彼は離婚に対しポジティブなイメージを持てるようになり、離婚も前向きな気持ちで進めていけるようになります。

妻への情にとらわれ離婚を後ろ向きに考えてしまう彼に前を向かせるには、ポジティブさが大切となります。

「私の方があなたを愛している」妻への情より強い愛情を伝える


既婚彼が持っている妻への情は、言わば幻のようなもの。

もう妻のことが好きではなく不倫までしたのに、彼は妻との思い出や過ごした時間の長さに勝手にとらわれてしまっているだけなのです。

そんな実際にはありもしない幻のような気持ちよりも、今現在愛しているという事実の方が強いのは明白です。

彼の気持ちを動かし離婚を決意させるためには、妻よりも愛しているという事実をストレートに彼に伝えていきましょう。

「奥さんより、私の方があなたを愛している」

この単純明快な事実に気が付けば、妻への情という幻は彼の中から消え去ります。

愛し愛された人と過ごす人生は素晴らしいものです。

情だけで過ごすつまらない人生よりも、愛する人との暮らしを選べるように彼に愛を伝えていきましょう。

あなたの愛が彼に離婚を決意させます。

「離婚しないなら別れたい」妻との二択を迫る


妻への情から離婚を踏みとどまる既婚男性に対しては、最終手段に出ましょう。

「奥さんと離婚してくれないなら、別れたいと思っている」と彼に伝えるのです。

妻との別れを決意できない彼と付き合いを続けることは、時間の無駄にしかなりません。

離婚をできないならできないで、不倫から早く解放してもらった方が女性のためにもなるのです。

離婚をすると言いながらずるずると関係を引き延ばされ、女性としてのいい時期を失ってしまった。

こんな悲劇が起きないためにも、離婚をすると言いながら離婚をしてくれない彼に対しては、妻か不倫相手かの二択を突き付けましょう。

この二択を突き付けられた彼は、これまでのようにのらりくらりとかわすことはできなくなります。

情の残る妻を選ぶか、好きな彼女を選ぶか選択しなければならなくなるのです。

彼女を失うことを想像した彼は、やっと妻への情を断ち切り離婚を決意できるでしょう。

この方法を彼にする時には、うまくいかない可能性もあることを頭の片隅に入れておいてください。

妻への情と不倫相手への愛を天秤にかけても、なお離婚を踏みとどまってしまう彼もいるのです。

しかし、こんな既婚彼はいつまで付き合っていても、離婚をしてくれることはなかったでしょう。

そのことに早く気が付くことができ、時間を無駄にしなくて済んだと前向きに捉えてくださいね。

『妻か不倫相手かの二択』

これは彼に離婚を決意させることもできるが、自分が選ばれないこともある本当に最終手段だと認識して使うようにしましょう。

不倫相手の彼女は離婚をしなくても永遠に傍にいてくれるわけではないことを、彼に知らしめ離婚を決意させていきましょう。

既婚者男性を離婚へと向かわせるには不倫相手の行動が重要だった


既婚者の彼を奥さんと別れさせたいなら、不倫相手の行動は超重要となります。

不倫相手が上手に彼の背中を押してあげることで、彼は離婚へと舵を切ることができるのです。

そして、いざ離婚を決意してくれても、離婚は一筋縄ではいきません。

離婚はとても大変で手続きが完了するまでにも、彼は何度かくじけそうになることでしょう。

そんな彼を放っておかずに、上手にサポートすることで、彼はスムーズに離婚をすることができるのです。

離婚で大変な思いをしている彼を癒して支え、時には知識や金銭面で彼を支えられるような準備をしておきましょう。

彼が離婚を決意してくれても、離婚がうまくいかなければ何の意味もありません。

彼の離婚が成功すれば、もうあなたは不倫相手ではなく彼の正式な彼女となれます。

人に見つかることを怯えることなく、堂々とデートをすることだって可能です。

彼に妻と別れを選ばせて、あなたとの幸せな未来を歩いてけるように導いていきましょう。

離婚をすれば幸せになる未来が待っていると彼に意識させるのです。

好きになった彼が既婚者でも、彼を妻と別れさせることができれば、彼との未来だって夢ではなくなります。

自ら彼を別れへ導き、幸せを掴みとりましょう。

おすすめの記事