不倫で離婚してくれない奥さんの気持ちを心変わりさせて円満離婚に持っていく方法

既婚者の彼にベタ惚れしてしまった。

彼も私を好きになってくれたし、後は妻さえ別れてくれれば…。

彼と妻の仲は冷え切っていて、不倫も知られているのになかなか彼妻が別れてくれない。

これは、不倫あるあると言ってもいいほど、よく起こる現象です。

彼妻と彼を別れさせるためには、不倫相手の女性が上手に立ち回る必要があります。

この記事では、不倫彼が妻に対して抱いている心理や、妻に離婚を受け入れてもらいやすい条件提示、不倫相手ができるサポートについてご紹介していきます。

既婚彼を妻と円満離婚させるのは、今後の二人の幸せのために避けては通れない道となります。

なかなか離婚に踏み切ることができない彼の背中を押し、彼を彼妻から完全に奪い取っていきましょう。

このままの関係に甘んじていては、本当の意味で幸せになることはできませんよ。

目次

不倫がバレている時に既婚者の男性が奥さんに対して思っていること

「向こうから言ってくれれば…」妻から離婚の申し出待ちをしている


不倫は配偶者には知られてはいけないもの。

ですが、実は配偶者に知られていながら堂々と不倫をする人もいるのです。

そんな彼らは、どうして浮気が明らかになっていながら、配偶者と別れを選ぶこともせずのうのうと暮らしているのでしょうか。

それは、妻に離婚を切り出すのが面倒だという心理からくるものです。

「こんなに堂々と不倫を繰り返しているのだから、そっちから別れたいって言ってくれよ」

こんな風に、離婚に対する対応を妻に丸投げしたいと思っているのです。

自分で働きかけるつもりはないが、向こうから別れを言いだしてくれるのであれば、いつでも離婚してやるぞという上から目線の心理状態。

このようなずるい心理を、不倫の最中の既婚者の男性は持っています。

また、一般的に離婚は言い始めた方が不利になるという考えがあります。

特に不倫をした有責配偶者である彼からの別れの申し出は、離婚が認められにくく妻側が強気の条件交渉ができる傾向にあります。

そういった知識も、彼に妻への別れを言いだしにくくさせています。

明らかに不倫をしていることは知られているのに何も言ってこない妻。

そのことが示しているのは、このまま不倫を続けつつ結婚生活を続けても何も咎められはしないことです。

だったら、敢えて自分から別れようと言わずとも、このままのぬるい関係を続けていきたいと彼は考えます。

もちろん自分が悪いという意識はあるので、奥さんが離婚したいと望むならいつでも受け入れる心づもりはばっちりです。

このような心理から、彼は不倫が妻に明らかになっていようともすぐに離婚するという心理状況にはならないのです。

「不気味…」不倫がバレているのに何を言うでもない奥さんに対する恐怖心


『不倫の事実が妻に明らかとなってしまう』これは、一歩間違えれば修羅場を引き起こす事態となります。

普通に考えれば、結婚していながら他の女性と浮気をした夫のことを妻は激しく起こるでしょう。

泣きわめき、取り乱し、半狂乱になることも考えられます。

そんなことになりたくないから、不倫は隠しながらやっていたのに、いざ不倫が知られてしまっても妻は怒るどころか何の反応もない。

この態度は、男の視点に立ってみるととても不気味だと感じられる行為です。

普通にけんかをした時でも、感情的に怒られるよりも黙り込む女性の方が怖いと男性は感じます。

それと似たような恐怖感を、不倫が明るみになったのに何も言ってこない妻に対し、彼は感じています。

「もしかして何も言わないって、後で恐ろしい仕返しをする準備をしているのか…?」

「浮気が知られたのに何も言わないなんて、ひょっとして探偵を依頼して前から知られてた?」

妻から何を言われてもないのに無言であることで、彼は勝手に恐怖心を抱いてしまうのです。

そして、浮気をやめようかという気にもなるのです。

バレバレの不倫をしているのに離婚せずにいる彼は、妻が何を考えているのか分からなくて怯える心理状態にさせられていることでしょう。。

恐怖心を抱いたままで、妻との別れへと一歩踏み出せる男性は、なかなかいないのです。

「俺はATMか…」奥さんの関心がないことへの寂しい心理


妻に不倫が知られたのに、そのまま結婚生活を続けている。

こんな状況の時、彼はとても寂しい心理になるでしょう。

なぜなら、不倫をしたのに怒られもしない状況というのは、妻の自分に対する関心のなさを表すことになるから。

妻が夫を好きだというなら、不倫をした夫のことは天地がひっくり返っても許すことはできません。

それなのに、不倫を容認されてしまうのは、妻が自分のことをもう好きではないことを示している以外の何物でもありません。

妻に不倫を容認されてしまうことで、彼は前から薄々感じていた妻の自分への関心のなさを確信してしまいます。

こんな既婚者の男性は、不倫が知られたらもしかして妻は怒ってくれるんじゃないかと期待していたのかもしれないですね。

「やっぱり、俺は金さえ稼げば何をしようと関心の持たれないATMのような存在でしかないのか…」

彼は、不倫というとてつもない悪事を働いた自分に対しても怒ることのない妻に、安心するどころか悲しさを覚えます。

そして、その虚しい心理を持ったまま妻との別れを選ぶこともなかなかできません。

妻からの愛がゼロになったと気づいた今、愛をくれる彼女と離れるのも難しいですが、かといって配偶者と別れる気にもならない。

そんな難しい男心が隠されています。

こんな彼に対しては、まず彼の難しい心理を理解し受け止めてあげることが大切なことです。

「幸せにすると誓ったのに申し訳ない」堂々と不倫をすることへの罪悪感


結婚を決めた瞬間から、不貞行為をするぞと計画していた男性は存在しません。

誰しも結婚を決めた時には、目の前の女性を必ず幸せにすると約束していたことでしょう。

それなのに、長い年月は二人の関係を変えてしまったのです。

結婚を決めた時には、このラブラブな気持ちは永遠のものだと感じていました。

しかし、結婚生活を継続する内に不満が出て、彼は妻以外の女性に目を向けることになったのです。

不倫が妻に知られた彼は、結婚の時の近いを忘れたわけではありません。

どのような理由で不倫を始めていても、かつては大事にし幸せにすると約束した妻への思いは残っています。

そのため、彼らは妻に対する罪悪感は少なからず持っています。

不倫が知られているのにそれを継続するのは、妻に悪いという気持ちがないためだと思われがちですがそれは違います。

結婚している男性が家庭外で恋愛をする時は、どんなときも妻に対する罪悪感を抱いているのです。

そのため、彼は妻と簡単に別れるわけにもいきません。

妻との離婚は「必ず幸せにする」と結婚の時に誓った約束を完全に果たせないということを示しています。

不倫という大罪を犯しながら、一度は愛した女性を完全に切り捨てるのは、彼には大変難しいことになります。

彼らは、不倫という妻に対する大きな裏切りをしながら、心のどこかで妻を大切に感じるというのもまた事実なのです。

無関心!お互いに自由に楽しもうよ


不倫が妻に知られてしまうというのは、夫側が隠すという意識を失くしてしまったからが原因であることがあります。

不倫を隠したいと思うのは、なぜでしょうか。

それは、妻のことを思いやる気持ちがあり妻を悲しませたくないという心理や、不倫を知られて嫌われたくない心理があるからです。

まだ、妻のことを思う気持ちがある故に、彼は妻に不倫を隠そうと慎重に動くのだと言えるでしょう。

では、彼の妻への気持ちがなくなり、ゼロになってしまったとしたらどうなるでしょうか。

好きの反対は嫌いではなく無関心です。

好きなら配偶者に不倫をされたら悲しいし、嫌いならもう別れたいと思うものです。

しかし、お互いに無関心である夫婦は、配偶者が不倫をしていようと何をしていようと興味がありません。

お互いに自由に楽しんでいればいいと思っており、全く隠すことなく不倫をします。

だからといって、仮面夫婦を続けていけないほど嫌い合ってもいない。

こういった夫婦は積極的に別れを選択はしません。

結婚しているということは、信用を得られることであります。

お互いに自由にしていられるのだから、結婚生活をやめずして社会的信用を得ている状態の方が何かと都合がいいのです。

無関心だから配偶者が不倫をしていても興味はないが、既婚である立場を手放したくはない。

婚外恋愛がバレている夫婦の中には、こんな風に冷めた考えを持っている人も多く見受けられます。

不倫相手に本気になっても離婚に踏み切れない男性が抱えている理由

別れたらどうなる?世間体を気にしている


「妻より不倫相手の女性に本気になってしまった…」

それなら、「奥さんと離婚して私と一緒になってくれるかな?」と婚外恋愛中の彼女は期待してしまうでしょう。

しかし、彼が本気で愛情を注いでくれるのは伝わるのに、彼が離婚に踏み切ってくれない状態に悩んでいる女性は思いのほかたくさんいるのです。

そんな彼に、離婚を思いとどまらせているのは何が原因なのでしょうか。

それは、社会的に見た離婚の評判の悪さです。

昔とは違い現代では離婚する人も増えてきました。

3組に1組の夫婦が離婚を選ぶというデータもありますが、これは多いように見えてもまだまだ少ない数字です。

3組に2組、つまり過半数以上の夫婦は別れを選ばないことが分かるでしょう。

つまり離婚を選ばない夫婦の方が多数は、離婚をすることはまだまだ少数派で大っぴらに言えることではないのです。

『結婚して家族を持って初めて一人前』という風潮のある日本で、結婚して得られた信用を失うのは気が進むことではありません。

婚外恋愛に本気になって、妻と別れる。

これほど社会的にウケの悪いことはありません。

離婚するということがまだまだ一般には受け入れがたく、マイナスイメージのあることである以上、彼が離婚に一歩踏み出せないのも仕方がないでしょう。

いくら婚外恋愛に本気になったとしても、世間からよく思われていたいのが既婚男性なのです。

面倒くさいな…離婚にまつわる手続きの煩雑さ


男性は面倒くさいことを、とりあえず後回しにしてしまう傾向にあります。

そして離婚というものは、とても手間のかかるものです。

結婚する時も同じく煩雑な手続きがありましたが、そこは愛があったから苦にも思わなかったでしょう。

しかし愛がない今、離婚というよく分からない手間のかかることをわざわざする気力は彼の中に湧いてこないのです。

「離婚って具体的に何をすればいいの?」

離婚は人生で何度も経験することではなく、また離婚しようというつもりでこれまでの人生を生きてきた人もいません。

離婚に対する予備知識をあらかじめ備えている人はいないのです。

知識を持たないものにチャレンジするのは、何か強烈な動機が必要となります。

離婚をしなくても、好きになった婚外恋愛の女性は傍にいる。

このような状況では、彼は離婚という理解できない物事に立ち向かっていこうとは思わないのです。

「離婚届ってどこでもらえばいいの?」

離婚には離婚届が必要だけど、その用紙がどこでもらえるかも知らない。

残念ながら、既婚男性の離婚に対する知識はこの程度です。

さらに、真剣に離婚を考えるなら、財産分与や子供の問題、慰謝料など考えなくてはならないことが山積みです。

この離婚に関する手続きの煩雑さが、彼を離婚から遠ざけてしまっています。

彼は好きな彼女と一緒にいられるのなら、離婚という形にはこだわらないものなのです。

親や子供はどうする…?周囲を安心させたい


離婚をするとなると、既婚男性が気になるのが周囲の反応です。

社会的評判という意味でも離婚には抵抗があるものですが、身近な人の反応はもっと気にかかります。

結婚を報告をした時の両親の嬉しそうな顔。

結婚式に来て、祝福してくれた友達の顔。

婚外恋愛の末、離婚を選ぶのは、彼にとっては結婚の時に祝福してくれた皆を裏切ることのように感じられてしまいます。

結婚しているという立場を手に入れるのは、親や周囲を安心させられることです。

離婚をするとなると、親を悲しませるのは明らかです。

さらに、夫婦間に子供がいるパターンでは、離婚が子供に与える影響も気になるところ。

離婚をしたからといって、必ずしも子供が不幸になるとは限りません。

しかし、家族の形が変わるのは、子供に何らかの影響を与えてしまうでしょう。

となると、奥さんへの愛情はなくても子供への愛情はある彼は、離婚をためらってしまいます。

『子供のため』に、結婚生活を続けておきたいと考えるのです。

親や子供といった血の繋がりのある人に安心してもらいたいという気持ちは、非常に強いもの。

不倫相手である女性はいくら彼から愛されたとしても、血の繋がりを持つ家族への思いには敵いません。

既婚者の彼に上手く奥さんとの離婚話を進めさせるために話し合うべきこと

奥さんと離婚したら起こるいいことに目を向けさせる


既婚者の彼にとって、妻との離婚は気の進まないことです。

その離婚を前進させるには、不倫相手の女性が適切な方法で彼の背中を押してあげることが必要です。

離婚をする気のない彼は、離婚で生じる悪い面にばかり目が向きがちです。

そんな状態では、妻と別れる気になれないのは当然のことでしょう。

彼を離婚に対して積極的にさせるには、彼の目を離婚のいい面に向けさせなければなりません。

まずは、彼に妻と離婚することで生じるいい面に着目させるようにするのがポイントです。

離婚すれば、本当に好きな彼女ともっと堂々と過ごすことができます。

婚外恋愛というこそこそとしなければならない関係を終わらせ、普通のカップルになることができるのです。

これまで、苦労して作り出していた時間も、離婚をしたら自由に使えるようになります。

離婚することで妻や既婚者という立場はなくなりますが、その分自由を得られて、大好きな彼女とももっと楽しい恋愛を謳歌できるのです。

結婚生活は縛りも多く、安定はしていましたが自由はありませんでした。

奥さんと離婚を決断することで、彼はまた独身時代のような自由を手にすることができるようになるのです。

彼に離婚を決断してほしいのなら、離婚をして生じるネガティブなことではなく、ポジティブな面に着目させていきましょう。

そうすれば、これまで離婚をして起きる悪い点しか考えられなかった彼も、離婚をポジティブに積極的に捉えられるようになっていくでしょう。

「このまま離婚しなかったら…」不倫相手が離れてしまうことを告げる


彼が婚外恋愛が奥さんにバレていても離婚を決意しないのは、今のままの関係が心地いいと感じているからです。

妻は婚外恋愛していても自分を責めることもしなければ、離婚を求めてくることもありません。

そして、家庭の外では大好きな彼女と楽しい時間を持つことができています。

結婚しているという立場を守りながら、恋愛も十分に楽しめている。

こんな楽で心地いい環境を、自ら手放そうとする人は少ないでしょう。

彼にとって浮気を許し何も言わないでいてくれる妻と、婚外恋愛という関係に甘んじる女性の二人がいるのは非常にバランスのいい状態なのです。

だから、彼らはこの心地いい環境を崩すことを好まないでしょう。

彼の中で、離婚する決意が起こらないのもそのためです。

こんな彼に離婚を決断させ実行していくには、どうしていけばよいのでしょうか。

それには、不倫相手である現状に甘んじるのをやめることが必要です。

このまま離婚せずにいても、彼女が傍にいるのであれば、彼は離婚しようとは思えないでしょう。

離婚しないままでいることで、不倫相手が離れていってしまうとが分かれば、やっと彼らは重い腰を上げるのです。

彼に離婚して欲しいということをあなたが話していなかったとしたら、彼らはあなたもこの関係に満足していると思っていることさえあります。

一度、彼に「離婚する気がないなら、別れて他の男性を探したい」と伝えてみましょう。

このまま離婚せずにいたら、大切な彼女を失う可能性があると初めて気が付いた彼は、やっと離婚を真剣に考えてくれるようになるでしょう。

ただし、彼に対して何度も離婚を急かすのはやってはいけません。

一度、彼に自分の意志を伝えた後は、彼が構想を起こしてくれるのを待つようにしましょう。

あなたがずっとそばにいるわけではないことを、彼に分からせるのが大切です。

先立つものは大事!金銭的援助がどれだけできるかを話し合う


離婚をするとなると、気になるのがどれだけお金がかかるのかということです。

「離婚をしたい」と婚外恋愛をしている夫側から言えば、奥さんは慰謝料を請求する権利があります。

「浮気を許してくれてたんだから、あいつが慰謝料請求なんてするわけないじゃん」

と男性は軽く考えがちですが、それは間違い。

離婚しこれまでのように暮らせないとなったら、これまで離婚を容認していた奥さんもどんな行動に出るかは分かりません。

追い込まれた女性は、最後に彼から取れるものは全部取ってやろうという心理になるでしょう。

離婚せずにいれば浮気を許してもらえていて、慰謝料を払うこともない。

そう思えば、既婚彼が妻と別れを選びたくなくなるのも納得ではないでしょうか。

そこを助けてグイッと背中を押してあげるには、励ましの言葉や癒しなんてふんわりとしたものではいけません。

不倫相手の女性がどの程度、既婚彼に対して金銭の援助ができるのかを示してあげましょう。

自分の財力だけでは、離婚という荒波を乗り越えられるか不安に感じていた既婚男性も、彼女からの金銭援助が受けられるとなれば、離婚をする勇気が湧いてきます。

既婚彼に離婚への一歩を踏み出させるためには、具体的な援助を示すのがカギです。

精神的な支えになることもいいのですが、男性脳に響くのはより具体的な助ける方法です。

既婚彼の離婚のために、自分はどの程度お金が出せるのか考えてみましょう。

奥さんに提示すれば「離婚してもいいかな」と思わせられる条件

お金は大事!相場より多めの慰謝料を渡す


既婚彼が「離婚したい!」と思っても、奥さんが首を縦に振らなければ離婚は成立しません。

不倫という悪事をしでかした有責配偶者からの離婚の申し出を、妻は断ることもできるのです。

やっと彼が離婚をする気になっても、奥さんに拒否されてしまってはどうしようもありません。

奥さんとの円満離婚を進めて、不倫相手と幸せになるためには、奥さんに提示する条件を工夫しましょう。

不倫をしている夫から離婚を言い出された妻は、簡単に離婚をしてしまったら夫は不倫相手と幸せになってしまうと考え、そんなの許せないと意固地になり離婚しないことがあります。

そんな奥さんの心を溶かすには、離婚の際に提示する条件が大切なのです。

やはり、離婚してこれから一人で生きていかなければならない妻には、先立つものが大切となります。

円満離婚を望むのなら、奥さんに対して相場よりも多めの慰謝料を渡すことを提案してみましょう。

「今すぐ離婚してくれるなら、〇〇万円の慰謝料を払う」

こういう風に言えば、奥さんも離婚に乗り気になってくれるでしょう。

やはり、お金は生きていく上では大切なものです。

ちなみに不倫をして離婚する場合の慰謝料の相場は、100~300万程度だとされています。

それ以上支払えば、奥さんも納得してくれるかもしれませんよ。

これまで通りの暮らしを保証!住居を明け渡す


夫が不倫をしていながら離婚を選ばない妻は、今現在の暮らしがとても気に入っていると考えられます。

夫が浮気をしていることにさえ目を瞑れば、家の周辺環境も気に入っており、地域のコミュニティにも溶け込んでいる。

こんな風に、今の暮らしが気に入っている人は、離婚をしたことで引越さねばならなくなり、環境が変わるのが嫌なのです。

夫が不倫をしていても、何も言わずにいられたのはそれ以外の暮らしが充実していたからに他なりません。

こんな妻にとって離婚をして今の暮らしを手放すということは、愛した夫の不倫よりも辛いことなのです。

ということは、今の暮らしを続けられるようにしてあげれば、妻は離婚をすんなりと受け入れてくれるでしょう。

離婚しても今の住居は手放さず、妻に明け渡してあげましょう。

離婚をして出ていくのは、夫の方です。

これまでと同じ家に住み続けられれば、妻は離婚しても今まで通り暮らしていくことができます。

『離婚=引越し』が結び付いている人は多く、だから離婚が受け入れられないと考えている人もいるのです。

離婚をしたら住居は明け渡すという条件を提示すれば、彼の妻はすんなりと離婚を受け入れる気持ちになれるでしょう。

これは、不倫相手の女性にとっても喜ばしい条件です。

持ち家で奥さんが出て行った場合、その家に住むことになるのは不倫女性にとって嬉しいことではありません。

家には彼と奥さんの思い出がありますし、ご近所だって奥さんのことを知っています。

不倫相手の女性は、彼がせっかく離婚したのにそんな環境で暮らしたくありませんよね。

離婚の条件提示には、家を妻にあげることを提案してみましょう。

子は宝!子供に関する奥さんの要求を全て受け入れる


離婚をするとなると、一番のネックとなるのが子供のことです。

子供がいる既婚男性は、子供のことを考えると簡単に離婚はできません。

そして、その気持ちは彼の妻も同じなのです。

夫に対する愛情は消え去り離婚をしても構わない気持ちがあったとしても、子供を無事に育てていくことを考えると夫の協力がなくてはいけないと考えます。

彼の妻は自分1人では、子供をしっかりと育てていける自信がないのです。

そんな彼の妻と円満離婚をするためには、奥さんの要求を全て受け入れることが大切です。

「養育費を払わないのでは…」なんて不安を妻に感じさせてはいけません。

養育費は妻の言い値を払うし、面会も妻の望む通りの回数にする。

とにかく子供に関することは、妻の要求通りに進めるようにしましょう。

離婚をしても子供を育てていけることが分かれば、奥さんも離婚を受け入れてくれます。

離婚をすれば彼と奥さんは他人になりますが、子供は違います。

子供とは親子であるという点は変えられないので、できるだけのことはしてあげるのが筋です。

その筋を通してこそ、円満離婚は可能になるのです。

彼の子供のことは、不倫相手の女性にとっては不快なことかもしれませんが、子供もいて結婚している彼を好きになったのはあなた自身です。

丸ごと受け入れるようにして、既婚彼が子供に対して手厚い養育費を払おうとしていても、決して反対などはしないでおきましょう。

「もう関わりません」奥さんにばったり会わない新しい街での生活


離婚をした彼の妻が、絶対に避けたいと思うことは何でしょうか。

それは、離婚した夫と不倫相手の女性が仲良くしている様子が目に入ってしまうことです。

不倫を知っていながらそれを許していられたのは、自分が妻という守られた立場だったから。

離婚をしてもなお、夫と不倫相手の様子を目にすることは妻にとって耐えられることではありません。

離婚の条件として、もう妻には関わらないことを約束し、偶然出会うこともない新しい街で生活することを約束してみましょう。

これは、不倫をして妻から彼を略奪した人の最低限のマナーです。

離婚をしたら、彼の奥さんとは一切関わることなく生きていきましょう。

たとえ、そうするために転職や引越しが必要になるとしても、絶対に実行しなければなりません。

奥さんは離婚後も、あなたたち二人の姿を見ることを望んでいません。

不倫をして自分から夫を奪い去ったあなたは、もう二度と目にしたくない憎むべき存在です。

離婚をしたら、彼の妻の前からは消え去ることを約束しましょう。

そうすれば、彼の妻は離婚をする気になってくれるでしょう。

離婚をすることで、妻が手に入れたいのは心の平穏です。

心をかき乱す存在のあなたと元夫には、近くにいて欲しくないと考えるのは当然の要求なのです。

既婚者の彼が奥さんとの円満離婚を勝ち取るためにあなたができるサポート

「離婚は結婚の三倍大変」離婚を進めるパワーとなるよう癒しをあげる


既婚者の彼に奥さんとの円満離婚をさせるのは、並大抵のことではありません。

ただでさえ、離婚に対し腰の重い既婚男性に対し、やる気にさせ妻と揉めることなく円満に離婚させなければならないのです。

そのためには、彼が大変な離婚を頑張ってやり抜くためのパワーを与えられる存在になることがあなたの重要な役割となってきます。

一般的に離婚は結婚の三倍大変だと言われています。

既婚男性は、結婚をする時もそれなりに大変でした。

結婚をするのは二人なのに二人の意志だけでは進められず、親に挨拶に行ったり仕事の調整を行ったりと、色々な手順を踏まなければなりませんでした。

それでもウキウキで進められたのは、結婚という幸せに向かっているというポジティブな感情があったからです。

離婚は結婚以上に大変なのに、別れというネガティブで暗い気持ちにさせられるできごとです。

その離婚を頑張って進めるためには、彼を癒してあげパワーをあげるようにしていきましょう。

離婚の手続きはあくまでも夫婦間ですることであって、不倫相手の女性が変わってあげられるものではありません。

ですから、あなたにできるのは彼のサポート。

既婚彼が離婚を頑張れるパワーをあげていきましょう。

また、離婚をすることのネガティブイメージをなくし、妻との別れではなくあなたとの未来のためと変換するのもいい方法です。

ネガティブな気持ちではなくポジティブな気持ちになれた方が、大変な離婚の手続きも頑張れるというものです。

上手に彼のサポートをして、円満離婚を勝ち取りましょう。

急かすのは逆効果!焦らずに彼を信じて待つ


既婚彼の離婚がなかなか進まないからといって、焦りは禁物です。

不倫相手の女性が焦ったから彼の離婚が早く進むなんてことはありません。

既婚彼が離婚を少しずつでも進めてくれているなら、不倫相手の女性にできるのはじっと待つことだけです。

早く離婚してほしくて苛立つ気持ちは当然のものですが「早く離婚してよ!」なんてことを、既婚彼にぶつけてはいけません。

離婚をしようとしている彼にとって、不倫相手から離婚を急かされるのは嬉しいことではありません。

既婚彼は、あなたが早めの離婚を望んでいるなんてことは百も承知なのです。

早く離婚してと言われても、今できることはやっているし、彼は苛立ってしまいます。

もしかしたら、離婚をしようという意思さえ揺らいでしまうかもしれません。

どんなに離婚が進まない状況に焦りを感じたとしても、頑張っている彼に対し離婚を急かすような発言は絶対にNGだと覚えておきましょう。

そんなことをしていては、既婚彼は離婚をしたとしても今度は、あなたの尻に敷かれる様子が目に浮かんでしまいます。

そうなれば、離婚をしたい気持ちもしぼんでしまい、あなたとの関係も一度考え直したい気持ちにさせられるかもしれません。

既婚男性は離婚という大きなことをするのだから、今度こそ幸せになりたいと強く思っています。

「この女性となら幸せになれる!」と彼が確信を持って離婚を進めていけるように、彼に離婚を急かすのはやめておきましょう。

円満離婚のためには知識が重要!離婚について勉強する


離婚を有利に進め円満に終わらせるためには、知識が何よりの武器となります。

離婚は誰もがやることというわけではなく、むしろ離婚するつもりなく生きている人がほとんどです。

離婚したいと思っても、離婚の知識がないのでは武器も持たず丸裸で戦っているようなものです。

そこで、不倫相手の女性にできるのは離婚の知識をつけておくこと。

離婚を決断した彼の武器となれるように、離婚についての勉強を開始しましょう。

既婚男性は、離婚をしたくてもどのように進めていいのか分からないことがほとんどです。

迷える子羊のような彼を導いていける、離婚の知恵を得ておきましょう。

離婚という大きな出来事を助けてくれたあなたに対し、既婚彼は「この人を手放したくない!」とあなたへの気持ちを再確認することになります。

既婚彼の円満離婚のために、離婚について勉強しフィクサーとなるのです。

彼を奥さんと円満離婚させ幸せになろう


不倫の事実を奥さんに知られていても、離婚をしない夫婦は意外とたくさんいます。

こういった夫婦は不倫には目を瞑り、夫婦でいることのメリットを得ようと考えているのです。

不倫をする既婚男性の方も、他に愛する女性がいながら離婚をしようとしないのは、今のままの関係が心地いいからです。

離婚という面倒なことは、なるべくしたくないとずるい考えを既婚男性は持っています。

しかし、既婚彼に離婚を決断させなければ、あなたはいつまでたってもただの不倫相手でしかありません。

彼が離婚をしたくなるように上手に仕向け、離婚を決意した彼をサポートし、彼と奥さんを円満離婚させましょう。

彼が奥さんと円満離婚してくれれば、彼はやっとあなただけのものとなります。

おすすめの記事