好きじゃない人と付き合う不倫をする男性の心理と愛されているかどうかの見極め方

悲しいかな、既婚者の彼は好きではない人とでも付き合うことがあります。

「結婚していて、さらに好きでもない人と付き合うなんてどうして?」と思ってしまいますが、それには結婚している男ならではの理由があったのです。

婚外恋愛相手の既婚彼が「私のこと好きじゃないのかな?」と不安になっても大丈夫。

既婚者の彼の心理を知って、彼から愛されるように行動していきましょう。

この記事では、好きじゃない人と付き合ってしまう既婚者の彼の心理や、そんな彼の愛を確かめる方法から愛されるための方法までご紹介していきます。

既婚者の彼が今現在、あなたのことを好きではない可能性は否定できませんが、それでもこの先もずっとその状態が続くわけではありません。

彼の気持ちを動かしてあなたナシではいられないように仕立て上げれば、彼はあなたを心から愛するようになるのです。

「既婚彼から愛されていない気がする…」と悩んでいる女性は、まず彼の気持ちを確かめ彼から愛されるように行動を開始していきましょう。

既婚者の彼から愛されるようになれば、毎日がハッピーになり輝いていきますよ。

目次

好きじゃない人と付き合ってしまう既婚男性の心理

「とにかく寂しい…」誰でもいいから傍にいて欲しい


普通に考えてみれば、好きでもない人と付き合うなんて時間の無駄であり、する理由がありません。

結婚している男性であれば、家庭に仕事に忙しくそんな無駄なことをする時間はないはずです。

忙しい中で婚外恋愛をするのなら、よほどの本気度がないと始められないのではないかと考えてしまいますが、実はそうでもないことも多く見られます。

好きではない人とでも付き合ってしまう既婚男性の心理は、とにかく寂しいというもの。

家庭を持てば寂しくないというわけではなく、家庭があっても妻との関係がうまくいっていなかったり、家ではないがしろにされていたりする人は多いのです。

家庭で求められない既婚者の彼は、とても寂しい思いをしています。

毎日家族のために仕事を頑張っているのに、家族からは必要とされていない。

こんな状況では、寂しくて寂しくてたまらない気持ちになり、誰でもいいから傍にいて自分を必要としてくれることを熱望するようになります。

本気で好きではない疑似恋愛であっても、好きだと言い合ったりセックスをしたりすれば寂しさを紛らわせることができるのです。

好きではない相手からでも、好きと言ってもらったり、会いたいと求めてもらったりということは既婚男性の寂しい気持ちを満たしてくれます。

「相手女性のことを本気で好きじゃなくても、とりあえず寂しい気持ちは解消できる」

こんな心理で、既婚男性は好きではない女性と付き合いを開始してしまうのです。

家庭を持っても埋められない寂しさを、妻以外の女性で埋めたいと考えていると言えるでしょう。

「暇つぶし」虚しい気持ちをどうにかして埋めたい


既婚者の男性には、結婚前と比べると圧倒的に自由がありません。

男性にとって結婚することは『年貢の納め時』と言われるように、今までの自由だった独身生活を諦めて、1人の女性と一生を共にしなければならない決意の必要なものです。

結婚し自由を失った既婚男性の多くは、毎日をつまらないと感じています。

結婚するまでは、何をするのも自由だったし、お金だって自分の使いたいように使うことができました。

それが、結婚した途端、何をするにも妻の許可が必要になり、自分だけのためにお金を使うのはためらわれるようになりました。

愛した人との結婚生活は幸せですが、既婚男性の中には自由だった独身時代の楽しさを忘れられない人もいます。

そんな彼らは「暇つぶし」として、好きではない女性と付き合いを開始します。

既婚者の不倫は、あまり時間とお金のかからない趣味のようなものです。

しかしながら、返ってくる楽しさは大きく、少ないコストで高いパフォーマンスを得られる高コスパな行為だと言えるでしょう。

好きではない相手と付き合えば、既婚男性はそれほど気を遣うことなく少しの時間のホテルデートでいいと考えます。

本気で好きになった相手に対するようなかっこつけたい気持ちがないため、高級レストランに連れて行ったり、高価な贈り物をしたりということがないので、とても安上がりなのです。

しかし安上がりながら、妻がいる身で他の女性と付き合うという背徳感は、既婚男性をわくわくさせてくれるでしょう。

毎日をつまらないと考える既婚男性にとって、好きではない女性と付き合うことは打ってつけの暇つぶしとなります。

「結婚し失った自由をお手軽な手段で取り戻したい」

こんな気持ちが、既婚男性に好きではない人との付き合いをさせるのです。

「好きって言ってくれたから」好意を寄せられたのが嬉しくて


好きではない人と婚外恋愛をする既婚者の男性の中には、女性の方から言い寄られたから付き合っているという人もいます。

既婚者の男性は恋愛から遠ざかり、妻以外の女性から好意を寄せられるということに飢えています。

世間一般の常識としては、結婚し妻を持ったら恋愛しないというのは当たり前のことであり、既婚者となれば恋愛はどこか自分には関係のない遠いものとなってしまうのです。

自分の中に婚外恋愛願望がない既婚男性の気持ちが揺らぐのは、妻以外の女性から「好き」と言われた時です。

婚外恋愛をする・しないはひとまず置いておいたとしても、久しぶりに誰かから好きだと言ってもらうのは単純に嬉しいことでしょう。

一旦は「ありがとう。でも、俺結婚してるから」と断るかもしれません。

しかし、女性からの告白を受けた既婚男性の胸の中には、徐々にある思いが湧き上がってきます。

「これを逃したら、もう誰かから好きと言ってもらえる機会はないかもしれない」

「せっかく好きって言ってくれてるのに、何もしないのもったいないんじゃない?」

「勇気を出して既婚者に告白してくれたのに、応えてあげないなんてかわいそう…」

女性から好きと言ってもらえた喜びは段々と大きくなり、この子を逃してしまってはもったいないような気持ちになってくるのです。

そして、相手のことを好きではないけど、向こうから好きと言われたのが嬉しくて付き合いを開始するのです。

こういった心理は、不倫遊びをし慣れていない既婚男性に起こりがちな心理だと言えます。

「妻とセックスレス」溜まる一方の性欲を解消したい


既婚者の男性が不倫をしたいと考えるきっかけになるのが、妻とのセックスレス。

妻側からセックスを拒否されている場合に限らず、自分が何となく妻を抱く気になれないというものでも同じです。

とにかく夫婦間にセックスのなくなってしまった既婚男性は、誰かとセックスをしたくてたまらない気持ちになります。

せっかく結婚したのに誰ともセックスできずに、自慰しかできないのでは生きている意味がないとさえ感じられるでしょう。

それほどに、セックスというものは男性にとっては重要なものなのです。

男性の性欲は女性よりもはるかに強く、妻とセックスレスな彼の性欲は溜まる一方です。

そんな溜まりに溜まった性欲は、外で解消しなければなりません。

既婚男性は、抱きたいときにさくっと抱ける都合のいい女を探しているのです。

そして、都合のいい女に対しては、情が入ることを望みません。

相手女性に対して情があると、都合のいい女として扱うことが難しくなってしまうからです。

好きじゃない相手とお互いに性欲を解消するためだけに会う。

こんなシンプルな関係を、セックスレスな既婚男性は望んでいるのです。

妻に不満はなく、性欲さえ何とかできれば家庭もうまくいく。

こんな状況の既婚男性は、好きではない人と付き合い、溜まった性欲を何とかしたいと考えます。

好きじゃない人と付き合う既婚男性の特徴とは?

自分以外はどうなってもいい!自己中な男性


好きではない人と付き合う既婚男性には、共通した特徴があります。

一つ目として挙げられるのは、自己中心的な男性だという特徴です。

好きではない人と付き合うというのは、よくよく考えればとても失礼なことです。

付き合うことで相手の女性の貴重な時間を奪うことになるのに、自分には好きという気持ちもないなんて、相手女性のことをバカにしています。

これは、寂しさを満たしたいとかセックスしたいとかいう、自分の欲を満たすためだけに相手の女性を利用している行為です。

このようなことができる既婚者の男性は、自分のことしか考えていない自己中男だと言えるでしょう。

相手の立場になって物事を考えられる人であれば、好きではないのに付き合うなんてことはできないはずです。

お互いに好きじゃないと確認し合っての付き合いならまだしも、相手女性からは確実に好意があると分かっているなら付き合うべきではありません。

女性のことを好きじゃないから自分の欲望のために利用できるという側面もありますが、本当に相手のことを考えられる人であれば、こんなことはしないでしょう。

好きではない人と付き合う既婚男性は自己中心的、もしくはよほど追い詰められて辛い状況にあると言えます。

どちらにしろ付き合う相手のことを真剣に考えてくれてはおらず、自分のことで頭がいっぱいになっているのは間違いないでしょう。

既婚彼の好きという思いがこちらに伝わらない時は、ただ利用されてしまっていないか確認が必要です。

「一人じゃいられない…」寂しがり屋の男性


人が生まれ持った性質は、なかなか変えられるものじゃないのです。

そして、その性質は人によってさまざまなものがあります。

「一人でいても全然平気!むしろ一人の時間は必要」という人もいれば「一人じゃ何もできない!誰かが隣にいないと耐えられない」という人もいて当然です。

好きじゃない人と付き合う既婚者の男性は、寂しがり屋である性質を持つことが多いです。

寂しがり屋過ぎると、「誰でもいいからとにかく彼女が欲しい」という思考になりがちです。

本来は「好き」という思いがまずあってから、人との付き合いはスタートしますが、寂しがりの彼らの場合は違っています。

「寂しい」がまず最初にあって、それを何とかするには「彼女を作る」という結論に達しています。

そこには「好き」かどうかなんて全く関係がないのが分かりますね。

「誰でもいいから傍にいて、俺の寂しさを解消して欲しい」

好きじゃない人と婚外恋愛をする既婚者の彼は、このような思いを抱いています。

しかしながら、彼がこんなにも寂しがり屋でなければ、妻以外の女性と付き合おうとも思わなかったはず。

寂しがり屋の彼の寂しさを癒してあげれば、最初はなかった「好き」が彼の中に生まれ、あなたがかけがえのない存在となることもあるので諦めないでください。

好きになった既婚者の男性が寂しがり屋だとしたら、好きになってらもらえるかどうかはさておき、隣にいて欲しいと懇願される確率は大だと言えます。

「妻だけじゃ満たされない」性欲の強い男性


既婚者の男性婚外恋愛をする一番の要因、それは男性の強い性欲です。

古来、男性はより多くの子孫を残す必要がありました。

数多くの女性と関係を結び、自分の種をまき散らし、一族を増やすことで繁栄してきたのです。

そのため、男性には強い性欲が備わりましたし、好きでもない女性でも抱くことができるようになりました。

男性が女性とセックスをしたい。

これは生物として持っている、本能的なものなのです。

そして、その本能は結婚したくらいで抑えられるものではないと言えるでしょう。

婚外恋愛をしない人でも、妻以外の女性とセックスをしてみたい気持ちは心のどこかに必ずあるものなのです。

結婚したら妻とだけしか体の関係を持ってはいけない。

これは近代社会の作った決まりであり、生物としては不自然なことです。

この決まりを守ることのできる男性もいますが、性欲が強すぎる男性にとっては難しいこととなります。

「妻だけじゃ満たされないから、他の女性ともセックスをしてみたい」

こんな彼にとって大事なのは、好きかどうかよりも抱けるかどうかです。

強い性欲は既婚者の男性を婚外恋愛へと向かわせ、好きでもない女性とでもセックスを目指して付き合い不倫をさせます。

人間に備わった三大欲求の一つである性欲。

この性欲が強すぎると、既婚者の男性は好きじゃない相手と不倫をしてしまいます。

「ノーと言えない日本人!」流されやすい男性


好きになった人と婚外恋愛をしてしまうならまだしも、好きじゃない人と婚外恋愛をしてしまう。

こんな行動を取る既婚者の男性は、とんでもなく流されやすい人である場合があります。

まず第一に「婚外恋愛を絶対にしない!」という志も彼らの中にはありません。

そういった強い信念があれば、好きじゃない人から誘われたとしても、その誘いに乗るということは起こり得ません。

信念なしに何となく生きているから、好きじゃない人と婚外恋愛をしてしまうのです。

また、こういった男性は自分から積極的に女性と付き合うことはしません。

ですが、女性の方から誘われることにはめっぽう弱く、流されて婚外恋愛をすることになりがちです。

これまでの人生も流されて生きてきて、告白されて付き合うことが多かったような流されやすい男性は、既婚者となっても流されて好きじゃない女性と付き合うことになります。

好きになった彼があなたから押せば流されて付き合ってくれるのかどうかは、普段の彼の行動を見ていれば分かります。

普段から上司に仕事を押し付けられていたり、お願い事をしても嫌な顔一つせずに聞いてくれたりする優しい男性であれば、好きじゃない女性と付き合う可能性は高いでしょう。

こちらが好きな気持ちを彼にぶつければ、押し切ることができそうです。

相手に好きじゃないと思われていても、とにかく何らかの関係性を築くことでその先も見えてきます。

好きになった彼がノーと言えないタイプの既婚男性だったのなら、自分から行動を起こすことで彼と付き合うことができるでしょう。

既婚者の彼があなたを愛していないとできない彼の愛情を感じる方法

連絡をマメに返してくれる!不倫でも連絡頻度が高いかどうかをチェック


好きじゃなくても女性と付き合うことがある既婚男性。

そう聞くと気になってしまうのが、「私の彼は私のことちゃんと好きでいてくれてる?」ということです。

既婚彼の愛情を感じるためには、彼が愛している相手にしかしないことをあなたに対してしているかどうかをチェックしてみましょう。

婚外恋愛相手の女性を愛している既婚者の彼は、マメな連絡をくれます。

結婚していながらマメな連絡をするのは、彼にとっては困難なことです。

会社に行けば仕事があるし、家に帰れば妻の目があります。

それらの合間を縫って、彼女と連絡を取ることは至難の業です。

少しでも怪しいと思われ、妻に携帯を見られてしまっては二人の関係は終わってしまいます。

そんな危険を冒してでも、彼女と連絡を取りたいのは、好きな気持ちがきちんとあるからです。

女性に比べて連絡を取る頻度はもともと低く、連絡にそれほど重きを置かない男性ですが、好きな相手にであれば話は変わってきます。

好きな人に日々の何気ない報告だってしたいと思うし、用事がなくても連絡をして好きな人と繋がっていたいと思うものなのです。

だから、彼女を愛している既婚彼の連絡頻度は高い傾向にあります。

彼の気持ちを疑ってしまう時は、彼の連絡頻度を確認してみましょう。

前よりも連絡頻度が少しでも上がっていれば、既婚彼のあなたへの本気度は増していると言えるでしょう。

「彼は体目的…?」セックスなしのデートもしてくれる


不倫相手のことを好きじゃない既婚者の彼は、彼女に対して体の関係のみを求めます。

セックスをするのが彼女と会う目的であり、それがなければ会う意味などないと考えるのです。

ということは、セックスなしでも彼が会ってくれるかどうかは、彼の愛を確かめる重要な指標となります。

いつもホテルでセックスするだけのデートをしているのだとしたら、たまには体の関係なしのデートを提案してみましょう。

それに快く応じてくれるのであれば、彼はあなたのことを愛していると言えます。

彼はあなたにセックスをしなくても会う時間を割く意味があると思っており、好きでいてくれていることが分かるのです。

逆に嫌そうな顔をしたり会ってくれない場合には、既婚彼はあなたのことを好きではありません。

あなたと会うのはセックスをするためであり、セックスをしないのであれば会う意味がないと彼は考えています。

つまり、あなたの魅力はセックスだけで、好きという気持ちは持っていないことが分かるのです。

既婚者の彼は、好きになった彼女の要望は叶えてあげたいと思います。

彼女を好きという気持ちが男性にあれば、自分がセックスしたくても、彼女がそれを望まないのであれば、それを受け入れることができるのです。

既婚彼の本当の気持ちを確かめてみたいなら、彼とセックスなしで会おうと提案してみましょう。

それでも、楽しいデートができるなら、彼はあなたのことを愛してくれています。

目は口程に物を言う!目が良く合うかどうか


言葉や態度はいくらでも取り繕うことができますが、目の奥の表情まで操ることのできる人はそういません。

彼が愛してくれているかどうかを確かめるためには、彼の目をよく観察するようにしていきましょう。

既婚者の男性は不倫相手との関係を隠さなければなりませんから、普段人の目がある所では素っ気なくしようとします。

ですが、好きな気持ちがあると、自分の意志とは関係なくついつい彼女のことを目で追ってしまうのです。

『彼の方をふと見ると、彼もこちらを見ていた』

こんなことが日に何度もあるようなら、彼はあなたのことを好きだから目で追ってしまっていると言えるでしょう。

また、2人きりの空間でも彼の目を見ることは重要です。

優しい目であなたのことを見つめてくるようなら、それは愛している証となります。

表面的な表情だけを見るのではなく、目の奥を見るようにすれば彼の気持ちは分かります。

『目は口程に物を言う』という言葉の通り、口でどんなに「愛してる」と言われるよりも、優しい眼差しを見る方が彼の気持ちを確信できるでしょう。

彼の気持ちを疑い不安な気持ちになってしまう時には、彼の目に注目することが大切です。

彼の気持ちのこもった視線を確認すれば、不安な気持ちはいつの間にか消えてしまうことでしょう。

既婚者の彼が私のことを好きじゃないかも?と感じた時に不安を解消させる言葉の引き出し方

「強く抱きしめて」それだけで彼は不安な気持ちにさせていたことに気づく


既婚者と付き合うことは、不安との戦いです。

不倫をする女性は、上手にその不安と戦っていかなければ、既婚男性との付き合いを続けていくことはできません。

「私、彼に愛されてるのかな?」

こんな風に不安な気持ちになった時には、彼にその不安な気持ちをそのままぶつけるのは止めておきましょう。

感情が昂って泣いてしまったりされると、既婚彼は面倒臭いと感じてしまいます。

不安になった時こそ、賢くかわいく彼の気持ちを確かめなければなりません。

彼にかわいいと思わせ、かつ彼の気持ちをきちんと確かめ安心するためには、次の言葉を使ってみてください。

「強く抱きしめて」

会った時にこの言葉を彼に対して言うだけで、彼にはあなたが不安だったことが伝わります。

そして、不安を口に出さずに抱きしめられることで、安心しようとするあなたの姿がたまらなく可愛いと感じられるでしょう。

抱きしめてと言われたら、女性の気持ちを察した彼は彼女をぎゅっと抱きしめて「好きだよ。寂しい思いをさせてごめんね」と女性の欲しい言葉をちゃんとくれるでしょう。

これは、喧嘩腰に不満をぶつけていては決して起きなかったことです。

不安な気持ちになった時には、一度落ち着きどう行動すれば彼から可愛く見えるのか考えてみましょう。

可愛い女性を嫌いな既婚者の男性など、この世にはいません。

好きでいてくれるかどうかの不安を負のエネルギーに変えて彼にぶつけるのではなく、プラスに作用するように立ち回るのが賢い方法です。

彼に実際に会い、抱きしめてもらえば、あなたの不安な気持ちは吹き飛ぶはずです。

不安な時には彼にぎゅっとハグしてもらいましょう。

「私のこと好き?」ちゃんと言葉にして伝えてもらおう


「彼が自分のことを愛してくれているのか分からない」

こんな不安な気持ちになった時にすべきことは、とても単純です。

不倫という関係だからといって、対応を難しく考える必要はありません。

不倫であっても恋は恋。

彼が好きでいてくれるのか分からないのなら、そのまま聞けばいいのです。

「私のこと好き?」

こう聞けば、既婚彼はあなたの望む通り「好きだよ」と言ってくれるでしょう。

彼から好きだと口に出して言われれば、不安な気持ちもなくなるでしょう。

彼からの気持ちが分からなくなってしまうのは、彼から好きだと伝えてもらっていないからです。

黙っていても彼が「好き」と言ってくれず不安な気持ちになってしまうのなら、何もせずに待っていてはますます不安な気持ちは増すばかりです。

彼の気持ちを試すようなことはせずに、彼に好きかどうかを聞いてみましょう。

そうすれば、既婚彼はあなたのことを好きな気持ちをきちんと口に出して伝えてくれるようになります。

「好きだよ」相手がどうであれ変わらない自分の気持ちを伝える


既婚彼の気持ちが分からなくて不安な気持ちになる時。

この時に問題なのは、実は彼の気持ちではありません。

実は、あなた自身の気持ちに自信が持てていないことが考えられます。

自分の「彼が好き」という気持ちに自信があれば、彼が自分をどう思っていようと自分の気持ちが揺らいでしまうことはありません。

自分が好きで彼と一緒にいるのだから、それだけで十分だと思えるのです。

そんな強さを持つためには、彼から何かを言ってもらうのを待つのではなく、自分の素直な気持ちを彼に伝えていきましょう。

「好きだよ」「愛してる」

どんな言葉でも構いません。

なるべく簡潔に伝わりやすい言葉で、彼に伝えるようにしていきましょう。

自分の気持ちを口に出して彼に伝えることで、起きる嬉しいことは彼にあなたの気持ちが伝わるだけではありません。

あなたの中でも彼への気持ちを再確認することができるのです。

彼への気持ちを確かなものとすれば、彼の気持ちが分からなくて不安になることはなくなるでしょう。

彼から何かを言ってもらうのではなく、自分の気持ちをまずは確かなものとするべく、彼に素直に気持ちを伝えていきましょう。

体を求めてきた彼に対して行うことで既婚者の男性から丸ごと愛される方法

「目を合わせて名前を呼ぶ」愛のあるセックスで彼を虜にする


既婚者の彼から本気で愛されるためには、彼が体を求めてきた時の対応が肝心です。

何となくや彼の言いなりでは、彼から丸ごと愛されることはできません。

なぜなら、セックスは男性にとってとても重要なファクター。

これを上手に使わずに、既婚彼を虜にすることはできないのです。

彼から体を求められた時には、愛のあるセックスを心掛けてください。

好きじゃない女性のことも抱ける既婚者の男性ですが、愛のあるセックスとないセックスの気持ち良さは雲泥の差です。

愛のある気持ち良いセックスができる女性のことは、手離せないと思うものなのです。

では、どんなセックスなら既婚彼は愛があると感じることができるのでしょうか。

それには、女性側の些細な言動が重要です。

セックスの最中に彼の目を見て、名前を呼ぶことを意識してみてください。

目が合い名前を呼ばれることで、彼はあなたからの愛を実感することができます。

何度も何度も愛おしそうに自分の名前を呼びながら、気持ちよさそうにするあなたを見ながらのセックスは格別です。

そんなセックスをされては、彼はあなたの虜にならざるを得ません。

「どうせ体だけの関係だから…」と諦めておざなりになってしまうことがないよう、セックスで愛を伝えることを意識してみてください。

そうすれば、あなたの愛は彼に伝わり、彼からも愛が返ってくるようになるのです。

気軽にセックスができる女性は簡単に見つかっても、愛のこもった気持ちのいいセックスができる相手はそういるものではありません。

彼から体を求められた時には、セックスで彼を虜にする大きなチャンスだと捉えるようにしましょう。

あなたの彼が好きな気持ちが、彼にきちんと届くようにセックスに小さな工夫をするのを忘れないでくださいね。

あなたとしかできない気持ちのいいセックスができれば、既婚彼はあなたを愛するようになるのです。

たまには断ることも大事!いつでも抱けるわけではない緊張間のある関係を保つ


既婚彼から体を求められたとき、彼を好きな気持ちがあればあるほど彼の言うがまま受け入れてしまいがちです。

しかし、自分の言うことを聞くだけの女性を、既婚男性は愛するようにはなりません。

彼からセックスを求められた時には、たまには断ることが大切なのです。

セックスを断ってしまっては彼を傷つけたり、悲しませたり、嫌われたりするのではないかと考えてしまいますが、そんなことはありません。

男性は本来追いたい生き物ですから、セックスにいつでも応じる女性との付き合いはつまらなく感じてしまうのです。

いつでもセックスに応じるわけではなく、たまに断られる。

こんな単調なリズムを崩す付き合いのできる女性を、既婚男性は面白いと感じます。

そして、その女性を攻略してみたくなるのです。

いつでもセックスできる人とでは、既婚男性は何の努力もする気になれません。

だって、何をしなくてもセックスさせてもらえるのだから、何をしても無駄だと感じてしまうのです。

いつでもセックスさせるわけではなく、たまに断ってみせることで、既婚彼はあなたを追うようになります。

「今日はどうしてセックスさせてくれなかったんだろう?」

「今度は、もっと楽しませてみようかな」

セックスをしたいという目標のある既婚彼は、セックスを断られたために次はどうやってあなたに接しようと考えるようになるのです。

これは、いつもただただセックスを受け入れているだけでは起こらなかった変化です。

いつでも抱ける女ではないという緊張感を持った付き合いをすることで、2人の間にはいつまでも新鮮さが漂います。

彼もあなたとセックスするために、あなたに対しての努力を忘れなくなり、愛してくれるようになります。

彼から愛され続けるためには、好きな既婚男性の言いなりになるばかりではいけません。

ついつい好きな男性には従順でいたくなってしまいますが、彼の愛を得るためにたまには彼の言うことを聞かない日を作ってみましょう。

そうすれば、彼はあなたを追いかけ愛するようになるのです。

恥じらいを捨て全力でセックスを楽しむ!セックスの充実は男性にとって重要


既婚男性にとって、不倫相手とのセックスは重要な要素です。

『セックスが充実している=相手のことを好きになる』と言っても過言ではありません。

彼にセックスを誘われた時には、充実したセックスとなることを心掛けましょう。

既婚者の男性は、不倫相手とは思い切りセックスを楽しみたいと思っています。

そこには余計な恥じらいや照れは不要です。

そういった余計なものを捨て、セックスを楽しんでみましょう。

セックスを全力で楽しんでくれる女性のことを、既婚彼は大事に思うようになります。

それは、セックスの時にはどうしても恥じらってしまい、本当の自分をさらけ出せない女性が多いからです。

自分の前では何もかも脱ぎ捨て、心からセックスを楽しんでくれる。

そんな女性とはなかなか出会うことができませんから、彼はそんな女性を見つけたら愛するようになるのです。

せっかく好きになった既婚男性と結ばれるのだから、恥じらいを捨て心からセックスを楽しんでみましょう。

そんな姿勢が既婚彼のことを虜にしてしまうでしょう。

好きじゃないのに不倫をする既婚男性に愛してもらい幸せになろう


「好き」という気持ちがなくても、付き合うことのある既婚男性。

それは寂しさを埋めるためだったり、性欲のはけ口を探してのものだったりという理由があります。

しかし、好きじゃないと思われていても、付き合いを続けていれば情が湧くこともありますし、愛してもらうチャンスはたくさん待っているのです。

彼に愛してもらっていないと感じるとしても、諦める必要はありません。

彼にとって手放したくないかけがえのない存在となれれば、既婚彼はあなたを愛し始めるでしょう。

愛してくれるようになった彼は、連絡頻度が上がり、セックスなしでも会ってくれるようになり、優しい眼差しであなたを見つめるようになります。

不倫は彼の気持ちを疑い不安な気持ちになることも多い恋愛ですが、彼の愛をしっかりと感じ取り不安になることなく、彼との恋を楽しんでいきましょう。

「好きじゃない」から始まった不倫でも、彼を虜にし夢中にさせることはできるのです。

おすすめの記事