不倫を終わりにしたい!と決意したときに前進するために知っておかなければいけない事

不倫は辛い恋です。

なのに、なかなかやめられず苦しい思いをしている女性のなんと多いことでしょう。

不倫は辛いのに、刺激的で中毒性があり、一度してしまうと抜け出すことが難しい恋愛です。

しかし、不倫を終わりにしたいという気持ちがあるのなら、一歩前進し勇気を持って不倫をやめることが大切となります。

不倫を終わらせるためには、不倫を終わりにすることがどういうことかを知っておくといいでしょう。

この記事では、女性が不倫をやめたくなる理由から、不倫を終わりにすることで得られるメリットや既婚彼への未練の断ち切り方まで、詳しくご紹介していきます。

自分の未来のことを真剣に考えるのなら、いつまでも不倫を続けていてはいけません。

やめたくてもやめられないと感じている不倫の恋も、いざ一歩を踏み出してみれば意外と平気なものなのです。

さあ、辛くて苦しいだけの不倫の恋とはさよならして、幸せな未来のために前進していけるようになりましょう。

目次

不倫を終わりにしたいと強く感じてしまう理由

「不倫はよくないこと!」どこかで罪悪感を常に抱いているから


不倫をしている女性は、不倫を終わりにしたいという気持ちと、不倫を続けたいという気持ちが常にせめぎ合っています。

どうして、彼女たちは不倫を終わりにしたいと強く感じてしまうのでしょうか。

その理由を知れば、不倫の恋の辛さが改めて実感できるようになります。

不倫の恋の辛さは、不倫のイメージの悪さにあります。

不倫は絶対的に悪いことであり、許されないことです。

かつては、浮気は男の甲斐性という言葉もあり、結婚していれば浮気の一つや二つはするものだという風潮があり、不倫がそれほど大きく問題視されることはありませんでした。

しかし、現代日本では女性の力が強くなってきたこともあり、不倫をされた女は黙っていなくなりました。

そして、女性中心に不倫をした人を徹底的に叩くようになり、不倫は絶対に許されない悪いことになっていったのです。

それは、有名人の不倫報道を見ていても分かることです。

昔は有名人が不倫をしたと報道されることがあっても「仕方がない」で済まされ仕事を失うということはありませんでした。

ですが、昨今有名人が不倫をしたとなれば、袋叩きにあいスポンサー契約は打ち切られ、全てを失うことになったのを何度も目にしているはずです。

どんな理由があれ、結婚している人との恋愛は『悪』であり、許されないことなのです。

その価値観が現代を生きる女性には、染み付いています。

だから、自分が不倫をする立場になった時には、不倫をしていることに対する罪悪感を常に抱いています。

罪悪感をかかえながら生きるというのは、とても辛いことです。

既婚彼と過ごす時間がどんなに楽しくても、女性が既婚男性との関係を終わりにしたいと強く感じてしまうのは、この罪悪感のためなのです。

「会いたいのに会えないのが辛い」思うようにならない恋にうんざり


不倫の恋の辛さは、好きになって思いが通じ合ったはずの人と思うように会えないことです。

既婚者である彼は、仕事と家庭で忙しい中、不倫相手とのデートの時間をなかなか作ることができません。

やっと会える日がきたと思っても、奥さんにバレないようにそそくさと早く帰ってしまいます。

これは、彼が既婚者でなければ起こらなかった事態です。

「会いたいから会いに来て」も「会いたくなったから来ちゃった」もできない関係。

彼を好きな気持ちがあるから、こんな不自由な関係にも耐えていましたが、会えない日々が続いてしまうと、不倫を終わりにしたい気持ちは強くなってしまいます。

冷静になって考えてみれば、不倫は誰も幸せにしません。

既婚者を選ばなければ、女性もこんなに苦しい思いをすることはありませんでした。

会いたい夜に既婚彼に会えずに、連絡すら返ってこない。

こんな時に、不倫をしている女性の心は折れてしまい、不倫をもう終わりにしたいという強い気持ちを持つようになります。

不倫が辛い中でも、彼への気持ちを保つことができていたのは、少ないながらもたまに会って気持ちを確認することができていたからです。

会えない日々が続いてしまえば、女性の別れたい気持ちはどんどん大きくなっていくのです。

「会いたいときに会うことのできる普通の恋愛をしたい」

これは女性として、当然の気持ちでしょう。

「やっぱり人から認められる恋がしたい」日陰の存在の辛さ


不倫関係は辛い恋な上に、誰にも相談することができません。

普通に独身男性と付き合っていても辛いことは起きますが、その辛さを乗り越えられるのは友人に相談できるからという側面も大きいのです。

女性は特に相談し誰かに悩みを聞いてもらうことで、辛いことを乗り越えようとする性質があります。

それなのに、不倫の恋は誰にも秘密にしておかなければなりません。

不倫がバレてしまえば、大変なことになることは目に見えており、誰にも話すことはできないのです。

既婚彼との関係に悩んだとしても、誰に相談することもできない女性は苦しみます。

そして、彼が既婚でさえなければ、自分がこんなにも辛い思いをすることはないのだと気づかされます。

誰かを好きになって恋をして、思いが通じ合うだけでも素敵なことです。

ですが、その素敵なことを女性は誰かに話して共有し合いたいものなのです。

不倫の恋は、誰からも認められることのない日陰の恋でしかありません。

不倫愛の最中に悩み事ができ、友達に相談したい気持ちになってもそれができない…。

そんな時に、女性はこの愛をもう終わりにしたいと感じます。

恋をする楽しい気持ちは、不倫であってもなくても同じもの。

楽しい気持ちになれたのに、お天道様の下を歩くことのできない不倫の辛さは、恋の楽しみを半減させてしまいます。

「やっぱり、誰からも認められ祝福される恋愛がしたい!」

女性が不倫愛の最中に、そう考えるのは自然なことなのです。

「もうびくびくしたくない!」不倫バレを怖れるストレスから解放されたい


不倫をしている最中は、どれだけその愛が燃え上がっていようとも、女性にはある一つの心配ごとがつきものとなります。

それは、不倫バレへの恐れです。

不倫がバレてしまえば、女性はすべてを失う可能性があります。

周囲から『不倫をしていた女』として冷ややかな目で見られ、距離を置かれ、仕事や友達付き合いがしづらくなるでしょう。

そして、彼の奥さんからは慰謝料請求されることも考えられます。

慰謝料の相場は、奥さんが離婚を選んだ場合には200万~300万とされています。

不倫を続けるということは、こんなにも大金を支払うことになるかもしれないということなのです。

さらに、職場にも不倫がバレてしまうと、解雇となるケースも増えてきています。

不倫がバレてしまうということは、周囲からの信用や友人、多額の慰謝料、仕事…、そのすべてを失うことになるのです。

どんなに上手に隠して付き合っていても、不倫はどこからバレるか分かりません。

デートの度に「誰かに見られてないかな?」と心配する。

いつもの時間に返信がないと「もしかして、奥さんにバレた?」と気にする。

こんな風に絶えず、不倫バレを怖れていては女性の身が持ちません。

びくびくと怯えながらする恋愛は楽しくなく、このストレスから解放されたいと女性に思わせます。

決してバレてはいけない不倫愛のストレスが、彼女たちに不倫を終わりにしようと決意させるのです。

「結婚して子供が欲しい…」なのに彼は離婚してくれない


不倫愛の最中には、既婚彼が「妻と別れて君と結婚したい」なんて甘い言葉をかけてくれることでしょう。

その言葉を信じ、彼と結婚できる日を夢見て待っている女性も多いのではないでしょうか。

不倫男がよく言う常套句「妻とは離婚する」ですが、彼だけはそこら辺にいる不倫男とは違って本気で言ってくれていると女性は思ってしまうのです。

まさに、恋は盲目ですね。

ですが、信じて既婚彼と付き合っていても、彼はいつまでたっても離婚をする気配がありません。

彼を直接問い詰めてみても、うまくはぐらかされてしまうだけでしょう。

「今は離婚のタイミングじゃないから、もうちょっと待ってて」

「早く、君と結婚したいなあ」

最初ははぐらかされて納得していた女性も、何度も続けば気が付きます。

「この人、奥さんと離婚する気なんて全然ないじゃん」

これは、結婚し子供を持ちたいという願望がある女性にとっては、別れを決意する決定打となります。

このまま既婚彼と付き合っていても、女性の貴重な時間を無駄にするだけでしかありません。

子供を持ちたい女性には、タイムリミットがあります。

彼との結婚が望めないのであれば、一刻も早く結婚してくれる男性を探さなければならないのです。

既婚彼の甘い言葉に騙されず、彼との結婚に見切りをつけた女性は、彼の不倫関係を終えようと強く思うようになります。

付き合っている既婚者の彼との叶わない未来とは?

「私たちみんなが認める公認カップル!」周囲に関係を公表する


不倫は思うようにならない恋だからこそ、脳内でさまざまな未来を夢に見るでしょう。

ですが、その妄想は叶いません。

未来を願うだけならいいですが、それが叶えられると信じ待つのは時間の無駄にしかならないのです。

女性が叶えたいと思うのは、彼との関係を周囲に公表しみんなから認めてもらえる公認カップルとなることです。

しかし、これはとても難しいことになります。

不倫への風当たりはきつく、不倫カップルを認めてくれる環境など存在しません。

既婚彼との関係をみんなに認めてもらいたいのなら、彼が離婚しほとぼりが冷めるのを待ってから付き合いだしたことにして公表するという、気の遠くなりそうな手順を踏まなければなりません。

しかも、彼にその手順を踏ませることは至難の業です。

不倫をする既婚男性は、不倫が秘密の恋だから楽しんでいるのです。

彼は決して、妻と別れて彼女との関係を周囲に認めてもらいたいなどとは思っていません。

このままこっそりと隠れて、不倫愛を楽しみたいと思っているのです。

ということは、既婚彼との関係を認めて欲しいという希望を持つのはあなただけ。

あなた一人で動いても、周囲から彼との関係を認められるということはありません。

その未来は残念ながら叶えられることはないでしょう。

「お泊りデートや旅行に出かけたい!」いつでも自由に会える関係


不倫はとても不自由な恋愛です。

好きになった人と会いたいと思った時に会うことはできないし、連絡すら自由にすることはできません。

既婚彼は家庭を壊したいとは思っておらず、奥さんに不倫がバレないために「休日は連絡してこないで」とか「夜は連絡できないからね」なんて平気で不倫相手の女性に言ってのけます。

やっと会えたとしてもセックスが終われば、彼はそそくさと妻の待つ家に帰ってしまう。

女性はこんな現状を物足りなく思い、既婚彼とお泊りデートや旅行に出かけることを想像します。

いつでも会いたいと思ったら急に会いに行けるような、自由な恋愛を彼としたいと願います。

しかし、その望みは叶えられることはありません。

なぜなら、彼は結婚しているからです。

彼が既婚者であるというのは、彼が奥さんと離婚しない限り変えられない事実です。

そして、離婚をしてくれる気がある男性なら、彼女に辛いことをさせている時点で離婚に向けて動きだしてくれているはずなのです。

お泊りデートや旅行のできる自由な恋愛関係を彼と築くのは、ほぼ不可能。

「妻が里帰り中」や「出張についていく」などイレギュラーなことが起きて、お泊りができることはあるかもしれません。

しかし、それも偶然が重なっただけで、彼が既婚者であることが変わったわけではありません。

既婚者の男性と付き合い続けるなら、自由な恋愛をしたいという希望が叶えられることはないのです。

「彼の奥さんになりたい!」既婚彼と家族になる未来予想図


既婚男性と不倫の恋に落ちた女性がよく妄想してしまうのは、彼との結婚生活です。

既婚彼も「君と結婚したかったなあ」なんて、妄想をはかどらせるセリフを言ってくれることでしょう。

「もし彼と結婚出来たら、しばらく子供は作らないで新婚生活を楽しんで、2年ぐらいたったら子供が欲しいな」

といった具合に、既婚彼との未来予想図をこと細かに想像しちゃってませんか?

その妄想は、残念ながら叶えられることはありません。

具体的に想像すればするほど、後から虚しくなるだけです。

既婚彼と家族になりたいと女性が思っていたとしても、既婚彼には全くその気はありません。

なぜなら、既婚者である彼はすでに家族というものを持っているからです。

既婚彼が好きなのは『家族を守りつつ、妻以外との恋も楽しむ俺』なのです。

既婚男性は新たな奥さんが欲しくて、不倫をしているのではありません。

彼の中にあるのは、奥さんとは別れることなく、家庭外で恋も楽しみたいというズルい気持ちでしかないのです。

既婚彼と家族になりたいという希望は、いつまでたっても叶えられることはありません。

自分の家族を持ちたいのであれば、女性は既に家族を持っていない男性を選ぶ必要があるのです。

既婚者の彼と別れる時にゴタゴタ揉めないための対策

フェードアウトも一つの手!既婚者の彼はしつこくはできない


既婚男性は女性から別れ話をした時に、別れたくないとゴタゴタ揉めることがあります。

それは、既婚者の男性が新たな不倫相手を見つけるのが大変だという事情があるためです。

不倫がよくないものとされる現代で、わざわざ既婚男性と恋をしようという女性はそう多くはありません。

だから、一度手に入れた不倫相手のことは手放したくなく、できれば別れずに関係を続けたいと多くの既婚男性は考えるのです。

ですが、せっかく別れを決めた女性は、彼と揉めたくはありません。

別れを決意したとしても一度は好きになった彼に「別れたくない」と言われれば、別れたいという決意が揺らいでしまいます。

こういった事態を防ぐためには、彼からフェードアウトしていくというのも一つの手です。

「不倫とはいえ、付き合った相手とフェードアウトしていくなんて卑怯じゃないか?」

なんて心配は無用。

元々、妻がいる立場なのに、女性を都合のいい相手として利用していた彼に気を遣う必要なんてありません。

卑怯な彼と関係を終わらせるには、こちらも卑怯になったっていいのです。

だんだんと連絡を減らし、会う回数を減らしフェードアウトしていきましょう。

たとえ、既婚彼がフェードアウトに納得がいかないと思ったとしても、既婚者である彼にはどうすることもできません。

周囲の目がある場所で問い詰めたり、女性を待ち伏せしてでも会おうという目立つ行為は既婚者にはできないのです。

既婚彼との別れにフェードアウトという手段を選べば、ゴタゴタすることなく揉めずに別れることができます。

彼に別れを告げる自信がない人は、試してみてくださいね。

「別れてください」はっきりさせたいならはっきり伝えよう!


「やっぱり、別れははっきり伝えてスッキリしたい!」

そう考える女性は、既婚彼にはっきりと別れを伝えましょう。

大切なのは別れの意志が確固たるものであると伝えることです。

「別れてください」とだけ伝えれば十分でしょう。

理由などは余計です。

「あまり会えないのが辛くて…」と言えば、既婚彼は「もっと会えるように努力するから!」とすがるかもしれません。

「もう、不倫を続けていく自信がなくなった」と言えば、既婚彼は「俺が守るから大丈夫!」と言うでしょう。

何か別れたい理由を言ってしまうと、それを改善するから別れを思い留まってくれという展開になりやすいのです。

そして、そう言われてしまうと女性の決意も揺らいでしまいがちです。

こんなことにならないためには「別れたい」とだけ告げて、その決意は天地がひっくり返ろうが覆ることはないのだという強い意志を見せていきましょう。

既婚彼も不倫相手の女性の別れたい気持ちが変わらないことを知れば、ゴタゴタと揉めることもなく別れを選ぶしかなくなります。

絶対に別れたい時には、別れの理由はいらないのです。

「私と付き合いたいなら離婚してからにして」彼の弱いところを突こう


既婚彼との別れを決意して、彼と別れ話をするのなら彼の弱点を突くのが彼に諦めさせるポイントとなります。

既婚彼がすんなりと別れに応じてくれれば、わざわざ弱点を責める必要はありませんが、彼が追いすがってくるようなら遠慮はいりません。

「そんなに私と付き合いたいなら、奥さんと離婚してからにして」

「私、結婚している人とは恋愛しないって決めたから」

彼が結婚している限り、気持ちが変わることはないと突き付けるのです。

この攻撃は、既婚男性を一発で黙らせることができるでしょう。

既婚男性にとって離婚は簡単にできることではなく、またするつもりもありません。

彼が探していたのは結婚していることを理解しつつ、恋愛することのできる相手です。

あなたがそうではないのだと知れば、既婚彼は引き下がるしかなくなってしまいます。

既婚彼との別れの際には、彼が既婚者であるという一番のウィークポイントを突くようにしましょう。

会う頻度やデート内容の不満なら既婚彼にも改善できますが、既婚者であるという点は離婚しない限り変えることができません。

注意したいのが、既婚男性は別れからしばらく経っても連絡をよこすことがあります。

そんな時には、また「離婚したの?」と質問し彼を黙らせるようにしましょう。

既婚男性への未練をスッキリさせて気持ちよく別れる方法

連絡手段を断ち切る!連絡ができなければ未練がましい気持ちも消える


既婚男性との別れを決意し、無事彼と別れることができたとしても、彼への未練が残ってしまうことがあるでしょう。

この未練が残った状態というのは厄介なもので、また彼に連絡したくなったり、彼から連絡がきたら返してしまったりと、別れた意味がなくなってしまうことがあります。

既婚男性への未練をスッキリさせて気持ちよくなるためには、彼との連絡手段を断ち切りましょう。

電話は着信拒否、メールも受信拒否、LINEはブロック!

全ての連絡手段を断ち切ってしまえば、もし連絡したくなったとしても連絡する術がありません。

自分から連絡することもできないし、彼からの連絡を受け取ることもできない。

こんな状況に自分を追い込めば、もう未練がましい気持ちを持っていたとしてもどうすることもできません。

そうなれば、未練は消えていき既婚彼のことをきっぱりと諦めることができるでしょう。

せっかく既婚男性との不倫を終わりにし、幸せになるために歩き出したのだから、彼との連絡手段はすべてなくし未練を断ち切っていきましょう。

既婚彼をきれいさっぱり忘れることができれば、後は幸せになる道しか残されていないのです。

思い出の品は捨て去る!既婚男性を思い出すものを処分してスッキリ


既婚男性のことを忘れたくても忘れられない…。

こんな風になるのは、彼との思い出のものがきっかけであることが多く見られます。

既婚彼に買ってもらったものや、彼と見た映画のパンフレット、彼と撮った写真などが残っているのではありませんか?

そんなものがいつでも目に入るところにあれば、彼のことを忘れられなくて当然です。

既婚彼と別れて彼への未練を断ち切りたいのなら、彼に関するものは徹底的に処分しましょう。

捨て去るという行為は、彼との別れをあなたに実感させてくれます。

ただ単に別れを告げただけでは、いまいち別れを実感できずにいた女性でも、ものを捨てるという具体的な行動を取ることで別れを再確認することができます。

「もう、彼とは本当にさよならなんだ…」

ものを捨ててこんな気持ちになれれば、彼への未練も捨てられたのと同じことです。

いつまでたっても彼を思い出して辛いという時には、彼との思い出の品は全て捨て去るようにしましょう。

そして、彼への気持ちも一緒にゴミ箱に捨てて、気持ちをスッキリさせていきましょう。

不倫の恋は、とても辛く苦しかったはずです。

既婚彼への未練を断ち切れば、あんな辛い恋を二度としなくてもいいのです。

結婚しているのに奥さん以外と恋愛するような男のことは、ぐしゃぐしゃに丸めてポイしちゃいましょう。

紙に書いてスッキリ!未練は紙に書き出すことで整理できる


既婚彼へに未練をなくすためには、紙に書くという行為がとても有効となります。

書くことは脳の整理ができるということです。

まずは、紙とペンを用意し既婚彼の好きだったところと嫌いだったところを書き出してみましょう。

不思議なことに、好きなところは抽象的でふんわりした内容なのに、嫌いなところは具体的で細かな内容であるはずです。

このことから分かるのは、彼の好きだったところはまやかしで、彼にはっきりとした不満を抱えていたという事実です。

別れたばかりの時は、彼のいいところばかりを思い出してしまい、彼を恋しく思ってしまいますが、それは脳の仕業です。

脳には失恋のようにショックなできごとが起きた時、そのショックを埋めようと楽しい思い出ばかりを思い出させようとする働きがあります。

だから、既婚彼と別れて彼のよかったところばかり思い出してしまうのは、仕方のないことです。

しかし、いつまでも既婚彼のことを引きずっていては、前に進み幸せになることはできません。

紙に書くことで彼の好きなところ嫌いなところを整理し、こんなにも嫌な部分があったことを思い出させましょう。

そうすれば、既婚彼のよかった部分だけではなく、彼と別れたかった嫌な部分を思い出し、別れを惜しむことはなくなります。

一つの恋が終わった時は、心も頭もぐちゃぐちゃになりやすいものです。

一度紙に書いてしっかりと整理し、既婚彼への未練を残さないようにしましょう。

あなたが彼との別れを決意したのは、ちゃんとした理由があったはずです。

最終手段?転職&引越しで既婚彼から完全に離れてしまう


既婚彼のことをきれいさっぱり忘れて再スタートを切るには、思い切って転職や引越しをしてしまうのもおすすめです。

この二つは簡単にできることではありませんが、もし前から考えていたというなら既婚彼との別れはいい機会です。

既婚彼と付き合っていた頃と同じ環境にいては、彼のことを思い出してしまうのは仕方のないことです。

同じ職場で顔を合わせることもあるとなると、なおさらでしょう。

ならいっそ、不倫をしていた時とは全く違う環境に自分を置けばいいのです。

新しい土地で新しい仕事を始めれば、あなたが不倫をしていたことを知る人は誰もいません。

新たな気分でやり直すことが、容易にできるのです。

前から転職に興味があった、マンションの更新時期が近づいている。

こんな場合には、転職や引越しをして気分を一新することをおすすめします。

既婚彼から完全に離れて、新しい自分になり幸せを探していきましょう。

不倫を終わりにすることで得られるメリット

新たな恋が始められる!今度こそ独身で幸せにしてくれる人を見つけよう


不倫を終わりにすることは、女性にとってメリットだらけです。

そのメリットを知ることで、彼への別れを決断できるようになっていきましょう。

まず、最大のメリットとして、不倫を終わりにすれば新しい恋を始めることができます。

不倫相手とずっと付き合っていると、女性は新たな恋のチャンスもなければ、既婚彼と結婚することもできません。

ただただ、時間を無駄にしてしまうことになるのです。

しかし、不倫を終わりにした女性は、新しい恋をすることができます。

そして、その可能性は無限大です。

もちろん次に恋をするのは、女性のことを本当に愛してくれる独身男性です。

不倫相手はどんなに好きだと言ってくれていても、結局は奥さんのものでした。

どう頑張っても自分のものにならない既婚男性を愛さなくても、独身男性を選べばその人はあなただけのものになってくれるのです。

不倫を終わりにし新しい恋愛を始めるということは、既婚彼があなたに与えてはくれなかった幸せを手に入れられるということです。

待たない女になれる!不倫をやめると自由時間が増える


既婚男性と独身女性の不倫は、女性側にばかり負担が多いものでした。

忙しい既婚彼がいつ会えると言うか分からないから、何も予定を入れずに待っている日々は友達との食事に行くことさえためらわれる日々でした。

結局、会えないことがほとんどだとしても、少しでも会える可能性があるのなら待っていたくなるのが恋する女なのです。

不倫をしている時の女性は付き合いも悪くなり、趣味の時間も持てなかったことでしょう。

しかし、その恋を終わりにすれば、そんな状況からは抜け出せます。

既婚彼を待つための時間がなくなるということは、女性の自由な時間が増えるということです。

彼と別れればふらっと友達と食事に行くことも、趣味の習い事を始めてみることも、全て自由です。

既婚彼と会えるかどうかも分からないのに待っているのは、辛く苦しい時間でした。

その辛く苦しかった時間で、今度は何度も好きなことをして楽しむことができるようになるのです。

これは女性にとって喜ばしいことであり、すがすがしい気持ちになることです。

いつまでも彼を待つための時間を過ごしていないで、彼から離れて自由な時間を持つようにしましょう。

自由な時間が増えれば、人生はもっと楽しいものとなっていきますよ。

「最近いいことあった?」不倫オーラが消えて明るくなれる


不倫をしている女性には、どこかしら暗いオーラがまとわりつきます。

不倫の恋の辛さがそうさせるのか分かりませんが、不倫をする女性からは愛人感がただよってしまうのです。

しかし、このオーラは不倫をやめるだけで、簡単に消すことができます。

不倫をやめて、悪いことをしているという罪悪感のなくなった女性は、明るく輝き始めるのです。

暗い雰囲気でいるよりも、明るい雰囲気でいた方がハッピーなことも舞い込みやすいものです。

不倫をやめて明るくなった女性の元には、辛い不倫をきっちり自分で終わりにしたことのご褒美が待っているでしょう。

不倫の罪悪感に押しつぶされそうになるのはもうやめにして、ハッピーオーラを手に入れて実際に幸せになっていきましょう。

人目を気にするストレスから解放!不倫バレを怖がらなくてもいい


不倫は、絶対に人にバレてはいけない恋でした。

やり取りは消去する、人前では離さないようにする、デートは少し離れた場所で、彼が家にいる時は連絡しない。

どれほど周到にバレないように作戦を立てていたとしても、不倫はバレることがあります。

まず不倫をしているのは人ですから、人である以上油断もするし気を抜くこともあります。

どんな対策を講じていようとも、それを忘れてしまえば意味がありません。

そして、忘れた時に限って人から目撃されてしまうのです。

絶対にバレないということはあり得ないこと。

そのことが分かるからこそ、不倫中の女性はいつも常に気を張っています。

「同僚にバレてないよね?」「ホテル入るところ見られてたらどうしよう?」「彼の奥さん探偵雇ったりしてない…?」

疑いだせばキリがありません。

こんな風に神経を張り巡らせながらする恋は、女性を疲弊させます。

しかも、こんな心配は普通に独身男性と付き合っていれば、全くしなくてもいい心配です。

不倫の恋を終わりにすると、女性はこの不倫バレのストレスから解放されることとなります。

これはとても快適なことで、何をするにも人目を気にしなくていいのは、これまで窮屈な思いをした分、とてつもない解放感を女性にもたらします。

ストレスフルな社会を生き抜きながら、本来癒されるはずの恋愛でもストレスを与えられる。

こんな状況からは、一刻も早く抜け出さなくてはなりません。

不倫を終え、不倫バレを怖れる日々から解放されましょう。

不倫を終わりにできれば幸せはすぐそこ!既婚彼への未練を断ち切ろう


不倫の恋は女性にとって辛く苦しく、終わりにしたい気持ちが浮かんでは消えることでしょう。

「でも、彼のことが好きだから…」と別れを決断できずに、彼との不倫がずるずる続いてしまってはいませんか。

不倫を終わりにしたいと思った時には、不倫をしっかりと終わらせることこそが、女性を幸せにしてくれるのです。

不倫をやめれば、新しい恋の可能性も生まれますし、これ以上不倫で辛い思いをすることもありません。

このまま既婚彼との不倫を続けていても、彼が奥さんと別れ自分を選び結婚してくれるなんてことは起こらないのです。

しかも、不倫の恋に踏ん切りをつけるなら、早い方がいいに決まっています。

子供を望む女性には妊娠可能な年齢というタイムリミットがあり、それは少しでも長く残されている方がいいのです。

このまま不倫を終わりにできずにタイムリミットをどんどん縮めてしまうか、すっぱりと彼を忘れ新たな幸せを探すかはあなた次第。

どちらがあなたにとって幸せなのかを一度真剣に考えてみて、自分を前進させていきましょう。

おすすめの記事