不倫の出会いは驚くほど身近にゴロゴロと転がっている!その理由と出会いのパターンを解説

「不倫って有名人やドラマの中だけの話でしょ?」

そう思っているとしたら大間違いです。

何か特別なことが起きなくても、不倫の出会いは驚くほど身近にゴロゴロと転がっています。

「不倫をしてみたいけど、自分にはきっかけがなさそう…」

そんな思いを抱えているあなたの周りにも、不倫の出会いはあふれています。

この世は、不倫のきっかけだらけだと言ってもいいでしょう!

この記事では、既婚者の男性が不倫願望を抱く瞬間、同窓会やご近所付き合いなどの多く見られる不倫のパターン、近場の不倫で不倫バレしないための注意点についてご紹介していきます。

身近にたくさんある不倫の出会いを見逃がさず、不倫の恋を楽しんでいきましょう。

目次

既婚者の男性が女性へ不倫願望を抱いてしまう瞬間

「毎日同じメニューじゃ飽きる」単純に妻に飽きた瞬間


結婚して生涯のパートナーを見つけたはずの既婚男性が、不倫願望を抱くようになるのはどうしてなのでしょうか。

それは、結婚生活が安定しているからこそである場合があります。

大好物でも毎日食べていたら飽きてしまうように、既婚男性は妻という女性と毎日接しています。

妻は「結婚して一生一緒にいたい!」と思えたほど好きな女性のはずですが、毎日一緒にいることでその有難みは薄れてしまいます。

既婚男性は「たまには、他の女性とも接してみたい…」と思ってしまうのです。

その気持ちは、最初は明確な不倫願望ではなかったかもしれません。

若い頃のように色々な女性と喋ったり騒いだりしたいという、ささやかな願望であったことでしょう。

しかし、人の欲望というのは留まることを知りません。

妻以外の女性と喋りたい願望を満たせば、その次は触れてみたくなってしまうでしょう。

このようにちょっとした妻への慣れと飽きが、既婚男性に不倫をさせてしまいます。

毎日好きな女性と過ごす結婚生活は幸せなはずなのに、男性はそれだけでは満足できなくなってしまうものなのです。

決して妻と不仲ではない男性が、不倫をしてしまうのはこのためです。

あなたが「いいな」と思う既婚男性が妻と仲が良くても、不倫ができる可能性は十分にあります。

彼は、妻との安定した暮らしに飽き飽きしてしまっている可能性があるのです。

安定は幸せでもありますが、刺激がなくつまらないと感じるものでもあります。

「地味に傷つく…」妻側からのセックスレス


既婚者の男性が妻以外の女性と不倫願望を抱いてしまうのは、セックスレスが原因であることがあります。

男性にとってセックスはとても大切なもので、夫婦間でそれがなくなることはとても苦痛なことです。

しかも、それが妻から断られてのセックスレスだったとしたら、男性は大きく傷ついてしまいます。

女性側は「たかがセックス」と思いがちですが、男性にとってはそんな風には思えません。

セックスをしたいのに断られるというのは、彼らにとっては自分を否定されてしまうようなこと。

男性は妻からのセックスレスによって自信をなくし、ひどく落ち込んでしまうでしょう。

そして、こう考えます。

「妻がセックスに応じてくれないのなら、他の女性とするしかない」

落ち込んでいても溜まる性欲は、既婚男性に不倫願望を芽生えさせます。

男性の高い性欲の前には、結婚の時に立てた誓いも吹き飛んでしまうのです。

「もうこの人としかセックスしない」

そう誓い合った妻にセックスを断られてしまう。

これは、既婚男性が不倫願望を抱いても仕方のないことでしょう。

そんな時に、目の前にセックスできそうな女性がいたとしたら…。

既婚男性は、不倫をいけないと思う気持ちがあっても、その誘惑に簡単に負けてしまうでしょう。

「めちゃくちゃタイプ♡」魅力的な女性に出会った瞬間


男性は結婚したからといって、好みの女性を目で追うのをやめられない生き物です。

タイプの女性がいたら、自分に彼女がいようが妻がいようが見てしまうものなのです。

そして、いい女を見た時に浮気センサーも反応してしまいます。

「ああ!恋したい!」

といい女を目にしたことによって、男性としての狩猟本能のスイッチが入ってしまうのです。

そして、一度スイッチが入ってしまえば、不倫願望は日に日に増していきます。

最初は、好みのタイプの女性との不倫を妄想しているだけでよかったし、実際に不倫をするなんて考えられなかった既婚男性。

しかし、不倫への憧れは増していき、何かきっかけさえあればいつでも簡単に不倫をしてしまうような状況になるでしょう。

妻との穏やかで平凡な日々もいいものですが、好みの女性に惹かれてしまう気持ち。

これは多かれ少なかれ、どんな男性も持っているものです。

既婚男性に好意を持ってしまったのなら、彼の好むタイプの女性を目指すといいでしょう。

好みのタイプの女性に言い寄られて、嫌な気のする男性はいません。

彼の好みを調査して、そのタイプに近づいてみると彼との不倫の確立は増します。

そして、目指す方向性は、彼の奥さんとは真逆のタイプがいいでしょう。

見慣れた妻と全く違うタイプの女性に、既婚者の男性は新鮮さを感じます。

そして、いつもは接しないタイプの魅力的な女性と、不倫をしてみたくなってしまうでしょう。

「俺のこと好きなの…?」女性から好意を寄せられた時


既婚者の男性には、結婚しているという立場がありますから、積極的に女性を口説くことはできません。

既婚男性の恋に対し世間の目は冷ややかで、既婚者の男性が妻以外の女性と親しくしようとしているなんて非難の的になってしまうでしょう。

現代日本では、不倫は許されざることです。

その裏にどんな事情があろうとも、そんなことは関係ありません。

不倫をした人は絶対的に悪く、叩いてもよい存在となってしまいます。

こんな風潮もあって、既婚男性は不倫をなかなかしづらい状況に追い込まれているのです。

だから、既婚男性の中にたとえ小さな不倫願望があったとしても、何かが起きなければその願望が芽を出し花開くことはありません。

小さな不倫願望程度であれば、既婚男性は理性でそれを抑え込んでしまうのです。

では、その願望が抑えきれなくなる要因とは何なのでしょうか。

それは、女性側から好意を寄せられアプローチを受けた時です。

自分から積極的に不倫に向けて行動するのは憚られても、相手から来るのを拒む理由はありません。

自分から口説かずとも、相手から言い寄って来てくれる。

この状況は、既婚男性にとっては渡りに船だと言えるでしょう。

女性から明らかな好意を寄せられていると分かる時、既婚男性の中の不倫願望は一気に高まります。

自分に好意があるか分からない人に対し、自らアプローチをできる積極性は既婚男性は持っていません。

既婚男性を好きになってしまったのなら、その人への好意を匂わせるようにすれば、彼の中の不倫への思いを高められるでしょう。

「お前もやってるの?」身近な男性の不倫経験を耳にした時


不倫はいけないことというのは、世間の常識です。

有名人が不倫をして失脚し叩かれる様を見ていれば、既婚男性の不倫をしたい気持ちはしぼんでしまいます。

「やっぱり、不倫なんてやっちゃいけないことなんだよな」

不倫のニュースを自分の身に置き換えて考えると、既婚男性は不倫の恐ろしさを実感してしまいます。

ところが、そんな気持ちが少なくなるのは、身近な男性が不倫をしていると耳にした時です。

「俺、不倫してるよ」

「大丈夫!そんな簡単にバレないって!」

友達や同僚が普通に不倫をしているのを耳にすると、不倫は途端にテレビの中の有名人がするものではなくなります。

自分のような一般人でも普通にすることで、しかもそれほど恐ろしいものでもないと感じられるのです。

そして、不倫をしている友人や同僚に憧れの気持ちを持ちます。

「この人でも不倫しているなら、俺もやってみたいなあ」

身近な人の不倫を耳にした既婚男性にとって、不倫は自分でもできることだしやってみたいことに格上げするのです。

さらに、不倫をしている友人や同僚は、具体的な体験談を教えてくれます。

「こうすれば不倫相手と出会えるよ」「ああすればバレないよ」

こういったアドバイスを聞けば、さらに既婚男性は不倫願望を増していきます。

不倫の出会いが近場にゴロゴロと転がっている理由とは?

既婚者は誰かに選ばれた人!余裕があって魅力的に見えるから


意識していなかった時には、不倫は遠い世界のものに感じられ、近場には不倫の出会いなど転がっていないと思っていたことでしょう。

しかし、不倫の出会いはそこら中に転がっています。

なぜなら、よく考えてみると既婚者はとても魅力的です。

結婚している人は誰かに選ばれた人です。

誰かに「結婚したい!」と思わせるほどの魅力があったから、既婚者になれていると言えるでしょう。

結婚していない独身男性は、女性と接する時に余裕がなくガツガツして見られがちです。

一方、既婚者の男性は既に結婚しているという余裕もあって、女性と接する時にも落ち着いていて余裕があります。

女性は余裕がある男性のことが素敵に見えます。

『結婚したら急にモテるようになった』という男性は多くいますが、それは結婚したことによる余裕が生まれたためなのです。

このように、既婚者の男性は女性にとってとても魅力的。

そのため、結婚しているというだけで恋愛対象から外してしまうことがなければ、十分に恋愛相手としてはアリと判断する女性が多いのです。

「出会いがない…」と嘆く女性にとって、既婚男性は近場で見つかる素敵な男性の一人。

素敵な既婚者の男性は周囲にゴロゴロいるでしょうから、不倫の出会いもたくさんあるというわけなのです。

不倫の背徳感は他では得られない!一度経験すれば病みつきになるから


不倫は一度経験すると、病みつきになってしまいます。

それは、不倫の快感は他のものでは得られないものだからです。

不倫をする人は、不倫という悪いことをしている自分たちに酔っています。

幼い頃のことを思い出してみてください。

「してはいけないよ!」と言われることほどしたくなったし、またしている時も楽しかったはずです。

これと同じことが不倫の恋にも起きていると言えます。

『不倫=悪』というのは、現代日本における変えられない価値観です。

その悪いことに手を染めている背徳感が、不倫カップルに高揚感をもたらします。

その高揚感は、一度経験すればもっと経験したくなってしまうものです。

たとえ、不倫の恋を一旦終えたとしても、経験者はまたしたくなってしまいます。

そして、近場で不倫の出会いを探すことになるのです。

不倫の経験者は思うよりもたくさんいますから、近場にも不倫の出会いを探している人はたくさんいます。

そのため、不倫の出会いは近場にもゴロゴロ転がっていることになるのです。

「不倫したい!」と大きな声で言う人はいませんが、心の中で思っている人は想像以上にたくさんいます。

既婚者男性との出会いの機会は、そこら辺にたくさん転がっているのです。

「自分たちだけは大丈夫」当事者たちは自信満々だから


不倫は人にバレると大変なことになります。

有名人でも知人でも、不倫がバレて大変な事態になっている人を、誰しも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

こういった事態を目にしていれば、不倫はやめておこうと思うはずです。

しかし、不倫をする人は減ってはいません。

いざ、自分が不倫の当時者となってしまうと「自分たちだけは大丈夫」となぜか思ってしまうものなのです。

そういった自信があるからこそ、既婚男性は簡単に不倫をします。

その自信は近場であっても、消えることがありません。

「自分はバレない不倫ができる」という自信がなければ、不倫願望はあっても近場ではなく遠方で彼女を探そうとするはずです。

ですが、遠方に彼女を作ったとしても、忙しい既婚者の男性とはすれ違ってしまうことが多くうまくいかない恋愛になることが多く見られます。

こうなることを避けるためにも、できれば近場で彼女を探したいというのが既婚男性の本音なのです。

近場で彼女を作れば会いやすいというメリットがあります。

元々、予定をやりくりして会うことが非常に難しい不倫愛ですから、会いやすいということは非常に大きなメリットとなります。

このメリットを求めて、根拠のないバレないという自信を持った男性は、近場で出会いを探し不倫の恋を始めようとするでしょう。

そのため、近場にも不倫の出会いは、驚くほどたくさん転がっているのです。

後は、それが落ちていることに気が付く眼力を持ち、拾うという行動力を持つだけで不倫愛を始めることができるのです。

「同じことの繰り返しの毎日じゃつまらない!」刺激を求める人が多いから


結婚生活は、つまらないものです。

安定していると言い換えることもできますが、特に変わり映えのしない毎日を過ごすこととなります。

男性は結婚するまでは自由を謳歌し、何が起きるか分からないような刺激的な毎日だったことでしょう。

「もう遊びはいいかな、落ち着こう」

そう思って結婚したとしても、男性にとって単調な結婚生活はつまらないものです。

同じ人と同じように過ごす毎日は、確かに安定し幸せかもしれませんが、それと同時につまらなくも感じてしまうものなのです。

毎日仕事に行って、家に帰り、妻の作ったご飯を食べ、眠る。

同じ繰り返しの毎日を過ごす中で、既婚男性にはついつい魔がさしてしまいます。

「遊びたいな」

その気持ちは、最初は明確な不倫願望ではなかったかもしれません。

しかし、既婚男性が手っ取り早く刺激を感じ楽しさを得る方法として、浮気は打ってつけの方法なのです。

お金のかかる趣味はできそうもないし、自由になる時間もそれほどない。

そんな既婚男性のつまらない毎日を打破してくれるのが、不倫なのです。

不倫は女性とホテルに行くくらいの代金と時間しかかかりません。

その上、とても刺激的で毎日を楽しいものとしてくれます。

そのため、相手さえ見つかれば不倫をしたいと考える既婚男性は多く、そこら中に不倫の出会いは転がっているのです。

不倫の出会いは職場だけじゃない!同窓会やご近所付き合いまでの数多い不倫のパターン

「ずっと好きだったんぜ♪」同窓会で初恋のあの人と…


代表的な不倫の出会いは職場です。

仕事を通じて接する内に、好意が芽生えるのは自然なことです。

しかし、それ以外にも浮気の出会いはたくさんあり、不倫のパターンには数多くのものが見られます。

その1つとして同窓会が挙げられます。

同窓会は同い年・同じ思い出を共有している、気心の知れた男女の集まりです。

その集まりの中には、昔恋愛関係にあった人や、好きだった人など様々な人がいるでしょう。

単に知らない男女が集まるよりも、恋に発展しやすいのが同窓会なのです。

お酒に酔って楽しい気分になっている所に、隣にいるのは昔好きだった彼。

こんな状況で、大人になっても素敵な彼から「ずっと好きだったんだ…」なんて言われたら…。

その彼が既婚者かどうかなんて、もうどうでもよくなってしまいますよね。

しかも、その彼が遠方に住む人で、たまにしか帰ってこないのだとしたら、不倫を止める理由もなくなります。

「1回だけだから…」「もう会わないし、いいよね…?」こんな気持ちが不倫を後押しし、普段は不倫に嫌悪感を持つ人でも不倫をしてしまいます。

同窓会という非日常のイベントで、気心の知れた男女が集まる時。

そこでは、多くの不倫が生まれているのです。

「バレたら危険!でも手軽」ご近所不倫


意外と多く見られる不倫のパターンとして、ご近所不倫が挙げられます。

不倫はバレてはいけませんが、バレなかったとしても全然会えないのではする意味がありません。

男女ともに不倫相手とは、気軽になるべくたくさん会いたいと思うものなのです。

その願望を叶えるためには、ご近所に不倫相手を探すことが最善策と言えるでしょう。

そのため、危険を承知でご近所で不倫をするというパターンは、意外とたくさん存在しています。

お互いに配偶者とも顔見知りであるなんてこともザラなのです。

この危険なご近所不倫は、不倫をする二人の気持ちをさらに盛り上げます。

こんな近場で、相手の配偶者とも知り合いなのに、それでも不倫をする私たちに酔いしれることができるのです。

ご近所には、たくさんの目がありますし、噂好きの情報通もいるでしょう。

そんな危険を潜り抜けて不倫の関係を続けていくと、気分はまるで恋愛映画の主人公!

より楽しい不倫をすることができるのです。

手軽で楽しいご近所不倫は、不倫のパターンとして意外と多く見られるパターンです。

ただし、バレてしまった場合には、ご近所も巻き込んでの騒動となることを覚悟しておきましょう。

PTAは不倫の温床!?学校関係のつながり


既婚者の男女が集まって作業をする。

そこには、必ずといっていいほど不倫が生まれています。

その代表的なものがPTAです。

PTAは子を持つ親の集まりであり、子供のことを考えれば不倫などしないと思われがちですが、そんなことはありません。

既婚者である男女が集まり、学校行事の成功のために協力し合う。

こんなに恋心が芽生える状況は、そうあるものではありません。

何か一つの事柄に向かって協力し合い作業をするという環境は、相手への好意を芽生えさせます。

また、「PTAだから!」と言えば、家族に怪しまれず子供を預けて家を空けやすいのもポイントです。

PTA活動に協力する親は、子供のためを思い奉仕してくれる真面目な親御さん。

これも事実ですが、その裏ではPTA役員同士の恋が生まれていることも多いのです。

頼りになる姿を見られたり、一生懸命な表情が見られたりするPTAの役員活動は、子を持つ親であっても恋する気持ちを止められません。

PTAは不倫の温床だと言われるほど、PTA活動をする親たちの不倫は多く見られるのです。

近場で不倫を希望しているのなら、思い切ってPTA活動に参加してみるのもいいでしょう。

役員としての仕事を頑張ったご褒美として、素敵な既婚者の男性との出会いが待っているかもしれませんよ。

気軽にポチポチ!マッチングアプリには既婚者が多い


「出会いがなくて、不倫ができない!」こう嘆く人にとって、現代社会にはとても便利なものがあります。

それは、マッチングアプリです。

家から出ずとも、スマホをポチポチするだけで出会えてしまうという便利な文明の利器があるのです。

マッチングアプリを利用すれば、実生活では女性に声をかける勇気の出ない既婚者の男性も行動を起こすことができます。

また、いいなと思う既婚者の男性にアプローチできない女性も、気軽にメッセージを送れるでしょう。

大抵のマッチングアプリには、自分の近くに住む人を探し出せる機能が搭載されています。

そのため、自ら行動を起こして近場に不倫愛の相手を探すことができない人でも、近くに住む出会いたい人を見つけることができるのです。

「でも、マッチングアプリって独身の人のためのものじゃないの?」

そんな疑問を持つ人もいるでしょうが、実の所マッチングアプリの既婚者の利用はとても多いのです。

独身者と違い、既婚者は大っぴらに恋愛相手を探すわけにはいきません。

そのため、隠れて相手を探せるマッチングアプリはとても都合がいいのです。

ただし、マッチングアプリを利用する時は、既婚者であることを隠すのはNGです。

既婚者であると書かない方が出会える確率は増しますが、後々トラブルになることは目に見えています。

独身女性が探す場合には、既婚者であることをきちんと書いてある人を選ぶといいでしょう。

既婚者はマッチングアプリでもなかなか出会いづらいため、簡単に次のステップにつなげやすくなっています。

現代社会の不倫は、マッチングアプリから始まることもたくさんあるのです。

既婚者の男性が不倫相手の女性に求める「妻にバレない為に大切なこと」

「休日は連絡しない方がいいよね」既婚者の男性の立場を理解してくれること


既婚者の男性は、不倫において妻にバレないことを重視しています。

逆に言えば、妻にバレるような付き合いしかできない女性は、すぐに切られてしまうでしょう。

既婚者の男性が女性に求めることとしては、既婚者である自分の立場をきちんと理解してくれることです。

独身男性と既婚男性との付き合いは、まるで違います。

独身男性と恋をする時のように、いつでも連絡し合ったり電話をしたりということはできないのです。

特に、彼が家で過ごしているような時間帯には連絡を控える必要があります。

家にいる時に携帯をいじってしまうというのは、バレにつながりやすい行為です。

そんな状況を不満に感じ「どうして連絡くれないの?」「ねえ、返事してよ!」とメールを次々送ってしまうのは、やめておきましょう。

そんなことをしても、彼からメールが返ってくるようになることはありません。

それどころか、彼に嫌われてしまうことになるでしょう。

「休日や夜は、連絡しない方がいいよね?」

こんな風に既婚者である彼の立場を思いやって付き合うことができれば、妻バレも防げて彼からの信頼を勝ち取ることができます。

あなたが好きになったのは既婚者であり、彼にはいろんな立場があります。

そのことを考えてあげ、付き合っていく必要があるでしょう。

「寂しいから、今すぐ会いに来て」無茶なわがままを言わないこと


既婚者の男性の不倫がバレてしまうのは、いつもと違う行動をしてしまうからです。

「急に残業が増えた」「仕事の呼び出しと言って急に出ていくことが多くなった」

こんな時に、彼の妻は浮気を疑います。

浮気の妻バレを防ぐためには、彼に無茶をさせてはならないということになります。

女性は好きな人に対して「寂しいから、今すぐ会いに来て」とわがままを言いたくなってしまうことがあるでしょう。

しかし、そのわがままを口に出してしまうのは、不倫という間柄ではタブーです。

彼はそのわがままに応えることは難しいし、たとえ会いに来てくれたとしても妻バレにつながり彼の負担となってしまいます。

「付き合う相手には、私の言うことを何でも聞いて欲しい」

こんなお姫様願望がある人には、不倫の恋は向いていません。

既婚男性は無茶なわがままを言われると、こんな相手と付き合っていては不倫が妻にバレてしまうと考えます。

彼の妻にバレることなく付き合っていける安全な相手だということをアピールするためにも、わがままは抑えて既婚者の彼とは付き合っていきましょう。

「手をつなぐ・ボディタッチ・甘い声で話す」人の目がある所でベタベタしないこと


付き合っている相手とは、意識していなくても距離が近くなってしまいます。

2人の間に親しい雰囲気が漂ってしまうのです。

どんなに気を付けていても、その雰囲気を嗅ぎ取ってしまう人もいるのに、不倫相手の女性がちっとも気を付けてくれないと男性は困ってしまいます。

手をつないで歩きたがったり、ボディタッチを頻繁にしてきたり、親しそうに甘い声で話してきたり…。

こんなことがあると、不倫がバレるのは時間の問題です。

なるべく普段は接しないようにするくらいの素っ気なさが、不倫の恋を上手に進めていくためには必要でしょう。

不倫の恋は秘密にしなければならない恋である。

このことを忘れてしまっては、不倫関係を円滑に進めていくことはできません。

「今夜はホテル集合ね」ホテル直行デートでも文句を言わないこと


不倫の恋をバレないようにしようと考える既婚男性は、人目につくデートをしたがりません。

ホテルに直行して、体の関係を楽しむだけということも多いでしょう。

そんな関係に不満を言われるようでは、彼の妻にバレることを防ぎつつ楽しく付き合っていくことはできないと彼に思われてしまいます。

誰にもバレないで不倫をすることを最優先に考えれば、ホテルという密室でデートを楽しむのは一番いい方法です。

それに不満を感じるようでは、既婚彼との付き合いを続けていくことは難しいでしょう。

ホテルデートばかりでも文句を言わない。

既婚男性は付き合う彼女に、そんな態度を求めているのです。

近場で不倫をするときにお互いが注意しないとすぐに不倫バレを起してしまう注意事項

壁に耳あり障子に目あり!誰が見ているか分からない


近場での不倫は、バレる危険性の高い不倫です。

それは、近場にはたくさんの知り合いがいるという理由が挙げられます。

知っている人が多ければ、それだけ目撃される可能性も増します。

見られていないようでも、実は見られている。

それが近場という環境なのです。

『壁に耳あり障子に目あり』というように、人はどこからあなたたちカップルの逢瀬を見ているか分かりませんし、会話に聞き耳を立てているか分かりません。

知り合いの少ない遠いところで不倫をするよりも、知り合いが多い近場での不倫の方が人の目は多いです。

誰も二人を知らない所であれば、あなたたち二人は普通のカップルや夫婦のように見えるでしょう。

しかし、あなたたちのことを知っている近場では、不倫だということはバレバレです。

お互いに別の配偶者がいながら、2人きりであっていることを不審に思わない人はいないでしょう。

近場での不倫はお互いに十分に注意をしておかないと、バレやすいということを忘れないでください。

「近場にいるのに遠くに行くのは面倒…」ついつい近場でデートしてしまう


近場で不倫をしていても、バレるのを防ぐためにデートは遠くまで出かけているというカップルも多いでしょう。

バレずに長く不倫を続けていくのなら、それは懸命な選択です。

しかし、バレずに長く不倫を続けられていると、どんな人でも油断します。

「今日のデートは近場でいいか…」と思ってしまうようになるのです。

せっかく、不倫相手が近くにいるのに、遠くに行くのがめんどくさく感じるのは当然のことです。

しかし、そのめんどくささに負けてしまって、近場でのデートを選んでしまってはバレずに不倫を続けていくことは不可能となります。

近場にはたくさんのスパイがいるようなものです。

彼の妻の知り合いもたくさんいますし、彼やあなた自身の知り合いもたくさんいます。

めんどくさいからといって、近場で二人でデートを楽しんでしまっては、たくさんの視線をかいくぐることは難しいでしょう。

どんなに不倫の関係に慣れが生じてきても、デート場所には気を遣って、バレることを避けてください。

近場でのデートは楽かもしれませんが、バレてしまっては不倫の恋は終わってしまいます。

いつまで経っても気を抜かずに、不倫関係を続けていきましょう。

気を付けていても避けられない?二人の間の雰囲気が変わる


付き合った2人の間に漂う雰囲気は、これまでとは変わったものになってしまいます。

これは、どんなに気を付けていても避けられないことです。

男女関係があると、なかった時とはまるで雰囲気が変わってしまうのです。

これは、お互いに気を付けていても、避けることは難しいもの。

コミュニティに一人は、そういった雰囲気を嗅ぎ取ることが得意な人がいるものです。

学生時代から報告を受けたわけでもないのに、なぜか〇〇と△△が付き合っているという情報に詳しく、またその情報が正確だった人がいたことでしょう。

そういった人は大人のコミュニティの中にもいて、不倫の匂いも敏感に嗅ぎ取ります。

そして「あの二人は不倫をしている…」と周囲の人に言いふらしてしまうのです。

こんな敏感な人に2人の関係を悟られないためにも、普段はなるべく接しないように心がけることが重要です。

不倫の関係にあると普段も普通に接しようとしがちですが、普通はしようとしてできるものではありません。

2人は普通にしているつもりでも、周りから見れば不倫をする以前とは態度が全然違うというのはよくあることです。

不倫がバレるのを防ぐためには、不倫を楽しむとき以外はなるべく接しないようにするということが必要となります。

不倫の恋は身近に落ちてる!身近だからこそ気を付けて楽しんで


不倫の恋は映画やドラマの中でしか起こらないものというわけではありません。

何か特別な出来事が起こらなくても、普通に日々を過ごしていても不倫をする機会は驚くほどたくさん転がっているのです。

なぜなら、結婚した男性の多くは安定した生活に物足りなさを感じ、何か刺激的で楽しいことはないかと常に探しているからです。

そして、彼らはできれば会いやすい近場で、恋の相手を探そうとします。

こんな近くにいて不倫の恋なんて始まるはずはないと思っていたような身近な所に、不倫相手は隠れているのです。

しかし、近場で見つけた不倫の出会いには十分に注意が必要です。

なぜなら、近場で不倫をしていたことが分かると、大変なことになってしまいます。

彼の妻とも知り合いであれば、言い逃れたり逃亡したりは不可能です。

不倫の恋の責任を取らざるを得ない状況に、あなたは追い込まれてしまうでしょう。

こんなことにならないためにも、気を抜かずにバレることには十分に注意して身近な不倫の恋を楽しんでくださいね。

おすすめの記事