不倫の遊び相手から既婚男性の本命彼女になる方法と不倫愛を長続きさせるコツ

既婚男性の不倫は、八割以上が遊びで本気になることは珍しいことです。

しかし珍しいというのは、ありえないことではありません。

逆に言えば、残りの二割は本気で不倫相手の女性のことを思っているということになります。

この世界には、遊びの不倫から始まって、本命彼女になったという人もいるのです。

不倫の遊び相手から本命彼女となるためには、ただ指をくわえて待っているだけではいけません。

既婚男性の本命になりたいのであれば、本気で愛されるように努力していきましょう。

この記事では、遊び相手として始まった不倫の恋から彼の本命彼女となるための方法や、その愛を長くキープしていくための方法についてご紹介していきます。

不倫だから所詮遊び相手でしかないと諦めずに、彼の本命彼女になり愛されるようになりましょう。

目次

「遊んじゃえ」と不倫の遊び相手を欲しがる男性の心理

「毎日つまらない…」刺激を求めて遊びたい


結婚した男性は、落ち着くことを求められます。

「もう家庭を持ったんだから…」

独身時代のように遊びには誘われず、毎日がつまらないと感じていることも。

遊ばなくなった既婚男性の毎日は、とても単調なものです。

仕事と家の往復で、最初はそんな日々も幸せに感じられていました。

家では愛する妻が待っていてくれる。

それは自分が思い描いていた理想の暮らしのはず。

それなのに、その生活が当たり前のものとなってしまうと、既婚男性の中にはむくむくと遊びたい気持ちが湧き上がってきます。

刺激のない日々は、平和で穏やかですが、面白いと感じられません。

男性はいくつになっても少年と言われるように、年を取って既婚者となろうとも本来は遊びたい気持ちをもっているものなのです。

「遊びで不倫をする男性は、家庭に不満を持っているのでは?」と思われがちですが、そうではない人も多くいます。

むしろ、家庭には何の不満もなく、大きな問題のない日々のつまらなさが彼らを不倫へと向かわせます。

夫婦関係に問題があったわけではないのに、遊びで不倫をしたくなる男性の心理はつまらない毎日を打破したいというもの。

家と家庭の往復の刺激のない日々を変えたいと思っている時に、身近に遊べそうな女性がいれば、彼らはその女性で遊びたいと感じます。

このような軽い気持ちから、既婚男性の遊びの不倫は始まっていきます。

「寂しい…」妊娠中や子育てに夢中の奥さんが相手してくれない


既婚男性の不倫のきっかけとして多く挙げられるのが、奥さんの妊娠です。

奥さんが妊娠すると既婚男性は、性欲を持て余してしまいます。

妊娠中の女性とはセックスできないわけではありませんが、これまでのようにはできなくなってしまいます。

そうすると、既婚男性はこれまで妻とのセックスで満たしていた性欲を満たすことができなくなってしまうのです。

男性にとってセックスはとても重要なもの。

行き場のない性欲を満たすという遊び目的で、既婚男性は不倫を始めてしまうのです。

女は妊娠した瞬間から母になり、お腹の子供を守ることを最優先に考えます。

ですが、男性に父の自覚が出るのはもっと後。

父の自覚さえあれば、子供は妻を奪い合うライバルではなく、一緒に守るべきもののはずです。

それなのに父性が育っていないと妊娠したり、子育てに忙しくしていたり、妻の意識が自分以外に向くと寂しいと感じてしまうのです。

そんな寂しさを抱えた既婚男性は、不倫相手として狙い目です。

好きな既婚男性に子供ができたと聞くと複雑な気持ちになるかもしれませんが、彼が不倫を始めるきっかけとなるかもしれません。

子供ができたからと言って不倫を始める既婚男性は、初めはほとんどが遊びです。

これから家族が増えるのに遊んでしまうのは、あくまで性欲発散のためで、本気になるつもりはさらさらないでしょう。

しかし、不倫関係が始まってしまえば、こちらのものです。

付き合えば情だって湧いてくるし、本命彼女になれる可能性だってあります。

とりあえず遊びの関係でも、彼と繋がらなければ仲が深まることはありません。

既婚男性の奥さんが妊娠していたり、子供が小さかったりする場合はチャンスです。

彼の寂しい気持ちにつけこんでいきましょう。

「お茶漬けもいいけどステーキも!」一人だけじゃ飽きちゃう


人は毎日同じものを食べていたら飽きてしまいます。

それと同じことが男女関係でも言えるでしょう。

飽きるというのは、浮気の一番の理由となります。

浮気の理由として良く言われる「お茶漬けばかりじゃなくて、たまにはステーキも食べたくなった」という比喩。

これが不倫の理由の真理をついているのです。

一番好きな女性と結婚したはずの既婚男性ですが、毎日その女性とばかり過ごす日々では飽きてしまいます。

結婚を決めた時から不倫をしようと思っている男性は少なく、結婚した時には生涯その人を愛し続けようと誓ったはずです。

しかし、結婚して妻と暮らす生活に慣れが出てくると、妻以外の女性が急に魅力的に見えるようになってしまう時があるのです。

これは、妻という存在に慣れてしまって飽きたから起こること。

妻とケンカしたわけでも、妻のことを嫌いになったわけでもありません。

ただただ飽きたから、遊びの気持ちで他の女性もつまみ食いしたいという気持ちなのです。

たまには、妻以外の女性も楽しみたいという気持ちが、既婚男性に不倫を始めさせることになります。

奥さんに一途なように見える既婚男性も、実はこんな気持ちを抱えているかもしれません。

彼のちょうどいいつまみ食い相手となってみると、遊びの不倫は始められるでしょう。

こういった心理の既婚男性は、奥さんと違ったタイプの女性を好む傾向にあります。

比喩でも奥さんはお茶漬けのような毎日食べられる地味な食べ物に例えるのに対し、不倫相手はステーキのようなたまに食べるゴージャスなものですよね。

ということは、既婚男性の目に留まるためには、奥さんと違ったゴージャスなタイプの女性でいることが有効ということになります。

男としての本能!いろんな女性を抱きたい


男性には、浮気をしたい本能があります。

それは、種の保存・繁栄のためDNAに刻まれたものです。

男性は、女性が妊娠しても自分の子であると確証を持てません。

そのため、自分の種で子供を作る可能性を上げるためには、たくさんの女性と関係する必要がありました。

自分のお腹に子供を宿すわけではない男性は、女性を妊娠させなければ自分の遺伝子を残すことができません。

だから、たくさんの女性を抱いて、自分の子供を増やしたい本能が備わっているのです。

これは、結婚という制度ができて、一夫一妻制になった現代でも男性に残っている本能です。

そのため、どの男性にも多かれ少なかれ、たくさんの女性を抱きたいという気持ちはあるということになります。

タイプの女性を見たら「抱きたい!」と思うのは、健康な男性なら当然のことです。

それは、結婚していようと結婚していまいと関係がないのです。

「不倫は男の本能だ」

なんて、不倫をされた立場から聞くと、到底許せない理論ですが、あながち間違いだとも言い切れません。

もちろん、いくら本能で備わっていても我慢できる人と我慢できない人がいます。

しかし、どの男性でもそういう気持ちは少なからずあり、遊びでいろんな女性を抱きたいと思っているものなのです。

ということは、彼が見て「抱きたい!」と思う素敵な女性でいれば、遊びの相手として選んでもらえる可能性は高まります。

遊びの既婚男性を本気にさせる為に必要な条件とは!

既婚男性を本気にさせる条件その①健気に待てる女であること


遊びで始まった不倫関係から、本気の恋となるためにはただぼーっとしているだけではダメです。

彼の言いなりになって、都合のいい女になるだけでもいけません。

だって、彼は家庭を持っていてちょっと遊びたくなっただけの男性です。

もともと本気で恋愛をする気などなかった人を本気にさせるなら、よっぽどのことがないといけません。

彼を本気にさせる条件を知って、戦略的に既婚男性と付き合っていきましょう。

まず、既婚男性を本気にさせるための条件の一つが、健気に待てる女であるということです。

既婚男性が一番嫌うのは、ヒステリックで怒りっぽい女性です。

ヒステリックな不倫相手に「奥さんと別れて!」とがみがみ言われると逃げたくなってしまうでしょう。

所詮、遊び相手としか考えられていない身で、いくら彼を怒っても無意味です。

彼の心を溶かすのに必要なのは、北風と太陽でいうところの太陽のような態度です。

いくら、彼の心を変えようと強気の態度に出ても、それが彼に響くことはありません。

強気の態度に既婚男性は心を閉ざしてしまい、ますますあなたを都合のいい遊び相手としてしか扱わなくなるでしょう。

彼の気持ちを変えるためには、太陽のように健気な態度が必須です。

既婚男性にも人の心があります。

遊び相手として女性を扱うことに罪悪感を持っているものなのです。

女性に対し遊び相手として扱うというひどいことをしておきながら、相手の女性はそのことを怒るでもなく健気にまっていてくれたとしたら…?

その女性に対して愛しい気持ちが湧いてきてしまいます。

遊び相手から本命へとなるためには、このように彼が思いを変えてくれるのをじっと待つ態度が必要です。

いくら相性の良い相手であったとしても、人の考えや思いを変えることはできません。

人の考えを変えるのは、あくまでもその人自身。

そのことを忘れずに、彼が気持ちを変えてくれるまで健気にじっと待てる女性でいるようにしてみましょう。

既婚男性を本気にさせる条件その②妻よりもいい女であること


既婚彼を本気にさせるには、あなた自身が本気で愛するに足る人物である必要があります。

既婚男性は、遊び相手を探す際には、それほど女性を見極めてはいません。

一番大切なのは、遊び相手として都合がいいかどうかであって、その他のことは見えていないのです。

見ているのは、好みの外見かどうかと、自分が都合よく扱えそうかぐらいのものでしょう。

しかし、遊び相手として付き合う内に、女性の内面は自然と見えてきます。

その内面が素晴らしいものだったとしたら、男性は不倫相手に惹かれてしまい本命彼女にしてしまうのです。

既婚男性が、不倫相手と比較するのは妻です。

妻とあなたを比較した時に、「やっぱり妻の方がいい!」という気持ちになれば、どれだけ付き合いが長くなろうとも、彼の本命は妻となります。

彼の妻を超えられなければ、遊び相手から本命となることはできないのです。

彼を本気にさせるために、目標とすべきは彼の妻を超えるいい女になること!

彼が妻の愚痴を言ったりしたときには、聞き逃さないようにしましょう。

その愚痴の中には、あなたが本命となるヒントが隠されています。

愚痴とはいわば、「俺はこういう女は嫌いだ」という彼の女性の好みの表明です。

しかも、妻が持っている嫌なところがあなたにはないということは、大きなアドバンテージとなります。

妻を超えるいい女となって、彼から愛されるようになりましょう。

妻よりも優れるという点では、見た目を磨くことも有効です。

既婚男性が目にするのは、自宅で着飾らない状態の妻がほとんど。

そんな彼にとっては、きれいに化粧して、自分のためにオシャレしてきてくれる不倫相手は新鮮でいい女に見えることでしょう。

見た目も中身も磨いて、妻を超えるいい女になり、彼の本命彼女となりましょう。

既婚男性を本気にさせる条件その③夢中になれる魅力を持っていること


既に運命の相手を見つけ結婚した男性の本命となるためには、あなた自身が魅力的でなくてはなりません。

よく本命狙いの不倫女性がやりがちなのが、既婚男性の言いなりになってしまうことです。

好きだから嫌われたくなくて、彼の言うことに従ってしまう。

不倫に限らず、女性ならば身に覚えがある行動ではないでしょうか。

しかし、それではますます都合のいい女になるばかりで、遊び相手から脱却することはできません。

彼から本気で愛されたければ、彼が追いかけたくなるような魅力的な女性にならなければなりません。

既婚男性の言いなりになるというのは、彼が追いかけたくなる女性とは真逆です。

自分の言うことを聞いている女性は、追いかけなくたって側にいてくれるから、追いかける必要がないのです。

既婚男性が本命にしたくなるのは、しっかりと自分を持っていて一緒にいることで、高め合うことができると感じられる女性。

そのことに気がつかせるためには、何気ない会話が重要となります。

何気ない会話をする中で、あなたの返しに知性がきらりと光っていたとしたら、彼はあなたのことを少し見直すでしょう。

ただの遊び相手としか思っていなかった相手なのに、この女性となら深い話もできそうだと思うのです。

そう思った彼は、どんどんあなたの内面を見ようとします。

そしてその内面が、既婚男性を夢中にさせるほど魅力的だったとしたら、彼はあなたに夢中になる他ありませんよね。

既婚男性から本気で愛されるためには、彼から追われるだけの魅力を持ち、彼がその魅力に気がつくように行動していきましょう。

「彼の心を鷲づかみ⁉」不倫の遊び相手から本命彼女になる方法

「遊びだと思っていたのに…」嫉妬を煽って独占欲に気がつかせよう


不倫の遊び相手から本命彼女となるためには、彼にあなたが大切だと気がつかせることが大切です。

遊び相手から始まった恋は、いつの間にか相手のことが大切な存在となっていてもそのことに気がつきにくくなっています。

何かきっかけを与えて、既婚男性の「こいつを独り占めしたい!」という独占欲に気づかせなければなりません。

男性が独占欲を感じるのは、好きな女性が他の男性に取られてしまうと感じたときが多いでしょう。

ということは、他の男性の存在を匂わせて彼を嫉妬させればいいのです。

今現在、誰かにアプローチされていて困っているというような話をしてみましょう。

あるいは、紹介やお見合いを強く勧められているというのでもいいでしょう。

誰か他の男性があなたを奪い去ってしまうという可能性に気がついた既婚男性は、その時初めて自分の気持ちと向き合うこととなります。

あなたを独占したいと思っていることに、やっと気がつくのです。

単なる遊び相手だと思っていたはずの女性なのに、こんなにも強く思っていたことに気づいた既婚男性は動揺します。

そして、独占したくなるくらい大切なあなたのことを、遊び相手として扱っていてはいけないと感じ本命彼女として扱うようになるなるでしょう。

このように、嫉妬心を煽ることで、彼の独占欲に火を点けることができるのです。

しかしいくら嫉妬心を煽るといっても、他の男性と関係を持ったというのはやめておいた方が無難です。

そんなことを告白したのでは、あなたは不倫をする上に浮気性のだらしない女性としか見られなくなってしまいます。

あくまで、周囲の男性から自分へのアプローチがあったという程度のアピールにしておきましょう。

彼から本気で愛されるための最後の一押しとして、嫉妬を上手に利用していきましょう。

ただし、既婚男性からの愛情が十分でない段階で彼を嫉妬させようとしても無駄となってしまいます。

仕掛けるタイミングには十分注意が必要です。

彼の話はよく聞こう!一番の理解者でいる


既婚男性があなたを本気で愛するようになるためには、彼をあなたなしでは生きられないようにしてしまいましょう。

既婚男性は、どんな女性を必要としているでしょうか。

それは、自分を理解してくれる女性です。

奥さんが彼の理解となってくれていれば、そう簡単にはいきませんがそもそも浮気をする既婚男性の夫婦関係は健全ではありません。

どこか上手くいかない寂しさを抱えているのが、既婚男性なのです。

そんな既婚男性から必要とされるためには、彼の話をよく聞くことが大事。

女性はおしゃべり好きな人が多く、好きになった人に話を聞いてほしい気持ちになりがちですが、そこはグッと我慢しましょう。

遊び相手から本命になるためには、聞き上手になるということが大切なのです。

あまり言葉に出してのコミュニケーションが得意でない男性は、最初はあまり気持ちを話してはくれないかもしれません。

しかし、あなたが聞く体制を取り続けることで、段々と話してくれるようになります。

そして、どんなことでもあなたが受けとめ、理解してくれることに気がついた彼は、何でも話してくれるようになるでしょう。

こうなれば、もうあなたは既婚彼にとってなくてはならない存在となれたも同然。

どんな話でも聞いてくれて受け止めてくれる人がいる心地よさに気がついた既婚男性は、あなたを遊びではなく本気で愛し始めるようになるのです。

絶対的に自分の味方となり、理解者となってくれる人がいるというのは、辛いこの世を生き抜くためになんと心強いことでしょう。

一度、自分の理解者を得たら、もうその人を離そうとは思えなくなります。

既婚男性の本命となるためには、彼の一番の理解者を目指して行動しましょう。

本気で愛さない者に本気の愛は返ってこない!彼を本気で愛する


既婚男性から遊び相手と思われてしまうのは、あなた自身にもどこか不倫を遊びだと感じる心があるからです。

恋愛は合わせ鏡とはよく言ったもの。

遊び相手だと思われてしまうのは、あなたの中にある不倫を遊びと感じる気持ちが見抜かれているのでしょう。

既婚男性の本命となりたいのなら、まずはあなたの浮ついた気持ちを捨て去ることが必要です。

あなたは既婚男性のことが、本気で好きですか?

もし、既婚男性から本気で愛されるようになったら、その愛に応える自信はありますか?

まずは、自問自答をしてみましょう。

それに対して自信を持ってYES!と答えられるようなら、全力で既婚彼のことを愛していきましょう。

「既婚彼と付き合っていても結婚できないから…」と不倫関係と並行して、独身の彼探しをしたりするのはやめましょう。

「彼だって結婚しているんだから、いいでしょ」と言い訳して、合コンや他の男性と遊ぶのはいけません。

そういった態度は上手に隠しているつもりでも、伝わってしまうものです。

既婚彼と真っ直ぐな気持ちで向き合い、彼のことを本気で愛してあげるようにしてください。

そうすれば、その真剣な気持ちは彼にも伝わり、彼の気持ちを変えてくれます。

既婚彼の本命となりたければ、まずあなたから彼を本命扱いしてあげましょう。

「結婚生活が想像できる」彼の奥さんよりも家庭的になる


既婚男性の本命となるということは、彼との将来も見据える関係となるということです。

しかし、彼には奥さんがいるため、その奥さんと別れてあなたを選ぶとなると一筋縄ではいきません。

既婚男性が奥さんと別れて、不倫相手を愛するようになるには、不倫相手の女性が家庭的であるといいでしょう。

家庭的な女性と過ごす時間は、既婚男性に「この人と結婚したら幸せになれそう…」と結婚生活を想像させます。

そして、その想像を現実のものとしたいと感じれば、本気で不倫相手の女性を愛するようになるのです。

家庭的な女性であるということは、男性にとって幸せを予感させます。

いくらその他の点の相性がバッチリだとしても、家庭的でない女性とは長く生活を共にしていくこが想像できません。

家庭的でない女性とは将来を考えられない、つまり遊び相手としてしか考えられないということになります。

既婚男性と趣味や身体の相性が合うことも大切ですが、それだけでは既婚彼の本命彼女となることはできません。

家庭的な女性になって、既婚彼の本気を奥さんから勝ち取りましょう。

<h2既婚男性の本命彼女という地位を絶対に手放さず長続きさせるためのコツや守るべき事

焦りは禁物!彼に離婚を迫らない


既婚男性の本命彼女になれたなら、そこで安心していてはいけません。

元々遊び相手だった不倫女性は、一度本命彼女になれてもちょっとしたことで、また遊び相手になってしまうことがあります。

せっかく本命彼女となることができたのだから、その地位を何としてでも死守していきましょう。

本命彼女になったら、彼から愛されているという自信から、彼に奥さんとの別れを迫ってしまうことがあります。

本命彼女となった自分は奥さんよりも愛されているのだから、彼が奥さんと別れてくれて当然だという考えになってしまうのです。

確かに、本命となったあなたのために、離婚してくれてもいいではないかという主張も間違いではありません。

しかし、離婚はそう簡単にはいきません。

既婚彼の意志だけで決められるものではありませんし、子供がいれば離婚の難易度はさらに上がります。

既婚彼も本気で愛する彼女ができたのだから、離婚のことは少しずつでも考えてくれているはずです。

それなのに、不倫女性からそんな事情も気にせず、離婚を迫られたとしたら百年の恋も冷めてしまうでしょう。

不倫女性にとって既婚彼に離婚してほしいという気持ちを持つことは当然ですが、それを彼に伝えてしまうのはNG行動となります。

もし彼に離婚をする気があったのだとしても、あなたから言われることでその気持ちはしぼんでしまうでしょう。

それは、まるで小学生男子が「宿題をやりなさい!」と言われて「今やろうと思ってたのに~」とふてくされるがごとくです。

既婚彼から愛され続けるためには、焦って離婚をしてと言わないように注意してください。

本命という立場にあぐらをかかないで!彼に安心感を与える


ただの遊び相手でしかなかった時には、既婚彼から愛されたくて努力をしていました。

しかし、「釣った魚にエサをやらない」ということになってしまっていませんか?

手に入れた本命という立場にあぐらをかいて油断をしていては、その座からあっという間に陥落することになってしまいます。

既婚彼があなたを本命にしてくれたのは、あなたに本気で愛するだけの魅力があったからです。

既婚男性の多くは、癒しを求めて不倫をします。

そして、家庭よりも癒してくれる女性を本気で愛するようになるのです。

あなたは本命となってからも、既婚彼のことをこれまで同様癒せているでしょうか。

既婚彼は、あなたと過ごす時に安らぎを感じてくれているでしょうか。

既婚彼の本命彼女になれたからこそ、既婚彼を安心させる態度は大切です。

彼との関係に慣れ切ってしまわずに、これまで同様彼に癒しを与えるように心がけていきましょう。

やっと手に入れた本命彼女という立場を守るためにも、彼が必要としてくれる女性でいるようにしましょう。

彼の前では気を抜かない!きれいな自分でいるように心がける


既婚男性は、不倫相手の見た目の美しさも大切にします。

なぜなら、既婚男性は妻の気を抜いただらしない姿を見慣れています。

着飾らなくなった女性の姿を日々見慣れている既婚男性にとっては、きれいにオシャレをしてくれる不倫相手の女性はとても魅力的に感じられます。

既婚彼は、きれいな女性と共に過ごせることがとても嬉しいのです。

それなのに、あなたが奥さん同様気を抜くようになってしまったとしたら、彼はどう感じるでしょうか。

これでは、家で妻と過ごしているのと変わらないと感じてしまうでしょう。

「せっかくのデートにおしゃれしてくれなくなったなんて、もう俺のこと好きじゃなくなったのかな…」

こんな風に疑心暗鬼になってしまうかもしれません。

彼と会える時には、油断せずにオシャレをしてきれいな自分でいるように注意しましょう。

いつまでもきれいで自慢の彼女でいられれば、本命彼女の立場が揺らぐことはありません。

一度は本命彼女になれたのに…その後また遊び相手に戻ってしまわない為の対策

ホテル直行!そんなデートばかりにはNOと言おう


本命彼女から遊び相手に戻らないためには、しっかりと対策を立てて既婚彼と付き合っていきましょう。

不倫関係のカップルによくありがちなのが、会ったらすぐにホテル直行というデートばかりになってしまうことです。

人目を気にしなければならず、あまり会う時間もとれない不倫カップルがホテルをデート場所に選ぶというのは合理的です。

しかし、ホテルばかりになってしまうのは、遊び相手にする代表的な対応。

本命彼女であってもホテルばかりになってしまうと、既婚彼はあなたのことを遊びの関係でも満足してくれる女性だと思います。

そして、本命彼女から遊び相手に戻してしまうという悲劇が起こってしまうのです。

本命彼女になったのなら、本命彼女らしいデートをすることが大切です。

ホテルで体の関係を持つこともいいですが、そればかりが続いたときにはノーと言える自分でいるようにしましょう。

本命彼女は、体の関係がないデートでも、彼に満足してもらえるのです。

それは、体だけでなく心でも繋がっているから。

強い結びつきを得られたのに、ホテルデートばかりになって、その結びつきをほどいてしまわないよう注意してくださいね。

癒しが大切!不満顔ばかりになってはいけない


本命彼女となれても、不倫は辛いことの多い恋愛です。

既婚彼が大切に思ってくれているのは分かっていても、不満が出てきてしまうことも多々あるでしょう。

会いたいのに会えないことや、既婚彼が家族の待つ家に帰ってしまうこと。

そんな不満を顔に出してしまってはいけません。

せっかく一緒に過ごしているのに、不満顔の女性を誰が大切にしたいと思うでしょうか。

「そんな顔をするなら、遊び相手でもいいや」と既婚彼は思ってしまいかねません。

既婚彼と一緒に過ごす時間は、彼を癒してあげられるよう不満顔をやめましょう。

そうすれば、本命彼女として末永く愛されるようになります。

彼の都合も考えよう!わがままになってないかチェック


本命彼女として既婚彼に愛されている自信が生まれると、彼に対して謙虚な気持ちを忘れてしまうことがあります。

そんな気持ちになった女性は「私のこと好きなら、これくらいしてくれるよね」とわがままを言ってしまうことがあるのです。

男性にとって好きな女性のわがままは可愛いものですが、既婚となると事情は少し違ってきます。

既婚男性は、女性のわがままを受け止めることができません。

「会いに来て」と言われても、家庭のある既婚男性は会いにくることはできません。

「これ買って♡」も家計を妻に握られていれば、叶えてあげることは難しいでしょう。

だから、既婚男性は女性のわがままを負担に感じてしまいます。

本命彼女になったとしても、わがままを言って既婚男性を困らせていては遊び相手に戻ってしまう可能性は大!

もし、わがままを言いたくなった時には、既婚男性が叶えてあげられる程度のわがままにするのがポイントです。

「寂しいから、今度会ったら抱きしめて」

このくらいの既婚彼でも簡単に叶えてあげられるわがままなら、彼の負担にならずあなたのことを可愛いと感じられるでしょう。

いくら愛されていても、彼は既婚男性です。

彼の都合も考えてあげるようにすると、本命彼女としての座を守っていけるでしょう。

彼が好きになった私はどんな私?初心を忘れるな


既婚男性から、また遊び相手として扱われないためには、彼が好きな私をキープすることが大切です。

既婚彼は、あなたのどんなところを好きなのでしょうか。

それは、あなたのどこを褒めてくれていたかで知ることができます。

「きれいだね」や「可愛いね」と言われていた場合には、あなたの外見的な面に魅力を感じていることが分かります。

「優しいね」や「癒されるわ~」だった場合には、その時してくれた対応が気に入っているのでしょう。

彼の好きなあなたを、いつまでも保っていられれば、遊び相手に逆戻りなんてことは起こりません。

初めは遊び相手だったのに本命彼女になることができたのは、あなたが努力を続けたからです。

その努力は、本命彼女になったからと言ってやめていいものではありません。

いつまでも「彼の本命彼女になりたい!」と思った初心を忘れてはいけないのです。

彼のことを好きで、彼から愛されたいという気持ちを忘れずに行動していきましょう。

遊び相手から本命彼女へ!既婚男性から愛される女になろう


ほぼ遊びから始まると言っても過言ではない不倫愛。

しかし、初めは遊び相手だったとしても、付き合いを続ける内に本命彼女になれることもあるのです。

本命彼女となるためには、魅力的な女性となる努力が必要です。

あなたが目指すべきは、既婚男性の奥さんよりも素敵な女性。

奥さんよりもきれいで見た目に気を遣い、奥さんよりも彼を癒せる家庭的な女性を目指しましょう。

遊び相手だとしか思っていなくても、あなたの魅力に気がついた時には、既婚男性はあなたを本気で愛するようになります。

そして、一度本命彼女の座を手に入れたら、それを長く守っていきましょう。

本命彼女になれたことに油断せず、初心を忘れなければ大丈夫です。

遊び相手から始まった不倫でも、本命彼女となり長続きする不倫愛を育むことはできるのです。

おすすめの記事