不倫相手と喧嘩をしてしまった!ピンチの時に別れを回避して愛が深まる仲直りの方法マニュアル

『不倫相手との喧嘩』これ実は、相当なピンチです。

普通のカップルだって喧嘩をすれば別れのピンチがやってくるのに、不倫カップルならなおさらなのは、火を見るよりも明らか。

不倫カップルには十分な時間がありません。

喧嘩をしてもすぐに謝ることができずに、気まずいままの状態が長引いてしまい、またその間に誤解が生まれ…。

そんなことにならないためには、不倫関係での喧嘩の仲直りの仕方を知っておかなければなりません。

この記事では、不倫の恋に迷える女性に向けて、不倫の喧嘩の原因から仲直りする方法、喧嘩の回避術についてご紹介していきます。

不倫は、難しい関係です。

だからこそ、喧嘩をした時にもきちんと仲を修復し、絆を強められる二人になっていきましょう。

目次

不倫相手と喧嘩をしてしまう男性側の原因

家庭を優先!不倫相手をないがしろにしてしまう


不倫相手との喧嘩はなぜ起きてしまうのでしょうか?

不倫は結婚している相手との恋愛です。

好きな同士の恋愛関係という点では、普通の恋愛と変わりませんが相手が既婚者であると喧嘩の原因も変わってきます。

既婚男性は、不倫相手の女性に対する優先順位が低いです。

家庭を持つ彼らがまず優先するのは、家族のこと。

女性は、そんな既婚男性の態度に不満を感じます。

もちろん、そんなことは不倫を始める前から分かっていたことです。

不倫をする女性は、彼に家庭があるのは承知の上で付き合いを始めました。

だから、自分よりも家庭を優先されても、文句も言わずに耐えてきたのです。

ですが、既婚男性がそんな不倫相手の女性の態度に安心してしまい、さらに家庭を優先するようになったとしたら、女性の不満は耐えられないほどに溜まってしまいます。

「私のこと、何だと思ってるの!」

女性が不倫を続けられるのは、障害があっても既婚男性に思われていることが実感できるからです。

そして、その思われているという実感は、彼の行動によって感じることができます。

それは、家族のことを気にしながらも会う時間を作ってくれたり、奥さんの目を盗んで連絡を取ってくれたりする行動のことです。

それらがないと感じられてしまうと、その不満を既婚男性に対して爆発させてしまい喧嘩することになってしまいます。

既婚男性が不倫を不倫を始めたのは、家族があっても恋愛したいと思えるほどあなたに惹かれたからです。

そのことを忘れず、既婚男性のささいな言動からも彼の愛を感じ取れるようになっておきましょう。

「遊び相手なの?」会えばセックスばかりしてしまう


女性は不倫であっても、普通の恋人のように過ごしたいと考える人がほとんどです。

普通にデートをして、記念日にはお祝いをし合って、プレゼントを贈り合う。

そんな関係を、女性は既婚男性とでも望んでいるのです。

しかし、それに対して不倫をする既婚男性は、相手の女性の体目当てであることがほとんどです。

体目当てでないとしても、男性の性欲は女性が思うよりもずっと強いものです。

そのため、たまにしか会えない不倫相手とは、セックスをしたいと考えているもの。

だから、いつも不倫相手とのデートでは体を求めます。

一方、不倫相手の女性は、デートの度にセックスばかりの関係では不安を覚えます。

「いつも、会えばセックスばかり…。もしかして、彼って体目当てなの?」

こんな風に既婚男性の気持ちを疑うようになり、不倫関係に不満を感じるようになるのです。

そして、その溜まった不満を既婚男性にぶつけてしまえば、それは喧嘩となります。

「たまにしか会えないのだからセックスしたい」という男性の気持ちと、「セックスばかりでは愛されているか不安になる」という女性の気もちは相いれないものなのです。

不満は溜め込まずに、早いうちに「セックス以外のデートもしてみたい」と希望を伝えることで喧嘩になることを避けられるでしょう。

あなたが安心できるように、セックスの最中に「愛してる」とたくさん言ってもらうのもいいでしょう。

既婚男性「君のことが好きだからセックスしたくなるのだ」ということが十分に伝わっていれば、喧嘩にはなりません。

「こんなはずじゃ…」些細なすれ違いが続く


不倫カップルは、すれ違いから喧嘩になることが多く見られます。

それもそのはず、不倫カップルにはお互いをゆっくり理解している時間がありません。

家庭のある既婚男性は、仕事と家庭の両立だけでも忙しいのに、そこにさらに恋愛が加われば忙しくなるのは明らかです。

普通のカップルのように、毎週会うなんてわけにはいきませんし、連絡だってまともには取れません。

仕事が休みの週末は、家族と過ごしているので連絡をしても返ってこないことも多いでしょう。

そうなると、報・連・相がうまくできなくなるのです。

仕事でも報告・連絡・相談はとても重要ですが、恋愛関係でも超重要事項となります。

「分かってくれるだろう」と思って何も言わないのでは、相手に伝わることはありません。

些細なことでも報告・連絡し、相談することが円滑な恋愛関係を築くのです。

あまり連絡を取れないのであれば、会った時にはゆっくり話す。

あまり会えないのであれば、こまめに連絡を取り合う。

このどちらかをすべきですが、不倫カップルにはどちらも難しいものです。

こうなると、互いに誤解が生じ、すれ違いが起きてしまうことが増えます。

本当はお互いに思い合っているはずのカップルなのに、すれ違いが続くことで喧嘩に発展してしまうのです。

こんなことは、しっかりと意思疎通ができていれば起こらなかったこと。

不倫カップルは意識して、報・連・相を行っていく必要があるでしょう。

連絡不足!会えないなら連絡くらいはマメにして


女性が不満に感じやすいのは、既婚男性からの連絡が少ないことです。

女性というのはマメな連絡を好む生き物です。

LINEのラリーをするのが楽しく、好きな人とは用事がなくたって連絡したいと思うもの。

それなのに、既婚男性はあまり連絡をくれません。

不倫は周囲にバレてはいけない関係です。

そのため、連絡一つするのにも気を遣うことになります。

自宅で不倫相手と連絡をしていて、後ろを通った奥さんがふと画面をのぞき込む。

こんないかにもありそうなシチュエーションは、絶対に避けなければなりません。

ハートマークのついたメールが見られたりしようものなら、大変なことになってしまいます。

だったら、職場で連絡を取ろうと思っても、仕事中はうまく時間を作れないことも多いもの。

それに、職場でだって周囲の目が気にならないわけではありません。

壁に耳あり障子に目ありということわざが示すように、いつ誰が見ているかは分からないのです。

こういった理由で、既婚男性から不倫相手の女性への連絡はとても少なくなってしまいます。

それは、女性にとっては耐えがたいこと。

あまり会うこともできないのに、さらに連絡まで少ないとなればそれは喧嘩の原因となってしまいます。

既婚男性が連絡をするのは、とても難しいことだと覚えておくようにしましょう。

そうすれば、連絡が少ないことに不満を感じる気持ちが抑えられます。

不倫相手と喧嘩をしてしまう女性側の原因

「私って愛されてるの?」不安な気持ちを彼にぶつけてしまう


女性は、彼から愛されてると感じていれば満たされることができます。

心が満たされていれば、多少のことには目を瞑っていられるし、許せるものなのです。

しかし、心が満たされていないと、彼に対してもきつく当たってしまいがちです。

既婚男性との不倫は、彼の気持ちを疑ってしまうことばかりおきます。

「結局彼が一番愛しているのは、奥さんなんじゃないか?」

「私は、彼の遊び相手でしかないのでは…?」

不倫をしていると、色々なネガティブな感情が女性を襲います。

そして、そのネガティブな感情を友達に相談することもできません。

なぜなら、不倫の恋は秘密の恋。

友達に恋愛相談だってしにくいものなのです。

となると、ネガティブな感情は彼にぶつけるしかありません。

「私って愛されてるの?」「私ってあなたの何なの?」

しかし、こんなことを言われても既婚男性は既婚男性なりに不倫関係を維持しようと頑張ってくれています。

ネガティブな感情をぶつけられてもどうしていいか分からずに、喧嘩となってしまうのです。

不倫は、女性側が不安な気持ちになりやすい恋愛です。

その不安な気持ちとの上手な付き合い方を覚えていかなければ、既婚男性との喧嘩を避けることはできないでしょう。

「早く離婚して!」奥さんとの別れを迫る


不倫での代表的なNG行動の一つが、既婚男性に対して奥さんとの離婚を迫ることです。

大抵の不倫をしている既婚男性は、妻との離婚を考えてはいません。

中には、不倫の末に妻との離婚を選択する人もいないわけではありません。

しかし、離婚を選択する既婚男性も、不倫相手から急かされたからしたというわけではないのです。

むしろ、不倫相手が急かさずに待っていてくれたから、既婚男性は離婚をしたくなり、自分から行動を起こしたのだと言えるでしょう。

不倫中の既婚男性にとって、妻との関係に口を出されるのはとても嫌なものです。

妻と離婚するかしないかは、あくまでも自分が決めることであり、不倫相手からとやかく言われることではないと考えています。

それなのに、不倫相手の女性から「奥さんと離婚して」なんて言われると、それは十分に喧嘩の原因となります。

奥さんとの離婚は、彼が好きという気持ちから出た言葉であることでしょう。

未来の見えない不倫という関係に不安を覚え、つい口から出てしまったのかもしれません。

しかし、彼の家庭に関する問題に口を挟むのは、いくら不倫相手といえども行き過ぎた行動です。

そんなことをしてしまえば、既婚男性は離婚をしてくれないばかりか、不倫相手との関係の清算を考え始めてしまうことになるでしょう。

不倫をしている女性にとって、既婚男性の離婚を望む気持ちは当然のものです。

ですが、それを口に出してしまうことは、彼との喧嘩や別れにつながることだと、覚えておいてくださいね。

「来ちゃった!」既婚彼の自宅近くをウロウロ


不倫で絶対にしてはいけないタブーは、彼の家族を脅かす行動を取ることです。

あなたにそんなつもりはなくても、彼にとってそう感じられる行為は絶対にしてはいけません。

既婚男性に会えない週末、彼が何をしているのかついつい気になって彼の自宅近くをウロウロしてしまってはいませんか?

実はこの行動、既婚男性にとっては恐怖でしかありません。

あなたにとっては「休日の彼をちらっとでもいいから見たい!」という軽い気持ちだったとしても、彼からすれば「家族と鉢合わせしたら、どうするつもりだ?!」となってしまうのです。

既婚男性は、妻や家族と不倫相手を会わせたくはありません。

それは、あなたに不倫関係をバラす気持ちがあろうとなかろうと同じです。

「はじめまして。ご主人にはいつもお世話になっております」なんてしれっと言うことすらされたくはないのです。

なぜなら、既婚男性にとって不倫と家庭は完全に切り分けておきたいもの。

つまらない家庭生活を忘れるための不倫なのに、不倫相手が日常に浸食してきては困るのです。

そんなことをされては、不倫が急に色あせて見えてきてしまいます。

さらに、家の近くに来られるということは、脅しのようにも感じられる行動です。

「私は、いつでもあなたの自宅に突撃できるのよ」

「いつでもその気になれば、奥さんにバラせるんだからね」

何も言わずとも自宅近くに出没したと聞かされるだけで、不倫相手からこう言われているような気になるのです。

「来ちゃった」と突然彼のもとを訪ねていいのは、お互いが独身である時のみです。

どんなに彼のことが気になっても、彼の住む街をウロウロするのはやめておきましょう。

彼からは嫌がられ、喧嘩の元となってしまいます。

俺の事情も考えてよ!彼の都合を考えない行動


女性のわがままは、普通のカップルでも不倫カップルでも喧嘩の原因となります。

特に不倫カップルの場合は、独身である女性側が気遣わなくてはいけないことがたくさんあります。

彼は結婚している身であり、自分の意志だけですべての行動を決められません。

あなたに会いたくても家族の用事があれば、そちらを優先せざるを得ないのです。

彼が結婚していることを知らされていないならまだしも、既婚男性と知って付き合ったのならそこらへんは考慮してあげなくてはなりません。

まるで独身男性と付き合っているように「今すぐ会いに来て!」や「記念日には絶対デートしたい!」なんてわがままは通用しないのです。

彼も自分が既婚者だという負い目がありますから、最初の内はあなたのわがままに応えてくれようとするかもしれません。

しかし、そんなわがままが続けば、疲れてしまい喧嘩へと発展してしまいます。

不倫を長く平和に続けていくためには、既婚者である彼の事情を考えなければならないのです。

「なんで私ばっかり…」と不公平に感じることもあるでしょう。

でも、既婚男性を選んだのは他でもないあなた自身です。

彼が既婚者であるということを忘れずに、彼の事情を気遣ってあげられる女性になれれば喧嘩はなくなり、既婚彼から感謝されるようになっていけますよ。

喧嘩をした時に既婚男性が感じること

「面倒くさい…」もう別れようかな


不倫の喧嘩は、既婚男性にとって面倒くさいことだと感じられてしまいます。

多くの既婚男性にとって不倫は、日常を忘れられる癒しの空間や、楽しい気分になれる気軽な遊びの行為です。

にもかかわらず、喧嘩をしてしまうと二人の関係はギスギスしてしまいます。

ギスギスした関係では、既婚男性が不倫関係に求める癒しや楽しさを得ることができません。

もう一度元の関係に戻るためには、仲直りすることが必要となります。

しかし、仲直りしようにも二人の都合が合わなければ、会う時間を作ることもできないのが不倫です。

そうなると、既婚男性にとって急激に不倫が面倒なものに感じられてきてしまいます。

「もうこのまま、別れようかな…」

家庭や仕事の合間をぬって何とか不倫を続けてきた既婚男性ですが、喧嘩はその心をくじきます。

喧嘩をして気まずくなるというストレスを与えられるなら、こんな関係はもうやめてしまいたいと思ってしまうことになります。

喧嘩をした不倫相手から急に連絡が途絶え、関係を終わりにさせられることがあるのはこのためです。

仕事や家庭があり、不倫だけをしていればいいわけではない既婚男性にとって、喧嘩は不倫を面倒だと感じさせる出来事となります。

もどかしい!不倫の難しさを実感する


不倫での喧嘩は、仲直りのタイミングが難しいものです。

早く仲直りしたい気持ちがあっても、なかなか直接話し合う機会を作ることができません。

喧嘩となった原因も些細なことで、不倫関係でなければそれほどこじれることはなかったでしょう。

「すぐに謝ることができれば、仲直りできていたはずなのに…」

喧嘩をして仲直りしたいから謝る。

こんな簡単なことすらできない不倫という関係の難しさを、既婚男性は改めて実感することとなります。

既婚している身でありながら恋愛するということは、とても難しいことです。

それは、不倫を始める前も不倫中にも分かってはいたことですが、彼女との喧嘩という事態によってその難しさをさらに実感することとなります。

「喧嘩なんてしないで、仲良くしていたい!」

それなのに、謝る時間もろくに作ることができません。

早く仲直りしたいと焦る気持ちが既婚男性の中にあればあるほど、彼は不倫の難しさを実感しもどかしい気持ちになるでしょう。

こんな時には、直接謝らなくてもいいようなルールを作っておくとスムーズです。

『ニコニコした絵文字だけを送れば、それはもう怒ってないよというアピール』といったような、二人だけの決まり事を作っておくことをおすすめします。

どんなに相性ぴったりの二人でも喧嘩をしないとは限りませんから、あらかじめ解決策を考えておくのは重要です。

「こんな辛い思いをさせるなんて…」不倫の罪深さを知る


不倫関係での喧嘩で、既婚男性の中には罪悪感が生まれることがあります。

不倫はただでさえ、妻に対する罪悪感のある行為です。

それに加えて、喧嘩をすると喧嘩をした不倫相手にも辛い思いをさせることになります。

この事実は、既婚男性にとてつもないダメージを与えます。

「妻を裏切って不倫を始めておきながら、不倫相手にも辛い思いをさせるなんて、何をやっているんだ俺は…」

というような気持ちになってしまうのです。

どんな不倫をする既婚男性にも、一度は結婚しようと考えたほどの女性を裏切る罪悪感はあるものです。

裏切った結果、妻とは別の女性を楽しませることができていれば、まだ既婚男性の精神バランスは保たれます。

しかし、喧嘩をして不倫相手の女性にまで辛く悲しい思いをさせてしまったとなれば、既婚男性の中の罪悪感は膨らんでいきます。

不倫相手の女性が辛い思いをしている様子を見て、既婚男性は思うのです。

「俺は、何て罪深いことをしているんだ」

これは、既婚男性に不倫を続けるかどうかを考えさせるほどのものとなります。

喧嘩が長引いたり、女性側がひどく落ち込んだ様子を見せるとこの傾向は強まります。

彼に不倫をやめさせたいのでなければ、喧嘩なんて何でもないという顔をしてなるべく早く修復させるのがいいでしょう。

既に妻に辛い思いをさせている既婚男性にとって、不倫相手にも悲しい顔をさせるのは耐えがたいことなのです。

不倫で喧嘩を回避する為に出来る対処法や愛情の深め方

「分かってくれてるだろう」は禁物!思いはしっかり伝える


不倫の喧嘩は修復がとても難しいものです。

だったら、喧嘩をしないように努めなくてはなりません。

喧嘩を回避することこそが、不倫を順調に続けていくコツと言えるでしょう。

喧嘩になってしまうのは、お互いの思いがきちんと伝わっていないからでもあります。

既に喧嘩の原因でお伝えした通り、女性は相手からの愛情をきちんと感じることができれば、どんなことでも耐えられます。

愛されていないと感じることで、これまでの不満が噴出し喧嘩となってしまうのです。

既婚男性にとっては、「不倫を続けてるんだから、好きに決まってる」かもしれませんが、その愛情はきちんと彼女に届いているでしょうか?

また、女性の方でも変に彼の愛情を疑うことなく、素直な気持ちで付き合っていけているでしょうか?

不倫関係においては、連絡を取りづらく、会う頻度も少ないからこそ意思疎通が大事なものとなります。

「分かってくれているだろう」は、不倫ではとても危険なことです。

「好きだよ」といった好意を伝えることもそうですが、不満もたまって爆発する前に彼に伝えるようにしましょう。

「そろそろ、会いたいな」とか「寂しい」といったことも、溜まって爆発する前に伝えれば喧嘩になるのを避けることができます。

思いを我慢した結果、いつか爆発してしまうのでは意味がありません。

上手に感情を小出しにできるようになり、喧嘩を避けられるようになっていきましょう。

この愛は不倫!彼が既婚者であることを忘れない


不倫をしている女性は、不倫をしているのだということを忘れないようにしなくてはなりません。

あなたが好きになったのは、結婚している男性です。

あなたの前では、家庭があることを感じさせずに、たくさんの愛を注いでくれているかもしれません。

けれど、彼には帰る家庭があります。

そのことを忘れてしまい、普通の彼女のように振る舞うと途端に不倫関係はうまくいかなくなってしまうでしょう。

「もっと会いたい!」と言っても、仕事と家庭のある彼にとってはそれは難しいことです。

「これ買って♡」なんてプレゼントのおねだりも、家計を奥さんに握られていれば叶えることは難しいでしょう。

こんな発言は、彼が既婚男性だということを忘れていなければ、するはずのない発言です。

彼の事情をきちんと理解してあげていれば、このような態度になることはありません。

あなたの前でどんな姿を見せていようとも、彼が既婚であるという事実は変えられないことです。

女性側がそのことを忘れず、彼のことを気づかってあげれば、不要な喧嘩はなくすことができます。

彼の立場を思いやることを忘れることが、喧嘩へと繋がってしまうのです。

どんなに彼が愛してくれていたとしても、あなたがしているのは不倫なのだということは忘れないようにしていきましょう。

それほんとに言っていいこと?メールや発言の前にはよく考えて


不倫に限らず売り言葉に買い言葉で、カッとなって言いたくもないことを言ってしまうことってありますよね?

そんな時、普通のカップルなら冷静になった時に、すぐに謝ることで解決することができます。

しかし、不倫カップルは冷静になった時にすぐに謝れるとは限りません。

カッとなってしてしまった発言を反省しても、そのことを伝える機会がすぐにやってくるとは限らないのです。

謝る機会がないまま、二人がぎくしゃくして別れを選んでしまう…。

こんなことにならないためには、発言やメールの前によく考えることが重要です。

「本当にこれって彼に伝えていいことなの?」

口に出す言葉や、送るメッセージは、一度自分の中でしっかりと考えることが大切。

一度伝えてしまった言葉やメッセージは、取り消すことができません。

「これを伝えたら、いったい彼はどう感じるのだろう」と彼の立場になってみて、思いを伝えるようにしましょう。

特に、カッとなっての発言は要注意。

喧嘩にならないように、発言の前にはよく考える習慣をつけて、不倫の付き合いをスムーズなものとしていきましょう。

喧嘩をした後に不倫相手と上手に仲直りする方法

意地をはらない!素直にごめんねを伝えよう


どんなに気を付けていても、カップルであれば喧嘩をしてしまうこともあります。

不倫カップルの喧嘩は長引かせないようにするのがポイントです。

ただでさえ、会ったり連絡したりできるチャンスが少ないのに、喧嘩が長引いてしまえば別れる確率が高まってしまいます。

『喧嘩をして絆が深まる』というのは、会いたいと思った時に会える普通のカップルだから言えることなのです。

不倫では喧嘩をした後は、意地をはらず素直に謝るようにしましょう。

意地をはっていては、余計に関係がこじれ、仲直りが遠のいてしまいます。

喧嘩となった原因には様々なものがあり、色々と思う所もあるでしょう。

ですが、既婚男性と別れたいのでなければ、意地をはっていてはいけません。

そんなことをしていても、既婚男性はあなたの気持ちを察してくれたりなどしないのです。

喧嘩をした後は、まず素直になることが必要です。

あなたが彼との別れよりも仲直りを望んでいるのなら、素直にごめんなさいと伝えられる自分になりましょう。

素直になることは簡単なようで、難しいことです。

しかし、素直になることができれば、ほとんどの喧嘩は解決できるもの。

彼との関係をこれからも続けていきたい気持ちがあるのなら、素直になりその気持ちを彼に伝えていきましょう。

いつまで意地をはるつもりですか?

なかなか会えない時には焦らない!ごめんと伝えてそっとしておく


不倫カップルの喧嘩は、なかなか謝る機会を作れないことが問題の一つです。

お互いにこれ以上こじらせたくはないのに、会って謝ることができずに、ただただ気まずいまま時間だけが過ぎていく。

こうなってしまっては、ますます喧嘩を終わらせ仲直りすることができなくなってしまいます。

不倫カップルの喧嘩は、直接会って謝ることにこだわらなくても大丈夫なのです。

喧嘩をし、仲直りしたいと思えたその時には、まず「ごめんね」だけは伝えるようにしましょう。

「ごめんね」を伝えることで、彼にはあなたの仲直りしたい意思が伝わります。

相手がどう思っているか分からないまま、日々を過ごしているのは男性にとっても不安なこと。

「彼女からの連絡もないし、もう駄目なのかな…」

「そんなに彼女が怒っているなら、もう不倫は終わりにしよう…」

ごめんねと伝えないで、喧嘩中の日々を過ごしていると、既婚男性の頭には別れがよぎります。

それを防ぐためにも、まずは会えなくても「ごめんね」だけは伝えておくことが大切なのです。

彼女に謝る意思があることが伝われば、彼の考え方も変わってきます。

ただし、この「ごめんね」には返事を求めないようにしてください。

大事なのは自分の思いを伝えることだけです。

それを受けて、彼がどう考えるかは彼の自由となります。

返事を急かされると良い気はしませんし、彼にも考える時間は必要です。

不倫カップルが喧嘩をした時は、会って謝ることにこだわらずまずは「ごめんね」だけを伝えて、そっとしておくようにしましょう。

そうすれば、既婚男性の考えがまとまった頃に連絡をくれるでしょう。

「ごめんね」を伝えないまま、時間だけが過ぎると、喧嘩はこじれてしまいます。

相手を責めない!自分の非を認めよう


喧嘩の時に重要なのは、自分の非を認めることです。

不倫関係は、男性側に結婚しているという負い目があります。

喧嘩をした時には、その負い目をつつきたい気持ちになる女性が多いでしょう。

ですが、既婚彼に向かって「結婚してるくせに!」なんて言ってはいけません。

そう言われてしまうと、既婚男性はどうすることもできなくなります。

「だったら、結婚してない男と付き合えよ!」という気持ちにしかなれないことでしょう。

喧嘩の時に大切となるのは、相手を攻撃することではありません。

相手を攻撃し謝らせたとして、相手にはあなたへの不信感や恐怖心が高まるだけです。

一度は謝らせてうまくいったように見えても、段々と関係はうまくいかなくなってしまうでしょう。

喧嘩をした時には、相手を責めるのではなく、自分に悪い点がなかったか我が身を省みるようにしてみるのがおすすめ。

男性から見て自分の非を素直に認められる女性というのはとても魅力的ですし、これからも上手に付き合っていけそうな気がします。

相手を責めるのとは、まったく違う反応が得られるのです。

既婚男性と喧嘩となった時には、彼を責めたい気持ちはグッとこらえ、自分に悪い点がなかったか反省するようにしてみましょう。

そうすることができれば、仲直りした後でもその反省を活かし、不倫関係を上手に続けていくことができます。

自分を見つめなおす!どうすればこれからの二人は上手くいく?


喧嘩には、何かしらの原因があります。

その原因を取り除かずに仲直りしても、また同じことを繰り返すことになるでしょう。

仲直りしたように見えても、問題を先送りにしただけというのはよくあることです。

それでは、本当に喧嘩を解決したとは言えないのです。

不倫カップルの間に喧嘩が起きた時には、自分を見つめなおす良いチャンスです。

どうして喧嘩は起きたのか、そしてこれからどのようにすれば二人の間に喧嘩は起きないようになるのか。

このことについて、一度じっくり真剣に考えてみるようにしましょう。

自分を見つめなおし、彼との喧嘩の原因を解決できると思えれば、これからの二人は上手くいくでしょう。

逆にいくら考えてみても、喧嘩の原因を解決できそうにない時には、たとえ仲直りしたとしても彼との関係は上手くいきません。

どうすれば彼との関係が上手くいくのか、自分なりにしっかりと考えてみる時間が必要です。

そうやって自分自身を見つめなおす機会がもらえたと思えば、喧嘩も無駄ではありません。

せっかく喧嘩をしたのだから、喧嘩によって自分を成長させ、既婚男性と上手に付き合っていける女性へと成長しましょう。

不倫相手との喧嘩は別れのピンチ?!仲直りは迅速に


誰だって恋人との喧嘩はしたくありません。

しかし、不倫カップルは不満を抱えやすく、喧嘩になることもあります。

彼が既婚男性だということも不満なのに、会う頻度や連絡の回数など女性から見て不満に感じられることが、不倫の付き合いにはたくさんあるのです。

女性の我慢が限界に達し爆発してしまい喧嘩になると、仲直りするのも難しくなってしまいます。

なぜなら、不倫カップルは謝る時間を作ることが難しいのです。

会おうと思った時に、すぐ会えるわけではないのが不倫という関係。

お互いに相手を思いやる気持ちで何とか保っていた関係なのに、喧嘩をするとそれが一気に崩れ去ってしまうことになるのです。

そんな時に知っておいて欲しいのは、なるべく早く仲直りすることが大切だということです。

謝れないまま時間だけが過ぎてしまうと、二人の関係はぎくしゃくし亀裂が入ってしまいます。

そんなことになってしまえば、関係修復はとても難しいものとなってしまいます。

これからも彼との付き合いを続けていきたい気持ちがあるのなら、喧嘩をした時には素直になり自分から謝る勇気を持つようにしましょう。

意地をはって謝らずにいたのでは、彼との関係は壊れてしまいます。

既婚男性のことを好きな気持ちがあるのなら、不倫の喧嘩は長引かせないようにすることが大切なのです。

おすすめの記事