既婚の元彼から連絡がきた時の対処法!結婚していても元カノに連絡を入れてしまう男性の心理

元彼の結婚は、何となく切ないものです。

しかし、それは彼に気持ちを残しているからではありません。

単に、彼と付き合っていた頃の気持ちを思い出してしまうからなのです。

そんな切ない思いを抱えつつ、結婚を祝福したはずの元彼から連絡がきたとしたら、女性は悩みを抱えることになります。

「どうして、元彼は結婚したのに私に連絡してくるの?」

こんな悩み事はよく起きることです。

この記事では、既婚者となった元彼が元カノに連絡してしまう理由から、その対処法についてまでご紹介していきます。

今も連絡の取れる元彼とは憎み合って別れたわけではなく、連絡が来れば懐かしい気持ちにもなるでしょう。

ですが、その懐かしさから元彼と不倫関係になってしまえば、あなたが苦しむことは目に見えています。

既婚の元彼から連絡がきても、それを断れるようになっておきましょう。

不倫は誰のことも幸せにはしてくれません。

自分を守ることができるのは、自分だけなのです。

目次

結婚していても元カノに連絡してしまう時の既婚男性の心理

「元カノは全員俺への気持ちを残している」男性の愚かな思い込み


多くの男性は、「過去に付き合っていた女性は、全員まだ自分のことが好きだ」と思っています。

彼らには想像力が欠如しており、自分が元カノと別れて今の妻と結婚したように、元カノも心変わりしているだろうということが分からないのです。

こんな考えを持つからこそ、彼らは自信満々で元カノに連絡をしてきます。

自分から連絡が来たら、元カノは喜ぶだろうと考えているのです。

普通に考えれば、別れた元交際相手に連絡をするというのはためらわれることでしょう。

だから、元彼から連絡が来た女性は、何かよっぽどのことがあったのかなと思います。

ですが、彼は特に重要な用事などなく連絡をしてきます。

それは、彼にとっては慈善事業のようなものです。

なぜなら彼は『結婚したのに、まだ元カノから好かれてしまっている俺』なのですから。

自分のことを好いていてくれる女性に連絡するのは、当然だとでも考えているのでしょう。

こういった心理で連絡をしてくる元彼のことは、あまり気にしなくてOKです。

連絡に何か深い意味があるわけではなく、あなた以外の元カノにも手あたり次第連絡をしているはずです。

「一度、恋愛関係にあった女性は、今でも俺のことが好き」

このような男性の愚かな思い込みが、結婚していても元カノに連絡をするという行為を彼にさせているのです。

「新規開拓は怖い…」関係のあった元カノになら連絡しやすい


結婚生活では、いろいろなことが起こります。

よっぽど浮気性の男性でなければ、結婚をした当初には当然浮気をするつもりなどありません。

一生一緒にいるつもりで結婚をした男性ですが、浮気心が芽生えてしまうことも結婚生活の中では起こるのです。

ですが、浮気をしたい気持ちになったとしても、男性は簡単に行動を起こすことはできません。

不倫が悪とされるこの世の中において、不倫相手を一から見つけ出すというのは簡単なことではないのです。

一から見つけ出すのが難しいと考えた彼は、ひらめきます。

「そうだ!元カノに連絡しよう」

一度、関係のあった女性であれば、連絡をしやすく再び関係を持ちやすいと考えるのです。

このような心理になった彼は、元カノに連絡をしてみます。

そして、何気ない話をしながら、元カノの現況を探り出し不倫相手になってくれそうかどうかを見極めるのです。

つまり、結婚した元彼から元カノへの連絡は、不倫相手になってくれそうかなという探りなのです。

結婚した彼は、手あたり次第女性に声をかけるわけにはいきません。

既婚者という立場がある彼は、身近な女性にアプローチをしてしまい変な噂が立つのを怖れます。

結婚さえしていなければ、いくら女性に声をかけようと問題はありません。

しかし、結婚している彼にはそれができません。

だから浮気心を抱いた彼は、元カノに連絡してくるのです。

「あいつどうしてるかな?」連絡するついでにあわよくば…


男性はふと元カノのことを懐かしく思い出すことがあります。

それは、幸せな結婚生活を送っていてもいなくても変わりがなく、定期的に思い出してしまうものなのです。

そして、そのタイミングで何気なく連絡してしまいます。

いわゆる『俺通信』と言われる、女性にとって不可解な男性の行動ですね。

元カノを懐かしく思い連絡をしようと思うものの、何を送っていいか分からない彼らは、自分の近況報告を送ってきます。

女性にとって意味が分からない行動の裏には、元カノに自分のことを忘れて欲しくないという男性の思いが隠されているのです。

それで『おはよう!いい天気だね』なんて、中身のない連絡を送ってくるのです。

彼らは表向きは元カノのことを懐かしく思い「どうしてるかな?」と思って連絡をよこしてきます。

ですが、その裏には「あわよくば、焼けぼっくいに火をつけたい」という思いもあります。

元カノが自分の連絡に対して、良い感じの返信をしてくれたなら、そこからグッと踏み込んで恋愛をしたいと思っているのでしょう。

こんな「あわよくば…」の連絡に、返信する必要などありません。

昔付き合っていた彼に対しては懐かしい気持ちもあり、女性側もついつい返信してしまいがちです。

ですが、連絡のラリーが続けば、懐かしさと恋愛感情が混同してしまい、既婚者の元彼との不倫という泥沼へと足を突っ込むことになってしまいます。

懐かしくても、彼は既に結婚してしまっているということは忘れないようにしましょう。

「優しかったよね…」元カノなら相手してくれそうという気持ち


結婚した元彼は、時に寂しい気持ちになります。

結婚し妻という理解者を得たはずの彼ですが、結婚生活の中では寂しい気持ちになってしまうことも多いのです。

そんな時、彼の頭の中に浮かぶのは元カノのことです。

「あいつ優しかったよなぁ…」

思い出というのは美化されるものですから、彼は付き合っていた時のいい面ばかりを思い出しています。

それほど、元カノに優しくされていたわけではなくても、優しくしてくれた思い出を引っ張り出してきて彼は懐かしむのです。

そして、元カノなら今の寂しい気持ちを癒してくれるだろうと思い連絡をしてきます。

結婚しているのに元カノに連絡をしてくる彼は、弱っています。

そんな彼の様子を見ると元カノとしては、優しくしてあげたい気持ちになるかもしれません。

ですが、彼が本来優しくしてもらうべきは、妻のはずです。

寂しいなら結婚相手として選んだ妻と向き合い、癒してもらうべきです。

あなたが元彼に優しくしてあげたとしても、それは彼の逃げ場にしかなりません。

連絡をしてきた既婚の元彼に優しくしてあげても、あなたも元彼も苦しい思いをすることになるだけでしょう。

優しかったあなたとの記憶を掘り起こし連絡してきた彼ですが、それに応えることはあなたのためにはなりません。

「あの子なら優しくしてくれるだろう」

そう元彼に見くびられているのだと思いましょう。

「元カノと連絡を取りたい」と感じる既婚男性のきっかけ

妻とケンカした!腹いせに浮気をしてやろう


既婚彼が元カノに連絡をしたいと感じるのには、きっかけがあります。

そのきっかけの1つが、妻とのケンカです。

毎日顔を合わせる妻とは仲が良い時ばかりではなく、ケンカをしてしまうこともあるでしょう。

一緒に生活する中で、お互いを尊重し合って生きるというのはストレスのたまることです。

夫婦は時にはぶつかり合い、ケンカをしてしまいます。

そしてケンカをした勢いで、妻の嫌がることをしてやろうという気持ちになることがあるのです。

ケンカをして妻に腹を立てた彼は、腹いせに浮気をしてやろうと思います。

そして、その浮気の相手として頭に浮かんでくるのが、以前に付き合っていたことのある女性なのです。

元カノとは一度恋愛関係になったことがあります。

つまり一度は惹かれ合った男女なので、全く関係のない女性と浮気をしようとするよりも、浮気の成功率は上がるのです。

妻とケンカし、妻の嫌がることをしたいと考えた男性は、お手軽な浮気の相手として元カノをチョイスします。

しかし、その腹立たしい気持ちは一瞬のもので、彼の気が済めば消えてなくなってしまうものです。

元彼からの連絡を受けて、あなたの恋心が再燃しても、彼がその気持ちに真剣に応えてくれることはありません。

浮気したいけどいい女性がいない!元カノならワンチャンある


結婚した元彼が連絡してくるのは、圧倒的に浮気心を抱いたことがきっかけです。

「浮気をしたいけれど、周りには浮気できそうないい女性がいない」

そんな時に既婚者の男性は、昔付き合っていた女性のことを思い出します。

元カノは、かつて彼が付き合いたいと思った魅力的な女性です。

何らかの事情があって別れることにはなったけれど、彼女にしたいと思えた彼の好きなタイプの女性には違いありません。

だから、元彼は結婚しても元カノのことが忘れられずに、浮気をしたくなったら連絡してっくるのです。

元カノに連絡してくる彼は、あなたの見た目がタイプであるだけではなく、体の相性も良かった可能性が高いでしょう。

既婚者の浮気はセックスありきのものです。

いいセックスができるかどうかは、体を合わせてみなければ分からず、せっかく不倫相手を見つけても体の相性が悪ければ、彼は満足することができません。

その点、かつて抱いたことのある元カノであれば、体の相性は既に分かっています。

だから、安心して元彼はあなたに連絡を取ることができるのです。

浮気をしたいと思った彼は、「元カノなら好みのタイプだしワンチャンある!」と思って元カノに連絡をしているに過ぎません。

「結婚しても、お前のこと忘れられなかった…」

なんてことはなく、浮気相手としてちょうどいいと思われているだけです。

本当に忘れられないなら、他の女性と結婚するわけがありません。

セックスレス!誰でもいいからヤラせてくれ!


結婚した既婚者の彼が、元カノに連絡をしてくるきっかけは妻とのセックスレスです。

結婚するということは、もう配偶者以外とはセックスしないということを示しています。

しかし、それは夫婦間に定期的にセックスがあることが前提です。

その前提が守られず妻とセックスレスになると、男性は性欲を発散させる場がなくなり困ってしまいます。

溜まりに溜まった性欲は、彼に「誰でもいいからセックスしたい!」と思わせます。

そして、手あたり次第、セックスできそうな相手に連絡を取るという行動に出るのです。

こんな元彼が連絡しているのは、あなただけではありません。

男性にとって性的欲求が満たされないというのは、非常に大きな問題です。

その問題を早く解消するべく、彼はセックスさせてくれる可能性のある女性すべてに連絡を取っています。

セックスという大きなご褒美を封じられた彼は、必死で妻の代替品を求め元カノに連絡をするなんてみっともないだとかいうことは、もう考えられません。

セックスレスなこと以外、妻に不満はなくても、彼は我慢できません。

誰でもいいからセックスさせてくれる女性を探して、元カノにも連絡をしてくるのです。

こんな彼の連絡に応答してしまっては、ただの性欲解消のための相手になるだけです。

既婚者の元彼の性欲を解消してあげることほどみじめなことはないでしょう。

「慰めてほしい…」何か辛いことがあった時


既婚者の元彼は、何か辛いことがあったのをきっかけとして、元カノに連絡してきます。

「辛いことがあったのなら、奥さんに言えばいいじゃん」と思いますが、そう簡単にはいきません。

そもそも辛いことの原因が妻にある場合もありますし、辛い気持ちは妻では埋められないこともあります。

男女間の格差はなくなってきたとはいえ、男性の中にはまだまだ『男は女を守るもの』という価値観があります。

ゆえに、妻という自分が一生をかけて守ると誓った相手の前では、弱い部分を見せられないという男性も多いのです。

だから、彼は何か辛いことがあっても、妻に慰めて欲しいと甘えることはできません。

しかし、彼の中に慰めてほしい気持ちがないわけではないのです。

慰めてほしいのに妻に慰めてもらうことはできないとなれば、別の人に慰めてもらうしかありません。

そんな彼が思い出すのが、かつて付き合っていた女性です。

交際中は『男が女を守る』という価値観から、元カノにも甘えられなかった彼ですが、もう交際関係にない元カノは守らなければならない存在ではありません。

そのため、自分の弱い部分を見せることもできるし、辛いことを詳細に話して慰めてもらうこともできるのです。

元カノに連絡をしてくる既婚彼は、精神的に弱っていて優しくされることを望んでいるのです。

元カレから連絡がきたときに彼の気持ちが「遊びじゃない」と分かる方法

記憶があるのは気持ちがあるから!二人の思い出をよく覚えてる


結婚したのに元彼から連絡がくるのは、多くの場合が遊びです。

家庭を壊すつもりはないけれど、ちょっと遊びたい気持ちになった。

こういった心理の男性がほとんどで、その多くは女性が相手にすべきものではありません。

ただし、中には遊びではない気持ちで連絡をしてくる元彼もいます。

彼の本気度は、彼の記憶に表れます。

本当に気持ちがあって元カノに連絡してきたのであれば、結婚していても元カノのことが忘れられなかったはずです。

結婚したのにも関わらず、元カノのことばかり思い出してしまう。

だから、彼は元カノに連絡をしてきたのです。

元カノのことが忘れられなかった彼は、何度も元カノのことを思い出してばかりいたので、記憶が鮮明です。

二人の間に起きた些細な出来事も覚えており、元カノに気持ちが残っていたことが伝わってくるでしょう。

ただの遊び相手として思い浮かんだだけの相手であれば、こんなにも彼の記憶は鮮明ではありません。

結婚した元彼の気持ちを確かめたかったら、彼の記憶を探ってみましょう。

あなたが忘れているようなことまで覚えてくれていた場合、彼の気持ちは遊びではないでしょう。

既婚の元彼から連絡が来た場合には、二人の思い出話をして彼の気持ちを確かめるのが良い方法です。

体目当てじゃない!すぐに体の関係に誘われない


結婚した元彼が元カノに連絡してくる時、それが遊びであれば彼の目的は女性の体です。

「妻以外の女性とセックスをしたい」という動機が、彼に連絡を取らせているのです。

しかし、彼の気持ちが本物であった場合にはどうなるでしょうか。

彼は遊びではなく本気の相手には、すぐに体の関係を誘ったりはしません。

だから、連絡が来るようになっても、セックスに誘われないのであれば彼の気持ちは本気だと思っていいでしょう。

彼の中には、元カノを大切に思う気持ちがあると言えます。

もし遊び相手だと考えているのなら、彼はすぐにセックスに誘います。

なぜなら、彼にとってはそれだけが目的であり、元カノがセックスに応じてくれるかどうか早く知りたいからです。

遊び相手には時間をかけることすらもったいなく感じられ、連絡を取り始めた早い段階で体の関係に誘うでしょう。

ですが、それをせずゆっくりと時間をかけてくれるのは、女性のことを大切に思う気持ちがあるからです。

たとえセックスができなくても、その女性と連絡を取る意味があると考えており、それは女性への本気の気持ちがあるからです。

男性は遊びの相手には体の関係だけを求めますが、元彼がそういった態度を見せない時には、彼は遊び目的であなたに近づいてきたのではなさそうです。

「また彼からメール…」連絡頻度が高く冷たくあしらっても諦めない


遊びたい気持ちで元カノに連絡をしてくる男性は、軽い気持ちで「返事があればラッキー☆」くらいの気持ちで連絡してきています。

だから、元カノからの返信がないとすぐに諦めてしまいます。

連絡が取れればラッキー程度の軽い気持ちしかないと、連絡がなければそれで終わりで、彼はまた別の人に連絡を取るでしょう。

ですが、遊びじゃない気持ちの場合、元カノから連絡が返ってこないくらいでは、彼はその気持ちを諦めることはできません。

女性にとっては結婚した元彼からの連絡なんて煩わしく感じられますし、返事をしないかしても冷たいものであることも多いでしょう。

そんな対応をすれば、彼からの連絡は途絶えて当然ですが、本気の場合は違います。

どんなに冷たくあしらわれても彼は諦めず、連絡をしてくるのをやめないでしょう。

「また、元彼からメールが来た…」

女性が困惑するほどの頻度で連絡を送ってくる元彼は、遊びの気持ちではありません。

遊びであれば連絡も返してくれない冷たい女性に連絡を送り続けるのは、あまりにも効率が悪すぎます。

元々、連絡を取るのが得意ではない男性が、女性に冷たくされても諦めずに連絡を送ってくるのは、そんなことくらいでは諦められない強い気持ちがあるからなのです。

連絡をよこしてきた元彼の気持ちが遊びなのかどうかを知りたい時には、彼からの連絡は冷たくあしらってみてください。

それで彼が諦めてしまうかどうかで、彼の本気度を量ることができます。

元カレから不倫に誘われた!うまく彼をかわして諦めさせる方法

「今、彼氏がいて幸せなの」のろけることで彼を拒否


元彼から不倫に誘われてしまったら、うまくかわす方法を身に付けておくのが大切です。

元彼への情から不倫関係になってしまえば、傷つくことになってしまいます。

昔付き合いのあった彼をきっぱりと断るのは難しいことかもしれませんが、それをしなければずるずると不倫関係に引きずり込まれてしまいます。

そうならないためには、元彼から連絡が来た最初の内が肝心です。

最初に「こいつはイケる!」と思われてしまうと、彼はグイグイと迫ってきてしまいます。

そう思わせないためにも、元彼に対して現在の彼氏ののろけ話をするようにしましょう。

元彼はあなたと不倫関係になれるかどうかを探るためにも、あなたの現在の恋愛について質問してくるでしょう。

今現在の恋愛について、元彼に聞かれた時には彼をかわす大チャンスです。

「今、すごくカッコいい彼氏ができて毎日幸せなんだ♡」

こんな風にのろけてみせれば、元彼は自分の入り込む隙はなさそうだと感じ離れていくでしょう。

元彼に付け入る隙を見せないことが大切なのです。

もし実際には今彼氏がいないのだとしても、いると言ってください。

結婚しているのに元カノに連絡をしてくるような男性に対して、嘘をつくのをためらう必要はありません。

今の彼氏とのラブラブっぷりをアピールして、結婚した元彼を撃退していきましょう。

元カノが現在恋愛中だと分かれば、気軽な気持ちで連絡してきた元彼は諦めるしかなくなります。

素敵な彼氏がいるのに、わざわざ結婚した元彼と不倫しようとする女性はいません。

「不倫はしないって決めてるの」可能性がないことをはっきり告げる


結婚した元彼から不倫に誘われたら、はっきりと断る態度が必要です。

はっきりと断らないから、いつの間にか気づいたら不倫関係になってしまうのです。

不倫をすることは、女性にとってとてもリスクの高いものとなります。

もし彼の妻にバレれば慰謝料請求される可能性もありますし、周囲に不倫がバレれば生きづらくなってしまいます。

こんな不倫をわざわざしたい人はいません。

そのことをはっきりと彼に伝えればいいのです。

「私、不倫はしないって決めてるの」

こう言われれば、結婚している彼は言葉をなくしてしまうでしょう。

結婚している自分が恋愛をする以上、それはどうしても不倫ということになってしまいます。

相手が絶対にそれをしないと言っている以上、彼にもう打つ手は残されていないのです。

「でも、本当に好きなんだ」

彼は苦し紛れに本気の気持ちだとアピールしてくるかもしれませんが、それでもポリシーは貫き通しましょう。

「でも、それって不倫するってことだよね?」

こう言われてしまえば、彼はもうあなたを諦めるしかなくなります。

しつこい元彼を諦めさせうまくかわすためには、はっきりと自分の信条を伝えるようにしていきましょう。

言葉にして伝えなければ、彼にはその思いは伝わりません。

「ごめん。その日は空いてない」のらりくらりとかわして察してもらう


元彼の不倫の誘いをうまくかわしていくためには、元彼と会わなければいいのです。

どんなに誘われても会わなければ、二人の関係が始まることはありません。

彼の会おうとする誘いをのらりくらりとかわしていれば、不倫に引きずり込まれることはないのです。

二人が会うためには、二人の予定を合わせる必要があります。

二人に会う気があって、二人で協力するから、会う予定というのは立てられるのです。

一方に協力する気がなければ、二人は永遠に会うことができません。

ということは、女性の側に会う気がなければ、二人が会って不倫関係になることはないのです。

彼からどれだけ誘われようとも「ごめん。その日は空いていないんだ」と言って、会う約束をしないようにしましょう。

はっきりと断っているわけではありませんから、最初の内は彼はたまたま都合が悪かったのだと思い、また女性を誘おうと考えます。

ですが、何度誘っても彼女と都合が合うことはありません。

そんなことが何度も続く内に、彼は「これは脈なしだ」と察するようになるでしょう。

このように会わないだけで、彼は勝手に諦めてくれるのです。

どんなに彼を懐かしく思う気持ちがあっても、決して彼と会ってはいけません。

実際に会ってしまうと、流されてしまう女性は多く、男性もそのことを知っています。

会うことができれば何とでもなると思っているから、彼は何度も会おうと誘ってくるのです。

誘い文句に下心が感じられないとしても、既婚の元彼とは会わないようにするのが賢明な判断だと言えるでしょう。

その後も元カレから頻繁に誘われてしまう時に効果的な撃退方法

「本気なら奥さんと別れてからにして!」筋を通すことを求める


一度、元彼からの不倫の誘いを断ったにもかかわらず、また誘われてしまう時には元彼の不倫への期待にとどめを刺す必要があります。

「本気なら奥さんと別れてからにしてよ」

こんな風に、きっちりと筋を通すことを彼に対して求めてみましょう。

妻を出されたことで、まず彼の気持ちを萎えさせることができます。

さらに、家庭を壊すつもりはなく、ただ遊びたいだけの彼は離婚を持ち出されたことでビビります。

ハートが強い男性だったら「分かった。奥さんと別れるから付き合って」と言い返してくるかもしれませんが、この言葉に騙されてはいけません。

妻と別れるという既婚男性の言葉が実行されることは、まずありません。

実際に付き合うのは、彼が妻と別れてからです。

彼の別れるという言葉だけを信じてはいけません。

頻繁に誘ってくるしつこい既婚彼には、妻と別れてからならいいと伝えていきましょう。

妻と別れる気のない彼を、効果的に撃退することができます。

彼はあくまでも離婚はせずに、恋愛を楽しみたい気持ちしかないのです。

「これ以上しつこくするなら奥さんに言う」彼のウィークポイントを突く


結婚した元彼が断っても断っても、しつこく誘ってくる場合には、彼の弱点を攻撃して撃退していきましょう。

「あなたが、しつこいって奥さんに言ってもいい?」

「他の女性を誘ってるって、奥さんは知ってるの?」

男性にとって不倫願望が一番バレたくないのは妻です。

不倫をしようとしていることが妻にバレてしまえば、家庭はひどい状況になることが予想されます。

妻は怒り彼はこっぴどく叱られることになるでしょう。

そして、浮気防止のために妻の監視の目はきつくなってしまいます。

浮気ができないように、お小遣いを減らされてしまうこともあるでしょう。

夫婦関係を続けようとしてくれるのであれば、これはまだいい方です。

場合によっては、妻は浮気をしようとした彼を受け入れられず離婚を言い渡してくることもあります。

ただ軽い気持ちで不倫をしようとしただけなのに、妻に知られてしまえば家庭が壊れてしまうこともあるのです。

ですから、不倫をしていようとしたことがバレるのは、彼にとって絶対に避けなければならないことなのです。

だから、あまりにもしつこく頻繁に誘ってくる彼に対しては、妻のことを持ち出すのが効果的。

結婚している元彼の最大のウィークポイントは、彼の妻なのです。

しつこくされていることを妻に告げ口すると言うことで、元彼を効果的に撃退していきましょう。

呼び出して説教!会う時は複数人で会う


元彼がどうやっても諦めてくれない時には、第三者に協力してもらって彼を説教するという手段も効果的です。

直接会って説教すれば、彼にもしっかりあなたが不倫をする気がないことが伝わるでしょう。

ですが、二人きりで会ってはいけません。

二人で会ってしまうと彼の強い意志に流されてしまう可能性があります。

第三者に協力してもらい、複数人で彼と会うようにしましょう。

間に入ってもらうのは、二人が付き合っていたことを知っている共通の友人などがいいでしょう。

その友人に「実は、彼にしつこくされて困ってるんだよね…」と相談すれば協力は得られます。

元カノにしつこく不倫関係を迫る彼は、まるで不倫に応じてくれない女性が悪者のように感じられています。

だから、しつこく関係を迫るという愚行ができるのです。

第三者を挟むことで、当事者以外の意見を彼は知ることができます。

第三者から彼の行動について説教してもらうことで、彼はやっと気づくことができるでしょう。

自分のしていることが、愚かなことだったと。

女性だけでは解決できない場合には、一人で抱え込まず相談することも大事です。

不倫は相談しにくいことですが、二人を知る人になら相談もしやすいはずです。

勇気を出して、元彼撃退に協力してもらいましょう。

連絡できなければ誘われることもない!連絡手段を完全ブロック


既婚の元彼が、どんなにあなたとの関係を望んでいようとも、彼からの連絡を受け取らなければ誘われていないのと一緒です。

あまりにも頻繁に彼が不倫を誘ってきて困っている場合は、彼からの連絡手段をすべて断ち切りましょう。

連絡手段を完全にブロックしてしまえば、彼はどんなにしつこくしたくても連絡することができません。

根本的な解決ではないように思えますが、ブロックをするということは明らかな意思表示でもあります。

「私は、あなたを受け入れるつもりがありません」

彼をブロックすることで、そのことを彼に伝えることができるのです。

「彼をブロックしても、ストーカー化されてつきまとわれたらどうしよう…」

と怯える気持ちには、ならなくて大丈夫。

既婚者という立場のある彼は、メールやLINEでしつこくすることはできても、実際に会いにきてつきまとったりすることはできません。

連絡手段さえ断ち切れば、おとなしくなることが多いのです。

共通の友人がいたり、仕事での繋がりがあったりと、完全に連絡手段を断ち切るのは難しいパターンもあるでしょうが、プライベートな連絡先は全てシャットダウンしていきましょう。

そうすれば、彼はあなたを頻繁に誘うことはできなくなります。

彼からの誘いがなくなったあなたは、安心して毎日を過ごせるようになりますよ。

連絡先のブロックは、彼に何も言わずに思い立ったらすぐにできます。

早速、彼をブロックして撃退していきましょう。

結婚したはずの元彼から連絡がくるのはなぜ?彼の心理と撃退方法


結婚したにもかかわらず、元カノに連絡をする男性って思いのほか多く存在しています。

女性は彼の真意が分からず、どうしていいか戸惑うばかり。

しかし、この連絡には返信をしないのが一番いいのです。

なぜなら、既婚の元彼が狙っているのは、以前関係のあった女性と気軽な気持ちで不倫をすること。

彼が結婚したことを知っていながら、彼に近づくのは不倫を始めてしまう危険性が高まります。

彼は懐かしい気持ちや寂しい気持ち、浮気をしたい気持ちを抱いた時に元カノに連絡をしてきます。

懐かしいと思ってそれに返してしまうと、彼からのアプローチは強くなっていくでしょう。

そんな彼を撃退していくためには、「妻と離婚してからにして!」とはっきり不倫をする意思がないことを伝えていきましょう。

さらに、彼との連絡手段をブロックすれば、彼にはもうあなたを不倫に誘うことはできません。

懐かしさに負けてずるずると不倫関係になってしまっては、辛い思いをするのは女性です。

未来の幸せのためにも、不倫をして貴重な時間を無駄にするわけにはいきません。

既婚の元彼からの連絡に揺らぐことがないような心を持っておきましょう。

不倫をすることは、あなたを幸せから遠ざけてしまいます。

彼はあなたではない別の女性と結婚した男であり、あなたの運命の人ではありません。

おすすめの記事