好きな人が既婚者子持ち男性だった時の気持ちの伝え方と仲を深めるきっかけの作り方

好きになった人が既婚者で、さらに子持ちだった。

恋する相手が既婚者なだけでも戸惑ってしまうのに、子供がいれば女性はどうしたらいいのか分からなくなってしまうでしょう。

「好きな既婚者で子持ちの彼と付き合いたい!」

障害の多い恋ですが、その思いは叶えられないものではありません。

この記事では、好きな人が既婚者で子持ちだった時の気持ちの伝え方と、彼と仲を深めるきっかけの作り方をご紹介していきます。

また、子持ちの彼と恋愛するのは難しいこととなりますので、彼に気持ちを伝えたけど断られた時の対処法についてもお伝えします。

子を持ち父となった彼ですが、人はどんな状況であっても恋をしなくなるわけではありません。

子煩悩な彼に恋をしても無駄だなんて思わずに、彼を好きになれたという事実を大切に彼との恋に向き合っていきましょう。

既婚者子持ちの彼との恋は、苦労もたくさんですが、その分思いが叶った時の喜びはとてつもないものなのです。

彼が子供に向ける優しい笑顔が、あなたの方にも向けられるように彼との仲を深めていきましょう。

目次

ダメだと分かっていても既婚者で子持ちの男性を好きになってしまう理由

子煩悩な顔にきゅん♡父親の一面もかっこいい


既婚者で子供を持っている彼に、恋をしてはいけないことなど誰でも知っています。

結婚している男性との恋は、御法度です。

彼に子供がいれば、その罪深さはさらに増していくでしょう。

だから女性は既婚で子持ちの男性を、「いいな」と思ってもまずはその気持ちを封印しようと努めます。

ですが、それは無理なこと。

子持ちの男性には、父親にはなっていない男性にはない魅力があるのです。

それに気が付いてしまった女性には、もう恋心を止めることなんてできないのです。

彼には一人の男としての顔、社会人として仕事を頑張る顔、誰かの夫としての顔、そして子供の父親としての顔があります。

その中の父親としての顔に、女性はグッときてしまうのです。

子供のことを話している時の優しそうな顔は、男性をさらに素敵に見せてくれるものです。

子供のことを思う優しい表情は、他のどんな時にも出せないもの。

女性は、子持ちの彼が見せるその顔にドキッとさせられてしまいます。

「その優しい笑顔で、私も見つめられたい!」

このような気持ちで、女性は好きになってはいけないと知りながら、彼のことをどんどん好きになっていきます。

子供の存在を知る前から「いいな」と思っていた既婚彼。

その彼が見せる父親としての優しい顔は、ためらう女性の最後の一押しとなります。

好きになってはいけないと思っていた彼の、父親としての素敵な顔。

その子持ちでなければ出せない魅力に、女性はノックアウトされてしまうのです。

タイプど真ん中!好きになったら既婚者で子持ちでも気にならない


既婚で子供もいる彼は、普通であれば女性の恋愛対象とはなりません。

子供のいる男性と恋愛したって、結婚もできないしろくに会う時間も作れないことは予測可能です。

普通に恋愛をして結婚をしてという未来を望むのなら、子を持つ彼は恋愛対象とはならないのです。

ですが、こういった理屈を飛び越えてしまう感情があります。

人は好きになる相手をコントロールすることはできません。

「なんでこんな人を好きになったんだろう」という経験が誰しもあるはずです。

また、「この人と付き合ったら絶対に幸せになれるのになぁ」と思える相手を好きになれるかといったら、それも違います。

このように人が人を好きになるというのは、理屈ではないのです。

結婚していて子供もいる彼は好きになってはいけないことは、誰だって知っています。

それでも、彼を好きになってしまうのは、彼が女性のタイプど真ん中だからです。

彼が無条件にときめいてしまうような好きなタイプの男性だった場合、女性は彼がどのような立場かということも気になりません。

彼が結婚していようが子供がいようが、好きだと思えばそんなことは気にならないのです。

冷静に考えれば、結婚していて子供もいる彼は好きになってはいけない相手ですが、女性にその冷静さを失わせてしまうのが、恋というものなのです。

人を好きになることは、コントロール不可能な感情。

タイプの男性に出会ってしまった時、女性はその男性のバックグラウンドなど気になりません。

そして、一度好きになってしまえば、彼が既婚者で子を持っていても好きの気持ちは止められないのです。

彼が既婚者であるという事実は、彼が好みのタイプであるという事実の前では何の意味もないこと。

だから、既婚子持ち男性を好きになる女性は、後を絶たないのです。

ギャップにドキッ!ダメだと思えば思うほど好きになる


普通の女性であれば、男性が結婚していて子供もいると知った時点で、その彼を恋愛対象から外すでしょう。

幸せになりたいと願う女性は、好きになってはいけない男性を好きにならないように注意深く生活しているのです。

しかし、そんな注意深く生きている彼女を恋の穴に落としてしまうのが、彼のギャップです。

ギャップは普通の恋人たちが恋に落ちる時にも有効なものですが、婚外恋愛のスタートにも有効なものとなります。

思ってもみなかった彼の一面を見ることで、彼女はドキドキしてしまうのです。

そして、それはこれまで彼のことを好きにならないようにしようと思っていた女性の心のストッパーを外してしまいます。

彼のことを好きになってはダメだという気持ちが強いほど、その反動で彼女は彼のことを好きになってしまうでしょう。

人はダメだと思うものに魅力を感じてしまいます。

彼が思ってもみなかった意外な顔を見せる時、女性はときめきを感じ恋に落ちてしまうのです。

好きになってはダメだと思っていた彼だからこそ、一度ときめいた女性の気持ちはもう止めることができないものなのです。

女性がどんなに注意深く暮らしていても、既婚男性と接しなくてはならない以上、いつときめきの場面はやってくるか分かりません。

「私は子持ち男性と不倫なんかしない!」

そう思っている女性にも、いつ既婚彼と恋に落ちる局面がやってくるかは分からないのです。

既婚男性とまったく接しない暮らしができればいいですが、社会に出て働く以上それはありえないこと。

どんな女性にも子持ち男性と恋に落ちる可能性はあるのです。

妄想がはかどる!既婚者で子持ちの彼とは結婚したらという想像ができる


子を持つ男性が子なしの男性と違っているのは、父親としての一面を持っているということです。

夫として父親として、日々頑張る姿を見ていると、女性の頭の中にはあることが浮かんでくるでしょう。

それは、彼と結婚したらどうなるかという妄想です。

結婚相手を吟味して選んでも、結婚してみたら付き合っている時とは全然違うという話は良くあること。

しかし、既に結婚生活を送り、父親となって育児をしている彼とならば、彼がどんな夫となり父となるのかの想像が容易です。

彼がいい夫でありいい父であればあるほど、女性は「この人と結婚出来たら幸せだろうなぁ」と彼の妻のポジションに自分を置き換えて妄想するでしょう。

そして、その妄想が幸せであればあるほど、女性は彼への恋心を募らせてしまいます。

「結婚は人生の墓場」「結婚なんてしない方がいいよ」

結婚へのネガティブな情報はこの世にたくさんあり、女性は良く分からない相手と結婚するのが怖くなってしまうでしょう。

だから、彼女はますます現在いい夫・父親となっている男性に惹かれてしまいます。

父である既婚男性は、言い換えると結婚した時に結婚相手を幸せにしてくれることが約束されている相手です。

そんな相手をなかなか見つけられないでいる女性ほど、既婚男性のことが素敵に見えてきてしまうでしょう。

幸せな家庭を夢見る女性は、既に幸せな家庭を築くことのできている男性に惹かれやすいのです。

結婚していて子供もいる彼は恋してはいけない相手ですが、女性にとって魅力的に見えてしまう相手なのです。

好きな人が既婚者!子持ちの男性を好きになってしまった女性が抱える悩みとは

「ほんとにいいの?」彼と恋することは彼の妻子を不幸にすること


子を持つ彼を好きになってしまった女性は、自分の恋心に苦しみます。

なぜなら、自分の恋が叶うということは、少なからず不幸になる人が生まれてしまうということだからです。

婚外恋愛することは、世間的に許されることではありません。

そして、婚外恋愛の一番の被害者は彼の妻と子供です。

彼に恋をしたこと自体は止めることができなかったとしても、その思いを貫いてしまうことは彼の妻と子供を不幸にしてしまう行為となります。

彼の不倫を知った妻は怒り悲しむし、子供は大好きなパパのことを軽蔑するようになるでしょう。

彼に恋をした女性は悩むことになります。

「私の思いは、誰かを不幸にしてでも叶えなければならないものなの?」

人は勝手なようでいて、自分だけが幸せになれれば満足できるというものではありません。

自分の行動が誰かを傷つけるとしって、平気でその道を進める人はいないのです。

恋することは女性を幸せな気持ちにすることですが、相手が子持ち男性だった場合には幸せばかりとはいきません。

その気持ちを持ち続けることで、彼のかわいい子供が泣いてしまうことになるかもしれない。

その事実に悩まない女性はいません。

「本当に彼を好きになっていいの?」「この恋を成就させて、本当に後悔しない?」

子持ち男性に恋をした女性は、恋に突き進むのではなく、自問自答し迷いながら恋を続けていくでしょう。

自分のせいで誰かが不幸になる時、自分がいくら幸せでも罪悪感を抱かずにいられる人はそう多くはありません。

彼と思いが通じても、常に彼の妻子への罪悪感を抱かなくてはならない関係に、不安を感じない女性はいないのです。

「彼と恋しても幸せになれない」子供のいる彼が離婚してくれる可能性は限りなく低い


人を好きになる気持ちは止められないものです。

ですが、人を好きになる熱い気持ちと裏腹に、女性には彼とのこれからを冷静に分析する一面も持ち合わせています。

「彼はとても素敵な人だけれど、結婚していて子供もいる」

こんな状況の時、女性は悩むこととなります。

結婚が女性の幸せとは限りませんが、結婚願望のある女性の場合、既婚者と恋をすることは不毛なことです。

日本では多重婚はできませんし、既に結婚し妻のいる彼との結婚は叶わぬ望みです。

結婚し子供を持つという、女性なら当たり前に願うことも、彼との恋に突き進んでしまえば叶えることはできません。

だから、彼女は思い悩むことになるのです。

「彼と恋をしても、普通の幸せを手に入れることはできない」

結婚し子供がいる彼が、離婚をし自分を選んでくれる可能性は限りなく低いものでしょう。

「いつかは自分も結婚したい」と夢見ていた女性は、彼を好きになってしまったことに苦しみます。

この恋が成就しても、一時の幸せは得られても、長く継続する幸せを得るのは難しいでしょう。

婚外恋愛をする女性は、そのことが分からないのではありません。

分かっているからこそ苦しい思いをして、長い時間思い悩んでいるのです。

既婚者との恋を始めてしまった彼女は、悩んだ末にそれでも諦められなかったから、行動してみることにしただけの話なのです。

子持ちの彼は忙しい!好きになっても距離を縮めるのが難しい


「子持ちの彼と恋愛しよう!」そう決意ができた女性でも、彼との恋には思い悩むこととなります。

まず、彼には普通の恋愛マニュアルが当てはまりません。

女性は恋をしても、彼に対してどうアプローチしていけばいいのかが分からないのです。

子持ちの男性に恋をするというのは、あまりないことです。

既婚者との恋はタブーだとされていますから、そんな彼との恋愛テクニックが大っぴらに語られることもありません。

それならばと、女性は自分なりに距離を詰めようとしますが、それも簡単なことではありません。

子供を持つ彼はとても忙しく、食事に誘っても素っ気ない態度でしょう。

既婚彼との恋に進んで行こうと決意した女性ですが、彼との恋の進め方が分からず悩んでしまうことになるのです。

子を持つ彼は、子供のことが最優先。

そこにさらに妻のこと、仕事のこと、友人関係などがあり、新しい人間関係が入り込む余地はないように感じられてしまいます。

そんな彼とは、好きになっても距離を縮めるのが難しく、女性はこの恋をどうやって攻略していけばいいのか悩んでしまうのです。

彼との恋は誰かに相談できるものでもありませんし、自分自身で何とかしなければならないもの。

攻略法の全く分からない恋に女性は戸惑い、悩むこととなります。

子供は彼にとって命より大事な存在!そもそも恋愛関係になれるの?


子を持つということは、自分の命よりも大事な存在ができるということです。

当然、子を持ち父親となった彼も、子供のことを自分以上に大切に感じているでしょう。

自分の血を分けた子供が産まれるというのは、それほど特別なことなのです。

この特別な経験をした彼は、子供のことを一番に考え子供のために生きていると言っても過言ではありません。

そのことは彼と接する内に、女性も嫌でも感じるようになるでしょう。

彼の子供への愛を実感した彼女は、疑問に感じます。

「これほど大事なものを持つ彼と恋愛関係になることってできるの?」

もし、彼との恋を成就させたとしても、子供という存在を超えることは難しいでしょう。

女性は好きになった男性の一番になりたがるものです。

彼と恋をするということは、おそらく彼の一番になることは不可能だということを示しています。

そんな恋で女性は本当に満足することができるでしょうか。

子供をライバルだと思うことなんてしたくはないけれど、彼の子供を大事にしている様子に嫉妬しない自信はありません。

父として全力で頑張る彼の姿を見ていると、彼がとても恋をするようには見えない。

そんな彼だからこそ好きになったのですが、彼が自分と恋をしてくれるようにはとても思えません。

それほど彼の父としての姿は板についており、そのことが女性を悩ませます。

人が難しいと思えることでも挑戦できるのは、少しの可能性が感じられるからです。

彼との恋にはそれがなく、女性はこのまま恋する気持ちを持ち続けていいものか悩むこととなります。

大好きな子持ち既婚男性と仲を深め小まめに連絡が取れるようになるきっかけの作り方

「これ教えてください」仕事の面で彼を頼りにして教えを請う


子持ち既婚彼と仲を深めていくためには、きっかけ作りが必要です。

待っていても彼の方から近づいてきてくれる可能性はゼロでしょう。

子供もいて結婚している彼と、何もしないのに仲良くなれるなんて都合のいい話は現実には起こりえないのです。

彼との仲を深めるためには、仕事を理由にするのが一番いいでしょう。

仕事が理由なら、彼にも警戒されずに、自然に近づいていくことができます。

「これ教えてください」教えを請うようにすれば、彼もあなたを気にかけてくれるようになるでしょう。

人を頼る際には、頼る側は「こんなこと聞いて迷惑かな?」などと悩んでしまいますが、頼りにされる側は意外と嬉しいものなのです。

仕事を口実にして彼を頼り、まずはかわいい後輩ポジションを手に入れましょう。

頼り頼られる関係ができれば、彼との仲は自然と深まっていきます。

いきなり恋愛関係になろうとすると、子を持つ彼はあなたのことを警戒してしまいます。

既婚彼との仲を深めるためには、まず仕事仲間としての関係を深めることから始めていきましょう。

そうすれば、周囲の誰からも疑われず、彼自身にも自然と受け入れてもらうことができるでしょう。

『急がば回れ』の精神で、まずは仕事での仲を深め、彼との仲を深めていってください。

そうすることが、彼との恋を始める第一歩となります。

「お子さんかわいいですね」警戒心を抱かせないように彼の子供について話す


子持ちの男性との仲を深めていくためには、子供の話を積極的にするのがいいでしょう。

子供の話をすると彼の恋愛スイッチを押せないのでは?と考えてしまいがちですが、それは間違いです。

まず、子供の話をすることには「私はあなたに子供がいるのを理解していますよ」というアピールになります。

彼に余計な警戒心を抱かせずに近づくことができるのです。

子を持つ彼は、余計な女性トラブルを避けたいと考えていることがほとんどでしょう。

だから、しっかりと仲を深めるまでは、恋愛感情は出さないでいた方がいいのです。

そのために、彼とは子供の話題をしていきましょう。

彼の子供のことは積極的に褒めるようにしてください。

誰だって自分の子供のことを褒められて悪い気はしません。

自分の子供のことをいつも褒めてくれる女性に対しては、もっと自分の話をしたくなるものだし、彼女に対する印象も知らず知らずのうちに上がっていきます。

子供の話を嫌がる人も多い世の中で、彼は自分の子供の話を気兼ねなくできる相手を求めているのです。

だから、彼と子供の話ができる仲になることは、彼の中で親しい女性となるための重要なミッションです。

彼に色恋を警戒させず、知らぬ間に親しい関係になれる。

そんな子供の話をぜひ利用してみて下さいね。

「お子さんかわいいですね」あなたからこんな言葉をかけてもらうだけで、彼はあなたに好印象を抱いていくのです。

「これ知ってます?」子供がらみの情報を彼にシェアする


気になる異性と仲を深めていくためには、連絡先の交換が欠かせません。

しかし、結婚している彼は女性関係でのトラブルを避けたいと考え、何か理由がなければ連絡先を交換することは難しいでしょう。

連絡する必要がない女性の連絡先がスマホにあれば、妻は怪しみます。

「この女性、誰なの?」

何でもない女性なのに、妻にそう疑われてしまうことを彼は避けたいと考えるのです。

だから、彼と連絡先を交換するのには、何か理由が必要です。

その理由として使えるのは、彼の子供でしょう。

子供がらみの情報を彼に教えるという名目でなら、彼とも連絡先が交換しやすくなります。

「この情報知ってますか?」子供と行けるイベントや子供のための情報などを彼とシェアしていきましょう。

子供のことばかり話す相手ならば、彼も妻に言い訳がたつと考え、スムーズに連絡先の交換ができるでしょう。

そして、連絡先を交換したら、子供の話に交えて徐々に違う話もしていきます。

連絡を取る回数が増えれば、それだけ二人の仲は深まっていきます。

これは子持ちの彼にだからこそできることです。

子持ちの彼が食いつきそうな情報を手に入れて、どんどん彼とシェアしていきましょう。

子持ちの既婚男性に「好きです」と気持ちを伝えて付き合ってもらう方法

「好きです」恋愛からすっかり遠ざかった彼にはストレートな告白が効果的


子供を持った彼は、子育てに追われる毎日を過ごしています。

夫婦間に子供が産まれるということは、これまでの生活を一変させるものです。

父親は母親ほど子供と関わることはありませんが、それでも子を持つ彼は子供中心の生活を送るようになりました。

子供のために仕事が終わったら真っ直ぐ家に帰り、休日は疲れた妻を休ませるために積極的に育児をする。

この暮らしぶりは、子供が産まれる前のものとはまるで違っているでしょう。

彼は父としての暮らしにすっかり慣れ、恋愛からはすっかり遠ざかってしまっています。

ですが、彼のオスとしての本能は失われたわけではありません。

今はただ眠っているだけだと言えるでしょう。

このようにすっかり恋愛から遠ざかり父となった彼と付き合うためには、ストレートな告白が効果的です。

「好きです」そうストレートな言葉で伝えられることは、彼の眠れるオスの部分を目覚めさせます。

「目まぐるしい日々の中ですっかり忘れていたけれど、自分は誰かに好きだと言ってもらえる魅力的な男なのだ」

彼はあなたからのストレートな告白によって、忘れてしまっていた男としての部分を思い出すことができるのです。

そして、父ではなく男としての感情を思い出した彼は、妻以外の女性との恋愛が急に魅力的に感じられるようになります。

あなたの告白は彼の胸を打ち、彼はあなたと付き合ってくれるようになるでしょう。

彼に恋愛する気がないのは、彼が今は父としての自分を優先しているからです。

ストレートな愛の言葉によって、彼の眠っている男性としての本能を目覚めさせていきましょう。

「お子さんを大切にしてる〇〇さんが好きです」子持ちであることへの理解を示す


彼が婚外恋愛をためらうのは、子供のことを大切に思う気持ちがあるからです。

そのためらいを取り除くためには、子供のことを理解してあげることが大切です。

たとえ彼とあなたが付き合うことになったとしても、彼は子供を大切に思ったままでいい。

そのことが彼にきっちりと伝われば、彼の付き合わない理由を一つ減らすことができるのです。

「お子さんを大切にしてる〇〇さんのことが好きです」

こんな風に彼に好意を伝えれば、彼はあなたが子供のことも思ってくれていることが分かります。

「この女性となら上手く付き合っていくことができるかもしれない…」

子供を最優先に考える彼は、子供を含めて自分を理解してくれる彼女とでなければ交際を考えることはできません。

そんな彼の心に訴えかけるためには、告白の言葉でも子供を絡めていきましょう。

そうすることで、彼は子供がいてもあなたとの恋愛を始めることができるようになります。

「好きになっちゃダメだって思ったけどできませんでした」思い悩んだ末の告白だとアピール


子持ちの既婚男性は、告白してきた女性のことを軽蔑してしまうことがあります。

既婚者である自分に告白してくるということは、その女性は不倫を容認しているということです。

不倫はいけないことだというのは、現代日本を生きる人にとっては常識です。

それなのに、既婚者である彼に告白してくるというのは、そういった事態を全く考えられない女性だということをアピールしているようなもの。

だから、彼は自分に告白してきた女性のことを軽蔑してしまうのです。

人から好きだと好意を伝えられることは誰にとっても嬉しいことのはずなのに、既婚者の男性にとっては違います。

場合によっては、既婚者に告白してきた女性は、不倫を容認している薄汚い女だと見られてしまうことになるのです。

こんなことを防ぐためには、女性自身も思い悩んだ末の告白だったことをアピールしていかなければなりません。

「好きになっちゃダメだと思ったけどできませんでした」

実際に思い悩んでいたことを素直に伝えれば、彼にもそのことは伝わります。

婚外恋愛がいけないことだと知りながら、それでも思いが抑えられずに伝えてくれたのだ。

このことは彼の心を動かします。

普通に好きだと伝えられるよりも、何倍も強い女性の気持ちが彼には伝わるでしょう。

「それほどまでに好きでいてくれるなら、自分もそれに応えたい」

そう考え、あなたの気持ちに彼は応えてくれるようになるでしょう。

彼との恋に思い悩んでいたことを、素直に彼に伝えるようにしていきましょう。

それだけで、彼があなたからの告白で受ける印象はかなり変わってきます。

「好きです」と伝えたけど子持ちの既婚男性から「気持ちにはこたえられない」と断られた時の対処法

「分かりました」素直に身を引くことで彼はあなたのことが惜しくなる


好きだと伝えても子持ちの彼がOKしてくれるとは限りません。

むしろ、彼は婚外恋愛のリスクにおびえ、「君の気持ちにはこたえられない」と断ることも多いでしょう。

彼に思いを伝えたけれど断られてしまった場合は、女性はどう行動すればいいのでしょうか。

あなたの中には大好きな彼に一度断られたくらいでは、諦めたくない気持ちがあるかもしれません。

しかし、彼に断られてしまった時には、一旦素直に身を引きましょう。

男性というのは不思議なもので、簡単に身を引かれた途端、その女性のことが惜しく感じられるようになるものです。

断られた時にすっと身を引くだけで、彼はあなたのことが気になるようになってしまうというわけなのです。

彼が「君の気持ちにはこたえられないよ」と言って、あなたの告白を断った場合「分かりました」と素直に引き下がりましょう。

そうすることが、彼のあなたへの恋しさを増す行為となります。

「どうして?」「もう一度考え直して」など、たくさん言いたいことが出てくるでしょうが、それらを我慢し素直に身を引いてみてください。

そのことが彼との可能性を高めてくれるでしょう。

「奥さんとお子さんから奪うつもりなんてありません」安全な相手であることを伝える


既婚彼に告白を断られてしまった時には、彼の付き合えない理由を取り除くことで、彼が考えを改めてくれることがあります。

子のいる彼は、子を失うことを一番恐れているのでしょう。

婚外恋愛をして家庭を壊してしまうのが彼は怖いのです。

「奥さんとお子さんから奪うつもりなんてありません」

こんな言葉で、自分と付き合っても彼が妻子を失うなんてことはあり得ないのだと伝えてみましょう。

彼はその言葉に安心し、あなたとの関係をもう一度考えてくれるようになります。

不倫相手によって家庭がめちゃくちゃにされることはよくあることです。

彼も長い人生経験の中で、そういった実例を見聞きしたことがあるでしょう。

「私はそんなバカなことをする女ではない」とアピールしていかなければ、彼から信頼されることはありません。

彼は恋をしても、家庭を壊すことがないと確信できなければ、妻以外の女性との婚外恋愛をすることはできないのです。

彼の安全な不倫相手になることを伝えて、彼の恋の相手としてふさわしいことを存分にアピールしてみましょう。

「そういうところも大好きです」彼のすべてが好きだともう一度だけ伝える


あなたからの告白を断った彼の気持ちを動かすためには、彼への強い愛情を伝えてみましょう。

既婚男性にとって、告白してきてくれる女性は貴重な存在です。

既婚者と恋をしたがる女性など多くはなく、婚外恋愛をしてみたい男性ならば告白してきた女性をみすみす逃すことはしないでしょう。

それなのに妻子のことを考え、あなたからの告白を断った彼はやはりカッコいい男性だと言えるでしょう。

「そういうところも大好きです」

彼から告白を断られてしまった時に浮かんだ思いを、そのまま彼に伝えてみるのです。

彼が既婚者で子持ちだと知っても止めることのできなかった恋心は、とても強いもののはず。

そのことを彼に伝えなければ、あなたは諦めたくても諦めることができません。

彼の方でも、それほど好きでいてくれる女性に心を動かされてしまうでしょう。

子持ちで既婚者という恋愛対象にはならないはずの自分をここまで愛してくれる女性がいるという事実に、彼は感動すら覚えてしまうのです。

もし、やはり彼が気持ちにこたえてくれなかったのだとしても、すべてを伝えきったあなたの中に後悔は残りません。

最終的な結果がどちらに転んだのだとしても、すべての思いを彼に伝えたのだとしたらあなたは納得することができるでしょう。

彼との関係がどうなったのだとしても、後悔しないように彼への思いを最後にすべて伝えていきましょう。

こんなにも人を好きになれたことを彼に伝えずに終わってしまうことほど、悲しいことはありません。

既婚者子持ちの彼とは恋愛できる?彼への気持ちの伝え方ときっかけの作り方


既婚者であり子供のいる彼とは、そうでない男性に比べて恋をするのが難しいでしょう。

子供のいる彼の一番大事なものは、子供です。

子供を自分以上に大事に考える彼の恋愛相手になることは、非常に難しいことなのです。

ですが、子持ちになったからといって、人は恋する気持ちをなくすわけではありません。

きっかけを作り距離を縮め、気持ちの伝え方を間違えなければ、子持ちの彼とでも恋愛関係を始めていくことはできるのです。

彼との仲良くなるきっかけを作るには、子供を利用するのがいいでしょう。

子供の話をしてくる女性に、彼は警戒心を抱きません。

さらに、子供を褒めてくれる女性に対しては、知らず知らずのうちに好印象を抱くようになります。

自分の子供を褒められて嫌な気持ちになる人などいないのです。

子供を通じて仲を深めていけたら、後は素直な気持ちを彼に対して伝えてみましょう。

「好きです」とストレートに伝えれば、彼は父としての自分ではなく一人の男性としての自分がいたことを思い出します。

父になり恋愛からすっかり遠ざかっていた自分も、誰かの恋愛対象となり得るのだということを再確認するのです。

そして、そのことを思い出させてくれたあなたとの恋を始めたい気持ちになってくるでしょう。

さらに彼を安心させるには、彼の家庭を壊すつもりはないことも付け加えていきましょう。

彼は婚外恋愛をしても子供を失う心配はないのだと分かれば、安心して恋に一歩を踏み出すことができます。

既婚者で子持ちの彼は障害が多い相手に感じられますが、恋愛が始まってしまえばそんなことは気になりません。

思う存分、彼との恋を楽しんでいきましょうね。

おすすめの記事