「既婚者は恋愛してはいけないのか」と悩む既婚女性の心理と既婚男性との愛を育む方法

婚外恋愛はとても悩ましい恋愛です。

ただでさえ既婚男性との恋には悩みがつきものですが、自分自身も既婚者であればその悩みは何倍にもなってしまうでしょう。

既婚女性は恋をしてはいけないのでしょうか。

ですが、どれほど社会から禁止されようと、既婚者であっても恋をしてしまうことはあります。

「既婚者だけど、既婚男性を好きになってしまった…。」

既婚男性との恋に悩む既婚女性に向けて、彼との愛の育み方を探していきましょう。

この記事では、既婚女性と既婚男性の愛の育み方、既婚者は恋をしてはいけないのか?という疑問に対する答えの導き方についてご紹介していきます。

人は結婚したからといって、恋することをやめられません。

それは男性であっても女性であっても同じこと。

「既婚女性は恋をしてはいけない」という価値観に縛られて、彼への恋心を諦めてしまう必要はありません。

既婚女性のあなたと既婚男性の彼の恋を叶えていく方法を、一緒に見つけていきましょう。

既婚者同士だからこその恋愛の作法を知れば、二人の恋には怖いものなどありません。

目次

既婚者は恋愛してはいけないのか?と悩む既婚女性の心理

既婚女性の恋は既婚男性の恋よりも叩かれる!そんな社会の風潮を見ている不安


男女平等と言われるようになってから長い時間が経ちましたが、まだまだ両者の間には大きな隔たりがあります。

特に、婚外恋愛をすることにおいては、まだまだ日本社会では男女間の差が大きいと言えるでしょう。

それは有名人の不倫報道を見ていても分かります。

既婚男性の浮気は仕方ないと許される傾向があり、ほとぼりが冷めればまた仕事も元通りできるようになっていきます。

ですが、既婚女性の浮気がバレた場合、その女性はすべてを失うことになるでしょう。

世間から叩かれ、それまで仕事も順調だったのに、その報道後彼女を見かけることがなくなる。

現代の日本に暮らしていれば、こんなことを何度も見たことがあるでしょう。

このことは既婚女性を臆病にしてしまいます。

「既婚女性は恋をしてはいけないの?」

世間の反応や一般常識が彼女を苦しめます。

だから、既婚女性は夫以外の男性のことを好きになっても、その気持ちがいけないことなのではないかと思って苦しむのです。

人を好きになることは、誰にも起こります。

ですが、誰にでも起きるのに既婚女性に起きてしまえば、彼女を苦しめてしまいます。

人が正しく生きるために決められたルールがある以上、それと照らし合わせて自分の行動をいいか悪いか判断してしまうのはあることです。

人は一人では生きられず、社会の中で生きていかなければなりません。

社会のルールを守って生きてきた既婚女性だからこそ、恋愛することに戸惑いを覚えるのです。

「もうこの人しか愛さない」結婚の時の誓いを思い出す


既婚女性には夫がいます。

それはかつて「この人だ!」と思い、もう一生この人しか愛さないと誓った相手です。

二人は恋に落ち、関係を育み、結婚したいと思うほどに相手のことを好きになりました。

そして、結婚式で神様や皆の前で永遠の愛を誓い、婚姻届けに判を押し法律で認められた夫婦となったのです。

既婚女性が恋をする時に、一番の障害となるのは夫の存在です。

好きな人のことを思い浮かべようとする時、女性の頭の中には夫のことがちらつくでしょう。

そして、それは罪悪感となって彼女を苦しめます。

既婚女性が恋をするということは、永遠の愛を誓い合った夫を裏切るということです。

今は夫以外の男性に惹かれている彼女ですが、夫への気持ちはなくなったわけではありません。

むしろ、他の男性に目を向けてみたことで、夫への思いは強く浮かび上がるでしょう。

彼女の頭の中には、これまで夫と過ごしてきた思い出がよぎります。

既婚女性の新しい恋は、時間の長さでは夫には敵いません。

過ごしてきた時間が長い分、彼女は夫への情もたくさんあります。

情は好きという感情と似ていて、既婚女性のことを縛り付けて放しません。

だから、既婚女性は他の誰かに恋をしても、夫への罪悪感からその気持ちを悪いことだと思ってしまうのです。

長い時間を一緒に過ごしてきた夫のいる既婚女性は、結婚した時の誓いを思い出し素直に恋愛へと踏み出すことができません。

「夫はよくても子供は…」子供は婚外恋愛のストッパー


既婚女性というだけでも婚外恋愛はしづらいものですが、彼女に子供がいればなおさらその傾向は強まります。

夫への愛情は冷めることがありますが、子供への愛は冷めることがありません。

夫への愛情がすっかりなくなり、他の人に気持ちが奪われてしまった彼女は他の人に恋をしやすい状態だと言えるでしょう。

もう夫のことを好きではなくなった彼女は、心の奥底で寂しさを抱えており誰かに恋してみたいと思っているのです。

ですが、一方で子供への愛情は残っており、子供に顔向けできないようなことはしたくないと考えています。

彼女が恋愛をしてしまうことは、子供に顔向けできることでしょうか。

夫と不仲だからといっても、婚外恋愛は許されることではありません。

子供も母親が父親以外の男性と恋愛しているなんて知ったら、とても傷ついてしまうでしょう。

彼女は子供を傷つけたくはありません。

「夫のことはどうでもいいけれど、子供のことを考えると恋愛なんてするわけにはいかない」

子を持つ母親の愛情はとても深いものです。

彼女は子供のことを最優先に考え、母である自分は恋愛をしてはいけないと考えるでしょう。

女性は良くも悪くも打算的!既婚者が恋愛することで損をすることの方が多い


既婚女性は良くも悪くも打算的です。

家計を預かり、自分がしっかりしなければといつも自身を律している彼女は、とても計算高いのです。

だから、彼女は一時の感情に突き動かされて、恋愛に溺れることはありません。

もし、誰かいいなと思う人が現れても、彼女は冷静に考えます。

「この人と恋愛したら、私たち家族はどうなるだろうか」

考えれば考えるほど既婚女性の恋は、幸せを招かないことが分かります。

恋愛に時間を使う分、家事はおろそかになるでしょう。

彼とデートに行くため、出費も増えることが考えられます。

さらに、相手が既婚男性だとしたら相手の妻にバレた時には大きな問題となるでしょう。

冷静に考えてみれば、既婚女性が既婚男性に恋をすることは何の得もないことなのです。

彼女は夫以外の男性に恋をしても、主婦ならではの打算的な目線でその恋を分析してしまいます。

そして、「既婚者である私は恋をしてはいけないな」と結論付け、芽生え始めた恋心を諦めてしまうのです。

主婦は日々、より良く暮らすことを考えて生きています。

だから、恋愛も打算的に考えざるを得ないのです。

既婚者は恋愛してはいけないのか?というダブル不倫への答えの導き方

恋する気持ちは止められない!人を好きになるのは人間として当然の気持ち


「既婚者は恋愛してはいけないのか?」この疑問に決着をつけなければ、既婚男性とのダブル不倫を始めることはできません。

彼との恋を始めたいのなら、既婚者は恋愛してはいけないのかという問いへの答えを見つけておきましょう。

自分なりに答えを見つけることができれば、既婚彼との恋を迷いなく始められるようになるでしょう。

この問題に向き合っていくためには、まず自分の中に湧き起こった恋愛感情を認めてあげなければなりません。

恋をするということは自分でコントロールできるものではありません。

『結婚したら恋をしてはいけない』と社会が決めようとも、人は恋に落ちる時には落ちてしまいます。

そもそも人を好きになる気持ちがなければ、人間は絶滅してしまうでしょう。

人を好きになり繁殖したから、文明は栄え人類は増えることができたのです。

どんなに社会が成熟しても、人間から恋心が消えてしまうことはありません。

つまり、あなたが恋をしてしまうのは、人間として当然のことなのです。

だから、あなたは夫以外の男性に惹かれてしまうのを心苦しく思わなくてもOKです。

これは誰にだって起こり得ることで、あなたがだらしないとか人間として劣っているだとかいうためではありません。

そのことに気が付けば、既婚者は恋愛してはいけないという呪縛から逃れることができるでしょう。

あなたが彼に恋をしてしまったのは、人間として何らおかしなことではないのです。

既婚者だって恋していい!家族がいながら恋愛するって実家にいた頃と同じ


既婚者となって家族を持ちながら恋愛することに罪悪感を抱く女性はたくさんいます。

「既婚者は恋愛してはいけないのか?」と自分自身を責めるような気持ちになっているのでしょう。

ですが、よく考えてみてください。

私たちには、家族と暮らしながら恋愛をしていたことがあるはずです。

それは実家で過ごしていた頃の話です。

家族という安らげる場所がありながら、あなたは外で恋愛を楽しんでいたでしょう。

そして、それはとてもバランスのいいことで、家族を壊すことではなかったはずです。

だったら、妻となった現在でもそれはできるでしょう。

既婚者だって恋をしてもいいのです。

『既婚者の恋=家庭を壊す』この式は成り立ちません。

むしろ、家庭という帰ってくる安らぎの場があるからこそ、既婚男性と恋をしても乗り越えることができるのです。

「家族がいるのに恋愛するなんて…」と既婚女性は考えてしまいますが、それは実家にいた頃と同じ状況に戻るだけの話。

実家にいた頃は外で恋愛をしていましたが、それが家族をないがしろにすることではなかったはずです。

大人になった今でも、家庭外で恋愛をしながら家族を大事にすることはできます。

既婚者となっても恋をしていいのだと、あなたの抱いた恋心に前向きな気持ちになってみましょう。

誰かを好きになるということは、本来素敵なことのはずです。

その気持ちに自信が持てるようになっていきましょう。

我慢はよくない!恋心を無視すると体調不良を招く


恋というのは、自分ではコントロールできない感情です。

もし誰かを好きになる気持ちをコントロールできるのだとしたら、世の中に婚外恋愛をする人などいないでしょう。

婚外恋愛が悪いことだというのは誰もが知っていることなのに、婚外恋愛がこの世からなくなることはありません。

それは、結婚していても恋に落ちる男女が後を絶たないからです。

恋心をコントロールできるのなら、わざわざ既婚の立場で恋に落ちる人などいないでしょう。

つまり、あなたの抱いてしまった恋心も、自分ではどうすることもできない類のものなのです。

となると、いったん芽生えた好きという気持ちを抑え込むことは至難の業です。

既婚者は恋愛してはいけないという考えを持つあなたは、彼への恋心を無視しようとするでしょう。

しかし、彼への気持ちを我慢することは、あなたの健康をむしばんでしまいます。

自然な感情である恋心に無理に蓋をしてしまうことは、心と体の健康を害することです。

あなたは既婚者だから恋をしてはいけないと、当たり前のことをしているつもりでしょうが、それはあなた自身を追い詰めることです。

自然な恋心に蓋をするのはやめて、自分の気持ちに正直になることも大切だと知りましょう。

恋すれば人生が充実!二人の人生はもっと楽しいものになる


既婚者同士の恋は始めづらいものですが、一度始めてしまえばこれ以上ない理解者となれるでしょう。

それは二人の立場が同じだからです。

よくある不倫カップルは、たいてい既婚男性と独身女性の組み合わせです。

この組み合わせは多いのですが、あまり長続きすることはありません。

なぜなら、独身の女性には既婚彼の置かれた立場を理解することはできないからです。

結婚した経験のない女性は、既婚彼のことをまるで独身の彼のように扱ってしまい彼を困らせてしまいます。

既婚彼は制限が多く、普通の恋人のようなことはできないのです。

その点、同じく既婚者である女性なら、彼のことを手に取るように理解することができます。

彼に家庭があることを理解し、お互いのことを思いやりながら付き合っていくことができるのです。

また、彼女自身にも家庭があるため、それほど恋愛に依存することもありません。

「結婚して!」と迫られてしまうようなことも、独身女性と違い既婚女性では考えられないのです。

既婚者の二人が恋に落ち恋愛関係となれれば、二人は最高の理解者を手に入れることができます。

理解者のいる人生は充実したものとなります。

これは家族を壊すためのものではありません。

よき理解者がいてくれるからこそ、家庭での辛い出来事も乗り越えていこうと思えるものなのです。

恋をすれば二人の人生はより充実していくのだということを知っておきましょう。

バレなければしていないのと一緒!いくらでもやり方はある


「既婚者は恋愛してはいけないのか?」この問いには多くの人がYESと答えるでしょう。

ですが、それはその恋が明るみになってしまうことに対してです。

バレていない恋愛に対して、人はとやかく言うことができません。

あなたが「私って恋をしてもいいの?」と悩んでいることも、口に出さなければ誰も咎めるひとはいないでしょう。

つまり、既婚者の恋愛はバレなければ、何の問題ないと言えるのです。

だから、あなたも恋をしていいのかを思い悩んでいる場合ではありません。

その恋をどうやったらバレずに進展させ、育んでいくことができるかを考えるべきなのです。

そのための方法はいくらでもあります。

「既婚者が恋愛してはいけないのか」に対する答えは「バレなければOK」です。

しかし、これは逆に言えば絶対にバレてはいけないということでもあります。

既婚者同士で恋愛を始めるのなら、絶対にバレないように注意しながら愛を育んでいく必要があるでしょう。

彼に恋してしまったことをいつまでもうじうじと悩むのではなく、その恋がどうすればバレないようにできるかと考えを変えていきましょう。

そうすれば、彼との恋を悩む気持ちは消えていくはずです。

既婚者は恋愛してはいけないのか?と悩んでいる既婚女性にこそ知ってほしいダブル不倫関係の現実

実は夫婦生活もうまくいく!配偶者への罪悪感から優しくなれる


既婚者でありながら恋をすることにためらう女性に知っておいてほしいのは、婚外恋愛が必ずしも夫婦関係を悪化させるものではないということです。

むしろ、婚外恋愛をするようになってから夫婦関係も良好になったという人は多いのです。

「家庭を壊したくない」との思いから恋愛を思いとどまっているのなら、このことは是非知っておいて欲しい情報となります。

夫以外の既婚男性に恋をするということは、夫への罪悪感を抱いてしまう行為です。

その罪悪感こそが、夫婦関係を良好にしてくれるのに役立ちます。

今現在、夫以外の男性に惹かれてしまっているあなたの夫婦関係は決していいとは言えないものであることでしょう。

日々、夫の嫌な所ばかりが目に付いて、小言ばかり言ってしまっているのではないでしょうか。

それが婚外恋愛を始めるとどうでしょう。

あなたは夫に対して、外で恋愛をしているという負い目がありますから、夫に対して優しい気持ちになることができます。

いつも小言ばかりだったのが、優しい顔になり怒ることも減るでしょう。

あなたの態度が変われば、夫の態度も優しくなります。

以前はぎくしゃくしていた夫婦関係が、あなたが婚外恋愛をすることで改善されていくのです。

少しの罪悪感を持っているということは、夫婦関係をうまくいかせるコツでもあります。

あなたも恋ができて人生が充実し、夫には優しくなれ夫婦関係を良好にすることができる。

既婚者の恋愛にはこんないい効果もあるのです。

毎日が楽しい!配偶者との小さないざこざも気にならない


婚外恋愛を始めると、あなたの毎日は楽しくなります。

既婚者となって安定を手に入れたあなたは、落ち着いた日々を手に入れましたが刺激のない日々を過ごしているでしょう。

恋愛をするということは、とても刺激的なことです。

夫以外の男性との久しぶりの恋はあなたを高揚させ、毎日がこれまでとは変わって見えるでしょう。

白黒だったあなたの世界は、彼との恋を始めたことでカラフルに色づき始めるのです。

毎日が楽しくなったあなたは、小さなことが気にならなくなります。

多少嫌なことがあっても、あなたには彼との恋愛があるのです。

夫婦間で嫌なことがあっても、あなたは乗り越えていけるでしょう。

これまでならもう耐えられないと逃げ出したくなっていたようなことも、小さないざこざだと捉えることができ気にならなくなってくるのです。

婚外恋愛をすることは、夫婦関係を決定的に悪化させてしまうと勘違いをしている人が多いのですが、実はそうではありません。

外で恋愛をしていることで、夫の悪い点にも目をつぶれるようになり、夫婦関係の悪化を避けることができるのです。

恋をして人生が充実すれば、他のことはそれほど気になりません。

夫婦間の小さないざこざも大した問題になることはないのです。

恋をするとキレイになる!高価な美容液いらずで若々しさを保てる


恋をすることは見た目の変化をもたらします。

あなたも、恋をした女性がどんどん美しくなる様を目撃したことがあるのではないでしょうか。

「でも、それって若い内だけでしょ」と思っているとしたら、それは大間違い。

女性はいくつになろうと、恋をすると美しく輝くことができるのです。

既婚者でありながら恋愛をしてしまったあなたも、すぐに自分の見た目の変化に気が付くでしょう。

恋をするということのもたらす効果はすごく、あなたはスキンケアやメイクを変えていないのに自分の肌が明るく張りのあるものに変化していることに気が付くのです。

それは、まるで高い美容液を塗ったり、エステに行った直後のようでしょう。

恋をするだけで女性は輝き、若々しくいることができるのです。

恋をしていようとなかろうと、いつまでも若々しくいたいというのは全女性共通の願いです。

勇気を出して恋を始めることで、その願いは簡単に叶えられるでしょう。

さらに、恋をすると彼にかわいく思われたい一心で、ダイエットやオシャレをあなたは頑張ります。

そうすることで、あなたはより輝きを増していくでしょう。

既婚者の恋は悪いことだと思われていますが、内面から外見まであなたを女性らしく輝かせてくれるものなのです。

「既婚者は恋愛してはいけないのか」と思い悩んでいるのなら、思い切って恋をして若々しく美しい自分を手に入れていきましょう。

既婚者は恋愛してはいけないのか?という答えを出した後に彼と愛し合う為にやるべきこと

絶対にバレてはいけない!恋を始める前にバレ対策をバッチリしておく


既婚者は恋愛してはいけないのか?という問いに答えを出すことができたなら、彼との恋愛の前の準備をしっかり行っていきましょう。

準備をしっかりと整えておけば、既婚彼との恋への恐怖心は小さくなり消えていきます。

まず、二人はどちらも既婚者であるということを忘れてはいけません。

それは、絶対に二人の恋が誰にもバレてはいけないということを示しています。

二人の恋がバレてしまえば、傷つく人がたくさんいます。

そういう危ない恋をしているのだという自覚は持っておかなければならないのです。

彼と愛し合う為には、まず二人の恋がバレない対策をしっかりと講じておく必要があるでしょう。

特に注意しておきたいのは彼の方です。

浮気がバレやすいのは圧倒的に男性側なので、彼にしっかりバレ対策をしておいてもらえば、二人の恋がバレる確率は下がっていきます。

連絡方法はどうするのかについては、しっかりと彼にも対策をお願いしましょう。

彼のスマホに残ったあなたの連絡が見られてしまえば、一巻の終わりです。

既婚者同士の恋には用心し過ぎるということがありません。

婚外恋愛専用の連絡アプリを利用し、やり取りはすぐ消すといった対策を彼の方にも徹底してもらうようにするのが大切です。

しっかりとバレ対策ができたら、彼と愛し合う為の準備は整ったと言えるでしょう。

「もう迷わない」恋をすると決めたら思い切り楽しむ


「既婚者は恋愛してはいけないの?」この問いにノーと答えたのなら、もう迷う必要はありません。

彼と愛し合う為には、思い切り楽しむということが重要です。

恋をすると決めたのに「やっぱりダメなのかな…」と思い悩んだりしては、せっかく恋を始めた意味がありません。

彼との恋に思い悩むのは恋をする前だけでいいのです。

恋を始める前にあなたは散々思い悩んだはずです。

その上で、自分なりに「既婚者は恋をしてはいけないのか」に答えを出して彼と恋愛することを決めたのでしょう。

だったら、もう迷いは必要ありません。

後は、彼との恋を思い切り楽しんでいきましょう。

せっかく恋をするのだから、思い切り楽しんだもん勝ちです。

彼との恋を楽しんで迷う気持ちを吹きとばしていきましょう。

「迷わない」と決めたものの、既婚者の彼との恋では迷う局面がやって来るかもしれません。

そんな時には、恋愛を始める前に悩んだ日々を思い出し、恋を楽しむと決意した日のことを思い出してくださいね。

「最終的にどうなりたいの?」二人は一緒にはなれないことを理解しておく


既婚者同士であっても、恋愛関係になれば気持ちが盛り上がり、一緒になりたいと思うようになることがあるかもしれません。

ですが、それを実現させるのはとても難しいことです。

思いが通じ合ってから将来で悩むことがないように、あらかじめ恋をスタートさせる前に話し合っておく必要があるでしょう。

二人は最終的にはどうなることを望んでいるのでしょうか。

そこを一致させておかないと、二人が長く愛し合っていくことは難しくなってしまうでしょう。

二人はどちらも既婚者ですから、どれほど思い合っていても最終的に結ばれることはありません。

「この先付き合いを続けていったとしても、家庭を壊すつもりはないから」

このように、将来どうするつもりかをきちんと意思表明しておくようにしましょう。

二人がどうやっても一緒になれないというのは、冷たい言葉のように聞こえますが関係を安心して楽しむには必須条件です。

彼とならどんなに愛し合っても家庭を壊すことはないと分かっているからこそ、既婚女性も安心して恋に落ちることができるのです。

お互いに家庭を持つ二人は、自分の家庭も相手の家庭も壊したくはありません。

恋をしても家庭を大事に思う気持ちはあり、離婚をしたいとは考えていないのです。

このことは、独身者を恋の相手に選んでしまうと、なかなか理解が得られないことでもあります。

せっかくお互いに理解し合える既婚者と愛し合うのだから、最終的に二人がどうなりたいのかの話は最初にしておくようにしましょう。

二人は結ばれないと分かっているからこそ、安心して恋にのめり込むことができるのです。

既婚者は恋愛していいという気持ちに切り替えて既婚男性との愛(ダブル不倫)を育む方法

結婚しているかどうかなんて紙切れ一枚の問題!恋する気持ちに素直に従う


「既婚者は恋愛してはいけない」から「既婚者は恋愛していい」に気持ちを切り替えるためには、あなたの価値観を覆す必要があるでしょう。

あなたが迷っているのは、自分も彼も結婚しているからが一番大きな原因でしょう。

だったら、その結婚に目を向けていきます。

結婚している人と結婚していない人の違いとは何でしょうか。

それは、婚姻届けを役所に提出したかどうかの違いだけです。

結婚しているかどうかなんて紙切れ一枚の問題に過ぎません。

あなたは、今紙切れに振り回されているだけなのです。

そう考えると既婚者が恋愛していないと思い込んでいたのが馬鹿らしくなってきませんか?

紙切れ一枚の問題は考えず、恋する気持ちに素直に従うことができれば彼とのダブル不倫愛を育んでいくことができるでしょう。

既婚者は恋愛してはいけないという考えは、難しく考えすぎるから起きてしまうことだったのです。

恋愛をするというのは、もっと単純なもののはずです。

もっと簡単に考えるように頭の中をシフトチェンジしていきましょう。

「離婚するつもりはない」お互いの意志をはっきりさせておけばトラブル知らず


既婚者との愛を育んでいくにあたって、避けなければならないのはトラブルです。

どちらも既婚者であるだけに、無用なトラブルは避けなるべく安全に恋を楽しみたいはずです。

そのためには、お互いの意志をはっきりさせておくことが大切となります。

トラブルの多くは思い違いから起きるものなのです。

「離婚するつもりはない」このことは、愛を育む前に確認しておく必要があるでしょう。

このことがはっきりすれば、二人の恋愛は家庭を壊すという行為ではなくなります。

既婚女性が「自分は恋愛してはいけない」と思ってしまうのは、そのことが家庭を壊すことに繋がるからです。

しかし、二人が愛を育んでいった先に離婚がありえないとなれば、恋してはいけないと思い悩むこともなくなります。

それどころか、既婚者だって恋愛していいと思えるようになるでしょう。

曖昧にしておくことの多い日本人ですが、ダブル不倫で愛を育んでいきたいのであれば曖昧な態度は禁物です。

曖昧な態度は「もしかして離婚してくれるのかも?」と相手の期待を膨らませ、トラブルへと繋がってしまいます。

既婚者同士がしっかりと愛を育み楽しんでいくためには、離婚するつもりはないとはっきりさせておくことが大切なのです。

はっきりと自分の意志を伝え、相手の本音を聞き出し、トラブルを避けつつ二人で愛を育んでいくようにしましょう。

「離婚するつもりはない」というのは、これから恋愛をしようと考えている人に対して言いづらいことでしょう。

しかし、そのことを明らかにしておくことで、二人の恋愛はうまくいくようになるのです。

勇気を出して愛を育む前に、二人の意志をはっきりと確認しておきましょう。

「人生を充実させる」視点を切り替えて物事を大きくとらえる


「既婚者は恋愛してはいけないのか」という考えに囚われている内は、あなたの視野は狭くなってしまっていると言えるでしょう。

もっと大きい視点でとらえれば、既婚者は恋愛してはいけないという考えには至らないはずなのです。

古くから人は恋人がいようと結婚していようと、誰か他の人に恋することがやめられない生き物でした。

それは婚外恋愛がいけないという決まりがあろうとなかろうと同じことです。

なぜそんなことが起きるのかというと、それが人にとって必要なことだからでしょう。

より人らしく人生を充実させて生きていくためには、恋というのは人に必要なことなのです。

このように現代社会のルールだけに囚われるのではなく、もっと大きなところにまで目を向けてみましょう。

そうすれば、過去に多くの人も結婚していながら恋愛をするということを経験してきたことが分かります。

そして、多くの人がその恋を楽しみ、多くの文化を生み出してきたことも分かるでしょう。

あなたが彼のことを好きになってしまったのも、あなたの人生を充実させるためには必要なことです。

結婚しているからといって、人生を充実させるのを諦めてしまっていいのでしょうか。

人生は一度しかありません。

後悔のないように生きなさいという言葉はよく聞くのに、婚外恋愛は禁じられるなんておかしな話です。

あなた自身の人生をどう生きるかは、あなたが決めていいのです。

よりよい人生のためにも、好きになった既婚男性との愛を育みダブル不倫を楽しんでいきましょう。

「既婚者は恋愛してはいけない?」という悩みを解決しダブル不倫を楽しもう


恋をしてしまった多くの既婚女性が悩むこと。

それは「既婚者は恋愛してはいけないのか」ということです。

そう思い込んでしまった女性は、自らの恋心を封印してしまうこともあるでしょう。

生涯を共にすると誓った夫への情や子供のことを考えると、女性は簡単には恋愛をスタートさせることはできません。

ですが、既婚者は恋愛してはいけないなんてことはありません。

人間が誰かを好きになってしまうのは、ごく自然なことなのです。

そして、それは結婚していようと誰にでも起こることでしょう。

だから、あなたも自分自身の恋心を恥じる必要はありません。

恋した相手も既婚男性だったとしたら、二人はお互いのよき理解者となることができます。

既婚者となった二人が恋に落ちるからこそ、お互いのことがよく分かり合え支え合うことができるのです。

よき理解者を得たあなたの人生は、これまで以上に輝き毎日が楽しくなるでしょう。

そうすると、夫婦関係にも良い兆しが見えてきます。

これまでは、イライラしてたまらなかった夫の小さな仕草も気にならなくなるのです。

それは、あなたの中に夫を裏切っているという小さな罪悪感があるから。

既婚女性の恋は夫との関係も良好にしてくれるものなのです。

ですが、二人の恋はバレてはいけない恋であるということだけはしっかりと理解し、二人で協力してバレないように愛を育んでいきましょう。

そうすれば、これまで思い悩んでいたのが馬鹿らしくなるほど、毎日が輝きだしますよ。

既婚者だって恋愛してもいいのです!

おすすめの記事