一回り年上の既婚女性に独身男性が好意を抱くきっかけと不倫恋愛に発展させるアプローチ方法

既婚女性が独身男性に恋をしてしまう。

これだけでも困惑してしまうことですが、相手の男性が一回りも年下だったとしたら、女性は大いに悩んでしまうでしょう。

ですが、一回り年上の既婚女性に独身男性が好意を抱くことはあります。

年の差や既婚者であることを考えて諦めるのではなく、きちんとアプローチをしていけば年上女性の恋心は実を結ぶのです。

この記事では、一回り年上の既婚女性に年下の男性が好意を抱くきっかけ、不倫恋愛へ発展させるためのアプローチ方法についてお伝えしていきます。

また、年の性ある故に仕事の先輩としてしか見られないパターンも十分に考えられます。

そんなことにならないためにも、年下彼との恋でのNG行動についてもご紹介していきます。

自分が既婚者で相手が年下の独身男性であるということは、大きな悩みの種となるでしょう。

しかし、一度火のついてしまった恋心は止められません。

どんなに障害の多い恋でも叶える方法はあるのです。

彼との恋を成就させる方法について、一緒に学んでいきましょう。

目次

自分より一回り年上の既婚女性に独身男性が好意を抱くきっかけ

「包み込まれたい」同年代の女性にはない包容力に魅力を感じる


年下の独身男性は、わざわざ一回りも年上の既婚女性を選ばなくても、恋愛対象となる女性は周囲にたくさんいるでしょう。

それなのに、年下彼が年上既婚女性に好意を抱いてしまうのは、どんなことがきっかけなのでしょうか。

それは、年上でさらに既婚者だからこそ女性が持つ魅力があるからです。

その最大の魅力とは包容力です。

年を経るごとに女性の中では母性が増していきます。

既婚者となって子供を持っていればなおさらでしょう。

それは、年下男性の同年代の女性にはないものです。

若い女性との付き合いは、時として大変な苦労を伴うものとなります。

彼は若い女性に振り回される恋愛に疲れてしまったのでしょう。

若い女性はわがままに振舞い、自分が大切にされて当然だと思っています。

それが若さというものですが、その若さは付き合う男性を疲弊させてしまいます。

そんな同年代の女性に慣れている彼は、年上女性の持つ落ち着きや包容力を魅力的に感じるでしょう。

自分を振り回すことなく、落ち着きをくれる年上女性。

そんな彼女に彼は惹かれてしまい、好意を抱いてしまうのです。

「包み込まれるような安心感が欲しい」

振り回されるばかりの恋に疲れた彼はこう考え、彼女に惹かれてしまいます。

恋愛はドキドキするものですが、そのドキドキに疲れた男性はドキドキとは真逆の落ち着きを恋愛に求めます。

だから、独身男性は年上の既婚女性に恋をしてしまうことがあるのです。

年下男性に恋をしたのなら、年上だから見せられる包容力で勝負していきましょう。

年上女性の余裕が魅力的!知らないことを教えてもらえそう


普通、男性は恋愛において女性をリードすることが求められます。

男女平等が叫ばれる世の中ですが、女性の多くは男性にリードされたいと考えているのです。

だから、あなたの恋した年下彼も、普段の恋愛では男らしく頑張っているでしょう。

ですが、多くの人が知っている通り、最近の男性は中性化してきており恋に積極的な草食系男子と呼ばれるタイプの男性が増えてきています。

そんな男性たちは、女性をリードしなければならない現状に疲れてしまっているのです。

彼の目から見ると年上女性は魅力的な存在として見えます。

なぜなら、年上女性は経験方法で何でも知っています。

その余裕を彼は魅力だと感じるのです。

そして、彼は彼女と付き合えばいろいろなことを教えてもらえそうだとの期待が膨らみます。

自分からは積極的に動くことができない草食系男子にとって、経験豊富でリードしてくれそうな既婚年上女性はとても魅力的。

普段から、何でも知っていて教えてくれる様子に、彼は「この人と恋愛したら楽しそうだ」という妄想が膨らんでいきます。

そして、どんどん彼女に対する好意を抱くようになっていくのです。

普段から頼れる女性でいれば、年下男性からの好意は得られるでしょう。

ドキッ!最初は恋愛対象外だったけど女らしい部分を見つける


多くの男性は、年上で結婚もしている女性のことを恋愛対象だとは思っていません。

不倫がいけないことだというのは常識ですし、既婚女性との恋は面倒なことに巻き込まれそうで避けたいと考えるものです。

しかし、この彼が彼女のことを恋愛対象として考えていないということが、時として有利に働きます。

人はまったく恋愛対象だと思っていない人の意外な一面を見る時、恋に落ちやすいのです。

つまり、年下彼から恋愛対象と思われていなくても、彼との恋愛のチャンスは大いに残されているということ。

彼に対し、意外と女らしい一面を見せることができれば、彼はあなたの女性らしさをより強く感じドキッとさせられてしまいます。

そして、それが好意を抱くきっかけとなるでしょう。

元々、女性だと認識し意識していた女性よりも、まったく意識していなかった女性の女らしい部分を見せられる方が意外性があります。

この意外性を見せられるのが、年上の既婚者女性の強みだと言えるでしょう。

だから、彼からまったく恋愛対象として見られていないからといって、落ち込む必要はありません。

そんなあなただからこそ、彼をドキッとさせ好意を抱かせることができるのです。

彼に恋愛対象として意識してもらうために、ドキッとするような女らしい一面を見せていきましょう。

そうすれば、彼はあなたのことを意識せざるをえなくなります。

そして、それは今まで意識していなかった分、強いトキメキとなるでしょう。

「何かと優しくしてくれる内に…」優しくされると好きになる


年上の既婚女性は、年下彼にとって優しいお姉さんです。

結婚という人生経験もあり、彼よりも長く生きている彼女は、彼の未熟さが気になってしまいます。

そして、自分には余裕があるため、彼のことを助けてあげるでしょう。

何か困った時に優しくしてくれる彼女に対し、彼は好感を抱きます。

そして、それは次第に好意へと変わっていくでしょう。

人は自分に対し優しくしてくれる人に対し、好感を抱きます。

自分の身に置き換えて考えてみても、優しくしてくれる人のことを嫌いにはなれませんよね。

それと同じことが彼にも起きているのです。

優しくされる内に好感といったほんのりした感情は、はっきりとした好意へと変化していきます。

何かと自分のことを気にかけてくれて、優しくサポートしてくれる彼女のことを、彼は気づいたら好きになっているでしょう。

自分よりも一回りも若い彼には、探そうと意識しなくても助けてあげたいと思う箇所がいっぱいのはずです。

彼を助け優しくしてあげることで、彼の好意をゲットしていきましょう。

年上だからこそできる優しさを、彼に与えてあげるだけでいいのです。

一回り年上の既婚女性に好意を抱いているときの年下男性の言動

「これ教えてください」何かと甘えようとしてくる


では、年上女性に好意を抱いたとき、彼はどのような言動を見せるのでしょうか。

彼が好意を抱いているときの言動について見ていきましょう。

一回り年上の既婚女性のことを好きになった彼は、彼女ともっと関わりたいと思うようになります。

好きな人に対して近づきたいと思うのはごく自然な感情ですよね。

そして、近づきたいと考えた彼は、自分が彼女よりもうんと年下であることを活かそうと考えます。

これまでの関係性を考えてみても、彼が彼女に甘えるのは自然な近づき方でしょう。

「これ教えてください」

彼は何かと彼女のことを頼り、甘えようとするでしょう。

その裏にはあなたへの好意があったのです。

好きな人に近づくのに、頼ることはいい口実となります。

彼は好きなあなたに頼ることで、あなたに自分のことを気にかけてもらいたいと考えているのです。

年下の彼がこれまで以上に自分を頼り甘えてくるとき、それは彼があなたのことを好きになった証拠です。

彼はあなたとの接点を少しでも作り出したくて、そのような行動をしています。

「俺が持ちます」女性の助けとなってくれ男らしさを見せてくる


男性は好きになった女性に対して、男らしさを見せたいと考えています。

そうすることで、相手からの好感も得たいと考えているからです。

好きになった女性からの好感を得たいと考えるのは、自然な心理でしょう。

それは、恋に落ちた相手の年齢など関係ありません。

年下彼は年下だからこそ張り切って、彼女に対し男らしさを見せようと頑張ります。

「俺が持ちます」

重い荷物を運ぶときなどは、男らしさを見せるチャンスです。

彼が率先してあなたの荷物を持ってくれようとするのは、彼が自分のことをカッコいいとか男らしいと思って欲しいからでしょう。

あなたを助けようと彼がいろいろと頑張ってくれるのは、彼があなたからの好意を得たいと考えているからです。

「いつまでも頼りない年下男子のままじゃダメだ!」

彼はこんな思いで、あなたに男らしさを見せようと考えています。

彼が頑張ってあなたを助けようとしてくれるとき、あなたは彼を男性扱いしてあげるといいでしょう。

男らしさを見せようと張り切っているとき、相変わらず年下扱いされたのでは彼は希望をなくしてしまいます。

彼があなたに男らしく見られたいと頑張っているのだから、あなたはそれに応えてあげるようにしましょう。

そうすれば、彼は嬉しくなりもっとあなたに認められたいとやる気を増していくことができるでしょう。

年下で頼りないと思っていた彼が、男らしい一面を見せてくるとき、それは彼があなたに男として認められたいと考えているからです。

「今日も美人ですね」ストレートに褒める言動が増える


男性は好きになった女性のことを、魅力的だと感じています。

そして、そのことを伝えたいと思うものです。

伝えることで彼も満足だし、彼女にも喜んでもらえるでしょう。

「今日も美人ですね」「新しい髪型似合ってます」「素敵な服ですね」

年上女性を好きになった彼は、彼女のことをストレートに褒めてみせます。

既婚の年上女性に対しこんなことができるのは、彼が年下だからです。

普通ならためらってしまような褒め言葉も、彼の若さが持つ素直さでストレートに伝えることができるのです。

彼のストレートな言葉に女性も嬉しくなるでしょう。

気の利かない年下の男性が、あなたの小さな変化も見逃さず褒めてくれるとしたら、それは彼があなたのことを良く見てくれているということです。

そして、なぜ彼がそんなにもあなたのことを見ているのかは、説明せずともお分かりですよね。

彼は好きな女性を褒めて喜んでもらいたいという、自分の気持ちに正直に行動しているだけなのです。

彼のあまりにもストレートな言葉は、ひょっとするとあなたを困らせてしまうかもしれません。

しかし、彼の言葉はあなたを困らせたくて言ったものではありません。

素直な年下男性から出る言葉はそのまま受け止めてOK!

照れずに「ありがとう」と受け止めておきましょう。

彼が褒めてくれると、あなたもどんどんきれいになることができるはずです。

年下彼からの愛を受け取り、ますます美しくなって彼を虜にしていきましょう。

一回り年上の既婚女性が仕事の先輩以上に見られないNG行動

「私なんておばさんだから…」自分自身を卑下するのはNG


一回りも年下の彼に恋をしてしまった女性は、傷つくのが嫌で自分を低く見せようとします。

かなり年下の男性に、既婚の身でありながら恋をするというのは、無謀にも思えることです。

彼女は人生経験があるだけに、傷つくのを避ける手段として、どうせこの恋心が叶わないことは分かっているというフリをするのです。

「私なんておばさんだから…」

年上女性の吐くこんなセリフは、自分を低く見積もることで恋が実らなくても仕方がないと自分を納得させる手段なのです。

しかし、自分自身を卑下している様子は、周囲から見ていてあまり気持ちのいいものではありません。

あなたのことを「いいな」と思っていた年下男性も、あまりに自分をおばさんというあなたのことを言いと思えなくなってきてしまうのです。

年下男性が年上女性をいいなと思うのは、彼女のことをおばさんだなんて思っていないから。

堂々と生きている女性のことを年齢関係なく、いいなと思うようになるのです。

彼に仕事の先輩としか見られないのは、あなたが張り巡らせた伏線のせいでしょう。

年下の男性に恋をしてしまったときには、自分自身を卑下するのはNG行動となります。

「私はおばさん」と言ってしまうことで、なんとも思っていない彼にあなたがおばさんであることを印象づけてしまうことになります。

恋をするのに年齢は関係ありません。

若い彼のことを好きになったのなら、自信を持って彼との恋に突き進んでいきましょう。

『自分はおばさん』と思うよりも、『私はいい女』と思っていた方が、彼だってあなたを魅力的に感じるはずなのです。

年上女性はついつい自分の身を守るために自分を卑下しがちですが、明日からはもうそういった言動はやめておきましょう。

そうすればあなたはもっと魅力的な女性となることができますよ。

まるで子供みたいに感じる!何でもかんでも世話を焼いてしまう


一回りも年が離れていると、女性は男性のことをまるで自分の子供のように感じてしまいます。

同年代の夫と暮らしている既婚女性なら、余計に彼の若さがまぶしく感じられ彼の世話を焼きたい気持ちになるでしょう。

女性はただでさえ男性よりも精神年齢が高いのに、一回り以上離れているとなると、まるで親子のような関係性になってしまいます。

ですが、親子関係と恋愛関係は似て非なるもの。

親子のように親しくなれたとしても、そこから恋愛関係になるのはとても難しいのです。

だから、彼のことを可愛らしい存在だと思っても、母親のように何でもかんでも世話を焼くのはやめておきましょう。

その行動はあなたにとっては愛情からくる行動であっても、彼にとってはあなたを恋愛対象外にしてしまう行動です。

彼の世話を焼くことであなたは、彼のお母さん的存在となってしまいます。

お母さんは確かに彼の好きな人でしょうが、その好きは恋人への好きとは違うものでしょう。

一度彼のお母さん的存在になってしまうと、彼から恋愛対象として見てもらうのは非常に難しくなります。

お母さんのように大切な存在にはなれても、彼の恋人になることはできません。

お母さんだと認識した相手を、抱ける男性はそう多くはないのです。

だから、年下男性の仕事の先輩以上となるためには、彼の世話を焼き過ぎるのはやめておきましょう。

ただでさえ年上の女性は母のように見られてしまいがちなので、注意してくださいね。

母ではなく、一人の女性として見てもらわなければ、彼と恋愛関係になるのは難しいこととなるでしょう。

あなたは彼のお母さんになりたいのではないはずです。

彼がかわいくて仕方がないし、彼に近づきたい気持ちはわかりますが、彼の世話を焼くのはグッとこらえましょう。

彼に恋心を持ってもらえるように、母になってはいけません。

仕事が出来過ぎて隙がない!女性として見られるには隙が大事


若い男性は年上女性に対して、怖いというイメージを持ってしまうことがあります。

ただでさえ、自分よりも人生経験の多い女性には気後れしてしまうものです。

そんな彼に恋してもらうためには、女性としての可愛らしさが重要となります。

彼の仕事の先輩としてしっかり振る舞えば、信頼してもらえると思う気持ちは分かりますが、仕事が出来過ぎるのも問題です。

仕事が出来過ぎてしまうと、その女性には付け入る隙がありません。

彼はあなたに好印象を持っていても、隙のない女性に恋をしても無駄だと感じ恋心を封印してしまうのです。

仕事が出来ないフリをする必要はありません。

仕事の出来る先輩であってもいいですが、仕事以外ではかわいらしいなどのギャップが必要です。

仕事でも完璧、プライベートでも完璧では、彼はあなたに近寄りがたさを感じてしまいます。

年下の彼に恋愛感情を抱かせるためには、隙が必要であるということを忘れないでください。

彼の仕事の先輩で終わらないためには、デキる女になり過ぎるのはやめておきましょう。

少しの隙を作ることが、恋愛関係を始めるためのコツとなります。

一回りも年の違う彼にとって、あなたはただでさえ近寄りがたい存在です。

その印象をガラリと変えるくらい、親しみのある女性を目指さなければなりません。

完璧すぎる女性のままでいては、いつまで経っても彼との距離は埋まらないでしょう。

一回り年上の既婚女性が年下独身男性と不倫恋愛に発展させるアプローチ方法

「頑張ってるね」褒めて伸ばせば彼の中に好意が生まれる


男性はいくつになっても褒められたい生き物です。

まだ若い彼は、より強く褒められたいという気持ちを持っていることでしょう。

彼と不倫恋愛に発展したければ、彼を褒めて伸ばすという意識が大切です。

彼は褒められることで日々のやる気が出ますし、頑張ることができます。

そして、その活力を与えてくれるあなたに好印象を抱くでしょう。

褒め上手な女性を嫌いな男性などいませんし、褒めてくれる女性にはもっと褒められたいと思うものです。

「頑張ってるね」と自分の様子を見てくれて、褒めて欲しいポイントを逃さず褒めてくれる女性とは、彼はもっと一緒にいたくなってしまうものなのです。

このように褒めるという行為は、年下の男性に年上女性への恋心を抱かせる行為となります。

年下彼へのアプローチに迷ったら、とにかく彼を褒めてみてください。

年上の女性が年下男性を褒めるのは、ごく自然な行為です。

これならば下心を感じさせずに彼との距離を自然と近づけられます。

彼はいつも褒めてくれるあなたのことを次第に女性として意識せざるを得なくなっていくでしょう。

褒めるだけというお手軽なアプローチ方法をぜひ試して、年下彼との関係を発展させてくださいね。

男性は褒められることが好きだということを、押さえておきましょう。

「あなたのことが好き」告白は女性からでもOK


年下の独身男性と年上既婚女性が、不倫関係に一歩踏み出そうと思ったら勇気が必要です。

彼が若さゆえの無鉄砲さで、不倫関係をスタートしようとしてくれればいいですが、現実はそううまくはいきません。

彼は年上でしかも既婚者との恋愛に二の足を踏んでいます。

彼女に対する好きな気持ちが芽生えていても、彼はそれを伝える勇気はないでしょう。

お互いに気持ちを伝えないままでいたのでは、二人の関係は発展するはずもありません。

女性の中には「告白は男性にしてほしい」という妙なこだわりを持つ人が一定数いますが、年下独身男性との関係の発展を望む年上既婚女性は、そのようなことを気にしていてはいけません。

彼が今一歩踏み出せないでいるのだから、先に一歩を踏み出すべきは年上のあなたの方なのです。

告白は男性からしなければならないものではありません。

女性から「好きです」と気持ちを伝えたっていいものなのです。

彼女に対する好意がありながら一歩を踏み出すことができなかった彼も、彼女から告白してもらえれば関係を進展させることができます。

むしろ、彼は彼女からの告白を待ち望んでいたとも言えるでしょう。

お互いに好きな気持ちがあるのに、相手からの告白を待っていて、結局関係を進展させられずに終わってしまう。

こんな悲しいことはありません。

年下彼との不倫関係への発展のためには、妙なプライドや固定観念は捨て、女性の方から素直な気持ちを伝えてみるようにしましょう。

「あなたのことが好きです」

素直な告白は彼の胸に届き、二人はやっと関係を進展させていくことができるでしょう。

若作りはやめ年を取ったからこそ醸し出せるセクシーさで勝負


年下男性に恋をしてしまった女性は、間違った方向に努力をしてしまうことがあります。

その努力とは、彼の年齢に合わせようとしてしまうことです。

ですが、一回りも年の違いがあると、彼の年齢に合わせるということは無理をしている感じが出てしまいます。

あなたは彼に近づきたくてしている努力であっても、彼の方から見ると無理目な若作りをしているようにしか見えないのです。

彼との関係を発展させたいあなたにとって、これは致命的です。

彼と不倫関係になりたいのであれば、無理をしていてはいけません。

若作りは今すぐにやめ、年を取ったあなただからこそできる魅力で勝負していきましょう。

あなたには若い人には出せない、年を取り人妻であるあなたにしか醸し出せないセクシーさがあります。

年相応のセクシーさで迫れば、彼はあなたとの関係を進展させたくなってしまうでしょう。

彼との関係をもう一歩進展させ不倫関係になりたいときには、若い彼の旺盛な性欲に訴えかけるのも一つの手段です。

若い女性のような瑞々しさはなくなっているかもしれませんが、あなたには若い女性にはないセクシーさがあります。

それは年下の彼にとっては、新鮮でとても魅力的に感じられるものでしょう。

若作りをやめ年相応の魅力で迫れば、彼と不倫関係に発展するのは簡単なことなのです。

年を取ったからこそ醸し出せるセクシーさで、年下の彼を虜にしていきましょう。

若い女性にはできない!豊富な話題で彼を楽しませる


若い彼は同年代の女性と恋をしようと思ったら、相手のことを楽しませることが求められます。

年若い女性は与えてもらうことに慣れており、男性があれこれしてくれるのを当然だと思っているのです。

今は年を重ね結婚をしたあなたもかつてはそうだったはずです。

しかし、いろいろな経験を経て、あなたは与えられるだけの存在ではなくなりました。

逆に、彼に与えることもできるような女性となっているはずです。

年下の彼があなたを魅力的だと感じるのも、若い女性にはできない気遣いが見られるからです。

自分から話題も提供しないのに、彼の話は「つまらない」とダメ出しをする。

こんな若い女性に彼はうんざりしています。

彼に「この人と付き合いたい!」と思わせるためには、若い女性とは違い自分から話題を提供し彼を楽しませていきましょう。

人から与えてもらってばかりではなく、豊富な話題で逆に自分を楽しませてくれる。

彼が待ち望んでいたのは、そんな女性です。

彼と不倫関係に発展するためには、彼を楽しませる存在でいられるように心がけていきましょう。

あなたの持つ若い女性にはない魅力に、彼が気が付くことができれば、二人の関係は自然と不倫関係へと進展していくはずです。

これは若い女性には真似しようと思ってもできないことです。

さまざまな人生経験を持つあなたにだからこそできる彼の楽しませ方を、たくさん彼に見せていきましょう。

一回り年上の既婚女性だからこそできる彼をゾッコンにさせる作戦

年上女性だからこそ!彼のことを何でも受け入れてあげる包容力


年下の彼が年上の既婚女性に期待するものと言えば包容力です。

彼女に包み込まれ癒されることを、彼は望んでいるのです。

現代社会で男性として生きていくのはとても大変なこととなります。

男だからと耐えて頑張る彼ですが、時には愚痴の一つもこぼしたい気持ちになるでしょう。

そんな時こそ、あなたの出番です。

彼の愚痴を受け入れ、否定せずに聞いて、上手に慰めてあげましょう。

そうやって、自分のことを何でも受け入れてくれる存在は貴重です。

仕事の愚痴は女性には嫌がられるものですし、彼も以前の彼女には嫌な顔をされたこともあるのではないでしょうか。

それなのに、あなただけはどんなことを話しても嫌な顔一つせずに受け入れてくれる。

こんな包容力を持つ彼女に、彼はゾッコンにならないわけがありません。

若い女性のわがままに散々振り回され、彼女の愚痴は聞かされるのに、自分の愚痴は聞いてもらえない。

彼がこんな冷たい待遇を経験したことがあれば、あなたの優しさに彼は夢中になってしまうでしょう。

これはあなたが彼よりも一回り以上年上で、余裕のある女性だからこそできることです。

彼のどんな感情も分かち合い、包み込んで、彼を癒してあげましょう。

彼にとって唯一無二の存在となることができれば、彼はあなたを手放すことができなくなってしまいます。

あなたの持つ包容力で、彼をいつでも優しく包み込んであげましょう。

なぜだか居心地がいい!自然と男を立てられる気遣いを持つ


一回り以上も年の差がある二人の差は、人生経験です。

彼は彼女のように人生経験豊富な女性と付き合った経験はあまりありません。

彼は年上彼女と付き合ううちに、不思議と居心地のよさを感じるでしょう。

それは、さり気ない彼女の気遣いによって作り出されたものです。

彼女にそんなことができるのは、彼女の人生経験が豊富だからでしょう。

結婚経験があるのとないのとでは、経験値は大きく変わってきます。

配偶者の家族との付き合いや、夫婦としていろいろな会食への出席、ご近所づきあい…。

そうした結婚によって起きるさまざまなイベントを乗り越えてきた彼女は、男性を立てるということの重要性を知っています。

男女平等の世の中にはなってきていますが、まだまだ日本社会では男を立てることで、場の雰囲気が良くなります。

結婚生活を経てそのことを重々理解している彼女は、男を立てるということが身に付いています。

そんな彼女と過ごすことで、年下の彼は自然と自分のことを立ててもらい、何とも言えない居心地の良さを感じることになるでしょう。

それはこれまでに誰との恋愛でも感じたことのない居心地のよさのはずです。

一度彼女と過ごす居心地の良さを知ってしまった彼は、彼女にゾッコンになっていきます。

男を立て居心地の良い空間を作り出すというのは、派手さはありませんが男性の重要視するポイントです。

華々しい女性との付き合いも良いですが、一緒にいることで疲れてしまうのであれば、そんな女性との付き合いは長続きはしないでしょう。

一緒にいて居心地の良さがあれば、彼はずっとその女性と一緒にいたいと思えるのです。

私なしでは生きられない体に!セックスで彼を夢中にさせる


男性は付き合う女性に対し、セックスの充実を求めます。

若い男性ほど性欲は高く、セックスを重要視する傾向も高まります。

一回り以上年の離れた彼と付き合うあなたは、彼の旺盛な性欲を満足させる覚悟を持っておきましょう。

あなたが上回っているのは、彼よりも豊富な経験です。

しかも、一人の人と長く付き合い結婚までしたあなたは、他の若い女性よりもセックスのテクニックがあるでしょう。

一般的にたくさんの人と性経験があるよりも、一人の人と長期にわたって性経験がある方がセックスは上達すると言われているのです。

そんなあなたは、ベッドの上でも若い彼を虜にできるテクニックを持っているはず。

彼とのセックスでは恥じらいはいりません。

きっと彼も、自分よりも年上のあなたとのめくるめく体験に期待を抱いているのですから。

経験の少ない若い女性にはできないセックスで、彼をあなたなしでは生きられないようにしていきましょう。

セックスで彼を夢中にさせることができれば、彼はあなたにゾッコンになったも同然です。

彼の性的な好奇心を満たし、若い女性にはできないセックスで、彼を夢中にさせましょう。

男性にとってセックスはとても重要なもの。

彼との付き合いをうまく続けていくには、そこは避けては通れない話題なのです。

もっと独身男性と付き合う方法を知りたい方へオススメの記事です

一回り年上の既婚女性と独身男性の不倫はアリ!彼へのアプローチ方法を知ろう


結婚していても、いくら年を重ねようと、女性はいつまでも女性です。

自分よりも一回り以上年の若い男性と恋に落ちることもあるでしょう。

「年が離れている」とか「結婚している」など二人の間に障害は多々ありますが、人を好きになれたというのは素敵なことです。

その気持ちを封印してしまうのは、もったいないこととなります。

実は年上の既婚女性と年下独身男性の相性はとてもいいのです。

女性の持つ包容力は、これまで彼が同年代の女性との付き合いでは感じたことのないものでしょう。

日々仕事を頑張る彼は、彼女の持つ包容力に夢中になり、恋愛対象として見ることもできるようになります。

年が離れていても二人が恋愛関係になることは、難しいことではないのです。

ですが、ちょっとしたボタンの掛け違えには注意が必要です。

年が離れているがゆえに、あなたは彼の世話をいろいろと焼きたくなってしまうでしょう。

ですが、その気持ちは我慢してください。

彼の世話を焼き過ぎてしまうと、彼の母親的存在にしかなれません。

母となってしまえば恋愛対象からは外されてしまい、彼との関係の進展は望めないでしょう。

彼の母ではなく恋人になれるよう、あなたは年相応の魅力で勝負していかなければなりません。

年下彼との恋に臆病にならずに、自分らしく彼との恋を成就させていきましょう。

好きになった独身年下男性との恋を、あなたのアプローチで叶えていきましょう。

年下の彼に愛される日々は、今以上にあなたを美しくしてくれますよ。

おすすめの記事