既婚女性と独身男性がプラトニックな恋愛を望む時体の関係を持たずに上手に愛を育てる方法

結婚している女性でも、恋に落ちることがあります。

既婚女性の恋は止められませんが、最後の一線だけは踏みとどまりたいと多くの女性は考えます。

既婚女性は独身男性とプラトニックな恋愛を望むことが多いのです。

ですが、女性側がプラトニックな恋愛を希望しても、不安になるのは彼が応じてくれるのかということ。

男性はプラトニックな関係では満足できないというイメージがあり、女性は不安な気持ちを抱えています。

この記事では、既婚者の女性と独身の男性とのプラトニックな恋の育み方をご紹介していきます。

既婚者の女性はどんな時に恋に落ち、なぜプラトニックな関係を望むのでしょうか。

プラトニックな恋を楽しみ、お互いに満足し合うことができれば、人生はもっと輝いていきます。

既婚になっても女性の恋する気持ちを抑えることなどできません。

プラトニックな恋愛を楽しみ、人生に輝きと美しさを手に入れていきましょう。

目次

既婚女性が独身男性と恋に落ちる運命的な出会いやきっかけ

「いつも頑張ってますね」誰も認めてくれない頑張りを褒めてくれた


男女ともに不倫が増えてきているとは言え、まだまだ不倫は男性がするものというイメージがあります。

最初から不倫をしようと思って結婚する女性はいません。

彼女が結婚していながら恋に落ちるのは、きっかけがあるのです。

結婚している女性は、毎日とても頑張っています。

家のことや仕事、子育てなど、既婚者の女性にはやらなければならないことがたくさんあります。

しかも、それらはやって当然とされることで、夫からも誰からも認められることではありません。

そんな忙しい毎日を送る中で、独身男性からその頑張りを認めてもらえたとしたら、彼女の中にはどんな感情が湧きあがるでしょうか。

まずは、頑張っていることを認めてもらえたという嬉しい気持ちが湧いてくるでしょう。

そして、その次には頑張っている自分を見てくれていたことへの感激です。

夫ですら自分が頑張っている姿を見てくれてはいないのに、別の男の人に見てもらえたのは大きな喜びとなります。

そして、その嬉しさや喜びは、恋心へとつながっていくのです。

結婚していようとなかろうと、誰かに自分を見てもらえているというのは、女性にとって恋するきっかけの1つです。

既婚者となり、そういう機会の減ってしまった女性にとっては、特に響く出来事となります。

結婚し妻となり母となりやることが増えたのに、褒められる機会が減ってしまった既婚女性は、誰かに認めてもらうことで恋に落ちていくのです。

「食事でもどうですか?」会話が弾むし楽しい時間を過ごせる


既婚者の女性には仕事で知り合った独身の男性から、食事に誘われる機会もあるでしょう。

独身男性との食事の機会は、既婚者の女性にとってとてもわくわくする出来事です。

浮気をしたいという思いがなくても、夫以外の男性と接する機会は女性にときめきを与えてくれるのです。

食事に誘われるというだけでもドキドキするのに、さらにその食事会が楽しかったとしたら彼女の恋心は加速してしまいます。

特に、夫に対して食事のマナー面での不満があり、彼がそのマナーを守れるとしたら彼への好感はうなぎのぼりとなるでしょう。

夫と食事を共にすると、くちゃくちゃと音を立てられたり、箸の持ち方がおかしかったり、気になる点が多くて楽しめないという女性は多くいます。

夫との食事にうんざりしている女性が、別の男性との食事を楽しめたらそれだけで恋に落ちる準備は整ったも同然。

夫以外の男性から食事に誘われるというドキドキと共に、食事を経ても好感が上がっていく時、既婚女性は相手の男性のことが好きになってしまうのです。

男性は何気ない気持ちで誘ったのだとしても、食事を共にすることは女性にとって恋のきっかけとなります。

普段は忙しく自分の作った料理を褒められることもなく、慌ただしく会話を楽しむこともない食事風景に慣れている既婚女性。

それだけに、楽しい食事ができたことに感激し、恋に落ちてしまうのです。

「どうしたんですか?」夫とケンカした時に話を聴いてくれる


既婚女性には、日々さまざまなことが起きます。

特に、生活を共にする夫に対しての不満は日々溜まっており、時にその不満をぶつけケンカになることもあります。

夫とケンカをすれば、女性の気分は苛立ち、落ち込み、沈むでしょう。

ですが、それを表に出すわけにはいきません。

表に出さずに、いつも通りの日常生活を送っているつもりの女性ですが、いつもと様子と違うのに気づき声をかけてくれる男性がいます。

「どうしたんですか?」

この独身男性の何気ない一言が、ケンカをした女性の心に響きます。

家庭で何があろうとも、一歩外に出たら頑張らなければならない。

こんな風に、頑張っている女性のささいな変化に気がついてくれたことが、女性はとても嬉しいのです。

そして、夫とのケンカの愚痴を聞いてもらえると、相手への信頼感が高まっていきます。

家庭のことはなかなか人に相談しづらいことですが、それを打ち明けられた相手であるということが大きいのです。

夫とケンカをし沈んだ様子に気が付き声を掛けてくれ、さらに話も聞いてくれる独身男性がいる時、彼女は恋に落ちてしまうでしょう。

結婚し恋愛市場から長い間遠ざかっていた女性は、男性に気にかけてもらえることが嬉しく、プライベートなことまで話し合える中になることが嬉しいのです。

夫とのケンカという最悪な出来事が起きるのは悲しいことですが、これは悲しい出来事があるから起きた嬉しいことです。

ケンカで気分が最低だったところから救い出してくれた彼の事を、女性は好きになってしまうのです。

「きれいですね」外見の変化に気づいて褒めてくれる


女として生まれたからには、いつまでも綺麗でいたいものです。

当然、結婚した女性も身だしなみには気を遣っていますし、オシャレも変わらずしています。

変わらず美しくいようとする女性ですが、変わってしまうのは周囲の人間です。

日本人は身内のことを謙遜する傾向にあり、妻となった女性のことを夫は恋人時代のように褒めてはくれなくなります。

結婚するほど好きな男性から、褒められなくなってしまうというのはとても寂しいことです。

さらに、周囲の人も既婚者となった女性に対して、見た目を褒めるのは失礼かなと感じ褒めなくなるでしょう。

つまり、女性は結婚してからも綺麗でいようとしているのに、そのことを褒められる機会はグッと減ってしまうのです。

夫は妻の外見を褒めてくれないどころか、だんだんと興味すら失っていきます。

美容院に行った帰り、女性は期待します。

「夫は新しい髪型を見て、何て言うだろう?気に入ってくれるかな?」

しかし、家に帰って妻の姿を見つけた夫は、妻が髪を切ったことにも気が付きません。

こんな日々に、既婚女性は打ちひしがれているのです。

ですが、その翌日に新しい髪型で出社した彼女に事件が起きます。

独身男性が「髪切ったんですね。似合ってますよ」と声をかけてくれるのです。

こんなことが起きたら女性は嬉しくて、飛び上がりたいような気分にさせられます。

夫にすら気づいてもらえなかったのに、自分のことを見てくれている男性がいるということが嬉しいのです。

そして、褒められたことに驚きつつも恋に落ちてしまいます。

「恋してみたいな」好みの男性が同じ職場にやってくる


浮気心は男性だけが持っているものではありません。

実は、長い結婚生活を送る女性の中には、浮気願望を持つ女性は思っている以上に存在しています。

それを実行に移すかどうかはまた別問題ですが、結婚した女性の中にも浮気をしてみたいという気持ちはあるのです。

夫のことは決して嫌いではないけれど、トキメキが欲しい!

こんな気持ちを持つ既婚女性が運命的に恋に落ちるのは、運命の男性に出会ってしまった時です。

運命はいつだって突然やってきます。

既婚女性の職場にやってきた男性が好みの男性であった時、女性はビビビと運命を感じてしまいます。

こんな簡単なことでと思うような日常の片隅に、運命は転がっているのです。

このような運命の出会いがあった場合、女性の「恋してみたいな」という軽い気持ちだった浮気心は大きく膨らみます。

家族のことを考えれば浮気なんてしてはいけないという気持ちも湧き上がりますが、恋する気持ちは誰にも止めることができないものなのです。

一目見た時に恋に落ちた女性は、もうその気持ちから逃れられません。

結婚した後で、運命の出会いをしてしまうということも、人生には十分ん起こり得るのです。

既婚女性が既婚男性とのプラトニックな関係を望む理由

家庭が一番大事!恋に溺れるわけにはいかない


既婚者の女性は、恋に落ちてしまったとしても冷静な一面を持っています。

結婚しているという立場のある彼女は、恋した相手とプラトニックな関係を望むのです。

これは、既婚女性ならではの願望で、恋愛感情と性欲とが強く結びついている男性には見られないことです。

女性がプラトニックな関係を望むのは、セックスをしてしまえば恋に溺れることになってしまうのが分かっているから。

結婚し家庭のある女性にとって、一番大事なのは家庭です。

家庭を支えているのは女性です。

その家庭を支える大きな存在である女性が、夫以外の男性との恋に夢中になってしまったら…。

家庭がボロボロになってしまうのは、目に見えていますね。

彼女はそうなることを怖れるあまり、好きになった男性と体の関係になることを望みません。

一般的に男性がセックスしてしまえば女性への興味を失うのに対して、女性はセックスをすると男性のことがもっと好きになってしまいます。

既婚者の女性が独身男性とセックスをしてしまえば、彼女は彼のことしか考えられなくなり、家庭がおろそかになってしまうのです。

女性にも性欲はあり、好きになった人と結ばれたい思いはもちろんあります。

しかし、家庭のある女性は、本能のまま恋に溺れることはできません。

それをしてしまえば、待っているのは家庭崩壊です。

恋も人生を潤してくれる大切なものですが、それ以上に大切なのは家族。

どちらも守るために、彼女はプラトニックラブを望むのです。

「子供に顔向けできない」夫よりも子供への罪悪感から


浮気をし夫以外の独身男性とセックスをしてしまった女性は、夫よりも子供に対して申し訳ない気持ちになります。

「もし、好きになった彼とセックスをしてしまったら、家に帰って子供の顔を見れるだろうか…」

こう考えると、女性の気持ちにはブレーキがかかります。

誰かを好きになるのは仕方のないことだとしても、体の関係を持ってしまえば、もうどんな言い逃れもできなくなります。

れっきとした不倫になり、女性は“母親のくせに不倫をしている女”だということになるのです。

不倫が子供に知られれば、子供も女性のことを軽蔑するでしょう。

夫への気持ちはなく、夫にはどう思われても構わないという人でも、子供に対してはいい母親でいたいと思っているものです。

いい母親でいたい気持ちがありつつ、恋もしてしまった女性は葛藤することとなります。

好きになった男性とは近づきたい気持ちがあるけれど、近づいてしまえば子供には顔向けできない。

子供の前で堂々と母親でいるためにも、彼と体の関係を持つわけにはいきません。

そんな女性が考え抜いた末に出した結論が、プラトニックな恋愛を楽しむということです。

体の関係を持たないプラトニックラブは、言ってしまえば親しい友人関係のようなもの。

既婚女性にとってプラトニックラブを築くことは、それほど罪悪感なく、彼の事も手放さずにいられる最善の方法なのです。

「夫のことを愛している」新鮮さはなくなったけれど愛情はある


夫以外の男性のことを好きになってしまう女性は、夫のことが嫌いになったのではありません。

むしろ、夫のことは愛しているという女性も多いのです。

夫のことは愛していて、家庭も安定している。

夫に愛し愛される安定した生活は幸せですが、退屈でもあります。

その退屈さが女性に、外の男性に目を向けさせるのです。

そして、夫以外の独身男性に心が奪われてしまった女性ですが、彼女は夫への愛情も持っています。

夫のことを愛する気持ちがありながら、他の男性と体の関係になってしまうわけにはいきません。

そもそも、彼女に恋をさせたのは、つまらないと感じるほど家庭が安定していたからです。

女性が求めているのは、つまらない日常の中にちょっとしたお楽しみができること。

夫を裏切ってまで、外で恋をしたいとは思っていません。

既婚女性にとってちょうどいいのが、独身男性とプラトニックな恋愛関係を築くことなのです。

夫以外の男性とのデートをすれば、トキメキは感じられ、日常を楽しくすることができます。

夫への愛情の残る女性は、他の男性と恋をしてトキメキを感じつつ、家庭も上手く運営していくことができれば願ったりかなったりです。

夫との関係に新鮮さはなくなっても、愛がなくなったわけではありません。

そんな彼女たちは、独身男性とプラトニックラブを楽しみたいのです。

独身男性にセックスなしの関係でも満足してもらえる愛情の伝え方

「いつもありがとう」彼のおかげで頑張れていることへの感謝


女性側がプラトニックな関係を望んだとしても、男性側が満足してくれなければ二人の関係は長続きはしません。

彼にセックスなしでも満足してもらうためには、どのように愛情を伝えていくかが大切となります。

男性に満足してもらうためには、彼がどんなに重要な存在であるかを伝えなければなりません。

普通の恋人同士であれば、男性はセックスで女性を悦ばせることで、大きな満足感を得て自分の存在意義を見出します。

ですが、それがないプラトニックな関係の場合には、言葉で感謝を伝えることが重要となります。

「いつもありがとう」

簡単な言葉で構いませんから、会う度に毎回感謝を伝えるようにしましょう。

実際に、あなたは彼に感謝しているはずです。

家族のために忙しく暮らす毎日は、幸せですがどこか満たされない日々でした。

その毎日の中に彼が現れたおかげで、あなたの毎日は輝きを取り戻したのです。

毎日を楽しくしてくれた彼に対しての感謝の気持ちは、忘れずに伝えていきましょう。

「ありがとう」の言葉を彼に伝えることで、彼は自分の存在があなたの役に立っていることを実感することができます。

セックスなしでも、こんなにも必要とされ感謝をされることで、彼の満足感は高まるのです。

彼に会える時には、感謝の気持ちを伝えるのを忘れないようにしましょう。

「こんなに甘えられるのはあなただけ」他の人には見せない顔を見せる


男性は、付き合う女性の自分だけに見せてくれる顔が大好きです。

普段は見せない顔を、自分の前だけでは見せてくれることで、付き合っている満足感を得ることができます。

セックスをすることも、彼にしか見せない顔を見せる例の1つです。

セックスの最中の顔というのは、付き合った男性以外に見せるものではありません。

好きな人とセックスをしたいという男性の気持ちは決して性欲を満たすためだけでなく、自分だけが知るそういった顔を見たいという気持ちも大きいのです。

では、セックスが出来ないプラトニックな関係を望む女性は、どうやってその男性の欲望を満たしていけばいいのでしょうか。

それは、セックス以外で、他の人には見せない顔を彼に見せていくしかありません。

普段はしっかりしているのなら、彼の前だけでは甘えてみましょう。

そして「こんなに甘えられるのは、あなただけ」と言葉でも、彼を喜ばせるようにしてみましょう。

そうすれば、彼は女性が自分の前だけで見せてくれる姿に満足することができます。

セックスをせずとも、目の前の女性が自分に心を許してくれていることが分かり、彼女が自分のものであると感じられるのです。

彼をセックスなしで繋ぎとめておくには、彼にしか見せない顔を彼の前で見せるようにしていきましょう。

「好きだよ」体で伝えられない分、言葉でたくさん伝える


付き合うカップルがセックスを重要視するのは、セックスが一番手っ取り早く愛情を伝えることのできる行為だからです。

裸になって繋がり合うのは、好き同士だからこそできること。

好きだよと言えない口下手な日本人でも、セックスをしていれば愛情を伝え合うことができるのです。

セックスなしのプラトニックな恋愛を望むのであれば、他の方法で愛情を伝えるしかないでしょう。

体を重ねることで愛情を伝えられないのであれば、口に出して言葉で伝えるしかありません。

日本人は言葉での愛情表現に慣れておらず、最初は言葉での表現に照れてしまうかもしれません。

しかし、言葉で表現するというのは、もっとも伝わりやすい愛情表現です。

「好きだよ」「愛してる」

そう言われれば、愛情はストレートに伝わり、言われた方はとても嬉しい気分になるでしょう。

“言葉にしなくても伝わる“と思いがちな日本人ですが、彼とのプラトニックな関係を上手に築いていくためには、どんどん口に出して伝えていかなければなりません。

「言いすぎると嘘くさくなる」「あまり何度も言うと言葉の価値が薄れる」なんてことは気にしなくてOKです。

彼は結婚していても、プラトニックな関係で繋ぎとめておきたいほど好きになった素敵な男性のはず。

だったら、その気持ちはどんどん伝えていくようにしましょう。

彼にもその気持ちが伝わり、満足してもらえるでしょう。

「私が結婚さえしてなかったらなぁ」結婚したいくらい本気の気持ちと彼を守りたい気持ちを伝える


既婚の女性と付き合う独身男性が心配になるのが、彼女は真剣ではなく自分は遊ばれているのではないかということです。

「彼女は離婚をするつもりもなさそうだし、セックスをしてくれるわけでもない」

こうなると、ひょっとして女性にいいようにもてあそばれているのではないかと彼は感じてしまうのです。

彼をこんな気持ちにさせないためには、あなたの本気の気持ちを伝えていかなければなりません。

女性が彼との関係に一歩踏み出せないのは、結婚しているからです。

それさえなければ、彼とは男女の関係にもなりたいし、普通に恋愛をしたい気持ちはあるのです。

「私が結婚さえしていなかったらなぁ」

「出会う順番を間違ったね」

結婚し家庭を持っていなかったら、彼と結婚したいぐらいの気持ちであることを伝えていきましょう。

そして、プラトニックな恋愛を続けるのは、彼のためでもあることを伝えましょう。

既婚者とセックスをしてしまえば、彼は不倫をしてしまうことになります。

体の関係があればもう言い逃れはできず、女性の夫から慰謝料を請求されても仕方のない立場となってしまうのです。

彼を不倫男にしないためにも、プラトニックラブを続ける必要があると、彼に理解してもらうように努めましょう。

セックスをしないのは愛がないからではなく、本気だから彼を守りたい気持ちなのだと分かってもらえれば、彼にも満足してもらえます。

既婚女性が独身男性とプラトニックな恋愛を守り抜くために必要なこと

彼とは絶対にセックスしない!強い意志を持っておく


好きな人とセックスをしたいという思いは、男性だけではなく女性にもあるものです。

そのため彼とのプラトニックラブは、女性にとっても我慢が必要なことになります。

彼との付き合いを続けていく中では、彼に触れたいという気持ちになる日や抱かれたい気分の日も出てくるでしょう。

たとえ一度でも体の関係を持ってしまえば、もうプラトニックだとは言えません。

一度セックスをしてしまえば、これまでお互いに我慢していた分、もう止められなくなってしまうでしょう。

プラトニックな恋愛を守り抜くためには、一度であっても絶対に彼とはセックスしないと固く誓っておかなければなりません。

弱った気分で彼に優しくされたい気分の時、彼の「俺の部屋に来る?」という言葉に流されることがないように強い意志を持っておかなければならないのです。

好きな人とセックスをしたくなるのは生き物として当然の気持ち。

その当然の気持ちを抑え込まなければならないのだから、相当強い意志が必要となります。

彼とは何があってもセックスをしないという強い意志を持っておき、彼がどんなことを言ってきても流されないようにしておきましょう。

セックスをしないためには、セックスができる環境に行かないということも必要です。

好き同士の男女が密室で二人きりになれば、セックスをしない方が難しいというもの。

彼とのプラトニックラブを貫くためには、強い意志を持って付き合いを続けていきましょう。

セックスをすると困るのは自分だけじゃない!彼にも迷惑がかかると知っておく


彼とセックスをしてしまうと困ったことになるのは、あなただけではありません。

もちろん、女性側もセックスをしてしまえば、今まで以上に彼にのめり込んでしまい、家庭に支障をきたすなどの困った事態が考えられます。

ですが、あなた以上に彼は窮地に追い込まれてしまうのです。

独身男性である彼があなたとセックスをすれば、それは不貞行為となります。

相手が結婚していることを知りながら体の関係を持つというのは、不貞行為にあたり民法上も夫婦の離婚事由となり慰謝料を請求されてもおかしくない行為なのです。

不貞行為かどうかを分けるのが、肉体関係のあるなしです。

いくら強く思い合っていたとしても、肉体関係がなければそれは不貞行為だとは言えず、彼は訴えられることはありません。

自分自身の欲望に負けてしまい、彼とセックスをしてしまうことは彼をピンチにすることだと覚えておきましょう。

自分のためだけならできない我慢も、好きになった彼のためなら頑張れるはずです。

結婚しているあなたが、夫以外の男性と関係を持つというのは法律上もまずいことであり、彼を訴えられてもおかしくない存在にしてしまうことなのです。

プラトニックな恋愛を守り抜くことは、あなたのためだけではなく、何よりも彼のためとなります。

彼のためにもプラトニックラブを続けていきましょう。

お酒の席は危険!彼と二人で飲むのはやめておく


セックスをしないと決めていた二人が過ちを犯してしまうのは、圧倒的にお酒に酔ったことが原因として多く見られます。

普段はどんなに気を付けていても、お酒が入ったことで判断能力が鈍り、我慢する気持ちが働かなくなってしまうのです。

二人でお酒を飲んでいい雰囲気になり、そのままホテルへ…

よくあることですが、これを避けるのはとても難しいことです。

お酒に酔い昂った気持ちを静めることは、不可能に近いこととなります。

お酒の勢いで今まで続けていたプラトニックな関係をぶち壊すことがないようにするには、二人で飲むのを避けましょう。

プラトニックな関係を守り抜くためには、念には念を入れておくことが大切となります。

お酒を飲むのであれば、軽く一杯にしておく、早く帰らなければならない日にしておく、などの工夫が必要です。

絶対に飲んでも、その後セックスへとなだれ込まない状況でだけ、彼とはお酒の席を共にするように心がけておきましょう。

お酒の席は、二人のプラトニックな関係を守り抜くための大敵となります。

そのことをしっかりと理解しておき、彼とは二人で飲まない、飲むのなら絶対にその後帰らなければならない日にするといったことを徹底してやるようにしましょう。

酔った勢いでセックスをしてしまうことが圧倒的に多いのであれば、それを防ぐことができればプラトニックな関係を守り抜く可能性は高まります。

お酒の席は危険だということを、頭の中に常に入れておきましょう。

プラトニックな恋愛の落とし穴!独身男性の心が離れてしまう些細な言動

「もしかして浮気してる?」彼の気持ちを疑ってしまう


プラトニックな恋愛は体での結びつきがない分、女性の些細な言動によって独身男性の心が離れてしまうことがあります。

プラトニックな関係は女性も不安になってしまうことがあるため、彼のことを疑ってしまうこともあるでしょう。

彼はこの関係に満足できているのかな?もしかして浮気しているんじゃないかな?

ですが、彼のことを疑うのは禁物です。

「もしかして浮気してる?」

こんなことを聞かれたら、男性の気持ちは一気に冷めてしまいます。

プラトニックな恋愛でも我慢していたのは、彼女のことを好きだったからです。

それなのに、他の女性との関係を疑われたのでは、彼が失望してしまって当然だと言えるでしょう。

彼がセックスなしでも我慢しているのは、他の女性と浮気しているからではありません。

好きな女性の望みだから、セックスなしでも付き合いを続けてくれているのです。

そのことを忘れて、彼のことを疑うような言動をしてしまっては、彼の気持ちは離れてしまいます。

彼の気持ちを疑うようなことはやめておきましょう。

「こないだ旦那と~」つい夫との夜の不満を漏らしてしまう


独身男性は彼女と夫の関係を聴きたくはありません。

しかも、自分はセックスしていないのに、夫とはセックスをしていると聞いて黙っていられる男性はいません。

プラトニックな関係を続けているからといって、彼はセックスしたくないのではないのです。

好きな女性とセックスをしたくてしたくてたまらないのに、彼女のために我慢をしているのです。

それなのに、彼女から夫とのセックスを聞かされる。

こんな苦痛があるでしょうか。

婚外恋愛をしている女性でも、夫に怪しまれないように定期的にセックスに応じるという女性は多くいます。

ですが、そのことを彼に話してしまうのは、マナー違反です。

女性にとっては、夫との苦痛なセックスを聞いて欲しいというただの愚痴だったとしても、彼にとっては彼女がまだ夫とセックスをしているという衝撃の事実を聞かされることなのです。

既婚者である女性は、夫と全くセックスしていないという人も、夫とのセックスが避けられないという人もいるでしょう。

どちらにせよ、夫とのセックスの話は彼の前では厳禁です。

好きなのに一回も彼女とセックスできていない彼に対して、夫と過去にしていた話でも今している話でもしてはいけないのは当然のこと。

彼の機嫌を損ねないためにも、夫とのセックスの話は彼の前ではしてはいけません。

そんな話を聴かされると、彼はプラトニックな関係で我慢している自分が馬鹿らしくなってしまいます。

「母性本能くすぐられる~」子供扱いはやめて!


既婚者の女性は、独身女性よりも世話焼きで母性本能が強い傾向にあります。

そんな彼女は、独身男性のこともかわいくて仕方ない気持ちになってしまいます。

セックスをしない大切な存在の彼のことを、まるで自分の子供のように感じられてしまうことがあるのです。

彼を可愛がるのは構いませんが、必要以上に子供扱いするのはやめておきましょう。

母性本能くすぐられるのだとしても、彼はあなたの子供ではなく彼氏です。

子供扱いされることは、彼にとって嬉しいことではありません。

むしろ、男として見られていないような気がして、悲しい気持ちになり心が離れていってしまうでしょう。

既婚女性は母性本能の強さから、プラトニックな関係の男性をまるで子供のように感じてしまうことがありますが、それは彼に嫌がられることだと覚えておきましょう。

好きな彼女に子供扱いされて嬉しい男性などいません。

独身男性とのプラトニックな恋愛は既婚女性の毎日を輝かせる


既婚女性は妻として母として、毎日を頑張っています。

女として見られることは減ったものの、結婚し安定を手に入れ幸せを感じています。

しかし、そんな日々にどこか物足りなさを感じてもいるのです。

そんな彼女たちのつまらない毎日に風穴を開けてくれるのが、独身男性との恋です。

既婚女性が独身男性との恋を上手に楽しむためには、プラトニックな恋愛を楽しむことが重要となります。

セックスをしてしまえば、女性は恋に溺れてしまい、のめり込んでしまいます。

そうなってしまえば、せっかく築いてきた家庭は崩壊してしまうでしょう。

家庭を崩壊させず、恋を楽しむためにはプラトニックな関係に留めておくのが重要です。

まず、自分の中で強い意志を持ち、彼とセックスをしないように気を付けながら付き合っていきましょう。

セックスがなくても彼との間に上手に愛を育てていくことは可能です。

言葉でしっかりと愛を伝えることで彼を満足させていきましょう。

結婚していても、いくつになっても、恋をすることは女性を美しく輝かせてくれます。

独身男性との恋を楽しんで、誰かの妻や母としての人生だけでなく、自分自身の人生も楽しんでいきましょう。

毎日が楽しくなれば、内面から輝くことができ、美しくなることもできるのです。

おすすめの記事