不倫相手と略奪愛の末に結婚する方法!既婚男性に結婚願望を持たせるための必要な働きかけ

不倫相手との略奪愛を目指すあなた。

略奪愛に成功したとしても、その後結婚できるのだろうかと不安を抱えてはいませんか。

実は、不倫相手と略奪愛をした上、結婚までしてくれる男性はそう多くはありません。

略奪愛からの結婚の確率は、限りなく低いと思っていいでしょう。

ですが、その可能性はゼロではありません。

世の中には不倫相手との略奪愛を成し遂げ、結婚までした女性がいるのです。

この記事では、既婚者の男性が結婚というワードにいい返事をくれない理由や、略奪愛の末に結婚することに成功した女性の特徴などをご紹介していきます。

ただの不倫相手で甘んじるのはもうやめにして、既婚者の彼を略奪し結婚をして幸せになることを目指しましょう。

いつまでも日陰の女でいて、辛い思いをする必要はありません。

彼と幸せになるためには、戦略的に行動を開始することが大切です。

彼を妻から略奪し、彼の隣で笑うのはあなたなのです。

目次

不倫で略奪愛したい!不倫相手から結婚という言葉を出した時に良い返事をくれない既婚男性が考えている事

「正直遊び…」結婚なんて考えられない


「不倫相手の彼と結婚したい!」そんな気持ちを素直に彼に伝えてみようとするけれど、彼は結婚というワードに顔を曇らせてしまう…。

こういったことは婚外恋愛中の二人によくあることです。

こんな時、彼はいったい何を考えているのでしょうか。

まず考えられるのは、彼が彼女のことを遊びだとしか考えていないということです。

遊び相手でしかない彼女から『結婚』の2文字を出されて、嬉しそうな様子や前向きな態度を見せられるわけがありません。

そんなことをさせて、彼女に期待でもされたら厄介なことになるのは目に見えています。

彼が婚外恋愛をしているのは、ほんのちょっと妻に飽きてしまったからで、妻と離婚したいわけではありません。

妻以外の女性と少し遊んでみたかっただけなのです。

これが彼の本音であって、結婚を彼女から言われて前向きになれるわけがありません。

彼女と結婚するかどうか以前に、彼は今の家族を手放すつもりが全くないのです。

そんな考えの彼に『結婚』の2文字を出したとしても、良い返事をくれるわけがありません。

男性は、遊び相手には遊び相手らしくあって欲しいと望んでいます。

結婚していることは知っていて恋愛関係になったのに、結婚を望むなんてルール違反だとさえ思うでしょう。

正直遊びだと考えていたし、彼女もそのことを理解してくれていると思っていた男性にとって、彼女から結婚のワードが出ることは、まさに青天の霹靂。

驚き戸惑いはするものの、決して嬉しいことではないのです。

むしろ、これ以上本気になられては困ると別れを考えるきっかけとなり得ます。

「もう結婚はこりごり!」結婚自体にマイナスイメージがある


婚外恋愛をする既婚者の男性の中には、もう結婚自体にうんざりしているという人も多数います。

こういった男性は、妻との結婚を失敗したと思っており、結婚生活の辛さから逃れるために婚外恋愛を始めました。

彼女との恋愛は心のよりどころであり、癒しの時間です。

そんな彼の様子を見て、もっと正式に彼の奥さんとなって支えたいという気持ちから、彼女が『結婚』というワードを口にしたとします。

今現在の結婚に後悔している彼ならば、結婚の申し出を喜んでくれるのではないかと思う彼女の気持ちとは裏腹に、彼から良い返事はもらえません。

男性は女性が思うよりも弱い生き物です。

一度、結婚というものに失敗した彼は、相手が変わったからといって結婚に前向きにはなれません。

今の妻とも恋愛中はラブラブだったはずです。

結婚したいと思ったほど好きになった人と結婚をしたのに、その結果は失敗だった。

この失敗体験は、男性に強烈に印象付けられます。

不倫相手のことを今は好きでも、結婚したらまた同じように失敗するのではと不安な気持ちがあるのです。

そのため、好きな不倫相手から結婚と言われても、彼は良い返事をすることができません。

彼は結婚自体にマイナスイメージを持っており、相手が誰であってももう2度と結婚をするつもりがないのです。

こんな彼との略奪愛から結婚を狙うのなら、まずは彼の結婚に対するマイナスイメージを覆す必要があるでしょう。

自分となら幸せになれると彼に印象付けなければなりません。

「離婚できるかなぁ?」妻との離婚のハードルの高さ


彼女から『結婚』の2文字を聞かされて、彼が良い返事ができないのは、彼女との結婚の前に立ちはだかる大きな障壁が頭に浮かぶからです。

彼の気持ちが本気であろうとなかろうと、彼女と結婚するためには、まず妻と離婚する必要があります。

妻と離婚するというのは大変なことであり、簡単にできるくらいなら婚外恋愛をする前に彼は離婚しているでしょう。

離婚したくてもできないから、彼は婚外恋愛に逃げたのです。

好きな彼女ができたとしても、妻と離婚が大変なことには変わりありません。

彼女から結婚と言われても、彼の頭の中には「その前に、離婚できるか俺?」という疑問が湧いてきてしまうのです。

妻と離婚をするには、まず妻に離婚を言いだす勇気が必要となります。

きっと妻は怒り、離婚に応じないかもしれません。

その妻を何とか説得して離婚をするなんてできるでしょうか。

しかも、自分は婚外恋愛をしていた有責配偶者ですから、場合によっては慰謝料を払うこととなります。

さまざまなことを一瞬の間に考えた彼は、やっぱり離婚は難しいという結論に達します。

離婚が出来なければ、彼女と結婚をすることもできませんから、あなたが結婚という言葉を出しても彼は良い返事はできないのです。

彼は離婚のハードルの高さから、あなたとの結婚を具体的に考えることができないと言えるでしょう。

現実主義の男性は、結婚の前に立ちはだかる離婚という障害物を見てみぬフリはできないのです。

結婚なんて考えたくない!不倫は現実逃避


多くの既婚男性にとって、婚外恋愛は現実逃避の手段です。

仕事では働き盛りで責任のある忙しい毎日、なのに家に帰れば妻から叱責。

家と会社の往復だけの辛い毎日を送る彼が唯一現実逃避できるのが、婚外恋愛をしている時なのです。

彼は彼女と会う時には、辛い現実を忘れ、ただただ癒されることを欲しています。

つまり、彼女と会っている時には、現実のことは何も考えたくないのです。

それなのに彼女に『結婚』のワードを出されてしまうと、彼は一気に現実へと引き戻されてしまいます。

結婚という言葉は彼にとって現実でしかありません。

しかも、辛い現実を表す言葉です。

だから、彼はあなたとの結婚がどうとかいう前に、結婚という言葉で現実へと引き戻されてしまったことに気分を害するでしょう。

不倫が現実逃避の手段でしかない彼は、あなたと責任のある関係を築こうなんて思ってはいません。

そんな煩わしいことなく、楽しめる関係が婚外恋愛だと思っており、故に結婚に良い返事をすることはできないのです。

既婚男性と不倫の末に略奪愛をして結婚することができた女性の共通点

略奪愛は至難の業!芯が強くぶれない女性


とても難しい既婚男性との略奪愛ですが、見事に成し遂げた女性もいます。

既婚者を奪い取り結婚にまで至った女性の特徴を知ることで、彼との結婚の可能性を上げていきましょう。

既婚彼と結婚をするためには、まず強さが必要となります。

略奪愛から結婚をするというのは、想像以上に苦難の道です。

彼と結婚したいというのは、その険しい道を諦めずにゴールまで歩ききるということ。

女性は、その道を歩いていけるだけの強さを持っておかなければなりません。

彼ももし不倫相手のことを好きになって「結婚したい」と思っても、相手女性が打たれ弱い女性だったとしたら、彼女には耐えられないだろうと結婚を諦めてしまうでしょう。

妻と離婚し結婚することを決意できるのは、やはり今後を共に歩んでいける芯の強さを持った女性です。

「この人とならどんな困難な道も歩んでいける」と思わせる芯が強くぶれない女性を目指しましょう。

人のものを奪うという略奪愛は、決して褒められたり推奨されたりするものではありません。

誰かから恨まれて当然の行為ですし、人から非難されることもあるでしょう。

彼の妻がなかなか離婚に応じてくれず、もうくじけそうになることもあるかもしれません。

どんなことがあっても、彼とこの先の未来を歩いていくのだという強い気持ちを持って歩んでいきましょう。

そういう強い女性となら、彼も一緒に歩いていくことができると確信することができるのです。

まずは何よりも愛情が大事!彼のことを心から愛している女性


彼との略奪愛を成功させるためには、何よりも彼に対する愛情が大切となります。

彼の心を動かすことができるのは、強い愛情なのです。

一方、今現在彼を所有している妻も、彼に対する気持ちがあります。

ですが、妻の気持ちはどこか打算的です。

「彼がいなくては収入の面で困る」「離婚してバツイチになるなんてプライドが許さない」「子供のパパとしては役立つ」

こんな風に妻が持っているのは、彼自身への愛ではなく金銭面やプライド、子供の父親としての執着です。

この妻から彼を奪い取るためには、ストレートな愛情が何よりの武器となります。

彼は妻から打算的な愛情を注がれていることに気が付いており、そのことに無力感を覚えています。

「俺は金を稼いでこなきゃ意味のない存在だ…」

「妻が俺と別れないのは、世間体や子供のことがあるから…」

自分自身を愛してもらっているのではないと知っている彼は、そのことに絶望しています。

そんな彼に裏のない素直な愛情を注いでいてくれる女性がいたとしたら、彼は感動するでしょう。

そして、自分自身を愛してくれているわけではない妻とは別れて、彼女と結婚したいと思えるようになるのです。

離婚をためらう彼を動かすことができるのは、心から彼を愛する気持ちなのです。

妻から奪い取ってまで結婚したいという強い気持ちを、彼にしっかりと伝えていきましょう。

略奪愛に焦りは禁物!彼のことを待てる女性


略奪愛をしたい気持ちが強ければ強いほど、女性は焦ってしまいます。

しかし、略奪愛からの結婚を成し遂げる女性は皆、待つことができる女性であるという特徴を持っているのです。

まず、前提として、略奪愛には時間がかかります。

離婚は彼夫婦の問題であり、あなたが替わって進めるということはできません。

彼のペースで進めるしかないことなのです。

もし、彼の妻がすんなりと離婚を了承してくれたとしても、離婚する夫婦はいろいろと取り決めておかなければならないことがあります。

子供がいれば、なおさら決めるべきことはたくさんあるでしょう。

ただ、待っているだけの不倫相手は、いつまで経っても進まないように見える彼の離婚に対して焦ってしまいます。

そして「早く離婚してよ!」などと、彼に対して言ってしまうこともあるでしょう。

ですがこの言葉は、離婚に向けて頑張っている彼のやる気をそいでしまいます。

「こんなに大変な思いをしているのに、彼女は支えてくれるどころか急かしてくる」

彼がこんな思考になってしまうと、離婚話は立ち消え、彼が妻の元に戻ってしまうということがよくあるのです。

離婚に向けて動き出した彼が彼女に求めているのは、待ってくれることです。

何も口出しせずに待ってくれることで、彼は自分のペースで離婚話を進めることができます。

彼の離婚に対しては、どんなに口出ししたくなったとしても我慢!

辛い離婚に立ち向かっていく彼を、陰ながら支えるようにしましょう。

「彼女との幸せな未来が想像できる!」家庭的で結婚向きな女性


既婚彼が浮気相手との将来を考えられるのは、彼女が幸せな家庭を作れそうな人物だからです。

既婚者との略奪愛を成功させる女性は、どの女性も結婚向きの家庭的な女性であるという特徴を持っています。

既に結婚していて、家庭を持ったことのある男性は、家庭的に対する採点が厳しめです。

ですが、そんな彼のお眼鏡にかなうことができれば、彼から結婚したいと思ってもらうことができるでしょう。

男性は彼女の家庭的な一面を見た時に「彼女となら幸せな未来を作ることができるだろう」と思えるのです。

彼を妻から略奪するだけなら、家庭的である必要はありません。

ただ彼と気が合うとか、体の相性がいいとか、とにかく彼を惚れさせることができれば略奪はできるでしょう。

しかし、その先に結婚までを見据えるのならば、家庭的な女性であることは外せません。

結婚とは二人で家庭を築いていくことです。

男性は家庭的な女性とでないと結婚までは考えられないのです。

彼を妻から略奪するだけでなく、その先に結婚まで考えるなら家庭的な女性であることは必須条件です。

あなたの家庭的な面を磨き上げ、彼にアピールしていきましょう。

略奪愛をして既婚男性に奥さんと別れさせるように持っていく作戦

急がば回れ!彼の一番の理解者となり信頼される


彼を妻と別れさせるためには、どのような作戦を立てるかが重要となってきます。

「妻と別れて」と言われて、別れてくれる男性はまずいません。

離婚は浮気相手から言われてするものではなく、彼自身に決意させ行動させることが重要なことなのです。

妻との別れを急かされると、既婚男性は途端にやる気をなくしてしまうのです。

こんな彼を離婚に向かわせるためには、急がば回れの精神が大切となります。

彼が離婚したくなるのは、彼女と一緒にいたいと思うからです。

ということは、彼に一緒にいたいと思われる女性になれば、彼を妻と別れさせるように持っていくことができます。

一緒にいたいと彼から思われるためには、彼の一番の理解者を目指し信頼されるのが重要です。

彼の話をよく聞き、彼の全てを受け入れてあげましょう。

普段家族からないがしろにされている彼は、話を聴いてもらえて受け入れてもらえることが嬉しくてたまりません。

自分のことを否定せずに何でも受け止めてくれる彼女には、すべてをさらけ出してもいいと思うことができます。

「彼を妻と別れさせるために彼からの信頼を得る」

これは回り道に見えますが、有効な作戦です。

彼を略奪したいのなら、急がば回れでまずは彼から信頼されるポジションを目指していきましょう。

彼の一番の理解者となれれば、彼はあなたと一緒にいたいと思い、行動を開始してくれます。

奥さんとは違う!妻の悪口を言うのではなく行動で示す


彼を妻と別れさせたい場合、多くの女性が勘違いしてしまうのが、彼の前で妻を悪く言ってしまうということです。

女性は、妻がどんなに悪い女か彼に分からせることができれば、彼に離婚を決意させられるとの思いからこんなことをしてしまいます。

ですが、それは逆効果にしかなりません。

悪口を言っている人の表情を思い出してみてください。

どの人も醜い顔をしていませんでしたか?

これはつまり彼の妻の悪口を言う時、あなたも醜い表情になるということです。

彼にそんな醜い表情を見せても、彼は妻と別れるどころかあなたのことを見損なってしまうでしょう。

彼に自分の方が妻よりもいい女だということを知らしめるためには、悪口を言うのではなく行動で示していきましょう。

彼が妻の愚痴を言ってきた時には、妻の愚痴に乗っかるのではなく、「私ならこうするのになぁ~」と自分ならこうしてあげられるとアピールするのが大切です。

そして、彼に対して言ったことは、必ず実行していきましょう。

「彼の妻とは違い、私ならあなたを幸せにしてあげられる!」

そのことを行動で示すことによって、彼に伝われば、彼はあなたを選んでくれるでしょう。

彼の妻の悪口を言うのはやめて、あなたが彼に対して何をしてあげられるのかということを行動で示していきましょう。

最終手段!私と奥さんどちらか選んで


彼がなかなか妻との別れを選んでくれない場合には、最終手段として彼に「妻か私か」の二択を迫るというのもアリです。

一般的に、男性は切羽詰まらないと行動を起こすことができない生き物です。

彼にとって一番都合がいいのは、結婚生活を続けつつ、このままずるずると不倫も続けていくこと。

離婚せずに不倫も続けていけたら、こんなにハッピーなことはありません。

彼がこのような考えになってしまうのは、ある意味あなたのことを舐めているからです。

妻と離婚しなくても、彼女が離れていかないと思っているから彼は行動を起こさないのです。

こんな彼の意識を変えるためには、彼女が離れていくことを分からせる必要があります。

煮え切らない彼に対しては、「私と奥さん、どっちを選ぶの?」と思い切って二択を迫ってみましょう。

そして、離婚してくれないなら別れたいという意志も伝えましょう。

このことを伝えて初めて、彼はあなたが無条件にずっと傍にいてくれるわけではないことを実感します。

「妻と離婚をしなければ彼女は自分の元を去ってしまうだろう…」

このように追い詰められて初めて、彼は行動を開始することができるのです。

しかし、この方法は諸刃の剣ともなります。

彼に二択を突き付けた結果、彼が妻の方を選ぶ可能性もあると十分に理解しておかなければなりません。

彼の愛情は深まっていて、後は背中を押してあげるだけだという時に、試すのがおすすめです。

不倫から略奪愛出来た後に既婚男性に結婚願望を持たせる効果的な働きかけ

結婚をリードするのは男性とは決まっていない!女性からガンガン行動しよう


彼と妻を別れさせることができた!

女性にとって飛び上がるほど嬉しい出来事ですが、彼との結婚を目指すのならまだ喜ぶのは早い。

この後、彼に結婚願望を持たせるには、女性のもうひと頑張りが必要となってきます。

「別れてくれたんだから、次は私との結婚だよね?」

こんな風な待ちの姿勢では、彼との結婚は夢のまた夢となり叶えられることはないでしょう。

彼と結婚したいのであれば、女性からガンガンと行動していきましょう。

というのも、妻と別れたばかりの彼は疲れています。

たとえ、彼女と結婚するつもりで妻と別れたのだとしても、すぐに結婚に対して動き出すことができないくらい疲弊しているのです。

彼が動き出せないのなら、女性側が動くしかありません。

彼の疲れが癒えるのを待っていたのでは、その間に心変わりをする悲しい結末になってしまうことも考えられるのです。

「入籍はこの日にしない?」「来月、両家に挨拶に行こうよ」「お母さん、結婚に賛成って言ってくれたよ」

このように結婚に向けた行動を開始し、彼をリードしていくのが大切です。

結婚は何も男性がリードするものと決まっているわけではありません。

女性が動いて結婚への段取りを整えてくれれば、妻との別れに疲れ切った彼でも結婚を考えることができるのです。

あなたとの未来に向けて妻と別れてくれた彼。

だったら、結婚に向けて行動を起こすのは女性の番です。

結婚に向けてガンガン行動し、彼をリードして導いてあげるようにしましょう。

「この子と結婚出来たらいいなぁ」家庭的な面を見せる


彼を妻から奪い取り別れさせるまで漕ぎつけたら、後は彼の結婚願望を高めるだけです。

妻と別れし家庭を失った彼は、家庭に飢えています。

望んでした妻との別れであっても、失ってみて初めて分かることがあるのです。

正式に別れた彼は、寂しい気持ちになっています。

その彼に対して、少し家庭的な一面を見せるだけで、彼は結婚願望を高めてくれるのです。

離婚をした彼とは、これまで以上にデートをする時間が作れるでしょう。

これまではできなかった、彼の家で料理を作ってあげるなんてことも可能です。

妻と別れる前に比べて、家庭的な面をアピールする場面は増えました。

彼に家庭的な面をどんどんアピールして、彼に結婚を意識させていきましょう。

「この子と結婚できたらいいなぁ」

彼が自然とそう思えるようになったら、彼との結婚は叶えられるでしょう。

彼と家庭を築くためには、家庭的であることは重要なポイントです。

彼が既婚者だった時にはできなかった、お泊りデートや長時間デートで家庭的な一面を彼に見せつけていきましょう。

家庭的アピールがあざといかなんて気にしなくて大丈夫。

家庭的な女性が嫌いな男性なんて、この世には存在していないのです。

「今度こそ幸せになろう」前の結婚とは違うことを認識させる


妻との離婚を終えたばかりの彼は、しばらく結婚はいいやという気分になっていることがあります。

この気分を変え、彼を結婚へと向かわせるためには、次の結婚では幸せになれると確信させなければなりません。

彼が結婚というものに消極的になっているのだとしたら、その意識を変えていきましょう。

前の結婚と、あなたとの結婚は、全く違うものです。

誰でも初めてのことをする時には、失敗がつきものでしょう。

結婚も初めてなら失敗して当たり前、むしろ一度失敗した経験があるだけに、次成功させるためにはどうしたらいいのかも、彼には見えるはずなのです。

「前の失敗を活かして、今度こそ幸せになろう」

前の結婚とは違い、次にする結婚では幸せになれることを彼に理解させることができれば、彼は結婚を決意してくれるでしょう。

彼の離婚は彼が幸せになるために必要なことでした。

次に同じ失敗をしないようにと神様が勉強させてくれたのです。

その失敗を活かして今度こそ幸せになろうと彼に伝えてみましょう。

不倫から略奪愛をしたにも関わらず二人の関係が崩れかねない言動

「こんなはずじゃなかった…」離婚までしてくれた彼に多くを求めすぎる


不倫関係から彼を離婚させたら、二人の関係は盤石なもの…というわけではありません。

略奪愛を成功させても、二人の関係はちょっとした言動で崩れかねないのです。

特に、注意をしておきたいのが、女性側が多くを求めすぎること。

女性は彼が離婚してくれる日を夢見て暮らしていました。

彼の離婚が叶うまでの時間が長ければ長いほど、彼女の期待は膨らみます。

しかし、期待のし過ぎは禁物です。

彼が妻と別れてくれて、いざ正式なカップルとなれたのに、自分が思い描いていた恋人像とは違う…。

自分が勝手に期待を膨らませていただけなのに、女性は彼に対して不満を抱くことになります。

そして「こんなはずじゃなかった…」と口に出してしまいます。

この言葉は二人の関係を崩しかねない言葉です。

彼はあなたに恋をして、妻と離婚までして関係を続けようとしてくれました。

離婚という大きな行動を起こしてくれた彼に対して、これ以上何を求めるというのでしょう。

彼が離婚をしてくれたことにまずは感謝をし、彼に対して多くを求めない。

こんな態度が略奪愛後の二人がうまくいくためには必要となります。

彼が離婚をしてくれて正式なカップルとなる日を夢見ていたあなたには、理想とするカップル像があるかもしれません。

しかし、期待をし過ぎるとお互いのためになりません。

まずは、彼が妻と別れてくれたことに感謝するようにして、期待をする気持ちは封印しておきましょう。

「今なら奥さんの気持ちがよく分かる!」妻と同じような態度を取ってしまう


略奪愛を成功させた女性が彼に言ってはならないのが、彼の妻を思わせるような言動です。

彼はあなたとの将来のために、妻と離婚までしてくれました。

それなのに結局妻と同じような態度になってしまうのでは、彼は離婚をした意味を感じられず、あなたと結婚をしようとは思えなくなるでしょう。

彼にどんなに腹が立つことがあったとしても、彼の妻を持ち出してくるのは止めておきましょう。

「今なら奥さんの気持ちがよく分かる!そりゃ冷たい態度にもなるよ」

こんな彼を傷つけるだけでしかない言葉を、彼にぶつけるのはやめておきましょう。

一度口に出した言葉は取り消せません。

この言葉を聞いた彼は、あなたと結婚してもまた同じことを繰り返すだけだと感じ、結婚を考えられないどころか別れを意識するようになるでしょう。

奪うことが目的になっていた!彼が離婚したら気持ちが冷めてしまった


略奪愛を目指す女性の中には、彼を妻から奪うこと自体が目的になってしまっている人がいます。

本当は彼を好きな気持ちがあるから、妻から奪いたかったはずだし、奪った後には彼との将来を考えていたはずです。

それなのに、いつの間にか彼を奪うこと自体が、目的となってしまうということは往々にしてあるのです。

彼を奥さんから奪うことが目的となってしまっていた女性は、彼がいざ離婚をし略奪が完了すると気持ちが冷めてしまいます。

これはスポーツ選手が見せる“燃え尽き症候群”のようなもので、これまで打ち込んできたことが達成できた時、そのものへの興味ややる気を失ってしまうのと同じことです。

彼女はこれまで、彼を妻から奪いたいと思って生きてきました。

その先には、当然彼との未来があると思っていたのです。

ところが、彼が離婚をしてみたら急に彼への興味が失われてしまうということがあるのです。

これはとっくに彼への気持ちは冷めていたのに、彼を離婚させてやるという女の意地だけで行動してしまったから起きること。

女性が一度冷めてしまうと、気持ちを回復させるというのは難しいことです。

せっかく男性が離婚を決意して行動し離婚をすることができたのに、女性の気持ちが冷めてしまう。

こんな悲しいことが起きる前に、自分の気持ちを確認することが必要となります。

あなたが今、彼を離婚させたいと思っているのは、ただ意固地になっているからではありませんか?

そうだとしたら、彼を離婚させても幸せになることはできません。

「彼を好きで一緒にいたいから離婚して欲しい」

こんな風に自分の気持ちに自信を持って行動することができないのであれば、いったん彼を離婚させようと行動するのはやめておいた方が賢明です。

「早く結婚して!」彼の事情も考えず結婚を急かす


「彼がやっと離婚をしてくれた!」こんなめでたいことが起きたら、次はすぐに結婚したいと女性としては思います。

しかし、略奪愛後の結婚はそう簡単にはいきません。

離婚後すぐに結婚するというのは、彼にとって体裁が悪いことです。

法律上は男性は離婚後すぐに結婚できるので何の問題もありませんが、世間はそれを許しません。

妻との離婚後、すぐに再婚をしようものなら、周囲の人は彼が不倫をしていたことを疑うでしょう。

結婚をしようと思える女性とそんなにすぐに出会えるわけはありませんから、周囲の人がそう考えるのも無理はありません。

親も離婚したばかりなのに再婚することを、素直な気持ちで祝福はできないでしょう。

こう思われたくはない彼は、結婚のタイミングを見計らっています。

周囲に祝福され、幸せな結婚をするためには、タイミングが重要なのです。

彼がきちんとタイミングを考えているにもかかわらず、女性が「早く結婚しようよ!」と結婚を急かしたとしたら、彼は良い気はしません。

結婚はお互いの気持ちでできるほど簡単なものではないのに、そんなことも考えられない彼女に彼は嫌気がさしてしまうのです。

彼が離婚をしたら、次はいち早く結婚したいと思う女性の気持ちは分かりますが、結婚にはタイミングがあるのだということを覚えておきましょう。

それが略奪愛からの結婚となれば、十分に間を置く必要があることは少し考えれば分かることです。

彼の都合も考えずに、結婚を急かしてばかりいては、彼の気持ちはあなたから離れていってしまいます。

彼と結婚したいなら、彼との結婚のタイミングがやってくるまで、彼を急かすことなく待てる女性でいるようにしましょう。

不倫からの略奪愛、そして結婚を成功させて幸せを手に入れよう


世の中には婚外恋愛をする人はたくさんいますが、離婚をしてさらに結婚までする人はごくわずかしかいません。

多くの場合、既婚男性は離婚もせず浮気相手は捨てられてしまいます。

せっかく好きになった既婚者の男性との未来を望むのであれば、ただの不倫相手で終わらず、彼を奪い取り結婚できるような女性を目指しましょう。

彼を奥さんから奪うためには、待てる女でいることが重要です。

離婚させたいと焦るあまり、彼を急かしたり妻の悪口を言ったりするのは、逆効果にしかなりません。

彼が離婚したくなるのを待てる女でなければならないのです。

彼が離婚してくれても、そこで略奪愛が成功したわけではありません。

そこからさらに彼の気持ちを結婚へと向けなければならないのです。

結婚にうんざりしている彼の気持ちを前向きにするためには、次の結婚では幸せになれると確信を持ってもらうことが重要です。

一度失敗したからこそ、その失敗を活かして次こそ幸せになれるはずだと彼に伝えてみましょう。

不倫の略奪愛から結婚をして、幸せになるためには、あなた自身がどう行動するかがとても大切なこととなります。

彼との未来のために、どう行動すべきかを考え、積極的に行動していきましょう。

おすすめの記事