不倫の潮時を知ろう!不倫相手を面倒になった時に彼が取る態度と既婚男性の心理を解説

不倫は、とてもトキメク恋愛です。

普通の恋愛にはない高揚感があり、既婚者の彼は何物にも代えがたいほど素敵に見えてしまうことでしょう。

しかし、女性側がどんなに彼に夢中になったとしても、男性は不倫が次第に面倒になってきてしまいます。

彼らには大事にすべき家族があり、婚外恋愛はちょっとした遊びでしかありません。

遊びが楽しいのは、新鮮だった最初の頃だけ。

最初は楽しいと感じていた不倫も、彼らは次第に面倒に感じてしまうものなのです。

そんな彼の面倒な気持ちを嗅ぎ取ったなら、それは不倫の潮時が訪れているということを示しています。

この潮時を感じ取ったなら、既婚彼との辛い恋からさよならしていきましょう。

この記事では、婚外恋愛を面倒に感じる彼の心理や行動、不倫をスッキリと忘れるための方法についてご紹介していきます。

彼に面倒だと思われてまで不倫は続けるものではありません。

潮時だと感じているのなら、彼からきっぱり離れられる自分でいましょうね。

目次

不倫が面倒になった時に感じる既婚男性の心理

「彼女のために使う時間はない!」不倫に使う時間がもったいないと感じる


既婚者の婚外恋愛は、誰かに強制されてするものではありません。

男女どちらがアプローチしたにせよ、自分の中に浮気心がなければ関係が始まることはなく、既婚彼も初めは自ら望んで婚外恋愛を始めたはずです。

それなのに、不倫という関係を最初に面倒だと感じるのは、圧倒的に既婚男性の方が多くなっています。

女性は関係が続けば彼に夢中になっていきますが、男性は飽きてきてしまうのです。

不倫が面倒になった時、彼らはどういった心理状況になるのでしょうか。

仕事に家族に忙しい彼らは、婚外恋愛に使う時間がもったいないと感じるようになります。

妻以外の女性との恋愛を楽しいと感じていた時には、そんなことを思いもしなかったのに、彼女のために使う時間がないとまで思うようになります。

元々、忙しく恋愛する時間を作るのが難しい既婚者の彼は、面倒だと思う気持ちを恋心で抑え込んでいました。

しかし、彼の気持ちはもともと本気ではなく遊び感覚。

遊び相手に対する気持ちというものは、それほど長くは持続しません。

早々に、婚外恋愛が面倒になってしまった彼は、彼女のために時間を割くのがもったいないという心理になっていきます。

彼が不倫という障害の多い恋に燃えている様子ではなく、気が乗らない様子を見せてきたら、それは不倫の潮時がやってきている合図でしょう。

障害が多いからこそ、熱く燃え上がる恋が既婚者の不倫です。

不倫という悪いことをしているというスパイスがあるのに、それを面倒に感じるようでは恋の終わりは近づいてきていると言えます。

「どうやって別れようかな…」後腐れなく別れる方法を探っている


既婚者の男性は不倫が面倒になってきた時には、もう既に別れを視野に入れています。

ですが、婚外恋愛の別れは簡単にはいきません。

既婚男性は彼女に「別れたくない」とすがられたり、別れ話のもつれから恨みをかってしまったりということは絶対に避けなければなりません。

別れる時に揉めてしまうと、婚外恋愛をしていたことがバレる危険性が増します。

未練を残した彼女は、彼に対してどんな手段に出るか分かりません。

ひょっとしたら、彼の仕事終わりを待ち伏せして会社の人の前で泣きながら話しかけてくるかもしれません。

あるいは家まで訪ねてきて、妻に付き合っていたことをバラす可能性もあります。

こんなことは、既婚男性にとっては恐怖でしかありません。

だから、既婚男性は彼女のことが面倒になったからと言って、簡単に別れることはできません。

「別れよう」と言ってただ去ればいいのなら簡単ですが、問題はそれを彼女が納得してくれるかどうかです。

彼にとって最優先事項は、後腐れなくさっぱりと彼女と別れること。

彼女との付き合いが面倒になってきた彼は、どうすれば後腐れなくこの関係を解消できるのかを探る心理になります。

「別れようって言ったらどうする?」

こんな風な試すような言動が増えてきたのなら、彼はあなたとの別れの方法を模索している最中なのかもしれません。

不倫が面倒になってきた彼は、不倫をなかったことにできる魔法の言葉を探しているのです。

既婚者の彼が帰るのは妻の元。

そこへ何としてでも安全に帰りたいと、彼は考えているのです。

「楽しくない…」不倫の高揚感が半減しつまらない


既婚者の男性がどうして忙しい日々の中不倫をするのかというと、それが楽しいものだからです。

会社と家の往復のつまらない日々の中の唯一の楽しみ、それが不倫でした。

結婚した男性は、恋愛から遠ざかっています。

久しぶりに妻以外の女性とする恋愛は、とても新鮮で楽しいものだったはずです。

それなのに、その新鮮さはすぐに薄れてしまい、婚外恋愛は面倒になってきてしまいます。

そして面倒な気持ちになってくると、男性は不倫が楽しくなくなってきます。

つまらない日々の中の楽しみだった不倫が楽しくなくなってしまえば、彼の中にこの恋を続けていく理由はなくなるでしょう。

結婚しているという立場でする恋愛は、既婚者に高揚感を与えます。

不倫という悪いことをしている自分にも酔いしれていたことでしょう。

しかし、どんな興奮するできごとにも慣れてしまうのが人間です。

当初はあんなにも魅力的でワクワクする楽しいことだったはずの恋愛は、いつの間にかその輝きを失い楽しくないものになってしまうのです。

つまらない日々を楽しくしてくれていた不倫が楽しくなくなる時。

既婚彼は、不倫をやめたい気持ちにさせられます。

以前はデートを心待ちにしてくれていて会えると嬉しそうだった彼が、最近そんな様子を見せてくれなくなったのなら、彼はこの恋を面倒に感じ始めていることでしょう。

「もうどう思われてもいいや…」彼女への態度がますますおざなりになる


不倫相手は、既婚彼にとっては二番目の存在です。

彼にとっての一番大事なものは家族であり、彼女はどう頑張っても家族を超える存在にはなれません。

やっと会えたと思っても、家族に急な用事ができればドタキャンされるのは日常茶飯事だったことでしょう。

通常時でも、既婚彼との付き合いはこんな具合でした。

では、彼が恋愛を面倒に感じ出したなら、彼の中ではどんなことが起きるでしょうか。

彼にとって一番大事なのが家族というのは、変わらない事実です。

ですが、妻以外の女性とも恋愛関係になった彼は、その彼女のことを大事に思う気持ちも少しは持ち合わせています。

彼女には嫌われたくないという気持ちがあり、二番目の存在であるということを隠そうとしてくれます。

「君が一番好きだよ」

なんて甘いことを言ってくれたり、家族の話は隠そうとしたりするでしょう。

しかし、不倫が面倒になった彼は「もう、どう思われてもいいや…」という心理状態になります。

むしろ、嫌われた方がいいというくらいの気持ちになる人もいるでしょう。

そのため、彼の彼女に対する態度は、ますますおざなりになっていきます。

会う頻度は下がり、やっと会えたと思っても彼女のことを思うような態度は見せず、セックスという目的が終わればさっさと帰ってしまうようになります。

「彼の態度が何だかおかしいな…」

そんな時には、彼は不倫が面倒になり彼女にどう思われてもいいという心理状態であることでしょう。

既婚男性が「不倫が潮時だ」と感じる瞬間

彼女の誕生日!これ以上関係を長引かせると彼女の未来まで奪うことになる


既婚者の彼が不倫を潮時だと感じるのには、きっかけがあります。

彼女との間に何も起こらなければ、不倫という都合のいい女を手に入れておけるメリットの方が大きく、恋を終わらせなければとは思わないものなのです。

彼が不倫を潮時だと感じるのは、自分の都合だけではありません。

意外なことに不倫相手の彼女のことを思うが故に、不倫関係の解消を考え始めたりもするのです。

それは、例えば彼女の誕生日を祝ってあげるような時です。

普通のカップルならば彼女の誕生日はただただめでたいもので、「来年も一緒にいようね」なんて未来の約束をし合ったりする楽しい日でしょう。

しかし、既婚者の彼にとってはそう単純にはいきません。

婚外恋愛中の彼女が1つ齢を重ねたということは、それだけ彼女の貴重な時間を奪ってしまったということになります。

既婚彼には配偶者がおり、彼女と付き合いを続けていっても結婚という形で責任を取ることは不可能です。

そうすると、彼女のためにもこれ以上関係を長引かせてはいけないと不倫の潮時を感じ始めるのです。

「ハッピーバースデー!」

彼は彼女の誕生日を祝ってくれているようで、心の中では彼女のためにもこの恋愛を終わりにしなければならないなと思っているのです。

婚外恋愛をするような男性でも、彼女の将来を奪うことには罪悪感を持つのです。

「好き好き♡」彼女が本気になりだした時


既婚者の彼は、婚外恋愛をあくまでも遊びとしか考えていません。

お互いに遊びでいられるちょうどいい関係を望んでおり、自分の家庭を壊すことなど望んでいません。

だから、彼は彼女に本気になられると困ってしまいます。

普通なら恋愛相手から好きになられることは嬉しいことでしかありませんが、婚外恋愛では相手が本気になることは面倒な事態が起きる予兆でしかありません。

しかし、不倫は女性側が本気になりやすい恋愛です。

男性が既婚者であることは十分承知で、決して彼との未来は望まないという気持ちで始めた恋でも、関係が続くと思いが募りやすくなっています。

特に体の関係を定期的に持つと、女性は恋愛感情が生まれやすくなっています。

男性は恋愛感情がなくても性欲を満たすためだけにセックスできますが、女性は愛情のないセックスはできないものなのです。

故に不倫が続き体を重ねることが増えてくると、女性の中の彼を好きな気持ちは増してしまいます。

彼が結婚しているということは知っていても、その気持ちは止められるものではありません。

そして、本気になった彼女は「もしかしたら…」と彼との将来を夢見て、彼に自分の好き度をアピールしようとします。

ですが、そのアピールを見た既婚者の男性は、彼女が本気になってきたのをピンチだと感じます。

そして、これ以上本気になられる前に別れなければと、この恋が潮時だと感じるのです。

本気で好きになっても相手から同じ気持ちが返ってくることはなく、面倒がられてしまう悲しい恋が不倫だと言えます。

「また休日出勤?」妻や周囲に怪しまれだした時


既婚彼は婚外恋愛をしているのを、妻にバレるわけにはいきません。

ですから、不倫がバレる気配を感じると潮時だと感じます。

そもそも、既婚者の婚外恋愛は、無理をして行っていることです。

働き盛りで仕事も忙しく、家族の予定もあり忙しい中で、彼が妻以外の女性と恋愛する時間を作り出すのは困難なことです。

彼女とのデートの時間を作るためには、妻や周囲に嘘をつくことは必須。

「今度の土曜日は休日出勤になった」

「今日トラブルが起きて、残業になった」

こんな風に言い訳をしながら、彼は家を空けることが増えるでしょう。

さらに、久しぶりの恋に浮かれて、デートの日は家でも浮かれた様子を見せるかもしれません。

男性は隠し事が苦手な人が多く、妻は普段と違う様子を怪しみ簡単に浮気に気づいてしまうのです。

そして、夫の浮気を疑った妻は、釘を刺すために夫に声をかけます。

「また休日出勤なの?最近多くない?」

はっきりと「浮気してるでしょ!」とは言わなくとも、このセリフは疑っているという妻からのサインです。

「もし浮気をしてるなら、今の内にやめておきなさいよ」というメッセージが隠されており、そのことに男性も気づきます。

そして、妻に完全にバレてしまう前に、不倫を終わりにしようと決意するのです。

不倫は絶対にバレてはいけない恋だから、既婚彼は不倫がバレそうになった時には潮時だと感じるのです。

「何のために不倫してるんだろう…」彼女と会っても疲れるだけだと感じる瞬間


既婚者の彼が不倫をするには不倫をしている時間が、癒しの時間になるからだという理由があります。

仕事や家庭で疲れている彼は、何の責任もないかわいい女の子との恋愛ごっこに癒しをもらっているのです。

彼らは婚外恋愛をすることで、理不尽な上司の指示にも、訳の分からない妻の不機嫌にも立ち向かうことができていると言えるでしょう。

しかし、そんな婚外恋愛がさらに疲れを呼ぶだけとなれば、彼は何のために不倫をしているのかが分からなくなってしまいます。

彼女がわがままになってきたり、関係に慣れて飽きてきたりすると、彼は時間を割いて彼女と会うのに疲れてしまいます。

そして、疲れている自分に気が付くと、不倫が潮時であることを感じるのです。

既婚彼にとっては、婚外恋愛は疲れてまですることではありません。

疲れを癒し、パワーを与えてくれるからしていた婚外恋愛なのに、それが得られないとなれば終わりにしたいと考えるのは当然のことですね。

「不倫も潮時か」と不倫相手を面倒に感じていることが分かる男性の態度

「もう興味ないの…?」連絡・デートの頻度があからさまに減る


では、不倫を面倒に感じた彼は、彼女に対してどんな態度を見せるのでしょうか。

もうこの恋を継続させていく気持ちのない彼の見せる態度はあからさまなものです。

気づかないフリをしないで、こんな態度を見せられたら恋の終わりが近づいていることを察せるようになりましょう。

まず、不倫の潮時を感じた既婚者の男性は、彼女への連絡頻度が減りデートの回数も減っていきます。

これは、単純に婚外恋愛が面倒になってきたから、連絡するのもデートをするのもやる気が起きないのです。

不倫相手への連絡やデートはそもそも面倒なものです。

バレないように気を配る必要があり、メール一つ送るにも妻の目を気にする必要があります。

そんな工作が必要な婚外恋愛は、相手に会いたいという強い気持ちがあったからこそ続けていけるものでした。

しかし、もう気持ちがなく終わりにしたいと思っている彼は、彼女に連絡するのが面倒で仕方ありません。

「こんなにも連絡してこないなんて、もう私に興味がないの…?」

その女の勘は当たっており、気のせいなどではありません。

これまでと比べて連絡とデートの頻度が極端に減ってしまうような態度になった既婚彼は、もうこの恋を潮時だと感じています。

「そろそろ結婚とか考えれば?」暗に別れを促してくる


既婚者の彼は不倫を潮時だと考えた時、彼女の方から別れ話をしてくれないかなというズルい気持ちを持ちます。

婚外恋愛をきれいに終わらせるためには作戦を立てる必要があり、彼女と別れ話をすることすら面倒だと彼は感じてしまうのです。

そのため、彼は彼女に対し暗に別れを決意させるように仕向ける態度になります。

「お前もそろそろ結婚とか考えれば?」

「あいつがお前のこと可愛いって言ってたよ」

「結婚っていいよ~」

こんな風に、彼は自分には結婚する意思がないこと、結婚したいなら別れを考えた方がいいことを伝えてくるでしょう。

女性からすれば、好きな人から別の人との交際や結婚を勧められるなんて、大変ショックなことです。

しかし、彼が既婚者で彼と結婚できないということは最初から分かっていたはず。

彼はあなたとの交際が面倒になってきたから、そのことを改めてはっきりと表明しているに過ぎません。

彼が「自分とは結婚できないから、結婚したいのなら他の人を探せ」というようなことを言ってくる時。

それは、彼の最後の思いやりだと思いましょう。

彼はこのまま面倒な気持ちを隠して、都合のいい相手としてあなたと付き合うこともできたのに、その道を選びませんでした。

彼はあなたに婚外恋愛をやめて幸せになるチャンスをくれたのです。

不倫を面倒になった既婚男性は、暗に別れを匂わせてきますが、ショックを受けず前向きに捉えるようにしていきましょう。

目的は体だけ!ホテル直行デートばかりになる


不倫を潮時だと感じた既婚男性は、不倫相手に対して気を遣うことがなくなります。

面倒なことはせずに、自分の欲求を満たすためだけに彼女を利用しようという態度を見せます。

婚外恋愛に夢中な時の彼は、用がなくても連絡をしてみたり、ただ食事をするだけのデートをしてみたり、普通の付き合いのように振る舞っていました。

それが彼女を喜ばせると知っていたし、喜んでもらいたい気持ちがあったからです。

しかし、不倫が面倒になってきた彼は、そういった振る舞いをするのすら面倒になってきます。

ですが、不倫相手を手放すとセックスができなくなり、彼の性欲は溜まる一方です。

「婚外恋愛は面倒だけれど、セックスはしたい」

こんな気持ちになった彼は、面倒な手順を飛ばしてセックスだけを楽しみたいと考えます。

「今日会える?」と急に連絡をよこしてきたかと思えば、ホテル直行デートばかり。

こんな態度になってしまった彼は、あなたとの婚外恋愛を面倒に感じているでしょう。

性欲を解消するためのセックスの相手としてはまだ利用価値があるけれど、あなたと恋愛ごっこをするのはしんどい。

ホテル直行デートばかりをするようになった彼の本音は、そんなものです。

女性は男性がセックスを求めてくるのは愛しているからだと勘違いしがちですが、男性は本当に好きならセックスなしでも我慢できるものだと覚えておいてください。

セックスばかり求めてくる彼は、あなたの体にしか興味がありません。

冷たい態度!不倫の常套句すら言ってくれなくなる


「妻とは別れるつもりだ…」

「こんなに好きになった人は、これまでにいない」

「愛してるよ」

不倫をする男性は、彼女に不倫の常套句である甘い言葉をかけます。

これは本音ではありませんが、婚外恋愛をより楽しむための手段となります。

女性はこの言葉を信じても痛い目を見ますが、この言葉を言ってくれなくても悲しい思いをすることになるでしょう。

常套句すら言ってくれなくなった既婚者の彼は、婚外恋愛を面倒だと感じています。

彼女を喜ばせるような言葉をかけることすら面倒になったから、甘い言葉を囁いてくれなくなったのです。

以前は、会えば甘い言葉を言ってくれていたのに、それがなくなった時は二人の関係に赤信号が灯っていると思っていいでしょう。

不倫の常套句である甘い言葉は、真っ赤な嘘です。

既婚男性は妻と別れるつもりがないのに、別れるつもりだと言ってのけます。

嘘をつくのにはエネルギーが必要です。

婚外恋愛が面倒になってきた彼には、そのエネルギーがもはやありません。

彼女に良く見られようという意識は彼になく、態度は冷たくなり甘い言葉を言わなくなるのです。

既婚男性との不倫をスッキリと忘れ去る方法

引越し・転職!環境を変えて彼を思い出すことをなくそう


不倫は忘れ去るのが難しい恋愛です。

それは既婚者との恋という特殊な状況で、普通の恋愛では得ることのできない高揚を得られる恋だからです。

そのため、別れてからも女性は彼を完全に忘れ去ることは難しく、スッキリとした気分になるのは難しくなっています。

しかし、いつまでも既婚者の男性との恋愛を忘れられないでいては、幸せになることはできません。

彼と別れたのなら、彼のことをいち早く忘れ去ることが重要です。

どんなに彼のことを思い出しても、彼との未来はありません。

早く忘れて前を向いて歩きだすことが、幸せへと繋がることなのです。

そうは分かっていても、好きだった彼のことをなかなか忘れられないという場合には、環境を変えることがおすすめ。

彼との思い出が詰まった部屋からの引越しや、彼と一緒の職場なら転職など、思い切って自分自身の環境を変化させてみましょう。

全く新しい環境に身を置けば、彼のことを思い出すことはなくなります。

彼との思い出が全くない環境での新生活が忙しくて、彼のことなど考える時間もなくなるでしょう。

引越しや転職は人生の大きな決断となりますから、実行するのは難しいことかもしれません。

しかし、既婚者との別れという出来事をきっかけに、新たな世界へ飛び出していければ彼との恋も無駄ではなくなります。

既婚者との恋は辛いものでしたが、あなたに良い変化を起こすためのきっかけだったのだと捉え、環境を変えることを怖れず進んでください。

そうすれば、彼のことをスッキリ忘れることもできるし、自分自身をステップアップさせることもできます。

いつまでも彼のことが忘れられず、うじうじと毎日を過ごしているのなら、引越しや転職を考えてみましょう。

昔の恋を忘れるためには新しい恋!気分が乗らなくても恋活をはじめよう


過去の恋を忘れさるのに一番有効なのは、新しい恋をすることです。

失恋直後は新しい恋をする気になんてなれないかもしれませんが、それでも出会いの場に出かけることを控えてはいけません。

たとえ恋愛に繋がることがなくても、彼以外の男性を見てみることは大切です。

世の中にはこんなにもたくさんの男性がおり、その中からわざわざ結婚している男性を選ぶなんてバカなことだったと気が付けるはずです。

そうです、男は星の数ほどおり、彼以外の男性はたくさんいます。

そして、その中にはあなただけを愛してくれる人もいるのです。

別れたばかりは彼のいい面ばかりが思い出されているでしょうが、彼はいったいあなたに何をしてくれたと言うのでしょう。

彼は妻という生涯の伴侶を得ていながら、妻以外の女性と恋愛をしていたズルい男です。

そして、婚外恋愛が面倒になれば平気であなたを切り捨て傷つけるような男なのです。

新たな恋に目を向けることで、そのことに気が付くことができるでしょう。

だから、失恋に落ち込んでいてもふさぎ込まず、出会いの場に出かけて行くようにしてください。

これから出会う男性は、あなたをきっと幸せにしてくれる人であり、既婚彼を忘れさせてくれる人であるはずです。

彼が最低男だと自覚しよう!彼の嫌いなところを紙に書き出す


既婚彼のことが別れてもなお、忘れられずにいるのは彼のことを美化してしまっているからです。

ですが、これは失恋を癒そうとする脳の働きであり、仕方のないことなのです。

脳は失恋というショックなできごとがあると、その喪失感を埋めようと楽しかった思い出ばかりを思い出させます。

しかし、この脳の働きに甘んじていては、いつまでも彼を忘れ去ることはできません。

この脳の働きに抗い、彼を忘れるためには工夫が必要です。

紙とペンを用意して、彼の嫌いなところを書き出すという作業をしてみましょう。

頭の中で考えるだけでなく、紙に書き出すという作業にすることで、脳の働きを変えることができます。

彼の嫌いなところ、嫌だったところを書いてみることで、彼がそんなに素敵な男性ではなかったことに気づくでしょう。

不倫という辛い恋愛の最中には、彼に対するたくさんの不満や文句があったはずです。

あなたはそれを失恋というショックな出来事で忘れてしまっただけ。

紙に書くことで思い出せば、彼がどんな最低男だったのか思い出せるはずです。

一つ書き出してみれば、彼の嫌なところは次々と出てくるはずです。

彼は既婚者なのにあなたに手を出した最低な男。

そのことを書くという作業で思い出し、彼のことをきれいさっぱり忘れ去りましょう。

紙とペンだけあればできる簡単な方法ですので、気軽にやってみてくださいね。

不倫をいつまでも忘れられなくなってしまう間違った終わらせ方

「会いたいな…」別れたのに呼び出されるとホイホイ応じてしまう


不倫はきっちりと別れないと、別れた後でも既婚彼に利用されてしまうことがあります。

婚外恋愛が面倒になり別れを切り出した既婚彼ですが、少し時間が経つと寂しい気持ちになります。

そして、また不倫相手に連絡をとってくるのです。

「会いたいな…」

こんな彼の連絡を喜んで、ホイホイ会いに行ってしまっては別れた意味がありません。

彼はあなたのことが好きだから連絡してきたのではありません。

単に、寂しい気持ちになったから、簡単に抱かせてくれる女性を探しているに過ぎないのです。

これに応じてしまっては、彼のことをいつまでも忘れられなくなってしまいます。

既婚者の男性は、面倒になって不倫相手を手放したものの、新しい婚外恋愛の相手を見つけるのは大変です。

不倫は悪いことというイメージが強くなってきている昨今、既婚男性と恋してくれる女性はそう見つかるものではありません。

だから、寂しくなった既婚彼は、別れた女性に連絡をしてくるのです。

彼への気持ちを残したままの女性は、この連絡を嬉しく思い飛びついてしまいますが、これではまた同じことの繰り返しになってしまいます。

別れた後に彼から連絡がきても、心が揺らがないように、彼のことをブロックしておくなどの対策が必要でしょう。

「別れた後の思いでは美化される」彼を好きな気持ちを残したまま離れる


彼のことを好きな気持ちを残したまま、彼から離れると不倫をいつまでも忘れられなくなってしまいます。

不倫の恋の最中、あなたは彼が既婚者だからとたくさんの我慢をしてきたことでしょう。

彼との最後の時まで我慢をして、気持ちを抑え込む必要はありません。

別れる時には、全ての気持ちを抑えることなく彼に伝えるようにしましょう。

このようにして、全ての気持ちをぶつけた末に別れたのであれば、彼への気持ちが残ることはありません。

最後までいい子だと思われたくて、気持ちを抑えてしまうから消化不良となり、彼への未練が残ってしまうのです。

別れ際くらい本音をぶつけて、それに対する彼の反応を見てみましょう。

本音でぶつかっているのに、のらりくらりとかわそうとするばかりの彼への好きという気持ちはなくなり、あなたは前を向けるようになるでしょう。

「彼ほど素敵な人はいない」思い込みほど怖いものはない


既婚者の男性は素敵に見えてしまいます。

人生経験が豊富な彼に優しくされ、恋愛相手として選んでもらうというのは女性にとって特別なことに感じられるのです。

既婚彼との恋愛に夢中になった女性は「彼ほど素敵な人はこの世にはいない」と思い込んでしまいます。

その思い込みが強ければ強いほど、別れた後でも彼のことを引きずってしまうことになります。

こんなことにならないためには、彼をあまり素敵な人だと思いすぎないことです。

彼が素敵に見えるのは、あなたが勝手に作り上げた幻です。

彼はただの結婚しているのに恋愛もする、卑怯な男性だということを忘れないように付き合っていきましょう。

「いつか妻と別れたら迎えにくるよ」別れ際の甘い言葉を信じないで!


婚外恋愛を終わりにしようとする彼は、彼女に恨まれないために別れ際に甘い言葉を吐くことがあります。

「今は、付き合いを続けられないから別れよう」

こう言われたら、女性は「今じゃなくて、いつかなら良いの?」と思い彼を忘れられなくなってしまいます。

「いつか妻と別れたら、君を迎えにくるから待ってて」

こんな風に言われたら、そのいつかがくるのを期待して、次の恋にも踏み出せず待ってしまいます。

ですが、これらの言葉は実行されることはありません。

こんな甘い言葉は、既婚彼が何とか女性に恨まれずに不倫をやめようとついた嘘なのです。

このような言葉を言われた女性も、本当はそれが嘘だと分かっているはず。

分かっているのに、彼のことを好きだから信じたい気持ちになってしまうのです。

しかし、その言葉を信じてしまっては、次に動き出すことは無理となってしまいます。

いつか迎えにきてくれるような彼なら、今何とかしてくれるはずです。

男性の気持ちを確かめるためには、言葉より行動を見ろとはよく言ったもので、言葉だけの男性は信用してはいけません。

別れ際の甘い言葉を信用することなく、彼は別れを選んだという現実に目を向け、彼のことを忘れ去る努力をしていきましょう。

不倫の潮時を見極めて!彼の態度を見てすっぱりときれいに別れて前に進もう


「こんなにも素敵な人はいない」と夢中になった不倫にも終わりはやってきます。

不倫を面倒だと感じるのは、既婚男性側からであることが多く、女性はその兆候に気づけるようになっておくことが重要です。

不倫を面倒に感じ潮時だと思った彼は、彼女への態度を変えていきます。

連絡や会う頻度は減ってしまい、会えたとしてもホテル直行でセックスするだけのデートばかりになってしまうでしょう。

婚外恋愛を終わりにしてもいいと考えている彼は、もうあなたに対して取り繕うことをやめてしまったのです。

そんな態度が見えたなら、女性は彼との別れを意識して、スッキリと彼を忘れ去れるように行動を開始しなければなりません。

せっかく婚外恋愛をやめることができるのだから、既婚彼に未練を残し次に進めないなんてことがあってはいけないのです。

彼を忘れることがあなたの幸せにつながります。

彼との別れはあなたが幸せになるための第一歩です。

どうか恐れずにその一歩を踏み出していきましょう。

おすすめの記事