同僚と不倫する時のきっかけと既婚男性との職場恋愛の不倫がバレない対応策

「同僚の彼のことを好きになってしまった…」

同僚が独身男性ならただの社内恋愛で何の問題もありませんが、彼が既婚者だったとしたら話は変わってしまいます。

職場内での婚外恋愛はとても危険で、彼も同僚を恋の相手に選ぶことをためらってしまうことでしょう。

しかし、同じ職場にいるということは彼との距離を詰めやすく、恋のチャンスがたくさんあるということでもあります。

この記事では、結婚している同僚のことが好きになってしまった時の恋の進め方、既婚者の男性が職場の女性と不倫になってしまうパターン、不倫がバレないための対策についてご紹介していきます。

職場は恋の生まれやすい場所であり、既婚者と分かっていても同僚の彼に惹かれてしまうこともあるでしょう。

その恋心は、諦める必要はありません。

バレやすい職場の婚外恋愛であっても、慎重に進めていけば彼の気持ちを手に入れることは可能です。

同僚との恋を叶え、毎日楽しく仕事に励みましょう。

目次

既婚者の男性が同僚を恋愛対象として見るきっかけ

同じプロジェクトチームになる!目標に向かって共に行動すると好意が生まれやすい


既婚者の男性は、職場には仕事をしに来ています。

結婚をしていない独身男性であれば、同僚女性のことを恋の相手という目線で見ることもありますが、既婚者にはそういった目線はありません。

なぜなら、彼らは既に結婚しており生涯の伴侶を手に入れているから。

そんな彼らが、恋をしようと仕事中に思っているわけはありません。

しかし、結婚したからといって、必ずしも人は恋に落ちないわけでもありません。

『恋はするものではなく、落ちるものだ』

こんな名言がありますが、これは既婚者であっても当てはまります。

たとえ恋をしようと思っていない男性であっても、落とし穴に落ちてしまうように恋に落ちてしまうことはあるのです。

既婚者の同僚を好きになってしまったら、彼が同僚を好きになるきっかけはどんなものか知る必要があるのです。

恋をしようと思って職場に来ていない男性でも、きっかけさえあれば十分に恋をするのです。

恋が生まれるきっかけは、やはり接する機会が多いと多く生まれます。

それも、同じ目標に向かって共に頑張るようなことがあると、自然と好感は生まれていきます。

だから、彼と同じプロジェクトチームになるだとか、彼と同じ仕事をできる機会があれば逃さないようにしていきましょう。

そして、彼と同じ仕事を協力して進める中で、彼が恋をするきっかけは生まれていきます。

なかなか自分で望んでも、彼と同じ仕事をするのは難しいかもしれませんが、そういった機会があれば必ず手に入れてください。

彼の近くで、彼と同じ仕事を、共に進めていく。

これが既婚者の同僚との恋の近道となります。

「一度は抱いてみたい」見た目がタイプ!


既婚者の男性であっても、恋のきっかけは単純だったりします。

それは、女性の見た目がタイプだというようなことです。

男性は目で恋をします。

これは、男性が女性のことを好きになるには中身よりも何よりも、まずは見た目が重要だということです。

さらに、既婚男性に訴えるのなら、「抱いてみたい」と彼の性的欲求に訴えかけることも効果的です。

ただただ可愛く好みのタイプなだけであれば、既婚男性は「いいな」とほんのり恋心を抱いたとしてもその気持ちを抑え込んでしまい恋にまで至りません。

彼らに恋をさせるためには、性的な欲求を抱かせることが重要なのです。

見た目を彼の好みに磨き上げつつ、抱けそうな隙を見せたり、少しのセクシーさを見せることを意識していきましょう。

その見た目に、既婚者の同僚が食いついてくれれば、彼はあなたの術中にはまったも同然です。

一度「抱きたい!」と思った男性は、その衝動に突き動かされるように行動を開始します。

しかしながら注意しなければならないのが、彼とはあくまでも同僚だということです。

度を越したセクシーアピールは、彼から引かれてしまうだけでなく、周囲からの評判も下げてしまいます。

職場で最優先されるべきなのは、仕事に適しているかどうかです。

さり気なく彼に恋するきっかけを与えるように、まずは見た目を磨いていきましょう。

見た目で無理と思われてしまっては、彼との恋の可能性は消え去ってしまいます。

「俺のこと好きなの…?」優しくされた時


既婚者の男性は、相手女性から好意を寄せられることが、恋のきっかけとなります。

既婚者の彼は、結婚しているため自分から恋の行動を起こすことには多くのリスクがあります。

たとえ、彼が小さな恋心を抱いていたとしても、その相手が同僚であれば恋心を伝えることはとても難しいことです。

職場恋愛は独身同士でもやりづらく感じることもあるのに、結婚している人はなおさらそのやりづらさを感じることになります。

結婚している男性が恋をする=不倫は絶対にしてはいけないことです。

既婚者の彼が同僚女性に対してアプローチをするというのは、「僕は不倫という悪事をする人間です」と宣言しているようなもの。

昨今の不倫の叩かれ具合を見るに、既婚男性は簡単には恋できない状況にあるのです。

そんな彼らを恋へと向かわせるのは、相手の女性が自分のことを好きなのではと感じられた時です。

女性の方から既婚者である自分のことを好きになってくれたのなら、その相手は不倫をするつもりのある女性であることが分かります。

それならば、既婚者であっても安心して行動を開始できるのです。

職場内での不倫であれば、告白をして振られるというようなことは避けなければなりません。

振られた後も仕事で顔を合わせなければならないし、気まずくなってしまうのは明白。

気まずいだけならまだ我慢できても、「あの人に告白されたんだけど…」と言いふらされることだって考えられます。

こういった事態を防ぐためには、自分のことを好きでいてくれる人を好きになるのが一番の方法です。

だから、既婚者の彼も自分だけに優しくされるなどの、女性が自分のことを好きなのではと感じられる行動を取った時に恋を始めていくのです。

既婚者の同僚が好きになったのなら、彼に「私は恋をしても安全な相手ですよ」ということを伝えるためにも、ほんのりと好意を見せて接していくようにしてみましょう。

「え?意外!こんなギャップが…」同僚の知らない一面を見た時


恋のきっかけは意外性です。

既婚者にとって、同僚の女性は恋の相手ではなく仕事の相手です。

そこを覆し、恋愛相手と思ってもらうためには、何か意外性を見せることが効果的となります。

その意外性としてオススメしたいのは、ギャップを見せることです。

ギャップに弱い男性は多く、自分しか知らない一面を見つけるということは十分に恋のきっかけとなり得ます。

ということは、同僚の男性にも仕事の顔だけではなく、いろんな顔を見せていきましょう。

仕事の時はしっかりしているのに、飲みに行くと笑い上戸でとても可愛い。

普段はきっちりしているのに、たまに抜けている。

仕事の時はひっつめている髪を終業後はほどく。

こんな風に普段とのギャップを意識して、彼の恋愛スイッチを入れていきましょう。

ただの同僚としか思っていなかった既婚者の彼も、あなたの意外なギャップを目にすることで恋心を抱いてしまいます。

ここで注意しなければならないのは、ギャップを見せる相手は彼だけにしておきたいということです。

男性がグッとくるのは、「俺だけが知っている」ということ。

ギャップも彼にだけ見せてこそ、効果があるものだと覚えておきましょう。

相談は男女の距離を近づける!相談したりされたりする関係になる


既婚彼との距離を近づけるためには、彼に相談をするという手段が有効です。

「相談したいことがあるんだけど…」と彼に相談を持ちかけましょう。

相談する内容は仕事でも対人関係でも何でも構いません。

この作戦で大切なのは、彼を相談する相手に選んだという事実です。

相談相手に選ぶということは、信頼し頼りにしているということ。

既婚者の男性は頼りにされていることを感じると、嬉しくなります。

そして、親身に相談に乗っている内に恋心が芽生えやすいのです。

既婚男性や彼女のいる男性に相談をする女性は、『相談女』と揶揄され同性からは嫌われがちですが、それは相談から恋愛に発展するケースがとても多いからこそ嫌われているのです。

このことからも、恋愛における『相談する』ことの有効性が分かります。

「あなたにだから話すんだけど…」

相談する時には、こんな枕詞を付ければ既婚男性はさらにあなたのことが気になるようになります。

「彼になら、何にでも打ち明けられるし、頼りにできる」

そんな態度を見せ、男性の庇護欲をくすぐっていきましょう。

さらに、彼からもあなたに相談してくれるようになれば、2人の距離はますます近いものに。

信頼し合える関係を築き、いつの間にか大切な存在となっていることを目指してみましょう。

相談するということは、簡単に「あなたを信頼し心を開いています」とアピールできる行為なのです。

同僚と職場で不倫関係に陥りやすい既婚男性の特徴

「妻バレは一番気になる所」妻とは職場結婚でない男性


同僚と職場内不倫は、社内という他者の目もある場所での危険な恋愛です。

こういった危険な行為に及ぶ男性は、妻とは職場結婚でない人が大多数です。

既婚彼が婚外恋愛をする時に、一番注意しなくてはならないのが不倫バレです。

婚外恋愛をしているということがバレることは、全てを失うことに繋がりかねません。

妻は怒り慰謝料請求と共に離婚を言い渡し、子供を連れて出て行ってしまかもしれません。

そして、職場内での不倫が社内にも広まれば、仕事はしづらくなりますし、解雇される恐れもあります。

職場内不倫は、家族もお金も仕事もすべてを失う可能性のあることなのです。

バレる可能性を少しでも少なくするためには、妻と不倫相手が顔見知りであることは避けたいものです。

妻と職場結婚だった既婚男性は、妻が現在は退職していても妻の知り合いが社内にたくさんいます。

「最近、旦那さん同僚の○○と仲良いよ」

どこでどんな風に情報が回るかは分からず、また不倫相手と妻が繋がっていることもあります。

よほどスリルを楽しみたいタイプの男性でなければ、妻と職場結婚であったのに、また同じ職場で不倫までしようとは思いません。

バレるリスクはできるだけ減らしたいと考えるのです。

既婚者の同僚を好きになるなら、彼が奥さんと職場結婚でなかったか確認してみましょう。

もし、彼が職場結婚であった場合には、残念ながらその恋が成就する確率は低そうです。

家庭より仕事命!仕事を一生懸命頑張る既婚男性


同僚と職場で不倫関係に陥ってしまう男性は、仕事命の男性であることが多く見られます。

仕事に一生懸命な男性は、職場で恋愛などしないのではないかと思われがちですが、これは間違いです。

仕事命の既婚男性は、仕事に打ち込むあまり、家庭に居場所を持てていないことがほとんど。

家庭ではお金を稼いでくる人としか思われておらず、不在がちなため居場所もありません。

そして、ますます仕事に精を出すようになるという、悪循環が続いているのです。

家庭に居場所のない既婚者の男性は、とても寂しい気持ちを抱えています。

そんな寂しい気持ちを満たすことができるのが、職場での婚外恋愛です。

家庭に居場所がない彼は、ほんの小さなことでも恋に落ちやすい状況となっています。

仕事を頑張っても家族には褒めてもらえない上に、家庭に落ち着ける場所もない。

こんな辛い状況の中では、既婚者の男性の中に妻以外の女性を求める気持ちが芽生えて当然と言えます。

彼はいつも共に仕事を頑張る同僚女性に惹かれ、恋愛関係となりやすいのです。

仕事を一生懸命に頑張る既婚者の彼を好きになったのなら、十分に付け入るチャンスはあるでしょう。

仕事のことばかり考えているように見える彼ですが、心の中では寂しい気持ちを抱えていることが多いのです。

そして、その気持ちを埋めてくれる人を、深層心理の中では渇望しているのです。

家庭よりも仕事優先の既婚者の同僚は、職場で同僚女性と不倫をしやすいでしょう。

逆に仕事にそれほど一生懸命ではなく、終業後すぐに帰宅してしまうような男性は、職場不倫はしない傾向にあります。

「惚れてまうやろ…」優しく周りへのケアがバッチリな男性


既婚者の男性が職場で同僚と不倫関係に陥ってしまうのは、彼がモテるからです。

モテる男性は、男性の方から不倫をしたいと動き出さなくても、女性が放っておきません。

何もせずとも女性から寄ってくるということは、それだけ彼が陥落する確率も増していくということになります。

故に、モテる既婚者の男性は職場で不倫をしてしまいがちなのです。

では、職場でどんな男性が人気になるのでしょうか。

それは、細やかな気配りができ優しい男性です。

自分の仕事をバリバリやる仕事のできる男性も魅力的ですが、周囲へのケアができる男性に女性は魅力を感じます。

仕事を教えてもらったり、ミスをカバーしてもらったりすると、尊敬の念が恋愛へと変化しやすいのです。

そして、彼が既婚者であるとは知っていても、女性は恋する気持ちを止められなくなってしまいます。

そして、彼にアプローチを開始するのです。

モテる既婚者の彼には、社内の女性の多くが好意を抱き、恋愛をしたいと近づきます。

アプローチされる回数が多ければ、彼の不倫をしてしまう確率は高まります。

あなたの好きになった既婚者の同僚がモテるタイプの男性であった場合、社内にライバルは多く、彼もアプローチ慣れしていると考えるべきでしょう。

職場の同僚女性と不倫関係になってしまうよくあるパターン

いつもと違う場所で羽目を外してしまう!出張先で関係が始まる


職場の同僚女性に手を出すのは、既婚者の男性にとっては難しいことです。

それは、つい手を出してしまったからといって、同僚女性とは簡単に距離を置くことはできず、今後も仕事を続ける限りは顔を合わせなければならない存在だからです。

ですから、既婚者の彼は慎重になります。

普段は好意があっても抑えていて、不倫関係にならないように注意をしていることでしょう。

その注意が緩んでしまう時に、職場不倫は始まりがちです。

既婚者の男性の注意が緩んでしまうのは、普段とは違う状況に置かれた時。

たとえば、同僚女性と2人で出張に行ったような時です。

普段とは違う場所で既婚者の男性の気持ちは浮足立ちます。

そこに商談を成功させた喜びが加われば、羽目を外してみたい気持ちに拍車がかかるでしょう。

仕事を終え、同僚女性と2人で食事をして、ホテルに戻る。

部屋はもちろん別々ですが、このまま別れて眠るだけというのも味気ないと彼は思います。

そして、つい口から彼女を誘う言葉が出るのです。

「俺の部屋で飲み直さない?」

同じく出張先で気の緩んだ同僚女性はその誘いに応じ、彼の部屋で不倫関係が始まる。

職場の同僚との不倫は、こういったパターンが多いのです。

出張といういつもと違う環境に置かれることが、既婚者を大胆にさせると言えるでしょう。

「前からいいなと思ってた…」お酒を飲んだ勢いでホテルへ


職場内不倫は、お酒の席から始まるパターンも多く見られます。

職場の人とは飲みに行く機会もたくさんあるでしょう。

好きな既婚者の男性と飲める機会があったら、逃してはいけません。

既婚者の男性の中には、不倫をしたい気持ちと不倫をしてみたい気持ちの二つがあります。

これはどんな真面目な男性であってもそうです。

たくさんの女性を抱いてみたいというのは男性の本能であり、実行するしないに関わらず浮気心はどんな男性の中にもあるものなのです。

しかし、その浮気心は平常時は理性によって抑えられています。

その理性が効かなくなるのが、飲酒時なのです。

アルコールという武器を上手に利用すれば、既婚者の同僚のガードを緩めることができます。

飲酒は彼の理性の働きを弱め、普段は真面目な彼を本能的な行動へと誘うのです。

既婚者の男性が、酔った勢いでホテルに行き不倫が始まるというパターンが多いのはこのため。

始まりはお酒の勢いであったとしても、職場内で毎日顔を合わせる女性のことを無下に扱うことはできません。

一度、一線を越えてしまえば、その後の関係も続きやすいのです。

既婚者の彼との関係を、お酒の力を借りて一気に進めてしまいましょう。

家にいる時間より仕事をしている時間の方が長い!恋が生まれるのも当然


会社という場所は、一日の中でも長い時間を過ごすことになる場所です。

働き盛りの既婚者の男性であれば、家にいる時間よりも会社にいる時間の方が長いでしょう。

そんな場所で、男女関係が生まれやすいのは当然のことと言えます。

男女の出会いは職場であることが圧倒的に多く、それは不倫であっても同じなのです。

男女が同じ空間にいる環境、そこに恋が生まれるのを止められる人などいません。

学生時代には同じ学校内で付き合う人が多かったように、社会人になれば同じ会社内で付き合う・不倫をするパターンが多くなります。

仕事は一人ではできず、人と関わって行うことです。

人と人との関りがある所には、感情が生まれます。

そして、恋心も生まれていきます。

仕事が人と関わって行うことである以上、既婚者の婚外恋愛は職場内で起きるパターンが多いのです。

同僚との職場内不倫がとても危険な行為の理由

「何かいいことあった?」恋をすると浮かれてしまいバレに繋がる


同僚との職場内での近外恋愛は、とても危ないものです。

危ないものであるだけに、そのスリルを楽しむという強者もいますが、危険な理由は承知しておかなければなりません。

危ないものだということを知っておくことが、安全に職場内で婚外恋愛を進めていくためには必要なのです。

職場内不倫が危険なのは、恋愛関係にある二人が同じ空間にいるためです。

恋愛はとても楽しいものです。

不倫であっても人を好きになるという意味では、恋愛と何ら変わりはありません。

特に、恋愛初期の頃は楽しくて楽しくて仕方なく、周囲から見ても何かいいことがあったなというのは丸わかりです。

同僚との職場内不倫を開始した既婚者の彼は、楽しくて浮かれてしまうでしょう。

いつもならムッとするような場面でも笑顔で仕事を引き受けたり、鼻歌を口ずさんだりなんていつもと違うご機嫌な行動もしてしまっているかもしれません。

男性は隠し事が苦手で、感情が丸わかりの人が多い傾向にあります。

既婚者の彼も自分では隠しているつもりでも、何かいいことがあったというのは周囲にバレてしまうでしょう。

何かいいことがあったのが周囲にバレてしまうのは、まだそれほど大きな問題ではありません。

問題は「何かいいことあったの?」と聞かれた時の返しです。

それに詰まってしまったり、うまく答えられなかったりすると、質問してきた人は怪しみます。

誰にも怪しまれないように、何かいいことの内容を考えておくといいでしょう。

男性の方が楽しい気持ちがバレやすいですが、女性も恋愛の高揚感は人に勘づかれやすいものです。

職場内で婚外恋愛をするのなら、何かいいことあったと聞かれても動揺せず当たり障りのない返答をできる準備を整えておきましょう。

「あの二人怪しくない?」職場内で噂が広まるのは瞬間的


職場内という状況は、とても噂の広がりやすい状況だと言えます。

「〇〇さんと△△さんは仲が悪い」「部長はあの子と不倫してる」

会社に属して働いていれば、こんな根も葉もない噂を耳にしたことは一度や二度ではないでしょう。

ただ、噂を聞くだけの立場であれば、どんな噂が流れようとスルースキルを身に付けておけばいいだけでした。

しかし、いざ自分が婚外恋愛という後ろめたいことをして、噂を流されかねない立場になると困ってしまいますよね。

職場の中にいるのは噂を信じない人だけではありません。

中には信じてしまう人もいるでしょう。

しかも、あなたの婚外恋愛は単なる噂ではなく、事実です。

婚外恋愛の噂が流れた時に「全くの事実無根」だと言い逃れられるでしょうか。

職場内での噂が広まるスピードは、恐ろしいほど早いものです。

「あの二人怪しくない?」

誰か一人が言い出せば、翌日にはほとんどの人が知っていると考えておいていいでしょう。

『火のない所に煙は立たぬ』

そして、煙が広まるのはあっという間であるという危険性を覚えておいてください。

広まった噂をすべて否定してまわることは不可能で、婚外恋愛は事実だと会社の皆に認識されてしまうでしょう。

職場内不倫ではこの噂の広がりの速度を認識しておき、噂が立つことのないように十分注意しておく必要があります。

誰も見ていないと思っているのは二人だけ!社内には目撃者が多数


職場内不倫の楽しさは、同じ職場の中に好きな相手がいるということです。

職場内不倫の醍醐味!とばかりに、職場でも隙あらば彼との時間を楽しもうとしていませんか?

給湯室でこっそりキスや、会議室に二人きりになることが多い。

こんなことをしていては、婚外恋愛はすぐバレてしまいます。

職場にはたくさんの目があり、皆見ていないようでも周囲のことをよく見ているのです。

給湯室でキスのようなあからさまな行為をしていなくても、ささいな言動にも注意が必要です。

「今日、〇〇でデートしよ!」

なんてことを社内メールで送り、メールを確認した後は目配せし合ったりしてはいませんか?

その様子、必ず誰かが目撃していると思っておいた方がいいでしょう。

誰も見ていないと思っているのは、渦中にある二人だけです。

社内で二人の関係がバレてしまうようなことは、避けなければなりません。

職場内で不倫をするということは、その他の人の監視の目がある危険な場での恋愛であるということです。

そのことを常に忘れず、頭に入れて行動しなければ、職場内不倫は大きな危険を伴うものとなります。

気を付けていてもついうっかり!ボディタッチや親し気な雰囲気が出てしまう


婚外恋愛中の二人には、隠そうとしても隠し切れない雰囲気があります。

恋愛関係にある異性と親し気になってしまうのは、仕方がないことです。

何でもないただの同僚であった時とは違い、体の関係を結んだ後は彼と普通に喋る時でもタメ口になったりボディタッチをしてしまったりということが起きてしまいます。

こんな様子は、周りの人に必ず怪しまれてしまいます。

ある日を境に急に親しい様子になった同僚の二人。

この二人の雰囲気が変わったのを、同じ職場で働く他の同僚の人は気が付いてしまうでしょう。

婚外恋愛はバレてはいけない関係です。

バレてしまえばお互いにすべてを失ってしまうことになると忘れてはいけません。

十分に気を付けて、2人の間に親しい雰囲気が出ないように注意していかなければならないのです。

職場という同じコミュニティに属している二人は、接する機会も多くあるでしょう。

こういった危ない状況での恋愛であるということは忘れずに、彼と職場で接する時には親し気な雰囲気が出ないようにしましょう。

そして、この恋愛関係にある二人が醸し出す何とも形容しがたい雰囲気は、気を付けていても出てしまうものです。

それを嗅ぎ取る勘のいい人も、職場には一人はいるでしょう。

このように不倫相手と接しないわけにはいかない職場という環境で、同僚と婚外恋愛をしていくのはとても危険なことです。

同僚と不倫していることを周囲にバレないようにする為の対策

違う部署に異動!接点をなくせばバレを防げる


同僚との危ない職場内の婚外恋愛を明るみにしないようにするためには、対策を立てておくことが重要です。

危険な恋の道を歩いていくためには、入念な対策が必要となるのです。

職場内不倫をバレないということを最優先に考えるなら、二人の距離を物理的に離してしまいましょう。

どちらかが違う部署に異動を希望すれば、二人の接点は薄くなります。

好きな相手と同じ部署にいると、仕事が楽しく毎日出社するのが楽しかったことでしょう。

ですが、その楽しい様子は彼だけに伝わるのではありません。

同じ部署にいる全員に伝わってしまいます。

これでは、二人の関係がバレるのも時間の問題です。

彼と違う部署に離れてしまうのは寂しいことかもしれませんが、長い目で見ればその方が婚外恋愛を長く続けていけることに繋がります。

彼のことが好きで、彼との関係を守り抜きたいのなら、違う部署に異動して彼との接点をなくしていきましょう。

接点がなければ、二人の関係を疑う人もいなくなります。

婚外恋愛バレを防ぐためには、二人で楽しく仕事をするよりも、離れてお互いに仕事を頑張り、デートの時に思い切り楽しむようにシフトチェンジしていきましょう。

必要ない限り話さないし近づかない!なるべく二人でいる所を目撃されないようにする


不倫バレを防ぐために彼との距離を離したくても、部署の異動は叶わないこともあるでしょうし、違う部署というものがない小さな職場である場合もあるでしょう。

そんな場合には、自ら彼との接点をなくすように気を付けて行動していきましょう。

ただし、彼は同じ職場で働く同僚ですから、避けるのはおかしく見えてしまいます。

必要なことは彼を避けずしっかりと話し、それ以外の時には彼に近づかないようにしていきましょう。

特に注意したいのが、彼と職場内で二人きりにならないようにするということです。

好き同士の二人が二人きりになれば、油断が生まれます。

普段は親し気にならないように気を付けて仕事をしている分、二人きりになるとついちょっかいを出したり、甘えたりしてしまいがちです。

ですが、これを目撃されてしまっては、これまでの努力は水の泡となります。

二人で甘えている所が見つかってしまえば、どんな言い逃れもできません。

こういったことを防ぐためにも、会社では近づかないを二人の鉄則としておきましょう。

会社でのイチャイチャは、誰に見つかるか分からないスリルがあって楽しいかもしれませんが、リスクが大きすぎます。

イチャイチャは、会社を出て二人きりになった時に楽しめばいいのです。

不倫がバレないように、会社では必要なこと以外話さないようにする対策を取りましょう。

不倫する以前の二人はどんな感じだった?前と変わらぬ態度を貫く


『以前とは違う』これに人は違和感を覚えます。

不倫関係が明るみに出てしまうのも、不倫以前とは違う行動を取ってしまうからであることが多いのです。

不倫を隠そうとするあまり、彼を不自然なほど避けてしまうと、そこに周囲の人は違和感を覚えます。

昨日までは普通に喋っていた二人が急に話さなくなった。

この裏には何か隠さなくてはいけないことがあるからだと感じるのです。

そして、既婚者の男性とその同僚の女性が隠さなくてはならないことといえば、不倫関係しかないでしょう。

不倫を隠そうしたことで、逆にバレてしまうなんて悲しいことですね。

これを避けるためには、不倫以前の彼への対応のままでいることが大切です。

不倫関係になくても、親しい男女の同僚など山ほどいます。

不倫をしたからといってビクビクして、態度を変えるから近外恋愛が周りの人にバレてしまうのです。

不倫をしても、これまで同様の態度を貫けば、案外周囲にバレることはありません。

不倫をする以前から仲良く、冗談も言い合うような関係だったのなら、それを無理に変える必要はありません。

これまで通りを続けるということが、最大のバレ対策になります。

彼と婚外恋愛を始めても、変わらぬ態度を貫けるようにしましょう。

そうすれば、周囲の人はあなたたち二人の関係を怪しむことはありません。

同僚と職場内不倫をする時はバレない対策を講じて恋愛を楽しもう


既婚者の同僚を好きになってしまったら、戦略を立てて彼に近づき、その恋を成功へと導きましょう。

職場内不倫はバレる危険性も大きいですが、実はしている人が多い婚外恋愛です。

なぜなら、たくさんの男女が集う職場という環境は、恋心が生まれやすい環境です。

そして、恋する気持ちには、結婚しているとかいないとかいうことは一切関係がありません。

しかし、職場内不倫はバレればすべてを失いかねないことだという危険性は認識しておきましょう。

他の同僚の目線もありますし、全く彼と接しないというわけにもいきません。

油断しているとすぐバレてしまうため、細心の注意を払って彼との関係を続けていきましょう。

同じ職場に思いの通じ合った好きな彼がいると、毎日が楽しく仕事のやる気も出てきます。

バレることにさえ気を付けて対処していけば、職場内不倫はあなたに大きなパワーを与えてくれるでしょう。

好きになった同僚が結婚していたからといって、その思いを胸にしまいこまないでください。

既婚者の同僚とであっても、きっかけさえ作り出すことができれば、恋愛関係になることはできるのです。

好きな人が同じ職場にいるハッピーを感じながら働けるように、既婚者の同僚に響くアピールを続け、彼を手に入れていきましょう。

おすすめの記事